英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第8話Make Your Own Dreams: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Make Your Own Dreams 

自分だけの夢をいくつも持とう 

 

I couldn't escape school but I could focus on other things. We had a huge cheerleading competition coming up, so I threw myself into training and tried to forget about bullies and auditions. My life only sucked from eight a.m. to three p.m. Then I went to the gym and pushed it all out of my head. 

学校のことは気するな、と言ってもそれはムリな話ですでも自分の気持ちを他のことに集中させることはできますその頃チアリーディング大きな大会が迫っていていました。私はトレーニングに打ち込んで、学校でのイジメや、ディズニーでのオーディションのことは、忘れようとしていたのです。毎日の生活の中で、午前8時から午後3時の間は、ひたすら最悪な思いで過ごします。その最悪な思いが頭の中に溜まったところで、練習場に行って、全部吐き出すってこと。 

 

And then, when I had just about really and truly given up hope, we got another call from Margot the talent agent. Disney wanted to see me again. What were they doing, cutting one girl at a time American Idol ― style? This time there was no shrieking and disrupting of the animal's peaceful farm life. Instead of feeling excited, I just felt tired of it all. I told my mom I didn't want to go back. I figured it was going to be the same thing all over again. I was completely focused on cheerleading. My team wanted me. My team needed me. My team didn't make me fly cross-country over and over again only to send me home with nothing. My mom was over it too. She said it stressed her out. But then Margot told us that Judy Taylor, the head of casting, had said, “”You can't pass on this. They're really serious about Miley. They've seen so many girls, and they keep coming back to her.” 

さて、私的には、オーディションのことは、ホントに、マジで、望みはなくなったと思っていた、そんな時、また電話が来ました。エージェントのマーゴットからです。またもやディズニーが、私に顔を出してくれと言うのです。何をするつもりかしら?今度は「アメリカン・アイドル」(訳注:アイドルオーディション番組)も同時に開催して、女の子一人、切り捨ててやろうってか?今度は私もワメかないし、だからうちの牧場の馬達も平和なもんです。盛り上がるどころか、「またかよ」って気にしかなりません。お母さんには、またあそこに行くのはイヤだ、と言いました。どうせまた同じことになる、と分かっているからです。すでに気持ちは、完全にチアリーディングの方に向いていました。うちのチームは、私に顔を出してくれと言ってくれます。なおかつ必要としてくれます。飛行機で別の州まで何度も行かせた挙げ句、手ぶらで家に追い返すようなことは、うちのチームはしません。お母さんもウンザリしてました。ストレスで疲れた、と言ってます。でもマーゴットが言うには、キャスティングの最高責任者であるジュディ・テイラーがこう言っているとのこと「これを逃す手は無い。番組側も、マイリーのこと真剣に見ている。あれだけ沢山女の子達を吟味してきて、その上でマイリーにまた戻ってくるんだから」。 

 

Missing this competition would mean dropping off the team. 

今度のチアリーディング大会に出ないとなればこれでチームクビになっちゃう、ということです 

 

I had to choose between cheerleading and auditioning. 

チアリーディングか、オーディションか、それが問題だ。 

 

To this day it's the hardest decision I've ever had to make. My mom said it was up to me, but she wanted me to have perspective, to make an informed decision. She said, “Honey, are you sure? I think you're amazing, but the chances of getting this role are still slim to none. You have no experiance. We already know they think you're too small and too young. You have the rest of your life to do this. If you go, you may end up sacrificing cheerleading for nothing.”  

16歳の今日までこの時の2択一番辛かったですお母さんは私次第だと言いますでも同時に自分を外からきちんと見つめて決めるにしても、色んな情報をしっかり集めてからにしなさい、ですって。お母さんはこう言いました「いい?自分の気持ちに間違いない、と思える決め方をしなさいね。あなたはたしかにスゴイ、でもこの役をもらえる可能性は、まだまだ0(ゼロ)に限りなく近いのよ。何しろ経験が全く無いんだからね。むこうがあなたのことを、身長も年齢も低すぎると思ってることは、分かってるわよね。あなたが大人になっても、こんな風に何かを決めなきゃいけないってことは、ずっとあるからね。もしオーディションに行くとなったら、場合によっては、チアリーディングを犠牲にして、その結果が、ただの無駄に終わるってこともあるのよ」。 

 

My dad's advice was simpler: “You have to go. This part is meant for you.” (He really has a lot of faith in that intuition of his.) They told me to take my time and think about it really seriously.  

お父さんはもっとシンプルに行くしかないだろ。この役はお前のためにあるようなもんだ。」(ホントに自分の直感を信じる人なので。)二人とも、じっくり時間をとってよく考えなさいって。 

 

★★★7 things that help me fall asleep★★★ 

★★★寝付きを良くする7つのワザ★★★ 

 

1. a fine frenzy CD 

2. reading the life story of Einstein 

3. counting 

4. thinking about my family 

5. responding to e-mails 

6. business meetings 

7. snuggling up a my doggie, Sofie  

1.演奏のクオリティ高い盛り上がりすぎCDを聴く 

2.アインシュタインの伝記を読む 

3.ひたすら数を数える 

4.家族のことを考える 

5.メールに返信する 

6.お仕事の打ち合わせ 

7.ソフィー(ペットの犬)にスリスリする 

 

So I thought long and hard. Cheerleading wasn't just my passion. It was my salvation that year. It was the only way I was surviving sixth grade. If I quit and then didn't get the part, which we all knew was the most likely sequence of events, I'd be left with nothing. But I didn't plan to be a cheerleader for the rest of my life. This was my chance. And I was scared out of my mind.   

随分時間をかけて、じっくりと考えました。チアリーディングは、私にとって、単なる「情熱をかける対象」ではありません。小学校6年生のあの頃、それは私の「心の救い」でした。「地獄の6年生」を生き抜く、ただひとつの方法だったのです。それを辞めて、しかもハンナ・モンタナの役に合格しなかったなんて、まぁその可能性が一番高いわけですけど、本当にそうなったら、私には何も残らないことになります。と言って、一生チアリーダーやるつもり?というと、そうではない。このチャンスは私のものです。おかげで私は、不安と恐怖で気が狂いそうです。 

 

I have always believed that the greatest opportunities in life come with fear and risk. I realized that taking the risk was like soaring in a cheerleading stunt and having faith that someone would catch me. Maybe cheerleading had been training me for this moment.  

人生最大級の好機が訪れる時は不安とリスクも一緒についてくる、これは私の今日までの信念です。チアリーディングをやっていて思ったことは、人生のリスクとは、チアリーディングの大技で空中に飛ぶのと似ていて、自分は安全にキャッチされる、と信じ切ってやらないといけません。今この2択を迫られている、この時のために、私は今までチアリーディングで鍛えられていたのかもしれない。 

 

I knew it was too much to hope for, but Hannah Montana was my dream role, and it was closer than ever. I wasn't about to give up now.  

期待するなんて甘すぎるってことは分かっているでもハンナ・モンタナ私が夢にまで見た役だ、そして今、それに最接近している。気持ち的には、今は諦めようとはしていない。 

 

It was back to L.A. 

私の夢は、ロサンゼルスに戻れば、そこにあります。 

 

The dreams that you hold for your future are what you dream about at night. They're always at the back of your mind. They're what your heart desires. They keep you going. Accept reality and have a backup plan, but always follow your dreams no matter what.  

将来についての夢は、夜寝ている時に見るものだ。それは自分の冷静な意識の裏側に、常にあるものだ。それは自分の感情的な意識が、そう願うものだ。それは自分を、常に突き動かすものだ。普段は、現実を受け止めよう、そしてそれに対して取る行動のバックアッププランを持っていよう。でも自分の夢は、たとえどんな夢でも、常に追い続けよう。 

★★★ 

 

This time there were only two other girls in the waiting room. One of them was Taylor Momsen, who had been in Spy Kids 2 and now stars in Gossip Girl. She was gorgeous, with long, blond hair. The other one was sixteen years old. When I got called into the audition room, I read scenes for the executives over and over again. I sang songs for them. I talked to them so they could “get to know me.” I read more scenes. I sang more song. I read songs. I sang scenes. I would have hung wallpaper while wearing a tutu if I thought it would prove I was meant to play Hannah. 

今回控室にいたのは、たった二人でした。一人はテイラー・モムセン。かつては映画「スパイキッズ2」に、今は(2009年)テレビドラマ「ゴシップガール」に出てますよね。本当に華やかな子ですよね。長めのブロンドの髪もキレイ。もう一人の子は16歳。二人に比べると、私は30センチ位背がちっちゃい、そんな感じです。オーディション室に呼ばれました。お偉いさん達の前で、いくつかのシーンのセリフを、何回も読まされます。歌も数曲歌います。私の方から、お偉いさん達に声をかけるように、心がけました。そうすれば、「私と知り合えた」という意識を、持ってもらえると思ったからです。更にセリフ読み、歌唱テスト、歌詞を朗読したり、セリフにメロディを付けて歌ったりもしました。もしハンナの役をやってやろう、なんて気になったら、壁紙掲げてガードしてチュチュに着替えてやろうか、と、そこまで考えもしました。 

 

It was a long day, and finally it was over. My mom, my maternal grandmother (Mammie), and I were staying at the Universal Studios theme park so we'd have something fun to do if the trip turned out to be a bust. Auditions done, we went to dinner at a restaurant there called Daily Grill. We sat down got our drinks, and I promptly spilled Mammie's entire Dr Pepper all over my white skirt.  

長い一日でした。そしてようやく終わりました(終わってしまいました?)。お母さんと、お母さんの方のおばあちゃん(マミー)と、私の3人は、ユニバーサルスタジオにいました。今回のことがもし失敗に終わったら、せめて少しでも楽しい思い出作ろう、ということで。オーディションも終わったことだし、ということで、パーク内のレストラン「デイリー・グリル」へ食事をしに向かいました。席について、ドリンクがテーブルにきた途端、マミーのドクター・ペッパーを全部、私の白のスカートにこぼしてしまいます。 

 

As I was yanking paper napkins out of the dispenser as fast as I could, Margot called. She and my mother talked a little bit, then my mom hung up and turned to me. “They want us to go back to the studio right now,” she told me. “They want to test you with another girl they have for Lilly. Margot said we should drop everything.” I looked at my Dr Pepper ― soaked skirt and said, “I thought I already did.” I couldn't go like that! But they were sending a car for us! We sprinted back to the hotel so I could change before the car came.  

ダッシュで紙ナプキンを次々引っ張り出しているところへ、マーゴットから電話です。お母さんが出て、少し話すと、お母さんは電話を保留にすると、私の方を向き、「今すぐ、スタジオに戻ってくれって、審査の人達が。」と言いました。「あなたに、今度はリリー役の子と絡むところをテストするって言ってるようだわ。マーゴットが、とにかく今、全部放って来てって」。私はふと、スカートにドップリ染みたドクター・ペッパーを見て「もうやりきった、と思ってたのに」とつぶやきました。こんな姿で行けませんっての!でも先方さんは、迎えの車をよこしてるって!私達3人、ホテルにダッシュで戻ると、車が着く前に着替えを済ませることができました。 

 

My heart racing and palms sweating.★ I tested with the Lilly actress, a sweet girl with very dark hair. She and I whispered excitedly. We were the ones! Weren't we? It seemed so promising. At the end I thought they were going to tell me I had the part. Instead, they just said thank you and sent me back to Nashville. 

(★I know. Real professional) 

こうなると心臓バクバク、掌ビチョビチョ★。私がテストを受けたリリー役の女優さんは、黒髪の本当にいい子でした。もう二人で盛り上がっちゃって、私達、ドンピシャでしょ、そう思わない?なんてね。これで決まりかな、と思いました。これでついに、役に決まったと、言ってもらえると思っていました。ところが、先方さんは私達にお礼を言うと、ナッシュヴィルへお帰りください、ですって 

(★それがプロフェッショナルだってんでしょ?) 

 

At first I made my mon call the agent every day to see if there was any news, but there was never any news. Weeks went by. Finally, we just stopped calling. 

その後、はじめのうちは、お母さんに頼んで、毎日エージェントのマーゴットに電話して、何でもいいから新しい知らせはないのかどうか、訊いてもらいました。でも新しい知らせなんて、ありません。結局、私達は電話をかけるのを、止めてしまいました。