【英日対訳】ミュージシャン達の言葉what's in their mind

ミュージシャン達の言葉、書いたものを英日対訳で読んでゆきます。

第29話My Little Breaks: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

My Little Breaks 

大ブレイク…じゃなくて「小ブレイク」を重ねて 

 

There I was in Tennessee, watching chickens, celebrating mules, and risking serious injury at the hands of my four wheelin' dad. I didn't have my heart set on being a huge star. Who does? But even then I knew I definitely wanted to perform in some capacity at least. A couple of years before we moved to Toronto, I went to “Kids on Stage,” a summer acting camp at a little theater called the Boiler Room in Franklin. When our camp put on plays in the Boiler Room, I was never the lead. The only part I remember playing is an old woman. I think there was a wig involved, so I guess I did get some experience that would prove critical in later years. 

さて地元テネシー州では、ペットのニワトリ達をのんびり眺めたり、ラバのお祭りに行ったり、四輪バイクをかっ飛ばすお父さんのせいで大怪我したりと、そんな日々を送っていた私。ビッグ・スターになりたい、なんて思うわけがありません。そんな子の気が知れんわ。ま、でも当時の私でさえ、ある程度のお客さんの数がいる前で、演じてみたいな、くらいの気持ちは、そりゃ間違いなくありました。トロントへ引っ越す2,3年前のことです。私は「キッズ・オン・ステージ」といって、夏の演劇講習会に参加したことがあります。場所は、フランクリンにあった「ボイラールーム」という小さな劇場です。この講習会では、私は一度も、主役級の役はやりませんでした。覚えているのは、オバアサンの役だったかな。カツラを使ったかも知れない。ってことは、後々重大な意味を持つ経験を、この時しっかりしてたってことね。 

 

At school I was way into doing plays, “way into” being sort of the nice way of saying I was Miss Bossy. When my mom came in with me and my homemade costume, my second grade teacher, Miss Severe (also Brandi's teacher. And Braison's. And Noah's) said, “Miley has it all planned out.” I was that kid. The teachers loved me.★ Except when I wouldn't stop talking. Which was most of the time.  

★The kids: not so much. 

一方学校では、演劇にどっぷりハマってました。「どっぷりハマってました」なんてキレイな言い方しましたが、要は親分風フカセまくり、というやつ。2年生の演劇の授業では、教室に、お母さんも手伝って、家で準備してきたコスチュームを持ち込むわけです。担当のビシバシ(厳しい)先生は(ブランディとブライソン、あとノアも教わってます)、こう言います「マイリーはしっかり家で準備してきたわね」私は、いわゆる「先生のお気に入り」★というやつでした。気に入られない時もあります。ずっとしゃべっている時ね。もっともそれがホトンドだったかも。 

★クラスの友達には、ウケはあまり良くなかったの。 

 

In fifth grade - one year before the infamous Year of Being Bullied - we finally moved to Toronto to be with my dad. My mom had been holding out, not wanting to uproot us from Tennessee, but like I said, we all just needed to be together. Leaving my cheerleading squad was the toughest change for me - I had been so into it. So my mom tried really hard to find a way for me to cheer in Toronto. Yeah ― turns out cheerleading's not so popular in Toronto.  

5年生の時(例の「イジメ地獄」の前の年です)、私達はトロントへ引っ越してしまいます。お父さんと一緒に暮らすためにね。お母さんは相当粘りました。テネシー州から全面的に撤収するのは、なんとしても避けたかったのです。でも前にも書いた通り、とにかく家族は一緒に暮らそう、ということになったのです。一番辛かった変化が、チアリーディングのチームを辞めなきゃならなかったこと。私、ホントにこれは「どっぷりハマって」たので。だから、お母さんは気合い入れて、私がトロントでチアリーディングをやれる場所を探してくれたのですが、そうなんです蓋を開けてみるとトロントって、そんなにチアリーディングが盛んじゃなかったんです。 

 

Mom finally found a squad in Burlington, an hour outside of Toronto. You were supposed to be in seventh grade to join, so I was too young; but she told them I'd been cheering since I was six and begged them to at least meet me. When I went out to the gym, they loved how teeny tiny I was. It was really easy to throw me all over the place. I got in! 

なんとか見つけてくれたチームは、バーリントンと言って、トロントから車で1時間くらい走ったところでした。ここは中1からじゃないと入れないチームで、私は学年がとどいていなかったのです。でもお母さんは、私が6歳からチアをやっていることを言って、とにかく本人と会うだけでも、と頼み込んでくれました。練習場へ行ってみると、チームは、私が超チビっ子なことが、とても気に入ってくれたらしい。これなら、どこへでもリフトアップやスローイング出来るって。お陰様で合格です! 

 

Toronto was pretty darn cold compared to Nashville during a normal winter. The winter we decided to spend in Toronto turned out to be the coldest they'd had in fifteen years. So every Sunday we'd drive through a blizzard to Burlington for practice. My poor Southern mom, who'd never driven on an icy road in her life! She was a total hero. 

トロントは、元いたナッシュビルから比べると、とんでもなく冬が寒い場所です。普段でもそうなのに、私達が引っ越した年は、過去15年間で一番寒い冬でした。ですから、毎週日曜日は、ブリザード(猛吹雪)の中を、練習場所のバーリントンまで運転です。暖かい南部育ちのお母さんは、気の毒に、凍った路面での運転経験ゼロ。本当に、お母さんは大した人です。 

 

In Canada, when I wasn't cheering or being homeschooled, I was always tagging along with my mom. That meant dropping by the set of Doc to see my dad. Being around the set so much, I absorbed a little bit about filming; how the camera blocking worked, what it meant when they said “Cut”; how important it was to be quiet. But mostly I liked trying on wigs in the wardrobe room. I know, I know. Some people look back on their lives and discover the theme to their life has been overcoming adversity, or battling injustice, or comforting the afflicted. So far, when I look back on my life, the only theme that I see starting to emerge is wigs.  

カナダ在住の間、チアとホームスクーリング以外は、お母さんとベッタリ。ということで、お父さんの出演していたテレビ番組「ドク」の撮影現場に、寄る機会があったのです。セットの周りをうろついているうちに、ドラマの撮影というものに、チョコっとハマってゆきます。カメラ割りのやり方、撮影中の「カーット」という掛け声の意味、息をひそめる重要性。なかでも一番私が好きだったのが、衣装部屋でのカツラの試着。えっと、言いたいことはわかります。人によっては、自分の人生を振り返れば、そのテーマが、不幸を克服したり、不正と戦う力となったり、病を癒したりしているのがわかるだろうってね。私の場合、今の所心当たりは、カツラ、ですかね。 

 

My dad had been on Doc for a couple of years, and the producers all knew our family. Shortly after we arrived on the scene, the producer (or was it the director?) of Doc offered me the part of a girl named Kiley on an episode of the show. Kiley was an outgoing little girl with an alcoholic, abusive mother who came to live with her father in New York. Kiley's dad lived in the same apartment building as Doc (my dad). I had some good scenes as Kiley ― some deep scenes dealing with the abusive mother, and a scene where Kiley tried out for the school play and got made fun of for her Tennessee accent. Little did I know how much I would need the experience. In two arenas: acting on TV and dealing with the mean girls. 

お父さんは数年に亘って「ドク」に出演していましたので、プロデューサーの皆さん全員、うちの家族は顔見知りでした。撮影現場に行くようになってから間もなくの頃のことです。その日居合わせた「ドク」のプロデューサーさん(監督だったかも)が、私に、出てみないか、と言ってくださったのです。役どころはカイリーという女の子。ある一話に出てくる登場人物です。性格が明るく、母親がアル中で虐待癖。父親とニューヨークで一緒に暮らすことになる、という設定です。父親とドク(お父さんの役)が同じアパートの住人。いくつか結構いい場面を、演じさせてもらいました。虐待癖の母親との絡み、そして、学校の演劇で役のオーディションに挑戦した時、故郷のテネシー訛りでバカにされる場面。この時の経験が、後にどれほど役に立つか、当時は知る由もありません。テレビ出演と、いじめっ子達への対処、この2つでね。 

 

If I had to pinpoint a moment, I'd say playing Kiley definitely gave me the acting bug. But mostly I have to mention it because it was nearly half of my professional acting resume when I tried out for Hannah Montana. 

お芝居をしたいと強く思ったのはいつか、となると、迷うこと無く「カイリー」を演じた時、ですね。でも、もっと大事なことは、「ハンナ・モンタナ」に応募した時、「プロの現場での経験は?」の履歴書欄には、半分はこの経験を書くことになった、ということです。 

 

After Doc, I started doing an actor's workshop and went to a few camps where I got to do monologues and plays. And I guess it paid off. The next time we were in Nashville on a visit to friends, my mom's friend Wendi★ was taking her kids to audition for a Banquet Foods commercial starring country singer Lee Ann Womack. I was curious, so she brought me along. Wendi's kids are younger than I am, so when the casting director said they were looking for an older girl for the spot, Wendi said I should go in. I don't remember what happened at the audition, but I got the commercial ― and an agent in the process.  

★the one who later helped me write “I Miss You” about Pappy 

「ドク」出演の後、私は俳優を目指すワークショップに参加するようになります。講習会にもいくつか出かけて、モノローグやお芝居に取り組みました。そして、これが報われたと思われる機会がありました。ナッシュビルに友達に会いに行った時のことです。お母さんの友達のウェンディ★が、お子さんたちをオーディションに連れて行くというのです。「バンケットフーズ」社のコマーシャルで、カントリー歌手のリー・アン・ウーマックとの共演です。私が興味津々そうにしていたので、ウェンディは私を同行させてくれました。ウェンディのお子さん達は、私より年下でした。選考担当ディレクターが、もうちょっと年上の女の子を、と言った時に、ウェンディが、私にやってみるよう勧めてくれたのです。オーディションで何をしたかは、覚えていませんが、結局私が役を勝ち取りました。ついでにこの時、将来の私のエージェントもね。 

後にじいじのことを歌にした「I Miss You」の作曲を手伝ってくれた人ね 

 

What I do remember is that the night before I went in to tape the ad, my mom cooked up some of the Banquet Foods products I'd be eating the next day. But when I came into the kitchen to have a taste, my brothers had eaten all of them. So they couldn't have been too bad ― but I'm a picky eater. The next day, between takes, I ducked behind the table and spat out the beans (I think that's what they were) into my hand.  

今でもハッキリ覚えていますが、CMを収録する前の夜、私が撮影で食べる予定の、バンケットフーズ社の製品を、お母さんが実際に調理してくれました。ところが私が台所へ入ってみると兄と弟が全部食べちゃったんですアイツラが全部食べちゃうくらいだからそんなにまずくはないんだろうなとは思ってましたただ私は、味には結構ウルサイほうなんですよね次の日カメラ撮りがストップする度に私はテーブル下にかがむと、豆をそっと口から掌に出してました(前の晩試食しようとした物だと思うんですが)。 

 

I guess nobody from Banquet Foods complained, because soon after that my new agent asked my parents to put me on tape for an upcoming movie directed by Tim Burton, called Big Fish. 

バンケットフーズからクレームはなかったと思いますというのも、それから間もなく私の新しいエージェントがお父さんとお母さんに私の映画出演話を持ちかけてきたからです公開まで間もなくとなっていた作品で監督はティム・バートン、作品名は「ビッグ・フィッシュ」。