【英日対訳】ミュージシャン達の言葉what's in their mind

ミュージシャン達の言葉、書いたものを英日対訳で読んでゆきます。

第21話Spotlight: Miles to Go byマイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

The Spotlight 

スポットライト 

 

September 13, 2006 

This is the beginning and the end. The beginning of a long journey and a new path, and the end of an ordinary lifestyle. I hope I find love, adventure, fun and excitement. 

2006年9月13日 

この日私は物事の始まりと終わりの両方をそれぞれむかえた。始まりというのは、ある長い人生の旅と、その初めて踏みしめる道。そして、終わりというのは、ありふれた日常。私は願った。愛情や冒険、楽しいことやワクワクすることと、出会えますように、と。 

 

Despite my mouthful of humble pie, life kept going ― full throttle. I went on tour, opening for The Cheetah Girl's The Party's Just Begun tour in the fall of 2006. We were done shooting the first season of Hannah Montana, but only half of it had aired on TV. Before The Cheetah Girls concert, nobody knew if folks would care that I was opening for them. True, Hannah Montana had been an instant success, but that didn't mean anybody wanted to see me in concert as Hannah. Hannah's a fictional singer. Maybe all her fame was fictional too. So the concert creators kept it cheap. There was no dramatic curtain, parting slowly to reveal me onstage. Nor did I rise up on a platform like a real rocker. So how did I appear onstage? Two dancers stood holding a plain white bed sheet up to hide me, then dropped it. That's right ― a bed sheet. I had four dancers★. I had a band track instead of an actual band★★. Hannah's costumes were all straight off the rack of Forever 21★★★. But I didn't care if I was standing in front of a plain black wall.  

★Now I'm up to twelve dancers. 

★★Now I have a seven person band. 

★★★Now all Hannah's clothes are custom-sewn. 

パーティーは、悔しい思いをして、パイを口いっぱい頬張ったりしていましたけど、日々の生活は全力回転で続いていました。私はコンサートツアーに参加することになりました。前座としてですけどね。メインは、チータ・ガールズ。「The Party's Just Begun」というツアーで、2006年秋におこなわれました。「ハンナ・モンタナ」はシーズン1の収録を終えていたものの、テレビでの放送は未だ折返しです。チータ・ガールズのコンサートツアーを控えて、私なんかが前座で、お客さんがどう思うか、誰にも見当がつきませんでした。確かに、「ハンナ・モンタナ」は放送と同時にヒットしますが、だからといって、この私を、ハンナとして、実際のコンサートの場で見たい人がいるってことには、ならないでしょ。ハンナは架空の歌手です。人気歌手っていう評価だって、全部架空のもの。ですからコンサートの制作チームも、「ハンナ」については、ウェイトを置くようなことはしませんでした。舞台の緞帳が左右に開いて、ドラマチックに私が登場、なんてありえません。舞台の奈落から、せりに乗って登場、なんて、一流のロック歌手みたいなこともしません。それでは、私の登場方法を説明します。ダンサーさんが2人、真っ白なベッドシーツをもって、私を隠してステージに登場。で、パッと落とすと、私が現れる。こんな感じ。ツアー中、私には、ダンサーさんが4人★、バンドはなく録音で★★、そしてハンナのコスチュームは全てForever 21の既製品★★★。でも私は別に、何もない真っ黒な壁をバックにしたって、全然OKでした。 

今はダンサーさんは12人 

★★今は7人編成のバックバンド 

★★★今はハンナの衣装は全部特注品 

 

 

My dad always says that a real musician can make a great show out of anything, no matter how small. 

お父さんはいつも言っているどんなにセッティングが小さくても、どデカいショーをやってのける。それが真のミュージシャン。 

 

I was determined to be a great musician. 

私はどデカいミュージシャンでありたい、そう心を強く持ちました。 

 

 

When you're the opening act, you figure nobody's there to see you. They come in with their friends; they're talking, goofing around, and getting psyched for the main act, and they have zero reason to pay any attention to that random girl in a blond wig who thinks she's a TV star. But this concert mattered a heck of a lot to me. It was my first and possibly only chance to show everyone what I could do as a performer, and I couldn't afford to mess it up. I was supposed to get the crowd excited. If they weren't pumped when The Cheetah Girls came onstage, I'd be to blame. 

前座ってことは、お客さんは誰も私なんか見に来ていない、そう考えろってことです。お客さんは、友達と会場に入ってきて、おしゃべりして、ふざけたりして楽しんで、お目当ての舞台がもうすぐだと盛り上がってくる。そりゃ、どこの馬の骨かワケ解んない女の子が、ブロンドのウィグをつけて、テレビに出ているスターだと思いこんでいるのを、お目当てにしているお客さんなんて、1ミリも居るわけ無いわな。でも私には、このコンサートは大いに意味があるのです。この最初で、そして恐らくたった一度のチャンスを逃さず、みんなに舞台人として出来ることを見せつける。そのためにも、失敗するわけには行きません。私の役目は、場を盛り上げること。主役のチータ・ガールズが登場したときに、お客さんがハジケなかったら、私のせいです。 

 

★★★7 things that keep me up at night★★★ 

1. Sponge Bob 

2. coffee beans 

3. eating before bed 

4. reading the Bible 

5. playing the guitar 

6. knowing I have to get up early 

7. thinking about the past 

★★徹夜のための7つ★★ 

1.スポンジ・ボブ 

2.コーヒー豆 

3.就寝前の食事 

4.聖書を読む 

5.ギター弾き 

6.翌朝早起きしなきゃ、と自覚しておく 

7.昔あったことを考える 

 

The shows all sold out, which was a surprise to everyone. I liked a big audience. At least with that many people, I didn't have to worry that there'd be no applause, just crickets. I could handle the number of people ― I hoped.  

ツアーのチケットは完売これには関係者全員驚きました私は大観衆を前にするのは好きでした少なくともこのお客さんたちからは大きな拍手なんかもらえなくたっていい、ちょっとでも盛り上がればOK。私がなんとかしてみせる…といいな、なんて思ったりして。 

 

I'm never alone backstage. Before the show starts, my dancers and I have a little ritual. We gather in a circle with our hands together in the center and shout, “Pop off!”★ Then my stage manager, Scottie Dog, a tattooed old-time rock 'n' roller, shows me where to wait and stays with me until I go on.  

★It's my show and my ritual. You'd think I'd know why we say “Pop off.” But I don't. 

舞台裏私は一人ぼっちになることはありません。本番開始前、ダンサーさん達と私は、ちょっとした「儀式」をします。円陣組んで、真ん中で手を合わせて、みんなでシャウトするのが「Pop off!」(意:ハジケて行こうぜ)。そしてステージマネージャーの、スコッティ・ドッグという、往年の入れ墨ロックンローラー、彼が私を待機場所へ案内して、「出」までの間、側にいてくれます。 

これは私が舞台に出る時の「儀式」。なんで「Pop off」なんて言うのか、そのワケを言えって?私にも分かんないの。 

 

As I stood backstage on opening night, my blond wig was already itchy, hot, and sweaty. And I had to pee. Badly. But it was too late. (Story of my life ― having to pee when it's too late to go is my body's code for: you're nervous and you might mess up!) Scottie Dog signaled me, and I walked out to the microphone. I looked through the sheet at the crowd at KeyArena in downtown Seattle. Over 16,000 people were staring back at me (or at my plain white bed sheet, anyway), waiting for me to perform. I felt really little up there onstage. I was really little! Why should I be there? How could I ever win over that many people? But cheerleading had taught me to channel my fear into energy. I may have felt little, but I was ready to do everything bigger and better to compensate.  

開幕初日の舞台裏出る前から金髪のウィグが、かゆいわ、あついわ、汗だくだわ、とすでに大変。おまけにトイレに行きたくなっちゃって。それも、どうしてもっていうくらい(大体いつも、「もう行く時間がない」ってなると決まって行きたくなる。緊張して、場を台無しにしちゃうかも!)。スコッティ・ドッグから「出」の合図。私は舞台上のマイクのところへ向かいます。会場はシアトルの繁華街にあるキーアリーナ(クライメートプレッジアリーナ)。シーツの隙間から、客席を覗きます。16,000人以上の観客が、私を(まぁ少なくとも、白いベッドシーツを)見て、私のパフォーマンスが始まるのを待っています。舞台上では、自分が本当に小さく感じます。てか、本当に私ちっちゃいんで!なんでこんなところに居るんだっけ?こんな大勢のお客さんをどうにか出来るの?でもここで、チアリーディング時代の経験が物を言います。恐れを力に変えろ!小さくったって、でっかくやってやる、その分しっかり穴埋めしてみせる! 

 

I took a deep breath, the sheet dropped, and I opened with “I Got Nerve.” I didn't know if I could keep a crowd of 16,000 from throwing tomatoes at me (or maybe peanut-butter-and-jelly sandwiches ― it was a young crowd). But I did know that I loved to sing, so I started by just focusing on that.  

深呼吸をして、シーツが落ちてまずは「I Got Nerve」からスタートです。16,000人のお客さん達にトマトを投げつけられないように若いお客さん達だからピーナッツバターとジャムのサンドイッチかな)、と思ったけど、どうすればいいかなんて分かりませんから、とにかく自分は歌が好きなんだって、しっかり意識して、そこに集中です。 

 

As soon as I started singing, I relaxed a little. After a while I felt calm enough to take a tiny peek at the audience. So I looked out... and I could not believe what I saw. It was a sea of Hannah Montana T-shirts! This audience wasn't there just for The Cheetah Girls. They knew who I was! (Or they knew who my TV character was when she wasn't herself. But let's not be picky.) When I started singing “I've Got Nerve,” the crowd actually sang along with me. They knew every single word! Soon I could hear them chanting “Hannah!” and “Miley!” (See? They did know who I was. Or, rather, they knew who my TV character was when she was herself. But again, let's not be picky.) My mom was backstage with my manager, Jason. They looked at each other and their mouths just dropped open. What? This was out of control! 

歌い始めた途端にちょっとだけ緊張がほぐれましたしばらくすると余裕が出てきたので観客席の方をちょっと観察です。目を凝らすと、信じられない光景が目に入ってきたのです。何と、観客席は、一面ハンナ・モンタナのTシャツを着ている人達!チータ・ガールズしかお呼びじゃないなんて、そんなことはなかった。私が誰なのか、知っててくれたのです(少なくとも番組上のキャラ名はわかっているでしょう。まぁ細かいことはヨシとします)。「I've Got Nerve」を歌い始めた途端、お客さん達も一緒になって歌ってくれたのです。一言一句間違えずに!今度は「ハンナ!」「マイリー!」のコールが聞こえてきます(ほらね?やっぱり私が誰なのか、知ってくれていた。あ、ていうか、本人が出ているんだから役の名前も知っているのか、ま、細かいことはヨシとします)。お母さんは、私のマネージャーのジェイソンと一緒に、舞台裏に居たのですが、お互い驚いて、開いた口が塞がらず「なにx2?トンデモナイことになってない?!」 

 

So little time had passed since I'd been in sixth grade, holding back tears on a daily basis★. Those girls had made me feel completely worthless, invisible. But this was it: the equal and opposite reaction I had been hoping for. Here, it was, proof that they hadn't stopped me. If anything, they had pushed me forward. For all that darkness, it wasn't over. Now a light was shining on me.  

6年生の地獄社会にいて、毎日涙をこらえて、そんな日々からここまで、あっという間だったな。あのいじめっ子達のおかげで、私は、自分が誰の目にもとまる価値のない人間だ、と思い込んでいました。その時、私が望んでいた、同じくらい大きくて、しかも全く正反対のことは、今、この舞台で起きていることだったのです。それが実現した、ということは、あの子達に私を止めることはできなかった、ということだし、ある意味、私を前へ進めたとも言えます。あの真っ暗闇の中でも、私の人生は終わっていませんでした。今こうして、私には光がさしているのです。 

 

I was lifted up, not so much by success or fame or anything to do with Hollywood status as by the moment. My heart was flying. My soul was soaring. I felt radiant. 

私を立ち上がらせてくれたのは芸能界で成功したとか、名前が売れたとか、そういうことよりも、目の前の一瞬一瞬の出来事だった。思いが空を舞っていた。心が声を張り上げていた。私は晴れやかな気分だった。 

 

Sure, if I could do it over again, I'd rather not suffer through those sixth-grade moments. But now, now that it was over, somewhere in the cruelty of those girls there was a gift for me. I'd put all the memories at the bottom of the ocean, but now that past floated back to me like a message in a bottle. I looked at it, felt happy, respected it, then threw it back again.  

もちろん、もし人生をやり直せるとしても、あの6年生の「一瞬一瞬」は、遠慮しときます。でもようやく、ようやく終わったんです。あの子達の残酷な仕打ちの中にも、ひょっとしたら、私にとっては神様からの贈り物があったのかも。あの時の記憶は、既に心の海の奥深くにしまい込んでいました。でも今、当時の記憶が私にもう一度蘇ってきます。丁度、瓶に詰めたメッセージが、海から流れ着いて戻ってきたように。今それを見て、ホッコリして、敬意を表し、もう一度心の海の奥深くに戻しました。 

 

As I hit the final chords of “I've Got Nerve,” I thought, “This is for them.” 

「I've Got Nerve」の最後のコードが響きましたその時私はこれをあの苦しかった日々に捧げようって、思いました。 

 

Even the hard times are part of your life story. If you acknowledge them and move past them, they eventually add up to the experience that makes you wise.  

辛いことがあっても、それは自分の人生の一部。そう自覚して、やり過ごしていけば、それは経験の積み重ねとなって、自分を賢くしてくれる。 

 

I didn't stop to question what the audience's response meant about the show's popularity or my career. I recognized what was happening from my dad's concerts. Kids were singing along with every word. Parents were dancing with their kids. I looked at their faces and I saw joy. My dad always says that at that moment ― when you, the band, the audience, when you all make music together ― you become one. That's harmony. And that is what it is all for.  

お客さん達の反応を見て、それがその時のパフォーマンスにとって、どういう意味を持つのか、あるいは自分自身のキャリアにとって、どういう意味を持つのか、私はずっと自分に問いかけるようにしています。お父さんのコンサートを見て、私はそこで何が起きているか、全てを見て聴いてきました。子供達は一言一句間違えずに、一緒に歌っていました。その親御さん達は、子供達と踊っていました。彼らの顔を見れば、喜びが溢れていました。お父さんはいつも言ってます。自分、バックバンド、そして観客席、みんなが一緒になって音楽を作るんだ、それができれば、私達は一つになれる。それこそが「ハーモニー」。全ては、その「ハーモニー」のために存在しているんだ、とね。 

 

Life is unpredictable and hard. There are plenty of bleak things in the world that we all could be thinking about, Maybe we should be. But on that night, in that moment, all singing along with each other? That was something we all shared, and while we were singing, whatever problems there were in the world, whatever troubles people were having at home, whatever bullies were waiting after school for some other kids in the crowd, to me it felt like maybe we'd put that all out of our minds for a tiny bit of time and just enjoyed one another's company. I brought the audience a little light. I had found a way to make people happy. That's as good as it gets.  

生きていると先が見えなかったり辛かったりするものです私達みんなが思いつく、憂鬱なことや殺伐としたことは、この世界には実際に沢山存在しています。でもあの夜、あの瞬間、会場の人達みんなが、お互い声を合わせて歌っていました。それは、全ての人が分かち合えることです。皆で歌っている間は、世界にどんな問題があっても、家庭にどんな問題があっても、この会場にいるかもしれない子達の誰かから、放課後どんないじめを受けようとも、そんな事はすべて、ほんの一時でもいいから忘れて、互いが一つになれる喜びを味わおう、私はそうしたいと思っていました。私が届けたのは、ささやかな光。私が見出したのは、人々を幸せにする方法の1つ。経験を積むたびに、良くなってゆくものです。 

 

I played twenty shows for The Cheetah Girls in one month, finishing on October 14 in Charlotte, North Carolina. Ten days later the Hannah Montana sound track ― all music from the TV show ― was released. My life was starting to feel like the best Christmas ever ― each present was a new opportunity or news of a success I'd only imagined in my wildest dreams. The sound track debuted at the top of the Billboard charts.  

チータ・ガールズの1ヶ月に及ぶツアー中、私は20回舞台に立ちました。そして10月14日、ノースカロライナ州のシャルロットで、最終公演を終えたのです。その10日後、「ハンナ・モンタナ」のサウンドトラック(全曲番組中のもの)がリリースされました。私の人生は、毎日が最高に楽しいクリスマスであるかのように、感じられるようになりはじめていました。その一瞬一瞬が、かつて私が「最もムチャな夢でしかない」と心に描いていた、今までにないチャンスであり、今までにない成果の知らせであったりします。このサウンドトラックは、ビルボード・チャート初登場で第1位を獲得しました。 

 

Heck, yeah! Hannah Montana was no longer an opening act. She was a headliner. My dreams had come true. I was a singer. And an actor. So what if the dream come true had a straight blond wig glued on top? This girl wasn't complaining. You know that old expression: A wig on the head is better than a head in the sixth-grade toilet. Okay, maybe it's not the most common expression. Let's just say I know not to look a gift horse in the mouth! 

どうです!ハンナ・モンタナは、もう前座なんかじゃありませんよ。彼女はメインになったのです。私の夢が実現していました。私は歌手に、そして役者になりました。夢がかなったことに比べれば、ストレートブロンドのウィグが脳天にベタついたって、この少女は文句を言いませんよ。ほら、昔から有名なことわざが、あるでしょ。「6年生用トイレの中に見える頭一つより、ウィグが乗ってる頭一つのほうがマシ(本来文:藪の中に見える鳥獣2頭より、掌に乗ってる鳥獣1頭のほうがマシ)。」あ、そうか、これは有名ってほどではないか。じゃあ、もっとシンプルに、幸運にもプレゼントとしてもらった馬を、歯を覗き込んで、良い馬かどうか調べるようなマネは、しちゃいけないよ、そういうことですよ!