英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第7話When Disney Calls: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

When Disney Calls 

ディスニーが私を呼ぶ時は 

 

It was as if someone wanted to make it up to me for what was going on at school. Not long after the bathroom incident, I got another surprise call ― this time it was Disney saying they wanted me to come to L. A. to audition in person for Hannah Montana. It was the middle of the school year! Score! I could miss school ― i. e., Torture 101. But then I remembered. I also had major cheerleading commitments.  

学校での地獄の苦しみを、誰かが埋め合わせをしてくれている、そんな気がする出来事がおきます。トイレ事件の少しあと、突然の電話が、またかかってきました。今回ディズニーから私にかかってきた電話は、ロサンゼルスに来てオーディションを受けてくれというのです。対象の役は、なんと「ハンナ・モンタナ」です。6年生も折り返しの時期でした。やったね!いやぁ、さみしいなぁ、授業受けらんないなぁ。例えば「地獄入門」とかね。でもこちらは冗談抜きの話、チアリーディングの方で、大きな大会があったんだった。 

 

Missing just a single practice was a big deal. The choreography relies on everyone showing up. After all, you can't have a pyramid without the top. girl. Actually, it's even worse to try making a pyramid without one of the bottom girls!★ 

(★Don't try this at home!) 

練習は1回でも休むと大きいんです集団での振り付けは全員が練習に出席することにかかっています。人間ピラミッドにしても、てっぺんの子がいなければ出来ないし、ましてや、一番下で支える子達にいたっては、一人でも欠けたら、てっぺんの子がいないより良くないですよね★。 

(★危険ですので、自宅ではやらないように!) 

 

Somehow my mom got me excused from practice. I flew to L. A., anxiously ran lines with Mom, hurried to get to the audition on time, could barely contain my excitement, opened the door to the waiting room, and ― there were fifty other would-be Hannahs waiting to be seen. My mom and I looked at each other. We had thought I was a finalist. I guess we thought wrong. We joked that they had enough Hannahs there to name one after every state, not just Montana. (Hannah Indiana, Hannah Connecticut, Hannah Idaho ... ) I know, I know ― but we had a lot of to kill in that waiting room.  

結局母勧めもあって、私は練習を休ませてもらうことにしました。ロサンゼルスに飛んで、お母さんとセリフの読みあわせをして、オーディションに間に合うよう急いで、心臓バクバクを辛うじて抑えて、ドアを開けて控室に入ったら・・・あれ、50人もいる。これ全部ハンナ・モンタナの役を狙ってる子達だ。お母さんと私は、思わず顔を見合わせてしまいました。私が最終候補者じゃなかったんだ。勘違いってことですね。こうなったら、お母さんと冗談飛ばして、50人もハンナがいるなら、「モンタナ」だけじゃなくて全部の州の名前がつけられるじゃんって(ハンナ・インディアナでしょ、ハンナ・コネチカットでしょ、ハンナ・アイダホでしょ…)はいはい、スイマセン。でも、こんなに沢山いれば、審査までには、十分時間があります。 

 

★★★ 7 places I want to go ★★★  

行きたい場所7つ 

 

1. Fiji 

2. Australia 

3. Italy 

4. Hawaii 

5. Germany 

6. Spain 

7. North Carolina 

1.フィジー 

2.オーストラリア 

3.イタリア 

4.ハワイ 

5.ドイツ 

6.スペイン 

7.ノース・カロライナ 

 

The waiting room for the Hannah Montana auditions was like the waiting room in a busy doctor's office. There were old magazines, odd smells, tons of tension ― and we were all about to be examined. Some of the moms who were waiting with their daughters had way too much perfume on, giving me an insta-headache. The only saving grace was that at least we wouldn't have to get any vaccinations. Although I was pretty certain that not getting the part would hurt at least as much and the pain would last longer.  

ハンナ・モンタナ」のオーディション控室は、さながら、混んでいる病院の待合室、といった感じでした。雑誌のバックナンバーがいくつか置いてあって、異様な匂いと、めちゃ重苦しい緊張感にあふれていて、ここにいる全員が、これから間もなく審査を受けるのです。娘の付き添いできているお母さん達の中には、香水がキツすぎる人達がいて、私なんか、あっという間に頭痛になってしまうほどです。唯一の救いは、ワクチン注射を受けなくて済むってこと。そうは言っても、落ちたら凹んでで後引きずるだろうな、ということは確信してました。 

 

As we waited, and waited, and waited some more, I could see that some of the girls and their moms were sizing up. My mom, thank goodness, has never been “that” mom. She ignored the looks, but I couldn't. It was tense in that room. You couldn't help thinking about who was prettiest or best prepared or most talented. As I sat there, I snuck peeks at the other girls. I didn't recognize any of them ― not that I expected to. I had done some auditioning, but I hadn't exactly been going all over town.  

待って待ってまた待っているうちに女の子達とそのお母さんの中に周りの子達にあれこれチェックを入れている人達がいるのがわかりました。うちのお母さんは「その人達」には、絶対ならないので、ヨカッタ。お母さんは見た目を無視しますが、私はそうはいかない。控室はピリピリしてました。どうしても、一番可愛く見えるのは?一番しっかり準備してきたのは?一番才能があるのは?って気になるもんです。座って待っている間も、他の子達をチラ見してました。知っている子は誰もいません。いてほしいとも思わなかったけど。これまでも色々な都市でオーディションを受けてきましたが、全部しらみつぶしに受けたわけじゃありませんでしたからね。 

 

Most of the girls were older than I was and much taller. Many of them were beautiful. Some had shiny black hair. Others had long blond hair. Some had glowing white teeth. I looked at how they were dressed, how they did their makeup, and how they wore their hair. On looks alone, I was pretty sure most of those girls could land the role hands down. An I could only imagine what kind of experience they had had. I felt way out of my league. Auditions were by far the most scary, nerve-racking moments I ever had. Each one was like taking a test. I liked to perform, so I was always excited, but I also always really wanted the job, so the anxiety was huge. But on that particular day, the cheerleader in me woke up. 

大半の子達が私より年上で背もうんと高い。しかも美人ばっかり。ツヤッツヤの黒髪の子、ピッカピカのブロンドの子、キラッキラの白い歯の子。私は服装やメイク、それから髪型もチェックしました。その結果だけで言えば、ここにいる子達の大半が、受かってしまうだけのものを持っている、と強く思いました。あと、これまでの実績や経験は、想像するしかありません。私なんかお呼びじゃないな、と感じました。私にとって、オーディションほど、怖くて神経をすり減らすものは、ありません。1回1回が、学校で試験を受けているようなもんです。人前で演技をするのは好きなんです。だからオーディションはいつだってワクワクします。ただし同時に、役を勝ち取りたい、と思うと、不安な気持ちのほうが大きくなるのです。でもこの日に限って、私の体の中にいた「チアリーダー」が、覚醒します。 

 

My cheerleading coach, Chastity, was really tough. In Nashville, some people treated me differently because I was the singer Billy Ray Cyrus's daughter. They'd cut me slack because my dad was somebody. Not Chastity. If I messed up, she made me run laps just like everyone else. If anything, she was tougher on me. I was afraid to fly ― to be the person at the top of the stunt who soars through the air ― but she had me work one-on-one with the stunt trainer. I wasn't the best tumbler, but she made me practice until my back handspring was just right. I bounced off my head until I felt like I'd been spinning in circles for hours.  

チアリーディングのコーチは、チャスティティさん、といいます。大変厳しい方です。地元ナッシュヴィルでは、私を特別扱いする人達もいます。あの、ビリー・レイ・サイラスという歌手の娘だから、がその理由。そういう人達は、私が何かしても、大目に見ようとします。お父さんが「有名人」だから、というわけです。でもチャスティティさんには通用しません。私がヘマをやらかしたら、他の子達と同じように、バツとして走り込みをさせます。むしろ、他の子達より厳しかったかもしれません。私は、飛ぶ、つまり、大技をする時に一番上から空中に飛び上がるのを怖がったのですが、チャスティティさんは、私に対して、専門のトレーナーをつけてマン・ツー・マンでこれに取り組ませました。私はチームで一番大技が出来る、というわけではなかったのですが、チャスティティさんは、私が完璧にバック転が出来るまで、何度でも練習させるのです。何時間も練習して、頭をぶつけまくっているうちに、きれいに円を描くような気分で回れるようになったのです。 

 

Chastity didn't care how long it took me. She was proud, so long as I didn't quit. She always said, “Can't is not a word.” Chastity taught me that when I wanted something, I had to work hard for it. I wanted this part badly. Who was to say that these polished L. A. girls were any better than I was? When they finally called my name, I was ready.   

チャスティティさんは、私が出来るようになるまで、気にせずいつまでも待ってくれました。私が諦めない限り、私を誇りに思ってくれていたのです。いつもおっしゃっていたのが「世の辞書に、『不可能だ』という文字は無いのよ」。努力を惜しむな、何かを望み願うなら。私の願い、それも悲願は「ハンナ・モンタナ」の役です。こんな飾ったロスのガキンチョ共に、負けてたまるか!私の番が来ました。準備はOKです。 

 

In the audition room, I faced a panel of ten people. I stood there, dressed in my short little skirt and T-shirt ― Abercrombie'd out. You want them to remember you, so I made sure to be outgoing. For once in my life, it was good that I talked too much. I just had to make sure to be myself instead of letting my nerves take over. The casting people asked me to read from a script, then to sing. I sang a little bit from Mamma Mia! As at most auditions, they gave me comments, like “Can you try it a little bit brighter?” or “Read it again as if you're really annoyed at your brother.” (It's funny, I was so nervous and had no idea then who those people on the panel were. They were just intimidating strangers. Now they're the people I work closely with every day.) 

オーディションの部屋には、10人の人達が、ずらりと並んでこちらを見ています。前に立ちます。私の服装は、丈の短い小ぶりなスカートに、Tシャツ(アバクロンビー風)。相手の印象に残らなきゃ、と思うわけなので、活発さをしっかりアピールしました。この時ばかりは、しゃべり過ぎが功を奏します。緊張に押しつぶされることなく、自分らしさをしっかり保たないといけません。セリフの朗読に続いて、次は歌です。ミュージカル「マンマ・ミーア」の劇中歌の一つを、少し歌いました。大抵のオーディショでは、ここで一言二言審査員から言われます。例えば「もうチョット明るさを出してやってみてくれる?」とか「もう一度読んでみて。今度はあなたの弟さんに、心底イラっとしている感じで。」といった風にです。(この時は緊張していたのか、審査に当たっていた人達が誰なのか、全然わからなくて、単なる「怖い人達」。彼らとは、今では毎日顔を突き合わせて仕事をしているのが、不思議な感じがします。) 

 

When I came out of the room I had no idea how I'd done. And I couldn't relax yet even though it was over. Sort of. The most stressful part of the whole auditioning ordeal is that you can't go home until they tell you you're done. You have to hang out in the waiting room, watching other girls get called back in, wondering if you're going to be called in to read something different or to sing again. And you never know why you're being called back in. Or not being called back in but still made to stay. Do they like you? Do they love you? Does one person hate you? Are they worried about your hair? Your height? They never give you the tiniest hint of hope.  

終わって部屋を出た時は、自分の出来栄えとか、全然覚えてませんでした。それから、もう終わったのに、全然気が抜けない、という感じの気分です。ここからが、オーディションという試練の、最もストレスが溜まる部分です。「もういいよ」と言われるまで、家に帰れません。控室で手持ち無沙汰にしつつ、他の子達が呼び戻されるのを見ながら、自分も呼び戻してもらえるだろうか、また違う台本を読んだり、もう一回歌ったりできるだろうか、とヤキモキするのです。そして呼び戻されても、理由は全く告げられません。そういう意味では、呼ばれず待機する理由も告げられません。目をつけてくれたのか?気に入ってくれたのか?一人だけ嫌っている人がいるのか?髪型が気に入らないのか?ほんの少しでも希望が持てるヒントを、全く教えてくれないのです。 

 

I did my best, but we ended up going home to Nashville with no good news. And then, a couple weeks later, I got another call. “You're a finalist!” Okay, this was the real thing. Maybe I had my ticket out of sixth grade after all. Again I begged out of cheerleading. Two strikes. One more and Chastity would kick me off the team. I flew to L. A., anxiously ran lines with Mom, hurried to get to the audition on time, could barely contain my excitement, opened the door to the waiting room, and ― there were thirty other would-be Hannahs waiting to be seen. Sounds familiar? 

ベストは尽くしましたけど、結局ナッシュヴィルへは、何かしらの良い知らせを持ち帰ることは出来ませんでした。そして2,3週間経った頃、また電話がかかってきます。「あなたは最終候補者に選ばれました!」ヨッシャ、今度はマチガイなし。どっちにしろ、これでまた地獄の6年生からの脱出チケットをゲットです。今度もチアリーディングの方で、お休みをもらわなきゃいけません。さすがにこれで崖っぷち。今後あと1回休んだら、チャスティティさんが引導を渡すとのこと。ロサンゼルスに飛んで、お母さんとセリフの読みあわせをして、オーディションに間に合うよう急いで、心臓バクバクを辛うじて抑えて、ドアを開けて控室に入ったら・・・あれ、30人もいる。これ全部ハンナ・モンタナの役を狙ってる子達だ。ね?どこかで聞いたような話でしょ? 

 

I was starting to feel like one of those balls that's attached to a paddle by a rubber band. Each time I got smacked away, they pulled me back just so they could smack me again. Well, it was a little gentler than that. But I was eleven. It was a roller coaster. ★ In the faces of those thirty girls I saw the grim reality. I had barely made any progress. I was definitely going back to sixth grade.  

これじゃ、パドルボールのボールと一緒だ、そんな気分になりました(訳注:ラケットとボールを紐でつないで独りで打つ遊び)。ボールの私は、ディズニーにスパンっと打ち放たれたら、引っ張り戻されて、またスパンっとやられる。ま、これよりはマシか。でも私、まだ11歳なんで、これじゃ、ジェットコースターですよ★。30人の女の子達の表情を見て、私は自分に突きつけられた残酷な現実を、思い知りました。前回のオーディションから、私は全く進歩していなかったのです。地獄の6年生への逆戻りは、これで確定した、といったところ。