英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第6話A Long Pit Stop: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

A Long Pit Stop 

ある日、長めのトイレ休「刑」にて 

 

Cheerleading was my safe haven, the one place where I knew I had friends I could trust to the ends of the earth. Or at least to catch me when I was flying through the air, which was a little more likely than reaching the ends of the earth, anyway. But at school I had no such safety net. And things were getting worse. 

チアリーディングは、私が安心・安全を求めて駆け込む場所でした。そこには、地獄の底まで信じ合える友達がいるからです。そこまでとは言わないけど、少なくとも、空中で舞えば、ちゃんと受け止めてくれる、そんな場所です。どっちにしても、地獄の底まで落ちる心配はないわね。でも学校には、そんな安全ネットなんて、ありません。地獄は、底なしになってゆきました。 

 

I still have no idea how the Anti-Miley Club got a janitor's key to the school bathroom, but one day I was on my way to science class, and they shoved me in an locked it. I was trapped. I banged on the door until my fists hurt. Nobody came. I tried to open the window, but it was stuck.★ It dawned on me that everyone was already in class. Nobody would come to use the bathroom for at least forty minutes. I sat down on the floor and waited. ★  

(★Note to self: in case of fire do not attempt to exit via bathroom window.) 

(★★gross) 

ある日のこと。理科室へ移動中のことでした。いきなり、例の「アンチ・マイリー」の子達が、私をトイレに無理やり押し込むと、外から鍵をかけてしまったんです。その鍵、どうやって用務員さんのところから持ってきたのか、未だにワカリマセン。こういうの、監禁状態っていいますよね。私は両方のこぶしが痛くなるまで、ドアをバンバン叩き続けました。誰も助けに来てくれません。窓から外に出ようとしますが、立て付けが悪くてビクともしません★。みんな、もう教室に入ってしまったのかしら。となると、最低40分は誰もトイレには来ないってことになります。私は床にへたり込むと、待つしかありませんでした★★。 

(★覚書火事になったらトイレの窓から逃げようとするな 

(★★トイレの床にへたり込むなんて…) 

 

I spent what felt like an hour in there, waiting for someone to rescue me, wondering how my life had gotten so messed up.  

1時間くらい、誰か助けてくれないか、と待っている間、なんで私の人生こんなにメチャクチャにされなきゃいけないの?って思っていた。 

 

I looked at the line of stalls, the row of mirrors, the unyielding windows, and thought about my two fish, swimming around and around in their bowl. How had I gotten here? Had I asked for it? Did I deserve it? Would it ever end? I knew the capitals of all fifty states. I knew the capitals of all fifty states. I could do a back handspring on the sidewalk. But I had no clue as to why this was happening. I was friendless, lonely, and miserable. The only bright spot was that if I had to use the bathroom, at least I was in the right place! 

便座の間仕切りのならび、洗面コーナーの壁にとりつけてある数枚の鏡、立て付けの悪い窓、そんなものをじっと見ていたら、自分の部屋の金魚鉢の中でクルクル回って泳いでいる2匹の金魚達のことを思っていました。あのイジメっ子達、どうやって私をここへ押し込んだの?私、こんなこと頼んだ?私、なにか悪いことした?これって、永久にこうじゃないよね?50ある州都の名前全部言える(訳注:日本なら「都道府県庁所在地全部言える」)。歩ける細長いスペースが有れば、後方宙返りだってできる。とまぁ、勉強もスポーツもそんなに苦手ではない私でも、この仕打は理解不能。今ここでは、誰もそばにいてくれない、孤独で、ミジメな気分になりました。一つだけ、不幸中の幸いは、トイレに行きたくなったら、ここなら大丈夫ってことかしらwww