英日対訳・マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

2003年出版の「To a Young Jazz Musician」を対訳(文法説明付)で読んでゆきます。

最終回<筆者・編者・使用字体>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

ABOUT THE AUTHORS 

著者・編集者紹介 

 

WYNTON MARSALIS, artistic director of Jazz at Lincoln Center, musician, educator, and composer, was born in New Orleans and received his first trumpet from renowned jazz musician Al Hirt at the age of six. Throughout his high school years, Marsalis studied jazz and classical trumpet with John Longo, Norman Smith, George Jansen, and Bill Fielder, and went on to study at the Juilliard School of Music. While in New York, he performed in the pit orchestra for Stephen Sondheim's Sweeney Todd on Broadway, and with the Brooklyn Philharmonic. He played with and learned from great older jazz musicians such as Clark Terry, Roy Eldridge, Harry “Sweets” Edison, and Dizzy Gillespie, and began playing regularly with master drummer Art Blakey, later joining Blakey's band, the Jazz Messengers, for a year and a half. To date, Marsalis has won nine Grammy awards, in both jazz and classical categories, and is the only artist to have won Grammy awards in five consecutive years, from 1983 to 1987. In 1997, Marsalis's oratorio on slavery and freedom, Blood on the Field, became the first and only jazz composition to date to win the Pulitzer Prize in music.  

(119-121ページ) 

ウィントン・マルサリスリンカーンセンター芸術監督(ジャズ)、演奏家、教育家、作曲家。ニューオーリンズ出身。6歳の時、ジャズの大家、アル・ハートから、最初の楽器(トランペット)を譲り受ける。高校在学中はジャズとクラシックの両方を学び、ジョン・ロンゴ、ノーマン・スミス、ジョージ・ヤンセン、ビル・フィールダーの各氏に師事。卒業後、ニューヨークのジュリアード音楽院に進学。ブロードウェイではスティーブ・ソンドハイム作「スウィーニー・トッド」上演に際し、オーケストラにてトランペット奏者として参加。また、ブルックリンフィル―ハーモニックのメンバーにもなる。クラーク・テリー、ロイ・エルドリッジ、ハリー・”スイーツ”・エジソンディジー・ガレスピーといった、ジャズの先輩大御所達に師事し、共演。名ドラム奏者、アート・ブレイキーと定期的に共演を始め、後にブレイキーの主宰する「ジャズ・メッセンジャーズ」に1年半参加。これまでに(訳注:2005年迄)、グラミー賞をジャズ、クラシックの両部門で計9回、アーティストとしては唯一、5年連続で同を受賞(1983年~1987年)。1997年にはアフリカ系アメリカ人奴隷制と自由解放を描いた、音楽史上初のジャズオラトリオ「ブラッド・オン・ザ・フィールド」の作曲により、ピューリッツァー音楽賞を受賞。 

 

SELWYN SEYFU HINDS is a noted author and award-winning journalist. He is the former editor in chief of The Source magazine and, more recently, executive editor of Savoy magazine. In 2002 Mr. Hinds penned the critically hailed memoir Gunshots in My Cook-Up. His articles and criticisms have appeared in a range of publications, including Vanity Fair, Spin, Vibe, USA Weekend, and The Village Voice, where he began his writing career. A graduate of Princeton University, Hinds lives in Brooklyn, New York. 

セルウィン・セイフ・ハインズ:作家、ジャーナリスト。「Source」誌編集長、エグセクティブエディターを歴任。プリンストン大学卒。 

これまで数々の受賞歴を持つ名作家。2002年、回顧録「Gunshots in My Cook-Up」を執筆、批評家達の絶賛を受ける。「Vanity Fair」「Spin」「Vibe」「USA Weekend」そして「Village Voice」(ハインズ氏のキャリアの出発点)などに、記事や評論が掲載される。ニューヨークのブルックリン在住。 

 

 

ABOUT THE TYPE 

本書で用いた活字体について 

 

This book is set in Fournier, a typeface named for Pierre Simon Fournier, the youngest son of a French printing family. He started out engraving woodblocks and large capitals, then moved on to fonts of type. In 1736 he began his own foundry and made several important contributions in the field of type design; he is said to have cut 147 alphabets of his own creation. Fournier is probably best remembered as the designer of St. Augustine Ordinaire, a face that served as the model for Monotype's Fournier, which was released in 1925. 

この本はフォーニエールを印字体として使用しています。フォーニエールはピエール・サイモン・フォーニエールという、フランスの印刷業の一族の末息子の名前です。ピエールは木片刻印、サイズの大きな大文字体、そして活字制作へと事業を拡張してゆきます。1736年には自身の鋳造工場を設立し、活字のデザインにいくつかの重要な貢献を果たします。彼自身が考案したアルファベット字体は147種類といわれています。フォーニエールと言って一番に挙げられるのは、彼自身がデザイナーとなった「St.Augustine Ordinaire」でしょう。後にモノタイプのフォーニエールのモデルとなり、1925年に出版されています。 

<10.喜びに心は踊る>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

10. Dancing with Joy 

September 28, 2003 

 

10喜びに心は踊る 2003年9月28日  

(109ページ) 

 

 

Dear Anthony, 

We spend so much time talking about problems, all these life philosophies roiling the brain. Even when we're practicing, we're still always thinking about what's wrong. We have to realize: What keeps you playing is what's right. You're not going to keep pursuing something that tastes nasty; it's got to have some sweetness somewhere in it. (Herline says you can attract flies with honey as well as with shit.) And the thing about jazz, through all the business involved in practicing and improvement, it's always sweet: the improvement that you notice in the ability to express yourself, the feeling of playing, pushing yourself out into an open space through a sound, man. That's an unbelievable feeling, an uplifting feeling of joy to be able to express the range of what you feel and see, have felt and have seen. A lot of this has nothing to do with you. It comes from another time, another space. To be able to channel those things and then project them through an instrument, that's something that brings unbelievable joy. 

親愛なるアンソニー 

ずい分時間をかけて色々な問題について話をしてきたね。これらの人生哲学のおかげで、脳ミソがイラついていることだろう。練習中は、いつも、あそこがダメだ、ここが良くない、ということばかり考えてしまう。必ず自覚しよう。「これはいいぞ」と思う気持ちが、演奏しようという気持ちを保つ、ということを。「これはダメだ」と思うものに目を向け続けるなんて、わざわざしないだろう?何かしら「これはいいぞ」がないといけない(ドラムのハーリンがいつも言う「ハエというのは、クソと同じように、ハチミツにもたかってくる」ということ)。ジャズのことについて言うなら、練習し上達してゆく上で、やるべきこと全てを通して、君がジャズのことで追い求めるモノは、いつだって「これはいいぞ」であるべきだ、ということ。それは、「上手になった!」と気付くこと。自己表現力に、演奏感覚に、サウンドに、君自身を反映し客席へ届ける力に、「上手になった!」を見出すことだ。見出せれば、素晴らしい気分になる。気持ちは昂り、嬉しくなって、自分が感じること、見えること、あるいは以前そう経験したことの数々を表現することができるようになる。その大半は、君にとっては未知の物であり、別の時空からやって来る。そういったことを伝える。楽器を通して音に反映させる。そうすれば、喜びもひとしおだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

5.You're not going to keep pursuing something that tastes nasty; it's got to have some sweetness somewhere in it 

君は不快な味のするものを追い求め続ける予定など立てない。それはその中に必ず甘美さを含まなければならない: 

予定(You're going to) 動名詞(pursuing) 関係詞(that) 現在完了形・慣用句(it has got to)  

[p.110,1]That's an unbelievable feeling, an uplifting of joy to be able to express the range of what you feel and see, have felt and have seen 

それは素晴らしい感覚であり、様々な君がいま感じたり見たり、これまでに感じたり見たりしたことを表現できるようになる喜びを高揚させるような感覚だ: 

同格(feeling, an uplifting feeling) 不定詞(to be able to express) 関係詞(what) 現在完了(have felt and have seen)  

 

 

You know, a musician's joy comes from a lot of sources: the people who come to hear you project your own joy in cities and towns; the bandmates, the brothers who project their joy right beside you; and all the other good people who help form the shape of the road ― from the older musicians, to kids, to women. And you should seek these things and know them well, perhaps more than anything else. 

(110ページ) 

ミュージシャンとしての喜びの源は、沢山あるよね。まずはお客さん達。君が様々な生活の場の中で見つけた喜びを乗せた演奏を聴きに来てくれている。それとバンドのメンバー達。君のすぐ傍で、彼らのみつけた喜びを乗せた演奏を知っている君の仲間達だ。そしてジャズの道を極める手助けをしてくれる全ての人達 - 先輩ミュージシャン達からファンの子供達、奥さんや彼女まで。彼らがしてくれていることは、必要なことなんだ。そして他の何を置いてもよく知るべきことなんだ、と認識しなくてはいけない。 

 

 

When our band plays in towns across the country, people will sometimes stand in line for hours after the show to have us sign autographs or listen to their kids play. Make me wonder: How do people in a small town like this even know who we are, what we do? It could be in a small town or even a nice-sized city like Sacramento, on a Wednesday night, sold-out concerts. I meet people bringing food, pies, and cookies and cooking meals for us all the time. Wanting us to taste this or that from their town. This music lifts people. You'll see things you'll never ever want to forget. 

全国(アメリカ)の、比較的小さな街で本番があると、お客さん達が終演後に何時間も並んで待ってくれて、サインが欲しいだの、我が子の音を聴いてくれだのと、有り難いことに言ってくれる。そんな時いつも思う。こんな小さな町の人達までもが、僕達のことを知ってくれているんだなあ、とね。こういったことは、小さな街、あるいはサクラメントオレゴン州の州都)のような程よい規模の都市で、平日ど真ん中の水曜日の夜に、などという状況でも、チケットが売り切れだったりすることもある。ツアーで到着してから帰るまでの間中、食べ物やお菓子のパイやクッキーを差し入れてくれたり、食事の用意をして下さる方達にも会う。町の名物グルメを、あれこれと勧めたいと思ってくださっている。ジャズは人を盛り上げる。いつまでも大切な思い出にしたい事との出会いの連続だ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

15.When our band plays in towns across the country, people will sometimes stand in line for hours after the show to have us sign autographs or listen to their kids play 

私達のバンドがこの国中の町々で演奏する時人々は時々公演の後何時間も並び立って私達にサインをしてもらったり彼らの子供達が演奏するのを聴いてもらったりする: 

不定詞/使役動詞+O+原型不定詞(to have us sign) 使役動詞+O+原型不定詞/知覚動詞+O+原型不定詞(have us listen to their kids play) 

 

 

We played in Istanbul some years back. A few of us went out to the cymbal factory with Herlin Riley, our drummer. We were standing just outside the cymbal factory, just in the neighborhood, you know. A guy stood on the street eating; he saw we came from the United States. He wanted to come over, chat about religion, just congregate. Kids on the street started whispering about Michael Jackson, pointing at Herlin, 'cause all they knew was Michael Jackson at that time. 

(111ページ) 

数年前、トルコのイスタンブールで公演があった。ドラムのハーリン・ライリーと、あと2、3人が連れ立って、シンバルの工房を見学に行った。工房の外で皆でたたずんでいた時のこと。ご近所の男性が一人、立ち喰い処で、僕達がアメリカ人だと気づくと、近寄ってきて、宗教の話をしたいみたいな、要するに野次馬だね。通りの子供達がハーリンを指さして、マイケル・ジャクソンだ、とヒソヒソ言っていた。当時はトルコでは、アメリカ人と言えばマイケル・ジャクソンくらいしか知られていなかったからね。子供達の間ではね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

6.Kids on the street started whispering about Michael Jackson, pointing at Herlin, 'cause all they knew was Michael Jackson at that time 

通りにいた子供達はハーリンを指さしてマイケル・ジャクソンについてヒソヒソと話し始めた、なぜなら彼らが知っているのは当時はマイケル・ジャクソンだけだったからだ: 

動名詞(whispering) 分詞構文(pointing) 関係詞・省略(all [that] they knew) 

 

 

We were close to a housing project. A girl sat up on the balcony, she was maybe thirteen or fourteen. The people kept saying,”She speaks English, she's studying English in school.” So she spoke a little broken English, talked to us. Then she disappeared. Dusk started to come on. After a moment, she reappeared, coming down to the street with some Turkish coffee for us in what had to be her family's best silverware. She poured it and stood there while we drank it. It was tender, man; had a sweetness to it. And that's the soulful thing about playing : You offer something to somebody. You don't know if they'll like it, but you offer it. Like she did. 

そこは低所得者向けの団地の近くだった。女の子が一人、バルコニーにたたずんでいた。多分、13,14歳というところ。近所の方達が言っていた「あの娘は英語を話すよ。学校で習っているからね」。ということで、その娘は片言の英語で僕達に話しかけると、一旦その場から立ち去った。日が暮れ始めていた。少し経つと、その娘はまた現れた。通りへと降りてきて、やってきたその手には、何と、トルココーヒーを僕達のために用意してくれていた。しかもそれは、間違いなく、彼女の家にある一番上等な銀食器に淹れてあったんだ。コーヒーを注ぎ、僕達がご馳走になっている間、そこに控えていてくれた。心のこもった優しさが溢れていたよ。魂のこもったこの出来事は、演奏にも通じるものがあった。自分の持っているものを、他の人に差し出す。気に入ってくれるかどうかわからない。でも差し出す。この娘がしてくれたようにね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

13.After a moment, she reappeared, coming down to the street with some Turkish coffee for us in what had to be her family's best silverware 

暫くした後彼女は再び現れ、間違いなく彼女の家で最高の銀食器に淹れたトルココーヒーを私達のために用意して通りへ降りてきた: 

分詞構文(coming) 関係詞(what) 推測(had to be) 

 

 

And the cats, they're incredible, all of them. The people you spend all this time with will bring you great joy as well. Our rhythm section: Herlin Riley? He's from the Earth; bassist Carlos Henriquez, quick as lightning; our piano player, top Professor Eric Lewis. Unbridled creativity, man. 

さて、これからバンドのメンバー達を紹介しよう。彼らは全員、スゴイ連中だ。スゴイ連中と四六時中行動を共にすることは、その喜びも同じようにスゴイ。リズムセクションを紹介しよう。ハーリン・ライリーだろうって?彼とは長い付き合いだ。ベースのカルロス・ヘンリックッス。電光石火の男。ピアノのエリック・ルイス。一流の大先生。融通無碍の創造力の持ち主だ。 

 

(訳注) 

22.He's from the Earth直訳:彼は地球の出身だ 

ウィントンとは長年の付き合いであること、映画「The Man from Earth」のタイトルから、この様な訳を当ててみました。 

 

 

And our trombone players: Andre Hayward, with his big buttery sound, a sound that will heal your whole soul; the mercurial complexity of Ron Westray, a combination of sophistication and South Carolina country soul. I played a gig for Westray back in South Carolina. Man! The whole community turned out. I had never seen that for a musician from that area of the South. White people, black people, everybody. It was a big old thing. 

(112ページ) 

それから、トロンボーンセクション。アンドリュー・ヘイワード。大きくてゴキゲンなサウンドは、魂を丸ごと癒してくれる。機敏で多角的な男、ロン・ウェストレイ。都会的な洗練さと、サウスカロライナの田舎魂の二刀流。地元での凱旋公演はすごかった!街の人皆が来ていた。南部のこのあたりの出身であるミュージシャンのファンには、僕はお目にかかったことがなかった光景:白人も黒人も関係なく集まっていた。すごい体験だった。 

 

 

Our sax players: Ted Nash and I came to New York around the same time. Both our fathers are musicians. He has two daughters who are around the age of my two older sons. The purity of his musicianship and his ability to relate to people for who they are ― that is the thing we all love and respect about him. And Victor Goines, sweeping and swooping through the music. He and I played in our elementary school band together. We were eight years old, playing together, and now we are in our early forties, still swinging and playing together. 

サックスセクション。テッド・ナッシュ。彼と僕は同じ頃ニューヨークへやってきた。僕達の父親は二人ともミュージシャンだ。彼には、僕の一番上の息子達と年が同じくらいの娘さんが二人いるんだ。一点の曇りのない音楽家としての心意気、そして、人付き合いについても、相手をそのまま受け入れて仲良くなれる、という能力。これで皆から愛され、リスペクトされている。それとビクター・ゴインズ。大胆・怒涛の演奏。彼とは小学校のバンド以来の付き合いだ。当時8歳。共に楽器を吹いていて、今は40歳を少しこえて、共にノリノリで演奏を続けている。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

12.The purity of his musicianship and his ability to relate to people for who they are - that is the thing we all love and respect about him 

楽家精神の純粋さと人々と彼らのあるがままの状態で関係を持てる能力、それは私達全員が彼を愛し彼を尊敬するものだ: 

不定詞(to relate) 関係詞(who) 関係詞・省略(the thing [that] we)  

 

 

Playing with musicians is a gift. The thing that makes it so special is that they range so widely in age and the places they hail from. Like Joe Temperley, in his seventies: He probably has the most integrity in the band, man. Shows up first. Warms up. Gives me a call and says, “Send me my parts first.” Joe has a lot of pride. He's the moral center of the band in many ways. We respect him because he embraced the music. He's from Scotland. He didn't buy into any bullshit. He plays music; that's what he's about. You can't turn Joe around. 

自分以外のミュージシャン達と一緒に演奏することは、かけがえのないことだ。こんなにも特別なものであるその訳は、彼らの年齢と出身が様々であることが挙げられる。ジョー・テンパリーなんかもそうだ。彼は70代。おそらく意識の高さはバンドで一番だろう。いつも一番最初に現れて、ウォームアップをし、僕に電話をくれてこう言う「儂のパート譜から先にくれないか」とね。ジョーは誇り高い男だ。多くの意味合いで、バンドの精神面での支柱だ。音楽を大切にする姿勢を僕達はリスペクトしている。彼の出身はスコットランド。いい加減さとは無縁だ。彼が演奏するのは、あくまでも音楽、それがジョー。誰にも崩されることは無い。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

18.The thing that makes it so special is that they range so widely in age and the places they hail from 

それを特別にするものは、彼らが年齢と彼らが出てきた場所がとても幅いろいことにある: 

関係詞(that) make+O+C(makes it so special) 関係詞・省略(the places [that] they) 

 

 

You gotta hope and work for that kind of fraternity, man, 'Cause you can't make it out here by yourself. I learned that from Marcus Roberts. You can't make it by yourself. Playing this music can be the most intimate thing you ever do with another man. You get so close to them, to their mind and what they're thinking, and you actually revel in every moment of it.  

(113ページ) 

 

こうして、仲間を愛することを、自分から望み、そして良い関係を作ってゆくことが必要だ。なぜなら、君一人の力ではどうにもならないのだから。僕はそのことを、マーカス・ロバーツから学んだ。一人ではできない。ジャズを演奏するということは、人との取り組みの中では最も人間関係の良好さが求められることだ、と言える。相手との距離は、物理的にも精神的にも、そして志向の面でも、近くなる。そしていつもハマってゆく。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

5.Playing this music can be the most intimate thing you ever do with another man 

この音楽を演奏することは他の人と一緒に行う物事の中では最も親密なことだと言える: 

動名詞(Playing) 関係詞・省略(thing [that] you) 

 

 

This is our life, man. And we revel in it. You'll find joy in other people, the people you meet. The older musicians, the younger ones, the tunes, people's sounds. The way people hold hands entering a concert. The way kids stand when playing their instruments, or parents when taking a picture. 

人生とはこういうものだ。そして僕達はそれにハマってゆく。身の回りの人々、そしてこれから出会う人々に、喜びを見出してゆく。年上・年下のミュージシャン達、様々な楽曲、人々の奏でるサウンド、コンサート会場へと入って行く人々が握り合う手と手、自分の楽器を高らかに鳴らす子供達の立ち姿、それを撮影する親御さん達。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

11.The way people hold hands entering a concert 

人々が演奏会に入ってゆく時に手をつなぐ方法: 

関係詞・省略(The way [that] people) 分詞構文(entering) 

 

 

You remember all your experiences. I remember kids who came to me for lessons, man, and they were nervous. Kids who would become great players in their own right. I remember Marcus Roberts after we played his first gig; he said, “Well, I played a gig now.” “Don't worry,” I told him. “By the end of this year ,man, we'll play so many gigs you won't remember the count 

君はこれまで人生で経験してきた全てを覚えているだろう。僕も覚えていることがある。レッスンを受けに来た子供達の様子だ。みんな緊張していた。上手くなるかは彼らの思いのままだ。マーカス・ロバーツの最初の本番後の、彼とのやり取りは今でも覚えている。「さて、ひとつ本番おわった~」。僕は言った「心配しないで、年末までに数え切れない位こなしてゆくから」。これって正に、ジャズのこと、そのものだよね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

18.By the end of this year, man, we'll play so many gigs you won't remember the count 

今年の終わりまでには、おい、私達はあまりに多くの本番をこなすから君はその回数を覚えていないだろう: 

by~までには→until~までずっと(By the end) so+C+that節(so many gigs [that] you won't) 

 

 

The great bass player Milt Hinton was real, real sick. One of our young teenage bassists, Carlos Henriquez, wanted to go see him. Carlos and I picked up Reginald Veal and Rodney Whitaker, two other phenomenal young bassists. We got lost going way out to Queens, but finally got there late. Milt's wife, Mona, said, “I don't know, you all might have come over too late. Milt can't get up, you know, he can't play.” Man, when Milt saw us, he got up ― got his basses out, and couldn't stop himself from playing. Milt was something, man. The fellas started playing with Milt. Got him off that bed. They started slapping those basses and just started crying. Got so full, he had to let it out. Well, Milt passed away right after that. He was ninety years old, man.  

偉大なベーシスト、ミルト・ヒントン。本当に素晴らしい人だった。ウチの若手の、まだ10代のベーシストで、カルロス・ヘンリウスというのが、ミルトに会いたい、と言うので、僕はあと二人若手でバリバリのベーシスト、レジナルド・ヴィールとロドニー・ウィテカーを連れて車を走らせた。クイーンズ地区へ向かう道で迷ってしまい、結局到着したのは遅い時刻になってしまった。ミルトの奥様のモナさんが迎えてくれたけれど、「みんな、ちょっと着くのが遅過ぎちゃったわね。ミルトは寝てしまって起きないから、音を聞かせてあげるというのはちょっとね」。ところが、僕達に気付いたのか、ミルとは目を覚ましてくれたんだ。ベースを何本か取り出すと、彼自身抑えが効かないと言わんばかりに弾きまくってくれた。ミルトは本当にスゴイ。一緒に来た3人もミルトと一緒に弾き出した。ミルトはベッドから出てきた。皆、叩きつけるように弾きまくり、歓声を上げた。ひとしきり演奏し切ったところで、ミルトは疲れて楽器を置かねばならなくなった。ミルトが亡くなったのはその出来事のすぐ後だった。90歳だった。 

 

 

Mark O'Conner is a great American violinist, fiddler, and composer. One night our band went to some of his friends' house. His two sons, Forrest and Gage, were there, too. He pulled his fiddle out after we ate and started playing, and playing, and playing. He played a tune he had learned from his teachers when he was a boy. Man, you should have seen how his boys looked at him. Then he came and played with us at the gig the next night. The mike started falling, and he followed the microphone right down to the floor; he was playing so much, he didn't want to stop. That's how this music is, man. 

マーク・オコーナーは我が国の偉大なバイオリニストであり、フィドラー(フォークミュージックのバイオリン奏者)であり、作曲も手がける。ある日の夜、僕達バンド一行は、彼のとある友人宅を訪れた。彼の二人の息子さん達、フォレストとゲイジもそこに居た。食事の後、彼は楽器を取り出すと、何曲も引いて聴かせてくれた。子供の頃、先生たちから教わった曲も弾いてくれた。息子さん達が彼を見つめていた姿を、君も見るべきだったなぁ。で、次の夜、彼は僕達とステージを共にした。本番中、セットしてあったマイクが落ちて、床に転がってゆくのを彼は目で追っていたけれど、演奏の手を離せないとして、演奏を止めなかったんだ。これは正にジャズのこと、そのものだよね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

14.He played a tune he had learned from his teachers when he was a boy 

彼は彼が少年だった時に先生から習った曲を弾いた: 

関係詞・省略/過去完了・大過去(a tune [that] he learned) 

 

 

Jon Hendricks, the legendary jazz vocalist, at eighty-something years old, drove two hours to get to a gig we did in Ohio. He sits in on our two-and-a-half-hour gig. Then we go to a jam session later that night. We're sitting up, looking at him, it's maybe three-thirty in the morning. And he's looking over to me: Let's play one more, man! That's what this music is about. Let's play one more. He don't want it to ever stop. And he got to drive two hours back home. 

ジョン・ヘンドリックスはジャズボーカリストのレジェンド。80歳かそこらの彼は、僕達がオハイオ州で本番があった時、自分で2時間車を運転して駆けつけてくれた。2時間半の本番をこなした後、夜遅くにジャムセッションへと移動、僕達はぐっと体を起こして、彼をじっと見ていた。朝の3時半とかだったんじゃないかな。そして彼らは僕の方を見て、「さあ、もう1曲行こうぜ!」これは正にジャズのこと、そのものだよね。もう1曲行こうぜ。彼はいつまででも歌っていたいと思っているそんなふうに見えた。その後、彼はまた2時間車を運転して帰ったよ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

19.Jon Hendricks, the legendary jazz vocalist, at eighty-something years old, drove two hours to get to a gig we did in Ohio 

ジョン・ヘンドリックスというジャズボーカリストのレジェンドで80歳かそこらの人は、僕達がオハイオ州で行った本番に辿りつくために2時間車を運転した: 

不定詞(to get) 関係詞・省略(gig [that] we) 

 

 

I think about the joy we gave to some musicians, to the people who are not here anymore, like Milt, or Sweets Edison. I'll be somewhere and somebody will give me a picture of us with Sweets. And I think about the time that Sweets came to one of our rehearsals of Basie's music. He's sitting back there in the trumpet section, singing all the parts, telling stories about different cats. Who wrote what. Who came home and caught his ol' lady cheating. What words they used to sing different phrases. He's making us feel like we are extensions of the Basie band from the thirties. The 1930s!, man. The Great Depression. Memories like that, memories of the music go on and on and on. 

(115ページ) 

僕達が感じた喜びを伝えたミュージシャン達、中には、ミルトやスイーツのように今はいないミュージシャン達、彼らに伝えたことを思い返している。どこかで、誰かが僕達とスイーツが一緒に写っている写真を持っていないだろうか。それから、スイーツが、いつだったか僕達がベイシーの曲のリハーサルをやっている時に来てくれた時のことを思い返している。後方の、トランペットセクションの席に座って、各パートを自ら口ずさみ、そして色々なミュージシャン達の話を聞かせてくれた。彼らの作品のこと、奥さんの浮気の現場を捕えたこと、様々なフレーズを演奏するのに使ったコトバ(吹き方)。話を聞いているうちに、僕達はまるで1930年代からタイムスリップしてきたカウント・ベイシー楽団の一員になった気分だったよ。1930年代といえば、そう、あの世界大恐慌のあった時代だ。そんな時代の記憶、そしてその頃の音楽の思い出が、いつまでも続いていた。 

 

 

Another time, I got to Ornette Coleman's house at about 11 P.M.; when we took our horns out of our mouths it was 4 A. M.! And I didn't want to leave. 

また別の話。オーネット・コールマンの家に行った時のことだ。夜中の11時に家に着いて、そこから朝の4時まで吹きまくってしまったよ!いつまでもそこに居たい気分だったね。 

 

 

Joy comes in the human experiences you have when you're out there playing. A man and a woman. Oh, yes. You can't hide from that; that's a part of it. It might be all of it. Being on the road is a lonely thing. And music is a very romantic, sensual pursuit. Through it, you're always giving shape to the invisible. There are ebbs and flows, rises and falls, a lot of flirtation. You use a lot of sexual energy to play music. And not just for slow songs. You use a lot of male energy and female energy. Man, the sweetest gifts you'll get in your life will probably come from a woman. You know, it's not just a sexual thing. It's important because it becomes a part of the music and a part of your understanding of life and just how sweet something can be. Or how something can be sweet but have a bitter undertow. If you don't know about that, what you gonna play? 

演奏活動をしている喜びは、君自身の人間としての経験の中に芽生えてくる。男女のことだったりね。そう、そこは外せない。何せそれだって喜びの一部、いや、もしかしたらそれが全てかも、と言うくらいだから。音楽の修行道は孤独だ。そして音楽とは、非常にロマンチックであり、快楽の追及でもある。音楽を通して、君は目に見えないものに形を与えてゆく。心の干・満や上昇・下降、色恋沙汰も多くある。音楽の演奏というのは、性的エネルギーを沢山費やすものだ。そして、そういうのは、ゆっくりな曲ばかりではない、ということだ。男(オス)として、女(メス)として、それぞれのエネルギーを沢山費やすものだ。僕達男のミュージシャンにとっては、人生で最高のギフトは、女にまつわることかもね。別に性的なことばかりを言っているワケじゃないぞ。これは大事なことなんだ。何せそれは、音楽の一部であり、人生を紐解くことの一部であり、もっと単純に言えば、物事がバラ色になるものだから。もっとも、正しく「バラ色だけれど裏腹な闇」があったりもする。それが分かっていなければ、何も演奏なんてできないよ。 

 

It's difficult for jazz musicians: the balance of family and the road. Yeah, it's almost impossible. If you work all the time, you have to make a choice. Or you have to reach an understanding with your old lady. It won't be easy. But you can't be great working part-time, that's not going to happen. We've all made that choice: no part-time music. That's a choice we wanted to make. A lot of other guys didn't make that decision. They stayed home. 

(116ページ) 

ミュージシャン達にとっての困難、それは家庭と仕事とのバランスだ。これはほぼ不可能と言っていい。四六時中頑張ろうと思うなら、どちらかを選ぶか、それとも奥さんを納得させるか。まぁ、簡単じゃない。でも中途半端では一流になれないし、起こり得ない話だ。プロなら皆がしてきた選択だ。中途半端は有り得ない。選べるものならそうしたいが、多くは諦めて、家庭を選んだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

13.That's a choice we wanted to make 

それは私達がしたかった選択だ: 

関係詞・省略(a choice [that] we) 不定詞(to make) 

 

 

It never felt like a trade-off to me. I knew I would sacrifice everything to do this. And I did. You know, I keep my kids with me out on the road. It's crazy for them. But when they look back, they're going to cherish the experience. I try to let them see the craziness of it all. I don't try to shield them. Having my kids here, the other guy's kids, that's a source of joy all by itself. 'Cause we grew up like that, too. Not on the road, necessarily, but our parents played music. That's part of our way of life. And the musicians don't coddle you. They are very matter-of-fact. And if you can't handle it ― handle it (MF). 

僕はこういうのは「取引」だとは思っていない。ジャズでやっていこうと思ったら、全てを犠牲にすることになるだろう、ということは自覚していた。そして実際そうした。知っての通り、僕は今、子供達をツアーに同行させている。彼らにとってっは異常な状況だ。でも後になって、きっと貴重な体験をした、と振り返ることになる。僕としては、意識して、これが異常な状況だということを、彼らが理解できるようにしてあげている。敢えて、隠すようなことはせずにね。僕の子供達、そして他の連中の子供達を同行させること、それ自体は、喜びがそこに在る。というのも、僕達もそうやって育ってきたからだ。ツアーに同行したわけではないけれど、僕達の親も音楽をしていた。音楽は生活の一部と言うやつだ。ミュージシャンの世界では、甘やかしは有り得ない。割り切った考え方をする。ついてこれないなら、ついてこれるようにしないといけない(ヒドイもんだよな)。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

19.I try to let them see the craziness of it all 

私は彼らにそれ全部の異常さを見せようとしている: 

不定詞/使役動詞+O+原型不定詞(to let them see) 

 

 

I love that my kids know the other musicians .The fact that my sons know men like Herlin Riley, or Wycliffe Gordon. The fact that when my son was young, he sat there with Joe Temperly, playing the bass clarinet. My son doesn't play the clarinet anymore, but I'm just glad that he knows men like Joe Temperley and Wes Anderson, men of soul and substance. And my boys don't have to be musicians themselves. This is hard, man. I want them to be whatever they choose. I always teach my boys that their life is their own. That's the best thing you can do for your kids when you're a parent. I take care of them because I want to take care of them. I don't love them in exchange for anything. That's one of the hardest lessons to learn about loving, and life in general. 

(117ページ) 

僕の子供達が、僕以外のメンバーと知り合いになってくれることは、とても好ましいことだ。ハーリン・ライリーやウィクリフ・ゴードンといった連中と、僕の子供達が顔見知りなんて、スゴくないか?二人の子供達の内の一人は、まだ小さかった頃、ジョー・テンパリーがバスクラリネットを吹いている隣に座っていたんだ。その子はクラリネットはやっていないけれど、ジョー・テンパリーだの、ヴェス・アンダーソンだのといった、心も技も優れた連中と僕の子が顔見知りだってことが、僕は嬉しい。僕の息子達は、ミュージシャンに将来なる必要はないと思っている。大変な仕事だからね。自分達で選んだ道を歩いて行って欲しいと思っている。彼らにはいつも、自分の人生は自分のものだから、と言って聞かせている。親として、これが最善のもってゆき方だろう。僕が彼らの面倒を見るのは、自分がそうしたいからだ。見返りなんて、考えるはずもない。といっても、これって、人への愛情、あるいは人生のこと全般について、心底納得するのが一番困難な悟りだろうね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

8.I want them to be whatever they choose 

私は彼らに何でも彼らが選ぶものになって欲しい: 

不定詞(to be) 関係詞+ever(whatever) 

 

 

I didn't understand this when I was younger. That's why I got so hurt when I felt like my brother sold me out, leaving to go off and play pop music. If that happened now, I would understand it from his point of view. Why shouldn't he do it? I've learned. You can't aspire for something for another person. If you love someone, that's it. You have to let him or her be. Love isn't a bargain or a barter. And it's hard, because so much of relationship etiquette seems based on the notion “If I do this, then you should do that.” But people, whether your children, siblings, or friends, they got their own lives and their own aspirations. And so, with my own kids, I really go out of my way not to impose my expectations. Now, you have to put some expectations on your kids, for their grades and the like. But it's important to liberate them to be themselves, to let them pursue their own dance with joy. 

僕だって若い頃は、こういう考え方は理解できなかった。それで心が傷ついたことがある。僕の思い込みだったのだけれど、兄貴が僕を裏切って見捨てた挙句、ポップミュージックへと走ってしまったことがあった。今だったら、彼の立場に立って理解しようという気は、勿論ある。どうしてそうすべきでなかったのかを、僕の思い込みとか混乱した精神状態とかを抜きにしてね。僕は学習したんだ。自分以外の人間に、何かを押し付けてはいけない。その人を愛するなら、なおのこと。相手が自分らしくさせてあげないといけない。愛は取引でも交換でもない。といってもこれは大変なことだ。何せ、人間関係における「お約束」の大半が基づくのではないか、という概念は、「私はこれをするか、あなたは、あれをしてよね」だろう。でも人間とは、自分の子供、兄弟姉妹、あるいは友人達、みんな自分の生活や強い希望を、それぞれ持っているものだ。僕は自分の子供達に対しては、自分の期待を押し付けないようにしている。ただ、君は自分の子供達に、学校の成績だの何だのと言って、期待を寄せなればならなくなったとしても、彼らが自分らしくしていられる自由を与えて、彼らが喜びを感じてドキドキすることを、追い求めさせてやることが、大切なんだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

13.That's why I got so hurt when I felt like my brother sold me out, leaving to go off and play pop music 

それは私の兄が私を裏切って去ってしまいポップミュージックを演奏したと私が感じた時に私がとても傷ついた理由だ: 

関係詞(why) 分詞構文(leaving) 不定詞(to go play)  

[p.118,2]But it's important to liberate them to be themselves, to let them pursue their own dance with joy 

しかし彼らに自由を与えて自分らしくさせたり彼ら自身の喜びを感じる胸の高鳴りを追い求めさせてやることは重要だ: 

仮主語(it's) 不定詞(to liberate) 使役動詞+O+原型不定詞(let them pursue) 

 

 

Always pursue that joy, the sweetness. Don't work solely out of a negative frame of reference. I know some of the discussions we've had make it seem as though things are always presented that way: bullshit going on, corruption, people not doing their share of this work. Truth is, all of that is to help you identify a positive frame of reference. You should create out of a positive frame of reference; that will sustain you out here. Living is a positive experience. That's what the blues teaches you. That's why it continues to exist. And that's why it's in so much music. Yeah, all of this tragic stuff happened to you, but you're still here. And you can still express being here with style. Like laughing to keep from crying. And you keep dancing, man. With music, with jazz, it's all dancing. Just like that first real good slow dance you ever have, when you go to just rub all over against a girl and you can't believe it. You feel like you can crawl inside her. And you don't ever want it to stop. Ebbing and flowing, you're trying to become one. It's unpredictable, giddy, the feeling of coming together with somebody else. Immeasurable joy. And you're doing it in time. You better enjoy it. You better, because it's unrelivable. That's jazz. 

(118ページ) 

常に、その喜びや甘美さを追い求めよう。一人引きこもって、否定的(ネガティブ)な思い込みで物事に取り組まないようにしよう。ここまで君と僕とで話し合ってきたことの中には、「世の中いつもこうなのか?!」と思わせるようなこともあったと認識している。ウソッパチのオンパレード、破壊的な行為、自分の成すべきことをしない連中。ところが実は、こういったことについて話し合うことで、君の考えに肯定的(ポジティブ)な影響を与える知恵を見出す手助けになるんだ。そういう知恵を創り出してゆこう。それがジャズの道を歩いてゆく君を元気づけてくれるだろう。生きることは、肯定的(ポジティブ)な体験なんだ。ブルース形式が、そう教えてくれている。だからこそ、ブルース形式は存在し続けるし、多くの音楽に取り入れられているんだ。世の中で、そして君の身の回りで起きた全ての辛い出来事、にも拘らず、君は健在だ。そして節度を持って自分の音楽を、今なお表現することが、ちゃんと出来ている。これって、悲しみに涙しないように、敢えて笑顔でいるのと同じ。そして、胸の高鳴りと言うやつを、いつも持ち続けること。音楽も、ジャズも、全てはドキドキするものであるべきだ。丁度君が初めて女の子とスローダンスを踊った時のように。ひたすら体を押し付けて、訳が分からなっくなって、その子の中で、ゴソゴソ這いつくばっているような気分。それでも止めたくなくて、気持ちが高まったり、萎えたりしながら、ひとつになろうと頑張る。予測不能、目まぐるしい変化、人と関わって物事に取り組むとは、そういう気分だよね。それでも測り知れない喜びがそこにある。そして今、この瞬間も、君はそれに取り組んでいる。大いに楽しむがいいさ。だって同じ経験は二度は有り得ないのだから。それがジャズ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

5.I know some of the discussions we've had make it seem as though things are always presented that way: bullshit going on, corruption, people not doing their share of this work 

私達がこれまで行ってきた話し合いのせいで、物事はいつもこの話し合いの中で出てきたようになっているように見えてしまって入いることを知っている。ウソが続き、堕落が起き、人々は自分に与えられた仕事をしない: 

関係詞・省略/現在完了(some discussions [that] we've had 使役動詞+O+原型不定詞(make it seem) 仮定法・反実仮想(as though)  

8.Truth is, all of that is to help you identify a positive frame of reference 

実際はその全てが君が自分の考えに肯定的な影響を与える知識を見出すのに役に立つことになるだろう: 

近い未来/help+O+原型不定詞(is to help you identify)  

 

 

Sweet dreams, man. 

いい夢見ろよ。 

<9.大草原に独り立つ男>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

9. Lone Man on the Prairie 

September 22, 2003 

大草原に独り立つ男 2003年9月22日  

(99ページ) 

 

Dear Anthony,  

You must think me an ornery so-and-so. Earlier tonight I sat quietly in the front lounge of the bus. Most of the guys had long passed into sleep. I swear cats snore differently when their bodies travel in the direction of home. Thought I would get writing done on some music we need to play next month. Instead, I found myself thinking of the road over the last several weeks, of all the missives going back and forth between us. I've given you strong opinion after strong opinion, but I wonder if I've done a good enough job of telling you why. I don't know, man. Maybe I'm tired. Maybe it's the hour, the moment when you feel comfortable enough to reflect upon the things you might even be running from. That's why it's important to talk these over, and sometimes over again, because you're on this road with me, Anthony. And that particular highway, the one bordered by hope and belief? That one gets lonely. 

親愛なるアンソニー 

君は僕のことを、頑固者だとか何だとか思っていることだろう。今夜、まだ早めの時刻に、ツアーバスのフロントラウンジに座っていたけれど、大半の連中は、ずっと眠ってしまっていた。こいつら、ちなみに、ツアーを終えて戻る時の寝ている間のイビキのかき方は、今とはまた違うんだ。僕はと言うと、来月の本番で演奏する曲を書き終えなきゃ、と思っていたんだけれど、何か気付いたら、ここ数か月のツアーのことや、君との間でやり取りした手紙のことを考え込んでいたよ。これまで君には、白黒ハッキリとした僕の考えを、次から次へと投げかけてきたけれど、その理由をちゃんと説明できているだろうか、と心配になってきている。頭が疲れている時に書いた手紙もあるだろうし、もしかして君が手紙を目にした時間が十分心地よくて、君が辛くて逃げていたかもしれないことを思い返すことも苦にならなかっただろうか。そう考えると、こういうことは、時には何度も繰り返し話した方がいい、ということになる。何せ君と僕は、このジャズを極める道を歩んでいるのだから。な?アンソニー。そしてこの特別なハイウェイは、希望や信念と言ったもので境界線が成されている、寂しいモノだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

5.Thought I would get writing done on some music we need to play next month 

私が考えたのは来月私達が演奏する必要があるある曲の作曲を終わらせなければということだった: 

get+O+過去分詞(get writing done) 関係詞・省略(music [that] we need) 不定詞(to play)  

11.Maybe it's the hour, the moment when you feel comfortable enough to reflect upon the things you might even be running from 

多分、君が手紙を読んだのは君が逃げ出しているかもしれないことについて思い返すことができるくらい十分心地よく感じている瞬間だ: 

同格(the hour, the moment) 関係詞(when) ~enough +不定詞(comfortable enough to reflect) 関係詞・省略(things [that] you) 仮定法過去(you might) 

 

 

You ever wonder what happened to us? Me. You. Our respective generations. Black people. White people. America. Ever wonder what would have happened had we developed the stronger parts of our foundation? What if we as Americans had a mythology that celebrated the best of our country instead of the worst? If our national story celebrated people coming together rather than exploiting the cracks in the collective soul? It may have started with the slavery of the Negro. But at some point, the mind-set becomes slavery for us all; it holds hostage our society at large. As they say about swinging that 'ting, because him cut both ways. 

(100ページ) 

人々の間で何が起きてきたか、思いめぐらせたことは無いか?僕と君、それぞれの世代間、黒人と白人、アメリカ全体の中、といった具合に。僕達アメリカ人が、もし過去において、僕達の土台となるモノの、もっとしっかりとした部分を強化していたならば、今頃どんな世の中になっていただろう。そう考えたことは無いか?僕達の国の最低の部分を良しとせず、最高の部分を誇る。そういう神話を皆で共有し受け継いで行っているなら、今頃どんな世の中になっているだろう?集団心理に潜む、心の絆に生じる亀裂を悪用せず、共に歩んでゆくことを讃える。そういう全てのアメリカ人が共有したくなるような物語が、もしもあるのなら、どうなっているだろう?アメリカは、黒人を奴隷とする奴隷制を擁して国を立ち上げたかもしれないけれど、やがて誰もが奴隷に身をやつすことがある、と言う考え方になる。社会全体が、誰かの人質、と言う感じだ。風に揺れている奇妙な果実、なんてよく言うけれど、奴隷にする方もされる方も、辛い制度だ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

9.What if we as Americans had a mythology that celebrated the best of our country instead of the worst? 

もし私達がアメリカ人として我が国の最悪の物ではなく最高のものを祝福する神話を持っていたらどうなっていただろう: 

仮定法過去(What if we had) 関係詞(that)  

 

 

I'll tell you something else. Folks, by and large, don't say, “Well, I ate this pie, so let me go ahead and eat five hundred pies. I'm just gonna wallow in fat.” Oh, no! You're going to get up the next day and try to exercise; but you might be locked in that pattern of eating for years before you change it. Indeed, you might never come to grips with it. But you hold the desire to improve. And that desire is exploited everywhere in the American marketplace, man. Buy that. Improve yourself. Yet somehow this philosophy escapes us in matters of culture. 

別の話をしよう。普通こんなことを言う人はいないだろう「さて、このパイを食べたから、もっと、あと500枚食べさせろ。そしたら肥満になり放題だ!」とんでもないよね。次の日、朝起きたら運動しないと。でも実は、何年もそんなような食生活のパターンに、知らないうちにハマっていて、何年も経ったところで気付いて、ようやく改める、なんて良くある話だ。真剣な取り組みが実は実行できていないということだろうね。その割には、「改めなきゃ」という思いだけは持っている。その思いが、アメリカ中で金儲けの餌にされているんだ。これを手に入れましょう!あれを買いましょう!あなたを磨き上げましょう!ただ、何故か、こういう考え方は文化のこととなると、僕達の認識の中から落ちてしまう。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

19.You're going to get up the next day and try to exercise; but you might be locked in that pattern of eating for years before you change it 

君は次の日に起きて体操をしようとするが、君はおそらく何年間もその食べるパターンにはめられてようやくそれを変えることになるかもしれない: 

予定(are going to get) 不定詞(to exercise) 仮定法過去(might be) 動名詞(eating)  

 

 

We seem locked in our cultura basement, where we teach our young the most unthinkably dumb shit. For the girls, the cutting edge is showing as much of your naked behind as possible. For the boys, a celebration of pimping; Everyone in the world pimps, so you got to get yours. 

(101ページ) 

 アメリカ人はまるで、文化の地下室に籠って、そこで若い子達に、これでもか!と言うくらい、酷いことを吹き込んでいるみたいだ。女の子達には「できるだけ素肌を露出するのが最先端だ」と言い、男の子達には「世間はみんなナンパしているよ。だから君も彼女を創らないと」と言う。 

 

 

The arts allow you to make thoughts into actual material; they allow you to enable bullshit, or disable it. At times you're in the position where you go along with what everyone's doing, and it's a groove for all. Other times you might have to be the whistle-blower, a veritable pain in the behind. But those carrying on with the groove are going to seem to have a much better time than you because there are so many more of them.  

芸術は人が頭の中で考えていることを、形のあるモノにしてくれる。嘘八百をさせてくれもするし、逆にさせないようにもしてくれる。時には、世間の人々がしていることに、君も付き合う立場に居たりして、そういう場合、皆がグルーヴしている感じだ。別の場面では、君は悪を告発する立場になり、この場合君は、他の連中にとっては「目の上のタンコブ」ってやつだ。でもその連中、つまり皆で同調(=グルーヴ)している方が、告発者である君より楽しい思いをしているように見えるんだろうな。数で上回っているだけにね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

9.At times you're in the position where you go along with what everyone's doing, and it's a groove for all 

時には君は皆がしていることにつき合う立場にあり、そしてそれは皆にとってはグルーヴだ: 

関係詞(where) 前置詞+関係詞(with what) 

 

 

Perhaps I'm a cultural pain in the ass. It isn't a position that I consciously chose. You just see things a certain way and refuse to cower to commonly held points of view. I remember thinking the stuff we played back in the seventies was some bullshit. I wrote that in my senior yearbook. I just knew, I had fun doing it, too. I wasn't on the bandstand mad. But even then I could see what that degradation did to people, the ramifications of the gradual dissolution of standards. I'd played that stuff since I was thirteen; I knew. But it still felt great. 

多分僕は、文化と言う面では世間の人々にとって目の上のタンコブってやつなんだろう。僕だって好き好んでのことじゃない。ある特定の物の見方ばかりしていると、世間の、普通の物の見方をするのが、怖くてできなくなってしまう。昔、1970年代頃の自分の演奏ののヒドさ加減を後悔したことを、今でも覚えている。僕はその時思ったことを、高校を卒業する時のイヤーブック(卒業文集・写真集)に書き記した。分かってはいたけれど、つい楽しんでしまった。当時は演奏に対する態度が、なっていなかったと思う。でも当時でさえ、そういう堕落した演奏が人々に与えてしまう影響、つまり、規範と言うものが徐々に崩壊していってしまうという事態が起こる、ということは、見えていた。僕はそんなことを13歳の頃からずっとやっていた。分かってはいたけれど、それでも、楽しいという気持ちが上回っていた。 

 

 

Now I'm forty-one, and when I talk to teenage brothers, I so clearly see the effect on them from what we did in that time. An unraveling has to begin somewhere, and today anyone can see the shredded drawers on the ground and the proverbial johnson exposed. And what you see is not blinding by any stretch of the imagination. Things could have turned a whole other way. Maybe you think I'm overly wistful and full of sentiment, but I really believe that. Things could have turned out another way. And I don't mean turned to some restricted, shackled, puritan place. I don't mean a place where you give up the things you desire, the freedoms you associate with modernity. Damn, you could have more. But they didn't have to be exploited or reduced to base caricatures. Things didn't have to go the way thuggery, hate, violence, and vulgarity. 

(102ページ) 

今41歳になって、10代の子達と話をしていると、「与えてしまう影響」というやつが、とても鮮明に見える。破綻は必然的にどこかで始まる。人前でやぶれたズボンを穿いてみたり、男の股間をさらけ出してみたり、なんていうのを、誰もが見ることができてしまう世の中だ。想像力をフル回転してみたところで、目を背けることもできない。物事は本当は、もっと全然違う方向へ進んでゆくはずだったと思うよ。僕がこんなことを言うと、君は、僕が嘆いて感傷に浸っている、と思うかもしれない。でも僕は本気でそう確信している。物事は、もっと違う方向へ向かうはずだったと。違う方向、と言っても、規則や束縛、あるいは厳格さということじゃない。夢を諦めたり、流行に触れる自由を我慢したり、そんなことも言ってない。ちなみにもっと言いたいことがあるけどね。ただ、そうったことには、心無い連中がつけ込んだり、低俗化させたりする必要はなかったんだ。暴行、憎悪、暴力、そして低俗と言った道を行く羽目に陥る必要だって、無かったと思うよ。 

 

 

But don't get me wrong, I have got hope because of younger people like you. I just don't know why you're not the kid that folks talk to, see, or even imagine when they form an assessment of where young America is heading. Man, I know you got guidance; you got someone you been talking to since you were born. With my daddy, I was lucky; He always told me what bullshit was . And you know what it is, too ― somebody told you. You ain't waiting around for me to tell you. I don't care what the conventional wisdom says. I've met many like you, of all stripes. So where do all these boys with daddies ― or some tangible leadership ― figure into the equation when people harp on about black pathology this and that? All that attention to pathology creates more of it. I guess that's the point. The black artist is the only one whose quality is assessed in terms of pathology. Everyone else's quality gets assessed in terms of the power of their ideas. With us, it's, “Did you live?” Shit, everybody on Earth is living. And the question of living for a brother becomes, “Is your daddy with your mama? Did you get high? Did you have to shoot someone?” Too many Americans of all persuasions have become comfortable with the notion of brothers rolling in the mud of some pathology. But with a brother who ain't coming from that? Who don't want to mess nobody up? Who's not pimping? Now that brother has to prove to people that he's real?  

でも勘違いしないでほしい。君の様な若い人達のおかげで、僕は希望が持てている。歴史の浅い我が国が、どこへ向かっているかを評価する時に、世間の人々が語り、あるいは勝手に想像する若者の姿、君がそれに当てはまらずに済んでいるのは、本当に、何故なんだろうね。勿論、君には生まれた時から言葉を交わしている人から、ちゃんとした指導を受けている、というのがあることは、分かっている。僕は父親と言う点では、恵まれていた。常に僕には、分別を教えてくれていたからね。君も分別はわきまえている子だ。君はそれを教えてくれた人がいる。僕からのそれを言われるのを待っている必要なんかない。世間がどう思おうと、僕は気にしない。君のように若い子を沢山見てきている。それもあらゆるタイプのね。となると、世間があれこれと「黒人がやらかしそうなことだ」と言い出すと、途端に、お父さん方や何らかの目に見える形の指導がついている子供さえも、問題視される。そのキッカケは、どこにあるんだろう?という話になる。「やらかしそうなこと」に集まる注目の全てが、それ自体を更に増長させてゆく。ここがポイントだと思うよ。黒人アーティストというものは、唯一、その品格は「やらかしそうなこと」によって評価されてしまう存在だ。他のアーティスト達は、彼らのアイデアの持つ力で、きちんと評価を受けている。僕達なんかだと、「ちゃんと生きている?」とか聞かれたりする。地球上のモノなんだから、ちゃんと生きていて当然だろ?!と言いたい。自分達以外の人達が絡んでくると、こんなことを聞かれたりもする「お父さんとお母さん、ちゃんと二人揃っている?」「麻薬でラリったことある?」「人を射殺しちゃったことある?」こんな「やらかしそうなこと」に、何かしら苦しみもがいている僕達の仲間(訳注:黒人)を思い浮かべるたびに、気分良くしているアメリカ人は、人種に関係なく、やたらと多い。そんなことに縁のない仲間、人に迷惑を掛けまいとする仲間、ナンパなんかしない仲間、そちらが現実なんだ、と証明しなくちゃね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

17.Man, I know you got guidance; you got someone you been talking to since you were born 

おい、私は君が指導を受けていることを知っている。君は君が生まれた時から君が言葉を交わす人を得ている: 

関係詞・省略(someone [that] you] 現在完了進行形(you [have] been talking)  

 

 

We got a bunch of young cats riding this bus with us right now. One of them, Kwame, reads and studies all the time. I remember his mom taking him to gigs constantly; taking him to lessons all hours of the day and nights. So Kwames ain't a brother? All day we're going to hear about someone who got shot or who robbed someone. That's black life? You got little choice about hearing it, with all the media organs living to exploit that crap over the airwaves. But can't people hear the sound of the Kwames out here? Doesn't his life count as black life? He's playing a gig tonight. What he plays on the piano ain't real? He doesn't count? 

(103ページ) 

今、このツアーバスには、若手のプレーヤー達が同乗している。その中の一人のクウェームという子がいて、ずっと譜読みをしたり、勉強しているよ。僕の記憶だと、彼のお母さんはクウェームを頻繁にコンサートに連れて行ったり、昼夜問わずレッスンも受けさせていたね。となると、クウェームは「やらかしそうな」人間じゃないから、僕達の仲間じゃないということなのか?一日中、誰かが、やれ銃撃だ、やれ強盗だ、と、お決まりのように耳に入ってくる。黒人なんてそんなものか?聴きたくなくても耳にはいってくるさ、なにせ、メディアなんてどこも生活をかけて、こんな戯言を悪用して電波でまき散らしているんだから。でも、だったらクウェーム達の演奏を聞いてほしい。彼は、例の誹謗中傷されているような黒人の一味と見なされていないか?彼は今夜だってステージに上がっている。彼のピアノの演奏はマボロシ?ピアニストとして見なされていないのか? 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

18.You got little choice about hearing it, with all the media organs living to exploit that crap over the airwaves 

君は逸れを聴くかどうかについて選択する余地はほとんどない。あらゆるメディア機関が電波に乗せてその戯言を悪用するのために生活している状況では: 

動名詞(hearing) 分詞構文(living) 不定詞(to exploit)  

 

 

I talk to young brothers. I play ball with these kids. I see them at schools. Man, I'm around young brothers all the time. I've never lost the connection. I tell them. Look man, we don't need all them hard, ugly-faced looks. I'm not going to try to prove anything to you. You need to prove it to me because I know more about this than you. And the fact that you feel life has messed you over, so what, man? That's unfortunate. But that don't give you license to act all messed up to anyone else. Things happened to me, too, but it has nothing to do with you. So the obsession with realness and ghetto authenticity that has a vise grip on black popular culture ― that's like volunteer slavery, trying to prove you really did come from the plantation. Brothers need to be out here trying to compete for jobs and education. And whatever our cultural program is, maybe we should be trying to define that in the highest terms instead of the lowest, instead of being a caricature of a black person, try to be a real person. Don't be a toilet for society or fodder for the growing prison business. 

僕はいつも、子供達に話しかけ、ボール遊びもするし、学校に通っている所を見かけることもある。そう、いつだって僕は彼らに寄り添い、つながりを断ち切らない。僕が言うのは、皆、きつい目つきで不機嫌そうな表情をしなくてもいいよ。僕の方から証明して見せるものなど、何もない。君達の方から示してく。僕の方は、もうわかっていることだから。そして、こんな生活のせいで何もかも台無しだ、と実感して感じるとしても、それがなんだ!不運かもしれないけれど、他人の生活を台無しにしていいはずがない!自分に起きたことは他人には関係ない。黒人の大衆文化に悪影響を及ぼすような、黒人社会に植え付けられているマイナスイメージのことで頭をいっぱいにして悩んでいるなんて、そんなの、自分から奴隷になりに行って、自分は大農場で働かされていました、と、わざわざ証明しようとしているようなものだ。みんな、そんな監獄みたいな場所から飛び出して、仕事を探すにしろ教育の機会を得るにしろ、公平な競争をしないと!そして絵を描くにせよ楽器を弾くにせよ、その取り組みを表現するには、一番キチンとした言い方をすること。全く品の無い言葉は使わない。現実にありえないマイナスイメージの黒人像などではなく、実際にこの世に存在する生身の人間であることを示すこと。君は公衆便所(訳注:要らぬそしりを受ける存在)でもなければ、今の時代にのさばっている人さらいの餌食(訳注:他人に自由を奪われる存在)でもないのだから。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

9.So the obsession with realness and ghetto authenticity that has a vise grip on black popular culture - that's like volunteer slavery, trying to prove you really did come from the plantation 

だから、黒人の大衆文化に邪悪な制御を持ついかにも本当なように見えるマイナスの現実性に取りつかれること-それは奴隷志願者が自分は確かに奴隷農場出身だと証明しようとしているようなものだ: 

関係詞(that) 分詞構文(trying) 不定詞(to prove) 強調(did come)  

 

 

Look man, I'm just who I am. I talk to anybody. I don't talk to brothers in another language. Or fall into that old fake cussing and acting an ass. By now you know my speech is a tad colorful; but when I get in that environment, I become more correct, less vulgar. Because I'm trying to say this is not what we're about. I say it anywhere, man. There's nowhere I won't go, Some people are afraid of black people because they only encounter them in the media. But how could I be? I love America. We all need guidance and leadership in the cities and the suburbs. They're thirsting for it in these groups I talk to around the country ― young brothers just dying. They want a man to look at them with some love in his eyes and say, “This is what you need to be doing and let me help.” And it don't have to be a black man. Many times it's not, too. 

(104ページ) 

いいかい、僕は僕でしかない。僕は誰とでも分け隔てなく話す。仲間達とは、自分達の言葉で話すし、バカなことを言い散らかしたり、やり散らかしたりする古いタイプのペテン師に成り下がったりもしない。今までの処、僕の話し方は、少し下品だ、ということには気付いているだろう。でも時と場合によっては、言葉を選び、行儀よくする。何しろ、自分達の本当の有様を語ろうとするのだからね。どんな場へも出て行って語るつもりだ。ここは行かない、なんて場所は無い。黒人はメディアでしか見たことがないから、目の当たりにするのは怖い、と思っている人達がいる。でも僕は別に怖くなんかないよね?僕は愛国者ですから。都会でも郊外でも、人を指導し引っ張ってゆく人が必要なんだ。アメリカ全土で、僕が話をしてきたグループでは、そういう人の存在に飢えている。若い人達は本当に死ぬ程必要としている。彼らが求めている人物は、愛情あふれる眼差しで、「君はこれに取り組まなければいけない。私が手助けするよ」と言ってくれる人だ。黒人でなくてもいいんだけれどね。実際、大概そうではないしね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

[p.105,6]This is what you need to be doing and let me help 

これは君がする必要があることで私に手伝わせてくれ: 

関係詞(what) 不定詞(to be) 使役動詞+O+原型不定詞(let me help) 

 

 

I do all the schools and programs I can, even if it feels like a drop in the bucket. You have to find the significance. Man, it's like fighting when you know you're going to get your butt whipped. You'll feel quite different after you fought and took that ass-whippin' than if you would have lain down. You can get up and say, “Well, that's all right, I was in there.” Every drop helps. Every drop has meaning. Every gesture has meaning, despite the fact that the great “how things really are” tries to make you feel as though you're spitting into the wind.  

(105ページ) 

僕は可能な限り、音楽教室を開いたり教育プログラムを実施したりしている。「雨垂れ石を穿って」という気分だけれどね。その意義を分かってほしいんだ。負けると分かっているケンカに挑むようなものかな。尻尾を巻いて逃げるのとは、全く違う感覚を、勇敢に戦って負けた後に感じることになるだろう。君はきっと立ち上がって「大丈夫、僕は頑張った」と言えると思うよ。小さな一つ一つの「雨垂れ」が、役に立ってくるし意味を持ってくる。「物事は本当はこうだぞ」という大きな怪物が、君に対して「僕は神様にケンカを売ってしまっているのか??」と思わせようと、揺さぶりをかけてくるのが現実だ。仮にそうだとしても、君の一つ一つの行いは、意味があるんだということは、信じて欲しい。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

14.Every gesture has meaning, despite the fact that the great “how things really are” tries to make you feel as though you're spitting into the wind 

偉大な「物事は本当はこのようである」ということが君に対してあたかも君が天に向かってつばを吐いているように感じさせてるという事実があるにせよ、一つ一つの振る舞いは意味を持っている: 

関係詞(how) 不定詞/使役動詞+O+原型不定詞(tries to make you feel) 仮定法・反実仮想(as though) 

 

 

Stanley Crouch and I had a saying in the early eighties: Lone man on the prairie with a shotgun. He's just some keen-sighted motherfucker on the prairie with a shotgun defending the indefensible. He knows he can't stop it; but there he is sitting tall in the saddle against the Big Sky. People come out to laugh at him sitting there in the rain. 

“What you doing, mister?” 

“I'm defending this.” 

“Defending what?” 

“All of this. Everything you see.” 

Yup, that's him: the lone man on the prairie with a shotgun in his hand ― sworn enemy of bullshit. Y 

You see, the lone man is not trying to blame anyone. He's not looking for the guilty. He's just defending territory, a lot of it. 

スタンレー・クラウチと僕とで、1980年代初頭の言い回しで「大草原の孤高のガンマン」というのを話した。このガンマンは、ある意味、鋭いモノの見方をする変人で、大草原でショットガンを持ち、守り切れるはずのないモノを守ろうとしている。自分でもどうしようもない、と言う自覚はあるけれど、馬にまたがり、あのモンタナ州の大空に向かってそびえたっているわけだ。人々が集まってきて、雨の中にたたずむ彼のことを笑う。 

「旦那、何してるんですかい?」 

「これを守っているのさ」 

「守るって、何ですかい?」 

「これ全部さ。君達が見えているモノ全部だよ」 

これがその男。孤高の彼は、大草原でショットガンを手にしている。軽薄な人達にはウザい存在だろう。誰を責めるでもない、誰を捕まえてしょっ引くでもない、守るべきと思っているモノを守っているだけ(と言ってもモンタナ州の大草原全体なんて、デカすぎるだろう)。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

23.People come out to laugh at him sitting there in the rain 

人々は雨の中で馬にまたがって座っている彼を笑うために出てきている: 

不定詞(to laugh) 現在分詞(sitting) 

 

 

Anyway, so far as this cultural slime we're wallowing in, it doesn't make a difference where the fault lies. That's not important; it's just a distraction. How we clean it up is important. What's spilled can't be spilled again. You can't say, “Well, we need to figure out who did this so it won't happen again.” It can't happen the same way again, anyway. Sometimes I don't understand anything about how it happened. And sometimes I think it's a combination of shifts in American culture: the dissolution of religion; the death of major figures like Kennedy and King; the selling of the concept of a generation gap, when the older people turned on the younger people and exploited them and their sexuality; the loss of a faith in romance as a form of engagement. 

(106ページ) 

とにかく、今の文化はヘドロの様なものだ。その中を僕達はのたうち回っている。どこに諸悪の根源があるかなんて、大差のない話だ。多少気にはなるけれど、大したことは無い。大事なことは、このヘドロを、どうやってキレイにするかだ。同じことの繰り返しは、あってはならない。「犯人を捜しあてて、再発防止だ」なんて言っている場合じゃない。どのみち、同じ様には事態は発生しない。僕にも、こうなってしまった経緯は掴めないことがある。時々考えるのは、これはアメリカ文化の様々な変化が組み合わさったことが原因ではないか、ということだ。宗教への思いの希薄化、ケネディ大統領やキング牧師のような大人物の死、世代間ギャップのコンセプトについての人々の説明の仕方、そして年齢が上の人達は若い世代を焚き付けて、彼らと彼らの持つ性的なことへの関心につけ込んでいる。その結果、男女関係の在り方としての恋愛に対して、誠実さがなくなってしまっているんだ 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

12.You can't say, “Well, we need to figure out who did this so it won't happen again” 

さて私達は誰がそれをしたのか解明する必要がある、そうすればそれは二度と起きないだろう」と言ってはならない: 

不定詞(to figure) 疑問詞節(who)  

 

 

Anthony, we need healers. And I know what you're thinking : “I hear you, Wynton. But I'm just a musician in training.” Remember what I told you weeks ago, when we set off down this road? We have to talk about music life, because, ultimately, they end up as one and the same. Think of all that I've said and all that you've asked. Think of the notions floating in your own head ― from integrity, to practice habits, to sifting information, to becoming your own teacher. Well, all of it. Ant, all of it tracks back to how you heal your culture one patient at a time, beginning with yourself. Antonioni, maybe your prairie won't be ten thousand square miles. But pick some real estate, man. And cover it. Hey, we got plenty of buckshot to go around. I'll see you back in New York. 

Later when you straighter. (That's what Herlin always says.) 

アンソニー、僕達は治療してくれる人が必要だ。こんなことを言うと君はこう思うだろう「ウィントン、分かりますが、僕はまだ修行中の身ですから(訳注:そんな大それたことを出来る身分ではない)・・・」数週間前に僕達がこのツアーに出発する時に、君に僕が言ったことを覚えているかい?音楽と人生について話さなくちゃ。だって結局は、この二つは一体だからね。考えてみて欲しい。僕の言ったこと、そして君が質問したこと、情報を吟味すること、自分自身をモニター出来るようになることまで。そう、これら全て、アンソニー、これら全ては、君が文化をどう治療してゆくか、に回帰する。患者さんは一人ずつ診てゆこう。まずは君自身から。アンソニー、君が守るべき大草原は、だだっ広いなんてことは有り得ないが、いく分か、不動産価値のある土地を自分のモノにしてしまえ。そしてそれを担保にすれば、狩りに行くための銃弾は十分確保できるだろう。ニューヨークに戻ったらまた会おう。 

さよなら三角、また来て四角(ドラム奏者のハーリン・ライリーが、いつもこう言っている)。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

[p.107,2]Think of all that I've said and all that you've asked 

私が言ったことと君が訊ねたことについて全部考えなさい: 

関係詞(that) 現在完了1(I've said you've asked)  

<8.前へ動かす、新しい事>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

8. Moving it Forward: The New, New Thing 

前へ動かすこと、新しい、新しいこと 2003年9月10日  

 

September 10, 2003 

 

Dear Anthony, 

Your last letter actually made me run to the gift shop for some new stationery and a new pen. Man, you got me going, because that letter of yours held a question that so perfectly reflected a great confusion of our time, one that frustrates so many young jazz musicians as they grow to maturity. I just had to read it aloud to the guys on the bus: You wanted to know the importance of creating something new, modern, and forward-looking when you play jazz, the importance of moving the music forward. That's frozen tundra you're invading my friend, though it seems to be the mantra of the modern student. Sit down a second; let's talk about what innovation means, and what it does not, and how to avoid this crippling fallacy that befalls young musicians. 

(89ページ) 

親愛なるアンソニー 

君から最近もらった手紙を読んだら、思わずギフトショップへ走って、便箋とペンを買ってしまったよ。なぜかって、その手紙に書いてあった君からの質問のせいだ。そこに反映されているのは、今の時代の混乱のもとになっていること。若手ミュージシャン達の多くが、このせいで、成長の過程で挫折感を感じてしまっている。とにかく僕は、バスに乗っている仲間に読んで聞かせなきゃ、と思った。君が知りたかったのは、ジャズを演奏するに当たっての、新しく、現代的で、進歩的なものを創造する重要性、つまり、音楽を前へ動かす重要性だ。これって、今の学生が皆決まって言うけれど、極寒のツンドラへ攻め込むようなものだよ、君!ま、落ち着いて。これから話すことは、イノベーションと言うものの、正しい意味と誤った意味、そして若手ミュージシャンが陥る、ひどく有毒な誤解を避ける方法について、だ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

9.That's frozen tundra you're invading my friend, though it seems to be the mantra of the modern student 

友よ、それは君が侵入しようとしている凍土のツンドラだ、それは今の学生のお題目のように見えるかもしれないが: 

関係詞・省略(tundra you're) 不定詞(to be)  

 

 

We've equated our belief and understanding of art with our view of technology. We think a piece of art is akin to an automobile: This version is better than the Model T. Therefore, we don't need the Model T. Louis Armstrong played through the bebop era up to the rock era. Though he was considered old-fashioned by some, no one replaced him. Coltrane came up with new ways to play harmonies, very interesting things that worked for him. Other people imitated him, and those ideas became part of the so-called “new thing” for the span of time it remained in vogue. But these ideas that Coltrane presented didn't move the art of jazz forward. It wasn't standing still when he arrived. Jazz merely expanded to accomodate his sound. Take those devices out of jazz, and it doesn't go back anywhere. No art does. Perhaps a case can be made for Armstrong moving jazz forward, because he taught everyone in his era to swing. However, the value of his art today is not its relationship to the swing of his times but in the continuing impact of the depth of his music on our souls today. You see, that's why artists speak across epochs. Styles of art change but the technology of the human soul doesn't. How are you going to move past touching the soul? 

(90ページ) 

僕達は、芸術活動に対する信念や理解の仕方と、科学技術に対する見方とを、同じくしていたことがある。芸術作品の一つを、自動車一台に例えて考えてみたりする。「今回のバージョンの方が、T型フォードよりいい出来だ。だからT型フォードはもう無用だ。」ところが音楽の場合、「ルイ・アームストロングはビーバップの時代からロックの時代を通して、演奏活動を展開した。一部の人々からは時代遅れと見なされてしまった」と、こうなったとしても、誰一人「彼はもう無用だ」とはしなかった。コルトレーンはハーモニー演奏の新しい手法を編み出した。これは大変興味深い方法として成功した。他のプレーヤー達もこれを真似し、いわゆる「新しいこと」となり、流行(はやり)となった。でもコルトレーンの編み出したこの手法は、別にジャズの技術を前へと動かしたわけじゃない。彼が頭角を現した頃、ジャズの技術は澱んで停滞していたわけじゃない。ジャズの方から、その懐を広げて、彼のサウンドを抱き込んだ、というわけだ。だからそれが失われても、後退などしない。芸術とは、皆そういうものだ。でも、もしかしたら一つだけ例外として、ルイ・アームストロングがジャズを前へ動かした、と言えるかもしれない。というのは、彼は自分と共に生きた全ての人達に、スウィングと言うものを教えたようなものだからだ。といっても今日彼に対する評価は、スウィングを教えたことに対してではない。今尚、人々の魂にインパクトを与える、彼の音楽の深さに対してだ。わかるかな、アーティストが時空を超えて語りかけてくるのは、こういうことがあるからだ。芸術のスタイルは変わっても、人の魂のなす技は、変りはしない。魂を揺さぶることを、やり過ごしてはいけない。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

9.Coltrane came up with new ways to play harmonies, very interesting things that worked for him 

コルトレーンがたどり着いた新しい手法の数々とはハーモニーの演奏の仕方で、彼にとって成功した非常に興味深いことだった: 

不定詞(to play) 関係詞(that)  

17.Perhaps a case can be made for Armstrong moving jazz forward, because he taught everyone in his era to swing 

多分一つの事例が創られる可能性があるのはアームストロングがジャズを前へ動かしたということ、なぜなら彼は彼の時代の全ての人にスウィングすることを教えたからだ: 

現在分詞(moving) 不定詞(to swing) 

 

 

For all practical purposes, there is no such thing as moving music forward. You can't move it. You suffer from a tremendous illusion if you truly believe you can or hope to do so. And you play into the idea of a generation gap that pits the young against the elders ― always a bad idea for both. People don't move music anywhere unless they're on a float. Seek to create a defined place of your own with your music. Bach was considered old-fashioned at the time. But in our time, his world of music is indispensable. Yes, he introduced approaches that didn't negate or surpass one iota of Palestrina's music. Beethoven's music did not negate the Brandenburg concertos of Bach, or the phenomenal music of Mozart. 

(91ページ) 

どんな具体的な目的を設定しても、音楽を前へ動かすなんて、ありえないし、できっこない。そんなこと、出来るだろうと本気で信じたり、やってみたいと本気で思ったら、とんでもないイリュージョンに苦しむことになる。そして更には、君の演奏が世代のギャップという処を突き刺すことになる。それは若い世代を年配の世代とケンカさせることになるだろう。常にお互いにとって不幸だ。人は音楽をどこへも動かさない。動くのは人のほうだ。だから、君自身の音楽を持って、君自身の明確な居場所を創り出そうとしなさい、と言っているんだ。バッハは、時代遅れと見なされた時もあっただろうけれど、今の時代、バッハの音楽の世界は、かけがえのないものだ。確かにバッハは、それまでなかった手法を次々と編み出した。だからと言って、バッハの音楽が存在することで、パレストリーナの音楽は、これっぽっちも否定もされなかったし、「越えられた」ともされなかった。ベートーベンの音楽は、バッハのブランデンブルク協奏曲集も、あるいはモーツアルトのハンパない音楽も、否定などしなかった。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

6.Seek to create a defined place of your own with your music君の音楽で君自身の定義された場所を創ることを求めなさい:不定詞(to create) 過去分詞(defined)  

 

 

Let me go broader. Look at Picasso. Did his style, with his changing forms and completely original ways of looking at fundamentals, surpass the power of artists like Matisse or Goya? I'd say no. Even though his styles became the norm for generations of painters. Following him was their choice. Has anyone, even Shakespeare, moved literature forward? Many great writers with different styles have been born, lived, wrote furiously, and died. Did they reveal more of the human character than Homer? Different, yes ― but so much more as to make Homer unnecessary or out of mode? I don't think so. In art, there is only one generation, the generation of man. And whether it means a toga, a ruffled collar, a tuxedo, a three-piece, or jeans, it speaks the same language. That's why the arts survive when whole civilizations perish. And remain useful. 

音楽以外の芸術に話を広げよう。ピカソを見てごらん。彼のスタイルといえば、物の形を次々と変化させること、そして、描く対象の基本構造に対する見つめ方は、完全に彼独自のものだった。でもそれは、マティスとかゴヤといった芸術家達の力量をしのいでいる、と言うだろうか?僕は言わないね。たとえ彼のスタイルが、全ての世代の画家たちにとって常識となる位、広く受け入れられたとしてもね。彼らが自分達で選んだことだもの。文学だって、前には動かせはしない。シェイクスピアでさえも、だ。多くの文豪たちが、それぞれにスタイルを持って、生まれ、生きて、がむしゃらに書きまくり、そして亡くなっていった。彼らが描き出した人間のキャラは、古代の大作家ホメロスより上回っているかな?内容は異なるだろうけれど、じゃあ、その量は?ホメロスが不要になったり、廃れてしまったりする程かな?僕はそうは思わない。芸術と言う切り口から見れば、世代なんて唯一、「人類の世代」。着ている服が、トーガでも(古代)、ラッフルの襟でも(中世)、タキシードでも(近世)、スリーピースやジーンズでも(現代)、話す言葉は同じ。だからこそ芸術は、文明が全滅したって生き残るし、役に立ち続けるんだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

23.Different, yes - but so much more as to make Homer unnecessary or out of mode? 

確かに異なる、しかしホメロスを不要とか廃れたとかいう状態するほどか?: 

不定詞/make+O+C(to make Homer unnecessary) 

 

 

As jazz musicians the great majority of us will not invent a new world of music inhabited by our disciples. Our challenge rests in something we already possess. Our own unique way of playing, as unique as our speaking voice. Now, does that mean you have the potential to be an innovator and creat a unique world that becomes the norm for legions? Don't bank on it. 

(92ページ) 

ジャズミュージシャンたる僕達のほとんどは、音楽の新しい世界を創り出そうなんて、するわけないし、その世界に僕達のファンを住まわせようなどと考えるはずもない。そんなことよりも挑んでゆくべきことは、今既に自分達の手にあるものに存在する。それは自分だけの演奏方法、これは、一人一人の話す声色が異なるくらい、人によって様々だ。なんてことを言うと、それって自分にも隠れた力があって、イノベーションを起こして独自の世界を創り出して、やがて多くの人々がそれを当たり前に受け入れてくれるようになる?変な勘違いをして、そんなの当てにするなよ。 

 

 

When a student can feel successful only if his or her work rivals the best work of the greatest artist ever, here comes depression, then a philosophy that attacks people who can play, then quitting. Two million people go to law school; you pull out the five greatest lawyers in history and say, “This is the standard of excellence by which you will be judged, pass or fail. If you are not equal to this level, you will not pass this course. Now, the first class may be eager to try that. But after the successive generations fail, who in their right mind will want to be a lawyer? So, first, don't think that you will move music anywhere. It's too heavy. And, second, don't feel that your basic level of success as a jazz musician is to be one of the great innovators of all time.  

最高のアーティストの、最高の演奏に、自分の演奏も肩を並べないと、その道で成功したとは思えない、なんてことになってしまったら。そのうち打ちひしがれて、言いがかりをつけて上手なプレーヤーの悪口を言い出して、挙句、演奏の世界から身を引いてしまう。今日、ロースクールに通う人は200万人いる。例えば史上最高の法律家を5人挙げるとしよう。そしてこう言うんだ「これを基準にして、合否を決めます。このレベルに達しなければ、課程を修了したとは見なしません」。さあ、一番優秀な連中は頑張ろうとするだろう。でも後に続く連中が上手く行かなかったら、まともな考えの持ち主だったら、法律家を目指そうんなんて、誰も思わなくなってしまうだろう。そんなわけだから、まず第一に、音楽を前でも後でも動かそうなんて、思わないこと。色々な意味で、重すぎる。そして第二に、ジャズミュージシャンとして成功した、という基本レベルを、「偉大なイノベーター」とされる人達のそれと同じにしないこと。ハードルを高くしても、ロクなことにならない。 

 

 

No one can teach you to be an innovator or even discourage you from being one. But someone can teach you to be a fine musician. How is it, given the near impossibility and the obvious absurdity for the goal, that thousands of jazz students all over the world think as you do, Anthony? I've heard that voiced in classes from Savannah to Sydney. “Yeah, we must do something new; must move the music somewhere to be successful.” I've heard it for years. And in all those years, how many of those students moved the art form forward? Not one. Their goal killed them. Say I want to get back in shape but I don't articulate the goal that way, to you or myself. I tell you I'm going to be a decathlete and my goal is the 2012 Olympics. And I'm forty-one years old. Man, I probably won't even get in shape, much less make the Olympic team. Now, if I say, “I want to lose thirty pounds and tomorrow I'm going to get up and run a mile and half, an I will try to go up a half mile every two weeks.” Well, I might just lose ten of those thirty pounds in the next month. 

イノベーターになれるよう教えてくれる人なんていないし、逆に人のやる気をくじくような人もいない。でも、そこそこのミュージシャンへと育ててくれる人は、いるかもしれない。世界中でジャズを学ぶ何千人もの子達が、君と同じように心に抱いている目標が、限りなく不可能であり、明らかにバカバカしいというのが本当なら、君はどうする、アンソニー?僕はこれまで、世界中でレッスンを開くたびに、この目標を口にする人達を聞いてきた。「そうとも、とにかく新しいことをしなきゃ。成功するためには音楽を前でも上でも動かさなきゃ」。これも、もう何年も聞かされている。そして、その「何年も」の間中、ジャズを前へ動かした子なんて、誰もいない。高すぎる目標を掲げた子達は、皆それに潰されてしまった。例えば僕がシェイプアップしようとするなら、そんな風に目標を明言などしない。君に対しても、僕自身に対してもね。つまり、「十種競技の選手になる、目標は9年後の2012年のオリンピックだ」なんて言おうとする。僕は今41歳だ。これじゃシェイプアップなんて多分無理だし、ましてやオリンピックだなんて、とんでもない話だ。それでは、ということで、今度は「30ポンド体重を落とそう。明日朝1.5マイル走って、2週間毎に0.5マイルずつ距離を伸ばしてゆこう」と言うとしよう。これなら、1か月で目標の30ポンドの内10ポンドはいけるんじゃないかと思うよ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

25.How is it, given the near impossibility and the obvious absurdity of the goal, that thousands of jazz students all over the world think as you do, Anthony? 

仮に目標の不可能さとバカバカしさという、世界中の何千人ものジャズを学ぶ学生達が君と同じように考えるモノを与えられたら、どうだ?: 

分詞構文・条件句(given) 関係詞・非制限用法(that) 

 

 

When you start out withan impossible thought, you've lost a battle from the outset, unless you're one of the ordained  

ones, of course. I met Michael Jordan when he was in college. He said, “Man, when I get in the NBA, I'm going to show people what basketball is about!” Me and the other guys in the room just laughted. We thought, “This guy is crazy. He's not even tearing up the NCAA.” In this case he knew. 

(93ページ) 

実現不可能な目標を掲げて物事に取り組み始めるなら、初めからその勝負は負けてしまっている。勿論、君が神に選ばれし者なら、話は別だがね。僕はマイケル・ジョーダンと会ったことがある。その時彼はまだ大学生だった。彼はこう言った。「僕はNBAプレーヤーになって、バスケとは何かを世の中の人に教えてやりますよ!」その時部屋に居た僕と他の連中は、聞いても笑うだけだった。「こいつバカだ。大学のリーグでも未だ通用していないっていうのに」もっとも彼は、その現実は自覚していた。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

16.When you start out with an impossible thought, you've lost a battle from the outset, unless you're one of the ordained ones, of course 

君が不可能な考えを持って始めるなら、君が勿論神に選ばれた者でない限り君は戦いに負けてしまっている: 

条件節(When) 現在完了(you've lost) 

 

 

But if you're not the rare ordained individual, you'll fight an unwinnable battle with the crushing weight of your own expectation. You've lost before you've started. The fruitless struggle merely serves to lead you away from your real objective ― in our case, learning how to play. Instead of just trying to be good, and learning your instrument, you're set on scaling Everest with no climbing gear. I'd like to hear more musicians saying. “I want to be one of the best trained musicians ever. I want to be able to transpose, I want to improve my reading, I want to be able to play with two hands, I want to play more coherent solos.” Now, I'm not advocating unambitious goals, only calling for some reality. Jazz allows for so much creativity for those with fair to good talent. That's one of its greatest strengths. It challenges and accepts people on all levels. But you, Anthony, have a better chance. 

でも、もし君が神に選ばれし、世にも稀な人物でないのなら、自分の目標の重さに押しつぶされている状態では、勝ち目のない戦いになってしまうだろう。始める前から戦いに負けてしまっている。「労多くして実り少なし」では、単に、君が本当に目指すべき目的からも、君は逸れて行ってしまうことになる。「本当に目指すべき目的」は、僕達の場合、演奏の仕方を身に付けることに他ならない。ひたすら上手になるよう努める、ひたすら楽器をさらう、こうでないのなら、そんなの登山用の装備もなくエベレストに登る決心をするようなものだ。とにかく一人でも多くのミュージシャン達には、こういう認識を口にしてほしいと思っている「史上最高の努力をしたミュージシャンになりたい。移調ができるようになりたい。譜読みの力をアップしたい。両手で弾けるようになりたい、アドリブソロをキチンと最初から最後まで吹き切れるようになりたい」。さて、別に控え目な目標を立てろ、と言っているわけじゃない。現実味のある目標にしてくれ、と言っているんだ。ジャズは、普通に良い才能を持っていれば、大いに創造性を発揮できる懐の深さを、元々持っている。これこそが、ジャズの最大の力だ。あらゆるレベルの人々に応じて、その人に挑戦し、そして受け入れてくれる。それでもなお、アンソニー、君には人より大きなチャンスがあると思うよ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

25.The fruitless struggle merely serves to lead you away from your real objective - in our case, learning how to play 

実り無くもがくことは単に君を本当の目的である、私達の場合だと演奏する方法を身に付けることから遠ざけるよう導く手助けにしかならない: 

不定詞(to lead) 動名詞(learning) 疑問詞+不定詞(how to play)  

[p.94,4]I'd like to hear more musicians saying, “I want to be one of the best trained musicians ever 

私はより多くのミュージシャン達が「私は今までで一番トレーニングを積んだミュージシャンになりたい」と言うのを耳にしたい: 

仮定法(I'd) 不定詞/知覚動詞+O+現在分詞(to hear more musicians saying) 

 

 

You have a better chance of joining the group of great musicians who created their own sound inside of a style ― Clifford Brown, Stan Getz, or J. J. Johnson, for instance. I wonder, did anybody tell you to consider yourself a success if you attain your own sound? 

(94ページ) 

君には、人より大きなチャンスがある。自分のスタイルの中に独自のサウンドを創り出した、偉大なミュージシャン達の仲間入りをするチャンス - 例えばクリフォード・ブラウンスタン・ゲッツ、J.J.ジョンソンみたいなね。でも考えると、「自分自身のサウンドを創り出せたなら、自分は成功したと思え」なんて、誰も言ったことは無いな。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

15.I wonder, did anybody tell you to consider yourself a success if you attain your own sound? 

君がもし君自身のサウンドを手に入れたなら君自身を成功者と見なせなどと、誰か言っただろうか: 

反語(did?) 仮定法・現在(if you attain) 

 

 

Look, Ant, I'm not saying you don't have a chance to be great. But in your training, in your education, in your basic philosophy, if all the members of your field feel good about themselves only if they're on the supreme level, how can anyone feel good about playing? Should all these cats playing Major League Baseball today feel bad about it because they can't play like Babe Ruth ? Isn't making the major leagues worth something? You might quit playing from sheer frustration. 

誤解するなよ、アン坊よ。君を期待させて、また突き落としたわけじゃない。でもね、考えてごらん。練習にせよ、知識や教養にせよ、音楽に対する君の哲学にせよ、君も、そして君と志を同じくする仲間達も、最高レベルを達成しないと気が済まない、というなら、演奏活動なんか楽しくも何ともないんじゃないかな?今のメジャーリーグの選手たちを見てごらん。ベーブ・ルースと同じレベルでないと満足してはいけないのか?そもそもメジャーの選手だということ自体、大したものじゃないか!それだったら、やってられないよ、ということになるだろうよ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

25.You might quit playing from sheer frustration 

君は全くのフラストレーションから演奏することを辞めてしまうかもしれない: 

仮定法(might) 動名詞(playing) 

 

 

What about redirecting your priorities? Instead of “I have to be one of these six great innovators or I'm not a success,” you could say, “Hey, these are six great people. And I strive for that same level of power; at worse I would like to develop my own distinct sound.” Thinking of Ornette Coleman might be instructive here. Coleman, even in the pantheon of innovation, rings unique. You may imagine him being consumed with marching the legacy and likes of the Louis Armstrongs of the world. You may imagine him competitive in the modern sense. You imagine him taking aim at a summit occupied by other names in the effort to achieve his own glory, his own recognition. But you have to think past our ear, where self-promotion becomes the achievement. One of the hardest things to do is think across eras, to another time when people aspired to different things. 

(95ページ) 

何が君にとって大切なのかを、見直してみたらどうだろう。「あの6人の偉大なイノベーター達に肩を並べなければ、成功者とは言えないんだ」なんて言わないで、「あの6人すごいよな。僕だって匹敵する力を、必ず身につけて見せる。もしダメでも、僕だけのサウンドってやつは、磨いてゆこう」。これでいいんじゃないかな。オーネット・コールマンの話が参考になるかもしれない。彼は確かにイノベーターの殿堂入りをしている人だけれど、その中に在って、ユニークな存在として知られている。ルイ・アームストロングのレベルの過去の演奏と肩を並べないと、と悩んだのではないか、とか、今の時代の連中に対して競争力を持っていたんじゃないか、とか、自身の栄誉を獲得し世間に認めてもらおうと頑張り、頂点を極めた連中に狙いを定めているんじゃないかとか、想像していることだろう。でもね、物事は今自分がいる時代を越えて考えることが必要だ。何しろ今は、自分を売り込むことが実績となる時代だからね。考え方としては一番面倒だ。とにかく求められることが今と違う時代の話だ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

10.You may imagine him taking aim at a summit occupied by other names in the effort to achieve his own glory, his own recognition 

君は彼が彼自身の栄光と彼自身が認められることを達成しようと努力して他の人達によって占領されている頂点に狙いを定めていると想像するかもしれない: 

imagine+O+現在分詞(imagine him taking) 過去分詞(occupied) 不定詞(to achieve)  

 

 

Coleman didn't set out to be as great as Armstrong, or anyone else. He once told me, “Music is not a race, it's an idea.” Coleman tried to play in a way that would gain him respect from the people he considered peers. That remained his concerns; the same concern held by a Paul Desmond or a Cannonball Adderley. Now, as things turned out, many musicians didn't respect what Coleman played. So he had to fight for his identity. And he maintained his identity and his way of playing regardless of what musicians said about him. 

コールマンのキャリアは、アームストロングでも何でも、誰かと肩を並べようという処から始まったわけじゃない。彼がかつて、僕にこう言った「音楽は他人との競争じゃない。自分の理想の実現だよ」。彼がやろうと努めた演奏の方法で、彼にとっての仲間からのリスペクトを勝ち取ろうとした。それは彼が心掛けたことであり、そしてポール・デスモンドキャノンボール・アダレイのような人達も、同じ心がけをしていた。さて結局、多くのミュージシャン達は、彼にリスペクトを示さなかったので、彼は自らのアイデンティティのために戦ってゆかねばならなくなった。そして他のミュージシャン達には耳を貸さず、自分らしさと演奏方法を保った。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

19.Coleman tried to play in a way that would gain him respect from the people he considered peers 

コールマンは彼が仲間だとみなした人達から敬意を得るであろう方法で演奏しようと心掛けた: 

不定詞(to play) 関係詞(that) 関係詞・省略(people [that] he)  

24.And he maintained his identity and his way of playing regardless of what musicians said about him 

そして彼はミュージシャン達が彼に対して言ったことを無視して彼のアイデンティティと彼の演奏方法を維持した: 

動名詞(playing) 関係詞(what) 

 

 

When Ornette's group took the bandstand in New York, they'd look up and, wow, there's Wilbur Ware, there's so-and-so. Peer respect meant something to them. Maybe they didn't mouth that concern openly. But you hear it in their music. You see it in their practice philosophy, and in all the things they did to work their concepts up. They were serious about presenting that music for New York. They didn't stay in Texas. They didn't stay in Los Angeles, or whatever other hometowns they had. They wanted to be in New York because the people who could play were in New York. You became a jazz musician in the Apple. 

(96ページ) 

オーネットの楽団がニューヨークに活動の場を得た時、見渡してみれば、ウィルバー・ウェアだの何だのといった錚々たる面々が居たわけだ。「仲間からのリスペクト」というのは、オーネット達にとっては大きな意味があった。彼らはそういったことを気にしていた、と口には出さなかっただろう。でも演奏にはそれが出ている。練習の様子から、その取り組む考え方にも見て取れるし、その他、自分達のコンセプトを創ってゆくための取り組み全てに見て取れる。ニューヨークの為に自分達の音楽を届ける、その姿勢は真剣だった。テキサス、ロス、その他自分達の拠点都市ではなく、彼らはニューヨークを望んだ。そこには、弾ける人、吹ける人、叩ける人、歌える人がいたからだ。ニューヨークでは、人はジャズミュージシャンとうものになれた、ということさ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

10.They wanted to be in New York because the people who could play were in New York 

彼らはニューヨークに居ることを望んだ、なぜなら演奏できる人々がニューヨークには居たからだ: 

不定詞(to be) 関係詞(who) 

 

 

For all of Ornette Coleman's brilliance, and he is a brilliant musician of the highest order, he became one of the first wave of musicians to mainly play his own music, in his own context. Although he gave us an interesting and new way to approach playing melodies and addressing form, that was the beginning of the demise of a standard. And this is how things change. Did he move the music forward? I don't think so. That's why I like to think about Duke Ellington's concept of total jazz. Ornette's way of playing just becomes another part of the complete package. Not the new way to go. 

オーネット・コールマンの輝かしい業績の数々と、彼自身も輝かしい超一流のミュージシャンであったこともあり、自分の作品を自分の解釈で主として演奏するミュージシャンが、初めて台頭してきた頃の一翼を担うようになった。確かに彼は、興味深く、そして新しい方法で、メロディの演奏と自分のスタイルの表現をアプローチした。でも同時にそれは、スタンダードジャズの終焉が始まったことを意味した。世の中、物事が変わっていくのって、こんな感じだよね。彼はジャズを前に動かしたか?僕はそうは思わない。僕がデューク・エリントンの「トータルジャズ」というコンセプトが好きなのは、こういうことがあるからなんだ。オーネットの演奏方法は、それはそれでひとまとまりに出来上がったもの。いわゆる「新しい手法」とは言わない。 

 

 

I don't relate all of this to say that you can or will be an innovator like Coleman, or that you won't. You alone know what you can be and what you are capable of. But I do know that if your expectation for yourself far ourweighs your talent, as the time passes and it becomes more and more apparent to you that you won't reach your goals, you'll get discouraged and quit. Now, quitting doesn't mean that you'll give your horn up. Quitting means that I might see you with a strange hairstyle. Or I might see you with some new jazz clique somewhere. 

ここまで色々な話を引き合いに出してきたけれど、君がコールマンみたいなイノベーターに、なれるとかなれないとか言うためじゃない。何になれるか、何ができるか、は君自身しかわからない。僕が分かるのは、才能を上回る自分への期待は、時と共に目標が達成できないことをハッキリとさせてしまい、君はやる気をなくして辞めるってことだ。「辞めるってこと」と僕が言うのは、楽器を吹かなくなる、ということじゃない。変な髪型にしてしまうとか、どこかでカルトっぽいジャズの派閥に入ってしまうとか、そういうのを言う。 

 

 

Never quit. Because whether or not you reach your goal as a musician, you can always participate significantly in this music. Always act in accordance with what you know. Don't adjust your philosophy to your limitations or failures. Never quit. Focus on becoming a good musician. I want you to want that. Invest in your discipline, your practice, and your personal growth. Develop your soul by participating in the lives of other people in a positive way, through giving. You know, some people think the Boy Scouts are corny, but they have a community-service component. They might be focused on going for merit badges or winning jamborees, but a Scout has to go do something for the community as well. That's an important concept, because it means that activities must also have an objective of the soul. And that's what can heal our whole nation. We need soul objectives on a high level, a level higher than the pursuit of money and one-upmanship over another person. 

辞めたらいけない、絶対に。だって、目標の達成が叶おうと叶うまいと、音楽にキチンと関わることは、いつだってOKなのだから。理性的に行動すること。もう限界だ、もう失敗だ、といって自分の音楽に対する哲学をねじ曲げるな。絶対に辞めたらいけない。良いミュージシャンになることを、ひたすら目指せ。自分を律し、自分を鍛え、自分を育てる、このことに全てを懸けろ。他人に何かを与えることを通じて、前向きな姿勢で、自分以外の人々の活動に関わってゆくことで、精神を高めてゆけ。君も知っていると思うけれど、ボーイスカウトをダサいと考える人がいるが、彼らは社会貢献を自分達の活動の中に取り入れている。バッジをもらったり、ジャンボリーで勝ったりとか夢中になっていることもあるかも知れないけれど、同じ様にスカウトってやつは、社会貢献活動をしっかりやらなくてはいけない、ということを意味するからだ。そしてそれは、ひいては国全体の癒しになってゆく。金を儲けるためとか、他人の一枚上を行くとかよりも、高い次元の精神面での目標を持たないといけない。 

 

 

As Art Blakey said, “You never see an armored car following a hearse.” Be serious about these tasks and you'll earn the restpect or jealousy of your peers. And if genius plans to meet you down the road, you won't miss the introduction, man. 

アート・ブレイキーはこう言った「霊柩車の後ろを戦車が走ってゆくなんて、あるわけないだろう」。課題に真剣に向き合え、そうすれば君の仲間から、リスペクトかジェラシーか、どちらかが来るよ。そしてこの先、優れた才能が君に会ってやろうか、なんて思ってくれたら、その登場音楽を聴き逃すなよ(訳注:君が優れた才能を身に付けるチャンスが来た、という兆候を見逃すなよ)。 

 

 

In the Sweet By and By. 

無理なく、ボチボチとね。

<7.音楽とモラル>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

7. Music and Morals 

August 31, 2003 

音楽とモラル 2003年8月31日  

(77ページ) 

 

Dear Anthony,  

These letters are always about music and the type of philosophical wrestling that you wouldn't wish on your enemy. But even though we talk about these things most of the time, I hope you're doing all right, just personally, I mean.  

親愛なるアンソニー 

僕達の間で交わしているこの手紙は、毎回音楽のことや、一種の哲学の格闘技みたいなことを話題にしているね。格闘技の方は、君は君の面倒な連中とはやりたくないだろう。こういった話題ばかりいつも語り合っているけれど、君の方は上手くやっていることを願うよ。せめて君にとっての利害関係にからまない所だけでもね。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

1.These letters are always about music and the type of philosophical wrestling that you wouldn't wish on your enemy 

これらの手紙はいつも音楽と君が君の敵に対して望まない哲学面での格闘技についていつも書いてある: 

関係詞(that) 仮定法過去(you wouldn't ) 

 

 

But look, man, you can't hit me with all those big questions when I'm trying to relax the brain at day's end. You had a good one at the close of your last letter. You must be trying to take me out into the ocean. No one's quite asked me whether or not I thought all abstraction was corruption. You must have been musing over all those notions about freedom, structure, and abstraction we talked about a few weeks back. Well, I have no problem with abstractions. In fact, I'm telling you to play the most abstract music you can find. My father always told me this coming up: “If you ain't been there, you're guessing.” Every experience helps your overall development. But I'll drop a big question for you to ponder now, one that goes to the heart of our Western artistic concept: Is abstraction necessarily more advanced than the thing that it's abstracting, and is there a possibility of a corrupting over-refinement in the abstraction? In other words: Is Finnegans Wake eminently more sophisticated than Macbeth? Is Arnold Schonberg's music more advanced than Beethoven's Fifth Symphony, and more satisfying? Is the abstract statement more modern? And is corruption only tied to intent? Let's talk about abstraction, corruption, and the very notion of morality in music.  

でもね、ほら、僕だって毎日の終わりに頭をリラックスさせようとする時には、君からの大きな質問と格闘するのはカンベンしてくれよな。最後にくれた手紙で、いい質問をひとつしてくれたね。また僕を荒波の海へと引きずり出そうとしているな。フリージャズは全て堕落だと思うか?こんな質問、誰からもされてなかったよ。ここ2・3週間に交わした手紙で話した、自由・枠組・そしてフリージャズについて、君なりにずっと思いをめぐらせてくれていたようだね。僕にとっては、フリージャズはノープロブレムさ。実際、君にはいつもフリージャズの極め付けを見つけて、演奏するよう言っているじゃないか。僕の父はいつもこう言っていたよ「実際その場に居合わせないのでは、何を言ってもただの想像でしかない」。一つ一つの経験が、君の成長に全て効いてくる。ではここで、僕から難問を一つ。欧米文化の核心に迫るものだ。じっくり考えて欲しい。抽象主義は、そうでないものより進化したものと言えるのか?抽象主義では、手を加えすぎて退廃的だ、なんてことが起こり得るのか?別の言い方をしてみよう。ジョイスの「フィネガンス・ヴェーグ」は、シェイクスピアの「マクベス」よりも洗練された文学作品なのか?アルノルト・シェーンベルクの音楽は、ベートーベンの「運命」より進んでいて満足できる度合いも高いのか?抽象的なものの言い方の方が今風なのか?そして芸術の退廃は、意図して起こるものなのか?それじゃ、今回は抽象主義(フリージャズ)、芸術の退廃、音楽のモラルの概念そのもの、これらについて話をしよう。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

11.You must have been musing over all those notions about freedom, structure, and abstraction we talked about a few weeks back 

君は2・3週間前に私達が話をした自由や枠組みや抽象化についてこれらの概念全てに思いを巡らせていたに違いない: 

推測/現在完了進行形(You must have been musing) 関係詞・省略(all those abstraction [that] wee talked) 

 [p.78,2]I'm telling you to play the most abstract music you can find 

君が見つけることが出来る最も抽象的な音楽を演奏してみろと言っているんだ: 

不定詞(to play) 関係詞・省略(music [that] you can)  

6.But I'll drop a big question for you to ponder now, one that goes to the heart of our Western artistic concept 

しかし私は君に考えるべき質問を一つ投下しよう、私達の欧米の芸術の概念の核心に迫るものだ: 

不定詞(to ponder) 関係詞(that)  

 

 

Ask me about corruption and context will govern my answer, because much depends on what norms have conditioned us to feel. For instance, when Lester Young played in a style different from Coleman Hawkins's, a lot of people thought that was corruption. When Monk played blues dissonances on the piano, again, many people regarded that as corruption. When Duke Ellington began writing more sophisticated music, longer forms, people viewed that as a sign of corruption, because a jazz band was supposed to play dance tunes. Anything that wasn't a dance tune was pretentious. Check history and it'll show you numerous instances of this sort, where corruption appears as the bastard child of the insightful exposing weakness in the status quo. But I've always thought real corruption spirals from intent. 

(78ページ) 

退廃とか堕落とか、と聞かれると、状況によって答えが決まってくる。僕らが洗脳されている世の中の価値観が大きな決め手だからね。いくつか例を出そう。レスター・ヤングコールマン・ホーキンスと違うスタイルで演奏した時、多くの人は、これを堕落した演奏だと考えた。セロニアス・モンクがブルースに不協和音を取り入れてピアノ演奏をした時もそうだった。デューク・エリントンが、それまでよりも洗練された楽曲、演奏時間の長い形式、こういった音楽を書き始めた時、人々は「落ち目の始まりだ」と見て取った。当時はジャズバンドと言うものは、ダンスミュージックを演奏するものだ、と思われていたからね。ダンスミュージックじゃない曲をジャズバンド如きが演奏するなど、身の程知らずだ!というわけ。歴史の教科書をひっくり返してごらん。こんな類の話はゴロゴロしている。「退廃・堕落」と称されるものが、血統書のない犬猫みたいに扱われて世の中に現れたと思ったら、実は先見の明があって、その時点での世の中の価値観が持つ弱さというものを露呈して見せた、なんてことはよくある話だ。だからこそ、僕がいつも思っているのは、本当の意味での退廃とか堕落とか言うのは、やはり意図的な行為によって起きるものなんだ、ということだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

16.Ask me about corruption and context will govern my answer, because much depends on what norms have conditioned us to feel 

瓦解について私に質問しろ、そうすれば状況が答えを決定する、なぜなら大半は規範が私達に感じるよう慣らしているものによるからである: 

命令文+and(Ask and) 関係詞/現在完了(what norms have conditioned) 不定詞(to feel)  

22.When Duke Ellington began writing more sophisticated music, longer forms, people viewed that as a sign of corruption, because a jazz band was supposed to play dance tunes 

デューク・エリントンがより洗練された音楽やより長い形式の音楽を作曲し始めた時人々はそれを瓦解の兆候と見て取った、なぜならジャズバンドと言うものはダンス音楽を演奏すると思われていたからだ: 

動名詞(writing) 不定詞(to play)  

25.Check history and it'll show you numerous instances of this sort, where corruption appears as the bastard child of the insightful exposing weakness in the status quo 

歴史を確認してみろ、そうすれば歴史はこの類の膨大な例を君に示すだろう、その例とは瓦解が現状の弱さをさらけだしている洞察力に満ちた混血児のように見える: 

命令文+and(Check and it'll) 関係詞・非制限用法(sort, where) 現在分詞(exposing)  

 

 

That's why the greatest musicians, regardless of the idiom, produced their best work when they were doing the very best they could. It's why Igor Stravinsky could never have been a great popular songwriter. Sometimes it's easy for a jazz musician to think he can just go into pop music. “Here's this Paul McCartney song,” you think. “It's not as sophisticated as what I'm used to dealing with, so I can just jump in here and do this.” Well, that's a grave error. In order to be great at a thing, you have to be doing the best you can do. Your intent can't come from a place of condescension. That's why so much of jazz-pop music is almost always sad. 

(79ページ) 

ジャンルを問わず、超一流の音楽家が自身の最高傑作を生むのは、何も気にせず自分を出し尽くした時であるのは、このためだ。イーゴル・ストラヴィンスキーが、歌謡曲では大成功できなかった理由がわかっただろう。時にジャズミュージシャンにとっては、ポップミュージックに安易に手を出してしまうことはあることだ。「これ、ポール・マッカートニーの曲だ。いつもやっているのより手頃だし、ちょっと手を付けてみるか。」大間違いも甚だしい考えだ。一つのことに秀でるには、自分を出し切らなければいけない。なめた態度など、ありえない。ジャズポップとか言う音楽が大抵ひどいのは、このためだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

8.Sometimes it's easy for a jazz musician to think he can just go into pop music 

時々ジャズミュージシャンにとってポップミュージックに入ってゆくことが出来るかもしれないと考えることは簡単なことだ: 

仮主語(it's) 不定詞(to think)  

 

 

One of the more common examples of corruption by intent is pandering to the marketplace: “I don't believe in this, but I want to make me some money, so let me do this. Let me go with the fad.” A lot of musicians did that in the seventies. We heard them. And now that music is not a major part of their legacy. Miles Davis's classic is Kind of Blues, not On the Corner or even Bitches Brew. That's not a matter of philosophy. That's just what has happened over the years. 

意図的な行為によって起きる堕落の、比較的よく知られている例が、金儲けへのすり寄りだ。「これは本意じゃないけれど、お金になるから、やらせて、流行に乗らせて。」多くのミュージシャン達が1970年代にこうした行為に走り、僕達はそういった作品を耳にした。今となってはそうやって生まれた作品は、彼らの遺したもののうちの主要な物には、なっていない。マイルス・デイビスの極めつけは「Kind of Blue」であって、「On the Corner」でもなければ、あの「Bitches Brew」でもない。音楽に対する考え方がどうのこうのと言っているわけじゃない。単に何年にもわたって起きてしまっていること。それだけの話。 

 

 

But you can also pander to the intellectuals; you can pander to the academy: “I don't want to pander to the marketplace, but I do want to get good reviews.” Or maybe you say, “I want to be a part of this clique, so I'll adjust my playing in this manner.” 

知識人や学会の類にすり寄ってしまうことも有り得る。「金もうけには走らないけれど、いい評価は受けたい」あるいは「この派閥に入りたいから、自分のやり方を合わせます」とね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

25.I don't want to pander to the marketplace, but I do want to get good review 

私は市場には迎合したくないけれど良い評価はもらいたい: 

不定詞(to pander to get) 強調(I do) 

 

 

Pandering to the marketplace or the academy is commonplace because it leads to clear rewards. But corruption certainly creeps in when you pander to your own deficiencies: You can't play fast, so no one should play fast. You can't play slow, so ballads are not worth playing. You can't play on changes, so changes are outmoded. You can't play a freer, fluid form of expression, so no one else should. I suppose the central issue comes down to the fact that we don't have a conception of morality in music. What would that be? Morality lives on a slippery slope anyway. But in an era that regards morality as a relativistic and repressive notion, where freedom is held up as the coin of the realm, morality is in trouble. In most instances morality butts heads with freedom. If there's a morality, who's going to enforce it? It there's an enforceable morality, how can you be free? 

(80ページ) 

スポンサーやプロモーション会社に、あるいは学者さん達にヘコヘコして、そして売れればいい、あるいは高い評価を論じてもらえればいい。そんなの良くある話だ。だってその分の報酬や見返りがはっきりしている。でも君自身の未熟さにすり寄ってしまったら、間違いなく根性が腐ってゆく。君が指回しが苦手だからと言って、速い指回しの演奏を否定する。君がゆっくりの演奏を演奏できないからと言って、バラードなんて演奏する価値は無いと言う。転調が苦手だからと言って、転調なんて時代遅れだという。自由な感じの流動的な表現形式に適応できないからと言って、それを否定する。これって、音楽にはモラルの概念が無いから起きてくる、というのが事の核心だと僕は思う。もしあるとしたら、どんなものだろうか?何にせよ、モラルと言うものは、例えて言うなら、滑りやすい坂の上に乗っているようなものだ。でもモラルが相対的なもの(基準がなく、何かと常に比べて判断するようなもの)であり、そして押しつけがましいモノ、と見なされてしまうような時代にあっては、自由こそが国の最重要とばかりに大事にされてしまうわけだから、モラルは苦しい立場に置かれてしまう。多くの場合、モラルと自由は真正面からぶつかり合うものだ。もしモラルがあるとするなら、誰がそれを皆に守らせるか?そしてモラルが強制力を持ったら、今度は逆に自由はどう保証するか? 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

13.But in an era that regards morality as a relativistic and repressive notion, where freedom is held up as the coin of the realm, morality is in trouble 

しかしモラルを相対論的で抑圧的な観念と見なす時代には、自由は王国の金貨として支えられ、モラルは困った状態になる: 

関係詞(that) 関係詞・非制限用法(notion, where)  

 

 

Anyway, in our era, it's probably impossible to sell out to the marketplace, because you have to have something to sell out. And how can a person from an era devoid of integrity in music sell it out? In fact, you were born to sell out. How many times have you heard the phrase, “Well, he did what he had to do”? That's the mantra of our times: Hey, baby, just doin' what you got to do. And if you make some money doing it ― okay, even better. As a matter of fact, the value of your work is assessed in economic terms. “How much did it sell?” 

とにかく、今の時代、売れる・売れないを気にしないというわけには、おそらくいかないだろう。売れるモノを持っていなければ、どうしようもないのだから。そして音楽に高い精神性などない時代に生きる人は、自分の「売り物」をどうやって売って行けばいいのか?売り込む、という行為は避けては通れないのが現実だ。耳タコだろうが、「さて、彼は課せられた事はこなしたぞ。」これが今の時代の必要事項みたいなもの。「おい、やれと言われたことは、ちゃんとやれよな。」それでお金をもらえれば、一丁上がり、というわけだ。実際、君の仕事の価値を評価する基準は、経済的な見方だ。「いくらで売れた?」ってね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

19.Anyway, in our era, it's probably impossible to sell out to the marketplace, because you have to have something to sell out 

どちらにせよ私達の時代においては商業市場の信義に背くことは恐らく不可能だろう、なぜなら君は売り切れるものを何か持っていなければならないからだ: 

仮主語(it's) 不定詞(to sell) 

 

 

I've related your challenge before: to be in your time and to fulfill the needs of your listeners with a well-developed, clear vision of how wonderful this music can be, or is. I don't know how you'll fulfill those needs. You will. My role is to point out your task and opportunity. Playing scales or knowing when a time signature changes, that's something you should just know how to do. (I know: You think I sound like a broken record with this technical thing.) You have to answer the deeper, larger, more philosophical issues. 

(81ページ) 

君に取り組んでほしいことを書いたことがあったね。自分のペースを守ること。聴衆を満足させること。そのためには練りに練った明快なやり方で、君の腕前がイマイチなら、「この曲は本当はもっと素晴らしいぞ」と。それとも自信があるなら「この曲はこんなに素晴らしいぞ」と。これを聴衆に伝えることだ。どうやってやれるか、確信は持てないけれど、君ならきっとやってくれるだろう。僕の役目は、君がすべきことと、今がチャンスだと思った時にそれを、この二つを君に指摘することだ。スケール(音階)を練習したり、変拍子の対応力をつけたり、というのは、今更当たり前。(わかってる。音飛びCDみたいに技術的なことを何度も言うなって思っているんだろう?)今の君には、もっと深く、大きくて、哲学的なことについて、自分なりに答えが出せるようになってもらわないといけないと思っているよ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

3.I've related your challenge before: to be in your time and to fulfill the needs of your listeners with a well-developed, clear vision of how wonderful this music can be, or is 

私は君の挑戦について以前話をしたことがある。自分のペースを守ること、そしてこの音楽がどんなに素晴らしくなる可能性があるか、または今現に素晴らしいかについて十分に成長した明快なビジョンをもって君の聴衆の要求を満たすこと: 

現在完了(I've related) 不定詞(to be to fulfill)  

7.Playing scales or knowing when a time signature changes, that's something you should just know how to do 

音階を演奏したり拍子記号が変化するのを把握することは君がとにかくどうやったらいいかを把握すべきことだ: 

動名詞(Playing knowing) 関係詞・省略(something [that] you should) 

 

 

Here's a story about John Coltrane and Sonny Rollins when they were young men, just before the blooming of their full talents. One would say to the other, “Man, we want to play some music so powerful that it'll actually change the world for the better.” Can you imagine two people with that type of talent, and with that type of ambition ― an ambition to make music so powerful that it will change things so thoroughly, so completely? That's the crux of the difference between their playing and the playing of other people. Coltrane and Rollins believed and wanted to create jazz of such power, their desire thrust them in the direction of mastery. That's the impulse and the goal: to be creative on that level. Not, “I want to make sure that I can get me an SUV.” 

ジョン・コルトレーンソニー・ロリンズの話をしよう。二人ともまだ若くて、その才能が全開になる直前の頃だ。どちらかが、もう一方に言った「俺達、音楽の力でさ、本気でこの世界をまともに変えていきたいよな。」イメージできるかい?二人の男たちが、あの才能を持って、この志を持って、それも音楽に力を与えて、世の中をとことん変えてしまおうなどという志だ。これこそが、この二人の演奏が別格である所以だ。コルトレーンもロリンズも、そんな力を持つジャズは存在すると信じ、自分達の手で作り出したいと思った。その希望が鍛錬の原動力だったんだ。その次元の創造力を持つミュージシャンになること、これを動機として、そして目標にした。「SUVを買えるようになりたい」じゃないんだよ。 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

14.One would say to the other, “Man, we want to play some music so powerful that it'll actually change the world for the better.” 

一人がもう一方によく言った「おい、私達は十分力強くて本当に世界を良い方向へ変えてしまう何かしらの音楽を作りたいと思う」: 

過去の習慣(would) so C that SV(so powerful that it'll)  

 

 

As we raise more ideas and your growth continues, I'd love to see this deeper level of engagement with the times in which you live, with the culture, with the city, with the country, with the world. That engagement, that conversation, sets the stage for your playing because when you begin to play, you gotta set talk on the shelf. What would you say while you're playing? This s the time, man. You're learning. You're going to school. Talk happens here. Much like Rollins and Coltrare talking about what they intended. But once they started the doing, the time for talk had passed. Talk has great value. It helps you settle your philosophy and perceive the reality about you. But playing is playing. And what you play will be defined by your intent. 

より多くのアイデアが生まれ、成長し続ける中で、君も彼らの様な深いレベルで、生きる時代、その文化、人々のいる都市や国、ひいては世界中との関わりを意識するように、是非なってほしい。その関わり合いやその言葉を交わすことが、君に演奏の場を用意してくれる。演奏が始まれば、知らないうちにメッセージがそれに乗って発信されてくるからだ。その時、君は何を伝えることになるだろうか。それこそが、大一番の瞬間なんだ。君はこれからそれを学んでゆくだろう。学ぶ者が集まる場所へと足を運ぶことになるだろう。そこで言葉のやり取りが生まれる。ロリンズとコルトレーンが心に抱いた思いを語り合ったのと、まさに同じようにね。ただこの二人は、世に名演を発信し始めたのは、そこまで至る間に大きな志を語り合った後とのことだった。言葉のやり取りは大きな価値を持つ。それによって君の演奏哲学を確立し、君自身の現実の姿をしっかり把握することが出来る。勿論演奏技術は、それはそれとして磨くこと。その中身は、君の志によって決まってくるだろう。 

 

 

When you play, make sure you're honest enough to confront your own deficiencies. That's why practicing is a sign of morality in a musician. It means that you're willing to subject yourself to self-scrutiny of the highest order. And, with your music, contemplate the corruption in your time and your relationship to it. Don't allow the status quo to rob you of your point of view. Profound thought and daring action will determine the degree of heroism in your sound, like the hugeness of spirit in Martin Luther King's voice, or the timbre of Louis Armstrong's horn. Heroism is  

the ability to confront hardship with grace. 

(82ページ) 

演奏する時は、君自身の未熟さとしっかり向きあう正直さを確実なものにすること。だからこそ、練習はミュージシャンにとっては、モラルがそこに現れる、と言われるんだ。最高レベルの課題を自らに課し、自らの取り組みを自ら監視することを進んでやれ、ということだ。そして君の音楽については、君の周囲にある堕落の罠が何か、をしっかり考えること。現実に負けて君自身の物の見方を失ってはいけない。しっかりとした考え方と大胆な行動が、それに相応しいオーラを君のサウンドに吹き込んでくれる。マーチン・ルーサー・キング牧師の声に響く精神の巨大さ、ルイ・アームストロングのトランペットから光り輝く珠玉の音色のようにね。それは困難に遭っても、節度をもって向き合うことが出来る力となるんだ。 

 

 

How do you confront the corruption of your time? First, you have to identify it and be accurate about it. Corruption's not holding up a sign saying, “I'm corrupt.” Corruption's usually disguised, trying to pass itself off as liberation: “Come, this will free you.” Identifying corruption when you grow up in a time where it's the norm, where it masquerades as the standard, will be difficult for you. I realize it appears that way to you. But the task may be simpler than you think. How can you tell when something is really corrupt? It brooks no criticism. Like Marcus Roberts used to say, “When you're raised on food, you don't mind dessert. When you're raised on dessert, you don't want to hear about no food.” 

どのように、君の生きる時代に潜む堕落に向き合うか?まず、その存在に気付き、正確に把握すること。堕落は「ボクは堕落だよ~」などと、旗を振っているわけではない。大抵は変装し、自らを「自由解放」と偽っている。「こっちへおいで、自由になれるよ~」とね。堕落が当たり前で、あたかもそれが標準なんだ、となりすますような時代に育ってきた中では、堕落の存在に気付け、と言われても難しいかもしれない。それは僕も解っている。でもやるべきことは、君が考えるよりシンプルなんじゃないかな。何かを見て、「これは本当に人を堕落させる」って、どうやったら判るか?その「何か」は、批判をされてもそれを受け付けようとはしない。マーカス・ロバーツがよく言っていた「デザート以外の食べ物を主にして育ってきた人は、デザートが無くても気にしない。デザートを主にして育ってきた人は、食べ物がないという状況に我慢が出来ない」 

 

 

Today corruption sits more often in the heart of our new American way, where the absurd reigns, an absurdity morphed beyond the point of any recognition, to the point that some conflate it with integrity. In reality, the word “integrity” can be applied to very little that we send out into the world. We simply cling to commercial integrity: the right to put whatever we want into the marketplace, and charge as much as possible for as little as possible. Look at most films: Kill each other left and right, get naked for no reason, and forget about plot while we're at it. Music? Heavy doses of bullshit made by nonmusicians. You know, I've got a tale for you. Here's what happens when you reach the point of perfect absurdity. 

(83ページ) 

今日、堕落が頻繁に居座っているのが、このところの新たなアメリカの風潮の核心。そこはバカバカしさが支配し、バカバカしい行為がそれと認識できない程にまで姿を変え、中にはその姿を変えることを、真面目な気持ちでせっせと行っている人もいるくらいだ。実際は「真面目な気持ち」という言葉自体、僕達が世に送り出したもののどれに当てはまるか、と言われてたら、殆どどれにも当てはまらないかもしれない。ただ単に拠り所にしているのは、金儲けになるかどうかに関する「真面目な気持ち」。それは、自分が売って金を儲けたいものをマーケットに上げて、できるだけ中身の薄っぺらなものに対して、出来るだけ高い金額を吹っ掛けるための権利みたいになっている。大概の映画を見てみれば、片っ端から殺し合ってみたり、必要性もなく肌を露出してみたり、話の筋などどうでもよくなったりしている。音楽は、というと、素人が大がかりで中身のないものを創り散らかしている。ここで一つ話を。バカバカしさが極まるとどうなるか、についてだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

11.Today corruption sits most often in the heart of our new American way, where the absurd reigns, an absurdity morphed beyond the point of any recognition, to the point that some conflate it with integrity 

今日堕落は私達の新しいアメリカの方法の中心部分に大概よく居る、そこはバカバカしさが支配し、ばかげた行為がいかなる認識も及ばないほどに姿を変えていて、それは一部の人々が誠実さを持ってそれを合成するほどだ: 

関係詞・非制限用法(way, where) 関係詞(that) 

 

 

I go into an elementary school. The teachers say, “Oh, the school has put together a little thing for you this morning.” A little boy, TeShawn, comes out rappin' and starts grabbing his johnson. I ask the teacher, “Is he grabbing his johnson?” She replies, “That's what they do nowadays.” I go into a middle school, and the band director comes up and says, “My band, we worked on a song.” You know the song they worked on? “Give It to Me.” You worked on that? Give what to me? Perfectly absurd. Someone throws out the excuse, “That's what the kids want to play.” That's what they want to play? Well, who's teaching them? This is the inevitable result when your culture does not hold itself to a standard of integrity. And how do young people, as products of the culture, recognize this fact and act against it? How do you sift integrity from corruption and absurdity if no one takes the responsibility to tell you, to show you? 

ある小学校へ行った時のこと。先生方がこう言った。「今朝は皆さんのために、学校の方で出し物をご用意していますので、ご覧下さい。」すると、男の子が一人、テショーンという子が、ラップを歌いながら出てきたかと思うと、彼の股間を掴み始めた。僕は先生に、「あの男の子、自分の股間を掴んでいますけれど・・・」するとその女の先生は「あの子達の間で流行っているんですよ」。別の日、今度は中学校。吹奏楽部の先生が来てこう言った。「練習した曲がありますので、聞いてください。」その曲、何だと思う?BoowYの「Get It to Me」だ。あの過激な内容の曲を?僕に聞いてくださいってか?バカバカしさの極めつけ。誰かが割って入って理由を言った。「生徒達が演奏したいというものでして・・・」生徒達が演奏したい?教えているのは、あんた達だろうが。文化が自ら節度を持たなかったらどうなるか、まぁ、当然こうなるよね。節度をなくした文化で育った若者達が、自分の力でこの惨状を認識して、それに負けない行動をとるなんて、出来るわけがない。これは誠実、これは堕落、これはバカな行為、誰かが責任を持って教え示してやらなかったら、自分で見分けることなんて、どうしたって無理だ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

24.A little boy, TeShawn, comes out rappin' and starts grabbing his johnson 

テショーンと言う名の小さな男の子がラップを歌いながらやってきて、自分の股間を掴み始めた: 

分詞構文(rappin') 動名詞(grabbing)  

[p.84,6] That's what the kids want to play 

それは子供達が演奏したいものだ: 

関係詞(what) 不定詞(to play) 

 

 

The degree of conformity to the absurd must be the thing that shocks me most from my travels about the country. I talk to thousands of different people who all spout the same conformity, relevant to their particular program. What's happened in America? Did a machine stamp folks on the forehead right off the conveyor belt? Niches don't make  a difference, either. It just changes the shading on the conformity. The jazz musicians all have their jazz thing they hold to. The hip-hop people clutch their hip-hop thing. African Americans, white folk, liberal, conservative ― everyone holds a script, like traveling herds of B actors auditioning for a fixed set of roles. And if you don't belong to one of those groups you're going to be put in one. 

(84ページ) 

このバカバカしさに流されてしまう有様は、国内をツアーで回っていて最もショックを受けることに間違いはない。何千人もの色々な人々と話をしてきて、それぞれ取り組んでいることは違うけれど、皆同じようなバカバカしさに流されている。アメリカに一体何が起きたのだろう?何かの機械がベルトコンベア方式で、国民全員のおでこに、もれなくスタンプを押しまくったのか?どの職業でも大差ない。若干その流され方に違いはあるけれど、ジャズミュージシャン、ヒップホップアーティスト、アフリカ系アメリカ人、革新系、保守系と、音楽のジャンルや人種、支持政党が違っていても、それぞれ口にする台詞がある。売れるチャンスを狙って、役のオーディションを受けて回る役者達みたいだ。そして一人孤立は許されない。必ずどこかのグループに押し込まれる羽目になる。 

 

 

What happens when whatever integrity you hold fast to runs up against the lack of integrity in the culture in which you have to define yourself? Unless you're a prophet, what gives you the right to say, “That lacks integrity”? Can you hold absolutist standards, seeing a dearth of integrity when folks do something en masse that you abhor? In today's jazz circles, cats wear jeans to the bandstand. Folks used to wear suits. Why go back to that when you can wear jeans on a gig? Do you think that shows a lack of integrity, coming on a gig with jeans? Yet, it seems absurd to say so, because everyone comes to a gig with jeans on and it won't affect how you sound. 

(85ページ) 

君自身がミュージシャンとしての立場や在り様を、ハッキリと示さねばならない文化の状況で、君が心に抱く信念が、ある時不誠実さと衝突することになったら、どうなるか?「誠実さに欠けているぞ」なんて、預言者でもない限り、言う資格など誰にもない。自分が嫌悪することを集団でやり散らかす誠実さのカケラもない現状を目の当たりにして、「私の価値基準に従え!」と頑張れるかい?今時のジャズの集まりでは、ジーンズを着てステージに立ったりする。昔の人達は皆スーツだった。今、本番にジーンズを着てステージに出ても構わないとされているのに、何でスーツに戻すんだ?と言われてしまう。ジーンズで本番に出ることは不誠実か?言うだけバカバカしい。だって皆ジーンズを着て出ているし、音にも影響は何もない。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

4.Can you hold absolutist standards, seeing a dearth of integrity when folks do something en masse that you abhor? 

人々が集団で君が嫌う何かをしている時誠実さがかけているのを見て君は専制主義者の基準を持つことが出来るか: 

分詞構文(seeing) 関係詞(that)  

10.Yet, it seems absurd to say so, because everyone comes to a gig with jeans on and it won't affect how you sound 

とは言えそのように言うのはバカバカしい、なぜなら皆ジーンズを着て本番に出てくるしそれは君のサウンドがどう聞こえるかには影響しないからだ: 

仮主語(it seems) 不定詞(to say) 疑問詞節(how you sound)? 

 

 

I'll raise the stakes some. When I was in high school, I had a friend who worked at a restaurant. He might have been sixteen or thereabouts. He did busboy duty. Most of the other guys who worked alongside him in that restaurant were grown men, cats with families. The man in charge of the waiters and the busboys liked to mess with them, calling them “Niggers” or “Boy” and other Southern terms of endearment. At an unencumbered sixteen, my friend could have chosen to leave, could have trusted that he would get another job. As a matter of fact, he did end up getting fired because he wouldn't take the bullshit. But one of the older fellas who worked there couldn't face that risk. Remember, this was New Orleans in the seventies ― a city undernourished with jobs. The guy's got four, five children. He doesn't like the abuse, but it's not as simple for him as trusting fate. So he suffers his humiliation, swabs the knife cuts to his personal integrity. But is he going to let his family starve just because he's being humiliated? 

批判を覚悟でひとつ。高校時代友人の一人がレストランで働いていた。彼は多分16才かそこらだったかもしれない。テーブルの片付け係をしていた。他の同僚の大半は、家庭持ちの大人だった。ウェイターと片付け係を仕切っていた担当者は部下の神経を逆なでするのを面白がって「Nigger」だの「Boy」だとか、他にも色々南部でよく聞く馴れ馴れしい言い方で彼らを呼んでいた。その友人は、何も背負うもののない16才なわけで、辞めて他の仕事を見つけてやる、と言ってもよかった。結局彼はそのパワハラに抵抗したためにクビになってしまった。でも彼より年上の同僚の一人は、クビになるリスクを冒すことはできなかった。参考までに、この話は1970年代のニューオーリンズ、仕事の口がなかった街でのこと。その年上の同僚には4人か5人子供がいた。彼だってそんな仕打ちは嫌だったが、運を天に任せて抵抗を試みるなんて、安易な話ではなかった。だから彼は屈辱を受け受入れ、磨いたナイフは自分の本音を殺すのに使った。でもね、自分が屈辱を受けている、それだけの理由で家族を飢え死にさせる訳にはいかなかった、ということだ。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

16.The man in charge of the waiters liked to mess with them, calling them “Niggers” or “Boys” and other Southern terms of endearment 

ウェイター達を担当していた男は彼らを怒らせることを好み、彼らを「クロンボ」や「ボウヤ」や他の南部の馴れ馴れしい言い方で彼らを呼んださ: 

不定詞(to mess)   分詞構文(calling)   

 

 

Integrity in the decisions you make won't always be as simple as whether you trust yourself, whether you trust your perception of what's going on. Decisions on integrity become questions of survival, even in situations less dire than feeding your family. Survival can stretch beyond the jobs, delving deep into the personal, the way we view ourselves, the validation or lack thereof that others show us. Do you want to be ostracized for your integrity? Are you gonna be the preacher of your truth, have everyone around you grumbling, “Man, here he comes again with that shit.” Who wants to deal with that constantly? Then integrity can become malleable. 

(86ページ) 

物事を決断する時に、誠実さを保つことは大変だ。自分を信じるとか、自分の物の見方に自信があるとか、そんな生易しい話でいつも済むとは限らない。家族を養うか否か、と、そんな差し迫った状況でなかったとしても、誠実さに立って物事を判断することで、自分の居場所を失うかどうかの問題にもなりかねない。仕事に影響が出ることだってありうる。人の心に、自分自身に対する見方に、他人が自分達を認めるかどうかの判断に深入りしてくる。誠実さが原因で、仲間外れにされたいか?自分の信念を伝え続け、挙句のはてに周囲の人達から「またウザいのがいるよ」と言われたいか?ずっとそんなのに耐えられるか?そうなると誠実さなんてものは、こびへつらうものになりかねない。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

8.Survival can stretch beyond the job, delving deep into the personal, the way we view ourselves, the validation or lack thereof that others show us 

生存が仕事にまで広がってきて、個人の奥へと、私達が自分達自身を見つめる見方、他の人達が私達に示す承認あるいはその不足を探しつくしてくる: 

分詞構文(delving)  関係詞・省略(the way [that]we) 

 

 

I've had students say that if you really, really trusted and believed in what you thought, you would assume that your viewpoint would eventually become the norm. But I tell them they gotta be bathing in naivete, because nothing in the history of the world would lead you to that assumption, nothing would make you assume that things naturally become pregnant with a particular person's integrity. And someone, inevitably, will say there must be examples where people have come to respect what folks of integrity did, if only because those people outlasted the opposition. 

僕の生徒達に言わせたことがある「自分の考えを、本当に、本当に、信じて疑わないなら、それは最後には常識になると信じている!」とね。そう思わせてくれるのは自分だけ、誠実さで物事は成就すると思わせてくれるのも自分だけ、だから、ピュアな心でいつもいなさい、と彼らに言っている。そうしたら、誰かが必ずこう言ってくるだろう「誠実さに基づいて行動する人々のしたことがリスペクトされることだって、きっとあるだろう。もっとも、そういう人々が、敵対する人々に勝ったら、の話だけどね。」 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

16.I've had students say that if you really, really trusted and believed in what you thought, you would assume that your viewpoint would eventually become the norm: 

私が生徒達に言わせたことがあるのは、もし自分の考えていることに本当に本当に自信があるなら、君の物の見方は最終的には常識になるだろう: 

現在完了/使役動詞+O+原型不定詞(I've had students say)  仮定法過去(if you trusted you would)  関係詞(what)   

 

 

Maybe. People respected Monk after a while, but where were they when he sat at home for so many years without a gig? Integrity demands hard choices, choices that must be made, choices that you, Anthony, will have to make in your own way. And they don't revolve around right or wrong. They depend on you being equipped to understand your choice, to even understand that you're making one in the first place. When you're in a time with no standard of integrity, you don't know. Things cease being a matter of “I'm going to study this or I'm going to study that.” Too often, you simply don't know what you need to do. 

推測の話をしよう。皆、セロニアス・モンクのことをリスペクトしていたけれど、彼が長い年数演奏活動をせずに自宅にこもってしまった時、リスペクトしていた連中はいなくなってしまった。誠実さは厳しい選択を迫ってくる。そこからは逃げられない。アンソニー、君もそうなったら、自分のやり方で決めなくてはいけない。どれが正しくて、どれが間違えているか、とうのはない。君が何を選ぶか、ちゃんと理解できる力量が備わっているか、全てはそこにかかっている。誠実さを測る基準なんてものが無い時代に生きていたら、どうすればいいかなど、そう簡単には解りようがない。「これを学ぼう、あれをま学ぼう」と言う話は、なくなってしまっている。やるべきことがわからない、なんて話は、しょっちゅうある。 

 

 

I was no less vulnerable than you. For many years I played onstage with a monitor, a choice that kept me from developing my sound. How was I going to know that? Everyone played with a monitor. How do you know something when no one tells you? Or if you just don't listen when an older cat would tell you something. You know what, you drown in your arrogance, thinking, “He don't know. We got a thousand people on a gig, and they play for twenty people.” 

僕だってかつては君と大して変わらない、弱い人間だった。長い期間、舞台上ではモニターを使っていた結果、音色が全然良くならなかったんだけれど、当時はそのことに気づくはずもなかった。何せ、誰もがモニターを使って演奏していたからね。誰からも指摘されなかったし、年寄先輩のいうことなんか聞きはしなかったしね。要は、思い上がりだ。「何もわかっていない。こちらは1000人の客、奴等はせいぜい20人位の客相手なんだぞ」と考えていた。 

 

(語句・文法の要点::数字は行数) 

12.For many years I played onstage with a monitor, a choice that kept me from developing my sound 

長年の間私はステージ上ではモニターを使って演奏していた。それは私のサウンドを向上させることを邪魔する選択だった: 

同格(monitor, a choice)  関係詞(that)  動名詞(developing) 

 

 

One day we played a gig in a Greek amphitheater. I was twenty-four at the time, and I'd been playing this way all my life. A guy came up to us, said, “You can't have any electricity in this amphitheater, so you all have to play acoustic.” And we started thinking, “Man, we're going to sound like shit playing acoustic.” We had never played this kind of music that way. But we had no choice. So we did it. And that was the best gig we ever played because, finally, each of us could hear the other musicians on the bandstand, and not just our own sound pouring back at us though a monitor. 

ある日、ギリシャの円形劇場で本番があった。当時24才、ずっとモニターを使っていた。会場の人がやってきてこう言った「ここは電源が使えないので、全てアコースティックでお願いします。」さぁ、僕らは考えてしまった。「生音ショボくなるぞ、おい」こういう音楽をモニター無しでなんて、やったことがなかった。でも他にやりようがなく、生の楽器の音での演奏ということになった。ところが結果は、最高の出来だった。結局、舞台上でお互いの音をよく聴けたし、モニターから自分達の音が撥ね返ってくることもなかったからね。 

 

(語句・文法の要点:数字は行数) 

24.And we started thinking “Man, we're going to sound like shit playing acoustic” 

そして僕達は考え始めた「おい、アコースティックで演奏したらクズみたいな演奏になるだろう」: 

動名詞(thinking)  分詞構文(playing)   

[p.88,2]And that was the best gig we ever played because, finally, each of us could hear the other musicians on the bandstand, and not just our own sound pouring back at us through a monitor 

そしてそれは私達が今までに演奏した中で最高のものになった、なぜなら最終的には私達一人一人が舞台上でお互いに相手の音を聞くことが出来たし、それは単にモニターを通して自分達に流し返すのとは違っていたからだ: 

関係詞・省略(the best gig [that]we ever)  分詞構文(pouring) 

 

 

See what the old folks knew? 

やっぱり年寄の言う事は、聞かないといけないね。

<6.門番は誰が>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

6. Who Keeps the Gate? 

August 14, 2003 

6.門番は誰が 2003年8月14日   

(67ページ)  

 

 

Dear Anthony,  

How goes it? Man, your letter caught me by surprise. You sounded so genuinely angry I had to read it twice. And all because of that article you sent along? Hey, I read it. Didn't stir me much, but I guess I've become used to it. Don't let criticism you read or hear of me shake you none. It doesn't bother me. Why should it bother you? In fact, the criticism makes me feel good because it's actually a sign of respect. Not respect for my music ― frankly, I don't think most of these fellas have really heard my playing ― but a sign of respect for who I am in the culture. Over the years the criticism has seldom attacked my actual music, just someone's notion of what I represent. Anyway, what if you never got attacked, only celebrated? Man, that would be boring. Hey, get used to a good drubbing, too, for your own part, if you want to pick up this charge of standing against the tide. Everyone has to face some sort of criticism. The question is, what will yours be?  

親愛なるアンソニーへ  

元気にしているかい?君が最近くれた手紙にはビックリしたよ。君が心底怒っているように思えたから、二度読み返さなきゃと思ったところだ。それもこれも、手紙に添えてあった、あの記事のせいなんだね?僕もあの記事は読んだ。大して動揺なんかしないけれど、僕もこういうのには慣れてしまったのかな。こんなのでガタガタ騒ぐなよ。僕が何とも思っていないのだから、君がイラつくことはないだろう。実際、僕なんか気分良くしているよ。だってそれは僕に対する敬意の表れだからね。と言っても、僕の音楽に対する敬意じゃない、ハッキリ言って。こういう連中の大半が、実際に僕の演奏を聞いたことがあるかと言えば、そんなことは無いんじゃないかと思うよ。今の時代の文化の中で、僕がどういう状況なのかへの、敬意の表れなんだろうね。ここ数年に亘り、僕の実際の演奏に対しては、批判なんか滅多にない。単にジャズについてどう思うかという意見だけだ。何にしたって、批判など全然うけず、もてはやされてばかりいる、なんて言ったら、君ならどう思う?退屈この上ないだろう。世間の向かい風にスリルを感じたかったら、厳しい批判に慣れておかないとね。皆くぐってきている試練だよ。ただし、問題は何をやり玉に挙げられているかだけれどね。  

  

5.Don't let criticism you read or hear of me shake you none 

君が読んだり聞いたりする批判に君をこれっぽちも動揺させるな: 

使役動詞/関係詞・省略(let criticism [that] you read shake)  

8.Not respect for my music - frankly, I don't think mostof these fellas have really heard my playing - but a signof respect for who I am in the culture 

私の音楽に対する敬意ではなく、率直に言って私はこれらの連中は私の演奏を実際には聞いたことがないと思っている、この文化の中で私が何者なのかに対する敬意の印だ: 

Not A but B (Not respect but a signof respect) 動名詞(playing) 関係詞(who)  

11.Over the years the criticism has seldom attacked my actual music, just someone's notion of what I represent 

数年に亘って批評は滅多に私の実際の演奏を攻撃してきていない、単に私の示すことについての誰かの見解だ: 

現在完了(has attacked) 関係詞(what)   

 

 

When critics get on me, you'll hear them toss the word “gatekeeper” about, as though I stand barring entrance to the hallowed pantheon of jazz. In truth, the criticism has nothing to do with that, either. Look, with intelligent people, certain agendas have to be couched, camouflaged. And the thing the agenda gets couched in is seldom the issue. Folks rile about affirmative action. Affirmative action is not the issue. The issues stem from slavery. The issues are competition for jobs, education, compensation, and a tradition of being denied. But the term “affirmative action” assumes a life of its own. Then it means quotas. But it doesn't mean quotas. It means a proactive relationship withe people who have been denied access. Few, however, will discuss the issue in those terms. They'd rather discuss quotas and the Bakke decision. Anthony, words take on lives of their own and end up having little to do with what they actually represent. Bottom line, the same people without jobs. And don't think that a black issue is not everyone's issue.  

(68ページ)  

批評家が僕をやっつける時、「門番」という言葉で揺さぶってくる。まるで僕が、ジャズという神殿の入り口に立ちはだかっているかのようにね。実際は、批評の内容は、それとは 関係が無かったりする。ほら、頭の良い人達にとっては、話のお題目というのは、内容をストレートに表現しないよう、工夫したものにしなくてはいけないみたいなんだ。そしてお題目に書かれていることは、話の本筋では全然なかったりする。「アファーマティブアクション」と言うと、人は敏感に反応するよね。でもそれは、話の本筋ではない。本筋はそもそも、昔の奴隷制に端を発している。就職活動や学校教育、差別を受けたことへの補償、尊厳を否定されてきた因習のことが、そもそも本筋だ。なのに「アファーマティブアクション」と言う言葉が独り歩きしている。ある時は、就活や入試なんかの人数枠の話になってしまうことがある。でもそれだって、話の本筋ではないんだ。本筋は、これまで交流を持つことがいけない、とされてきた人々と、プロアクティブな(物事の先を良く見据えたうえでの積極性)関係を持ってゆこう、ということなんだ。でもそこを論じる人なんて殆どいない。むしろ、人数枠のことだの、バッキ判決のことだのを論じようとする。アンソニー、言葉と言うものは、独り歩きを始めてしまうと、本来の意図からかけはなられる羽目に陥る。一番肝心なことは、同じアメリカ人でも仕事がある人々とない人々がいる、ということだろう。面倒な問題は、みんなで考えていくようにしないといけない。  

  

7.When critics get on me, you'll hear them toss the word “gatekeeper” about, as though I stand barring entrance to the hallowed pantheon of jazz 

批評家達が私を批判する時、君は「門番」と言う言葉を彼らが急にさしはさんで揺さぶってくるのを耳にするだろう、それはまるで私がジャズと言う神聖な神殿の入り口に立ちふさがっているかのように: 

知覚動詞+O+原型不定詞(hear them toss) 仮定法・反実仮想(as though)  

11.And the thing the agenda gets couched in is seldom the issue 

そしてお題目が表現されることはめったに重要であることは無い: 

関係詞・省略(the thing [that] the agenda) 過去分詞(get couched in)  

19.Anthony, words take on lives of their own and end up having little to do with what they actually represent 

アンソニー、言葉は独り歩きしていて結局それらが実際に示すこととはほとんど関係がなくなる: 

動名詞(having) 関係詞(what)  

 

 

When jazz critics attack me and call me a gatekeeper, I'm always tempted to say “Of what?” They say I'm the establishment. How can one man or one small organization be the establishment, with thousands of jobs, magazines, critical discourse, history, and tradition? All of that is jazz. Have they all given up being the establishment to let me run things? Hmmm. Maybe a certain type of bourgeois critic naturally rebels against what he perceives as middle-class or upper-middle-class structures. He's still just rebelling against himself. And what better to rebel against than the supposed establishment led by a Negro? That's a twofer, like hiring a black woman. 

ジャズ批評家連中に、門番なんて言われてやっつけられると、いつもこう言いたくなる「門番て、何の?」とね。すると彼らは僕のことを、ジャズの体制そのものだ、という。たった一人の人間、たった一つの小さな組織のことを「体制」だってさ!「体制」には何千もの関連業務や業界誌があり、大事な談話が発せられたり、歴史や伝統だってそこにはあるものだよね。みんなひっくるめてジャズというものだろう。そんなのを僕一人に丸投げなっか、誰もしていないだろう。そうだな、おそらく、ゲスな批評家ってさ、自分から見て、中あるいは中の上の組織に対しては、攻撃的になるのだろう。結局傷つくのは彼自身なのに。一人の黒人が率いる、ありもしない「体制」なんていうものよりも、攻撃の対象にした方がマシなものがあるだろう。考え方が安っぽい。人件費を安く済ませようとして黒人女性を雇おうとするみたいなやり方だよ。  

  

[p.69,3].Have they all given up being the establishment to let me run things? 

彼らは全員組織であることを諦めて私に物事を運営させようというのか? 

現在完了(Have they given) 動名詞(being) 不定詞/使役動詞+O+原型不定詞(to let me run)  

 

 

It's also a head fake. The establishment is who's mad. In truth, the entire notion belongs in the strange dialogue of race, jazz, and America; it belongs in the answer to who really keeps the gate. Do musicians? Or do people and institutions who've made it their business over the decades to tell cats what they should play and say. Here's a good example of a verbal head fake: Musicians in New Orleans invent a style of music that celebrates freedom. They call it “ragtime” or “jazz.” Somehow it gets renamed “dixieland.” Now, dixie is the opposite of freedom to a Southern black musician. But there it is, on the name of their music (and nobody asked them). If a man in an interview were to say, “I don't play 'dixieland' and don't like dixie,” there he goes trying to be the establishment or just being difficult. You know how he is (wink wink). 

(69ページ)  

こういうやり方は、ヘッドフェイクでもある。「体制」とは、頭のおかしな連中を指す。本当の処、人種、ジャズ、そしてアメリカの国内問題が話題に上がる良くあるパターンの会話の中には、その概念全体があるわけではなくて、門番をしているのは本当はだれなのか、という問いへの答えの中に在る。ミュージシャン達か?それともミュージシャン達にあれを演奏しろ、これを語れと命令することを長年の仕事にしてきた連中や組織か?言葉のヘッドフェイクの良い例を教えよう。ニューオーリンズのミュージシャン達は、自由を謳歌する音楽形式を発明し、彼らはそれを「ラグタイム」あるいは「ジャズ」と呼ぶ。なのに場合によっては「ディキシーランド」などと名前を変えしまったりする。ディキシーなんて言葉は、南部出身の黒人ミュージシャンにとっては、南北戦争の時に自由と相反するものとされたものじゃないか。でもね、ほら、それを自分達の発明した音楽の名前にしてしまっている(そして誰も疑問に思わない)。ある人が、何かの取材インタビューで「僕はディキシーランドなんて演奏しないし、ディキシー(自由を敵だとした、かつての南部)なんて嫌だ」なんて発言したとしたら、こいつは体制そのものだ、とか、面倒臭いヤツだ、となるわけだ。わかるよね?何のことか(訳注:ウィントン自身のことです)。  

  

13.Or do people and institutions who've made it their business over the decades to tell cats what they should play and say 

それともミュージシャン達に何を演奏するか何を語るかを指示することを何十年にもわたって彼らの仕事にしている人々や組織なのか: 

関係詞/現在完了(who've) make+仮主語+C+不定詞(made it their business over the decades to tell cats) 関係詞(what they should)   

 

 

Let's talk about how and why, outside a dedicated core of musicians and artists, jazz is developing. I've seen the phenomenon running rampant at so many of the festivals at which we've played. And it has much to do with our contemporary definitions about jazz, and who makes them. Every art form has a meaning, and a great deal of time gets spent contemplating that meaning, figuring out how to delve deeper. We could be talking about forms from samba to flamenco, hundreds of forms of music, each with its advocates, formal education, and students. Some forms evolve and cross-pollinate with other forms. Schools of thought spring up. People spend their time writing books and analyzing In the end, a community of artists and scholars orbit a defined meaning and concentrate on levels of taste. 

腰の据わったミュージシャン達やアーティスト達が関わっていない所で、ジャズがどのように人手に渡っているかと、そのいきさつを話そう。これから話すことは、これまで僕達がステージに立ったフェスの多くに顕著に見られた現象だ。そしてそれは、近頃のジャズに対する定義をした人達に、大いに関係がある。どんな芸術形式にも意味があって、それを考察し、深く掘り下げる方法を解き明かすのに、人は多くの時間をかける。サンバからフラメンコから、何百もの音楽形式があって、それぞれに愛好家がいて、正規の教育体制があり、そこに学ぶ人達がいる。中には発展を続けた結果、他の形式と合わせるものもある。学派や流派が数々誕生する。人々は本を書き分析をすることに時間を惜しまない。ついには、演奏者と研究者は、自分達の音楽はこうだ、という一つのものを打ち出し、更にセンスに磨きをかけてゆく。  

  

25.I've seen the phenomenon running rampant at so many of the festivals at which we've played 

私はその現象が私達が演奏に携わったフェスティバルの多くにはびこっているのを見かけている: 

現在完了(I've) 知覚動詞+O+原型不定詞(seen the phenomenon running) 前置詞+関係詞(at which)  

[p.70, 3] .Every art form has a meaning, and a great deal of time gets spent contemplating that meaning, figuring out how to delve deeper 

どの芸術形式にも意味があり、多くの時間が費やされてその意味が考えられてより深く掘り下げる方法を解き明かす: 

過去分詞(spent) 分詞構文(contemplating figuring)  

 

 

But if all of these art forms have some meaning discernible enough for them to be taught, why not jazz? Man, as Geoff Ward says, “jazz seems like the only word in the English language with no meaning,” or a meaning so broad it includes everything. I don't know of another music form with a definition so broad, so fluid, that any essential meaning itself vanishes, or of one with so many supposed advocates happy with that state of affairs. So I pound a funk beat all night, but I've got a horn section; I'm playing jazz. I play electronic rock, but with a cat on the sax; I'm playing jazz. Some rappers roll out a few instruments, toss a horn solo on top; they're playing jazz. Well, what is jazz, then? 

こういった芸術形式は全て、教え伝えるに値すると認められた意味を、何かしら持っているというのに、なぜジャズにはそれがないんだろう。ジェフ・ウォードはこう言っている「jazzという語は、英語の中で唯一、語義を持たないものではないだろうか」。それとも逆に、あらゆる意味を持つくらい、広すぎる語義があるとか?他にもこういう音楽形式があるのかどうか、僕にはわからない。音楽ジャンルの中には、定義があまりに広く流動的で、本質的な意味自体がなくなっているジャンルとか、またそれを良しとするファンが多くいるジャンルとか、そういうのがあるのかどうか、僕は知らない。なので、僕は一晩のプログラムが全曲ファンクビートでもホーンセクションを加えている。そしてジャズを演奏する。エレキロックをやる時もサックス奏者を入れる。そしてジャズを演奏する。ラッパーの中には、楽器奏者を少し加えて管楽器にソロを持たせるプレーヤーもいる。そしてジャズを演奏する。となると、ジャズとは一体何だ?ということになる。  

  

13.But if all of these art forms have some meaning discernible enough for them to be taught, why not jazz? 

しかしもしこれらの芸術形式全てが教えられるべきだと十分認められる何らかの意味があるのならなぜジャズにはそれがないのか: 

形容詞・後置修飾/enough for A+不定詞(some meaning discernible enough for them to be)  

 

 

Now, the real jazz, with people playing and swinging over form and blues, certain so-called experts say that's old and dead. They say that jazz today must achieve a state of perpetual innovation, with no achievement meriting contemplation or possessing lasting value. A fast-food art form. Perhaps that statement makes it seem like I'm against valuing innovation. Actually, I encourag knowing what something means so you'll know whether you're innovating to begin with. If you don't understand the meaning of a thing, how can you possibly innovate in it? And if it actually doesn't mean anything, why waste your time innovating in it? 

(71ページ)  

さて、本物のジャズと言えば、演奏する方がちゃんと形式に則って、ブルースによって演奏しスウィングするわけだが、一部の所謂「専門家」連中からすると、古臭くて死んでいる、というわけだ。彼らに言わせれば、今の時代にあって、ジャズはたゆまぬイノベーションが必要で、今のままでは、注目に値し後世に残る価値のある業績は何もないんだという。ファストフード型の音楽形式。こんな言い方をすると、僕はイノベーションに反対しているように思われてしまいそうだけれど、実際僕は、何でも物事の意味を知れ、と勧めているし、そうすれば、まずはともあれ、イノベーションが必要かどうかが、それでわかるというもんだ、といつも言っている。意味の解らないものを目の前にしたって、それに対してイノベーションも何もあったものではないし、意味のないことだと分かれば、時間を無駄にせずに済む。  

  

3.They say that jazz today must achieve a state of perpetual innovation, with no achievement meriting contemplation or possessing lasting value 

彼らは今日のジャズは熟考に値し後に残る価値を持っている達成が何もない状態であるのでたゆまぬ革新の状態を獲得しなければならないと言っている: 

分詞構文(with no achievement meriting possessing) 現在分詞(lasting)  

7.Actually, I encourage knowing what something means so you'll know whether you're innovating to begin with 

実際僕は物事が何を意味するか知ることを勧めている、そうすれば君は手始めにイノベーションをすることになるかどうかがわかるだろうから: 

動名詞/疑問詞節(knowing what) 近未来(you're innovating) 不定詞・慣用句(to begin with)   

 

 

Jazz has been watered down. And the curious thing with the process, all these alternative definitions of the music never build it up, they always amount to less ― less blues feeling, less swing, less improvisation in the context of harmonic forms that require the use of vernacular melodies. You're fed the illusion of more freedom, and you get less jazz. Yet, enhanced freedom was supposed to bring you more jazz. If you have more freedom, why is there less jazz? Where did the jazz go? Where does it rest? 

ジャズは薄っぺらなものになってしまっている。そして面白いことに、そうなる過程で出てきた代替の音楽の中身は全て、厚みが増しているなんてことは、全くない。全て薄っぺら。大衆受けするメロディを使わないとどうしようもない和音形式のコンテクストでは、ブルースのフィーリングも薄っぺら、スウィングも薄っぺら、インプロバイゼーションも薄っぺらだ。型にはめられない自由が増えるぞ、と幻想を抱き、そして厚みが減っているジャズが手元に残る。それでもなお、自由が増えれば、ジャズの中身も増えると思われている。じゃあ、自由が増えて、なぜジャズの中身は薄っぺらなの?ジャズはどこでどうしているの?  

 

 

Well, the experts say, the jazz was all the older cats. They could play jazz. But they're gone. Now we supposedly have more freedom. So what should we teach younger people? Do we want them to play the jazz that older cats played because the experts and critics say those are the only people who played it? But that jazz doesn't mean anything anymore, according to the same cognoscenti, since it embodied those good ole hallmarks of swing and the blues and a soulful tone now deemed archaic. Or do we want young people to have more so-called freedom? So, young cats, your “more freedom” equals less jazz, but that's okay, because jazz is meaningless, anyway. How do you teach someone with that philosophy? Well, here's the punch line: Don't teach it. And if it doesn't propagate, then jazz has got to be dead, right?  But if that's the case, why is everything jazz? How can it be dead and yet be in everything, like salt? 

専門家の連中に言わせると、本物のジャズを演奏できたのは、全て前の世代の人達。でも今はもういない。だから今の僕達には多くの自由が手に入ったのだろう。と、こういうワケだ。それじゃ僕達は、次の世代に何を教えたらいいんだろう?専門家や批評家の連中が言うように、本物のジャズを演奏できたのは、全て前の世代の人達だけ、というなら、それを次の世代にやらせたい、というの?でも専門家や批評家の連中の話では、古き良きスウィング・ブルース・ソウルフルな音を形にしても、今やそれらはカビ臭いと言うよね。だったらジャズは、もはや何の意味も持たない、ということだ。それとも何か?次の世代には、より多くの、いわゆる自由と言うやつを与えたいというの?こんな感じで。「さぁ、若きジャズミュージシャン達よ、君達に自由が増えれば、ジャズは薄っぺらになるけれど、気にするな!だって、どちらにせよ、ジャズとは決まった意味はないモノなのだからな!」。そんな物の考え方が身についてしまっている子達に、どうやってジャズを教えればいいの?と言う話だ。それで次が、この話のオチ、なんだってさ「ジャズなんか教えるな!発達してゆかないモノなんだったら、ジャズは死ぬしかないだろ?え?」。でもそうだとしたら、あらゆる音楽がジャズと言えるものになれるのは、なぜ?食べ物の中に含まれる塩分じゃないけれど、形は消えてもなくなっているわけじゃないから、あらゆる音楽の中にジャズは息づいているのでは?  

  

24.Do we want them to play the jazz that older cats played because the experts and critics say those are the only people who played it? 

私達が彼らにより年配のジャズ奏者達が演奏したジャズを演奏させたいのは、専門家と批評家連中が彼らがジャズを演奏した唯一の人達だからか?: 

不定詞(to play) 関係詞(that who)   

 

 

The point is: Critical institutions have codified a definition of jazz that works like assisted suicide, since jazz exists only in the form of deceased masters or in styles that have almost no jazz in them. There's no more jazz ― hallelujah! You are free to play other cultures' music badly and call it jazz, to play any form of backbeat music and call it cutting-edge jazz, any style imitating European avant-garde music and call it new jazz. But don't come in here swinging or with some blues. That alone among the jazz establishment is what must be stopped, because it's been done before by great jazz musicians before you. Wow! Talk about dixieland. Bring me a hot toddy! Let's dilute the music further to help it die. I contend that that was the objective all along. Don't teach it, because it brings you back to that great truth, and that great truth will battle that great lie. And the great lie is that there are people who by birth are objectively inferior to other people and who deserve to be mistreated, and that's a belief that has nothing to do with race, man. It's played out between races in this age, but at another time it might be between genders or tribes. But this music, jazz music, comes to say “God chooses.” No group or hairstyle deceides who delivers the message.   

要はこういうこと。批判的な論調の人達が決めつけたジャズの定義のせいで、ジャズは自分で自分の首を絞めるように仕向けられてしまっているんだ。なぜなら、ジャズが存在するのは、たった二つだけ。今は亡き巨匠達の演奏フォームか、今やジャズとはほとんど言えないような演奏スタイルか、どちらかの中にだけ、ということだ。ジャズなんてものはもはや存在しない - やったね!自由に他の文化の音楽をメチャクチャに演奏して「これはジャズだ」というもよし、自由に、バックビート系の曲を何でもかんでも演奏して、「最先端のジャズ」というもよし、自由にヨーロッパの前衛音楽を何でもかんでも演奏して、「新しいジャズ」というもよし(笑)。でもまともにスウィングやブルースなんかやっていてはダメだぞ(笑)。それだけでは、今のジャズを作ってゆく中では、ストップがかかってしまう(笑)。何しろ「今は亡き巨匠達」が、君より前にやってしまっているのだから(笑)さあて!ディキシーランドの話でもしようか!(笑)ホットトディ(酒)でも飲まなきゃやってられないよ!(笑)こんな音楽、薄っぺらにして息の根を止めてやろうじゃないか(笑)どうせ最初からそれが目的だったんだろう?(笑)ジャズなんか教え伝えてゆくものじゃない(笑)そんなことをしたら、前に話した「偉大な真実」にめぐり会ってしまうし、それは「大いなるウソ」とかち合うことになる。その「大いなるウソ」とは、世の中には生まれながらにして客観的に見ても他より劣っているがゆえに、虐げられて当然という人達がいる、ということ。どんな人種であろうと起こること、と信じられている。今の時代は、人種間で、時に性別間でも民族間でも起こることかもしれない。でも、このジャズという音楽ってやつは、いずれ「神が選ぶもの」と言い出しかねない。でも、そのメッセージを誰が伝えることになるかを決めることが出来る人なんて、この世にはいない。  

  

13.The point is : Critical institutions have codified a definition of jazz that works like assisted suicide, since jazz exists only in the form of deceased masters or in styles that have almost no jazz in them 

大事なことは次の通り:批判的な各組織は医師による自殺幇助のように機能するジャズの定義を成文化した、なぜならジャズは今は亡きジャズの巨匠達またはほとんどジャズの要素を含まない音楽スタイルの中にのみジャズは存在するからである: 

現在完了(have codified) 関係詞(that)  

16.You are free to play other culture's music badly and call it jazz, to play any form of backbeatmusic and call it cutting-edge jazz, any style imitating European avant-garde music and call it new jazz 

君は自由に 他の文化の音楽をひどく演奏してそれをジャズと呼んだり、バックビート系の音楽を何でもかんでも演奏してそれを最先端のジャズと呼んだり、ヨーロッパのアヴァンギャルド系の音楽を真似してそれを新しいジャズと呼んだりする: 

不定詞(to play) 現在分詞(imitating)  

[p.73,2] And the great lie is that there are people who by birth are objectively inferior to other people and who deserve to be mistreated, and that's a belief that has nothing to do with race, man 

そして重大なウソというのは、世の中には生まれながらにして客観的に他の人達より劣っていて虐待されるのも当然だという人々と言うのは存在するし、それは人種とは何も関係がない信念だ、というもの: 

関係詞(who that) 不定詞・慣用句(has nothing to do with)   

 

 

How do these two forces that we've talked about reconcile?  An ever growing, ever burgeoning critical mass of young, hungry-to-play musicians existing right alongside the dilution. I know it seems like a conflicting reality, but it's always been the reality. When Duke Ellington wrote his music, someone said he was writing jungle music. Many condescended to Louis Armstrong's playing. But there were also people saying, “Check out Armstrong.” 

(73ページ)  

ここまで話してきた、この二つの力は、どうしたら相容れるようになるのだろうか?ジャズの演奏に飢えている若いミュージシャン達の層が、数も質も厚くなっているのと同時に、ジャズの希薄化も進んでいるという。矛盾しているように見えるけれど、これがいつの時代も現実だ。デューク・エリントンの作品を、雑然としているという人達もいた。ルイ・アームストロングの演奏をコケにする人は沢山いたが、同時に別の人達は「サッチモは要チェックだ」としていた。  

 

Unfortunately, this era has fewer advocates. Thus, more stress lies on the people who want to be serious. Our culture has experienced a decline of intellectual rigor along with an unchecked decadence. When there's a greater degree of decadence, a higher level of heroism is required to combat it, because there's much less reward. And if you're serious, you run the risk of falling apart and crumbling because of the stress. It can kill you over a sustained period of time. When you're young, you hold the illusion that what you do will make a tangible difference in what you see. But while you're doing whatever you're doing, your antagonists are enacting their agenda as well. They don't stop what they're doing just because you're pursuing your game plan. That's the beauty of it. The criticism helps test your seriousness, and if you are truly serious, they don't stop. When they stop, you've either become the icon of icons or have been put out pasture like Uncle Remus, who looks at the girls but “him don't touch.” 

残念なことに、今の時代、自分の主義主張をしっかり言う人は以前より少なくなってきている。だから真剣に物事に取り組む人達には、以前より多くのストレスがのしかかっている。今の文化は歯止めの効かない堕落と共に、キチンとした知性の在り方の衰退を経験している。堕落の程度が大きくなると、これと戦う「勇敢さ」も、より高いレベルが求められてくる。何せ、その報酬が割に合わないからだ。そして真剣さは、ストレスによる心身の崩壊のリスクを高める。その間、ずっと死ぬ思いをする可能性もある。君も昔は、自分の視界に入るモノに手を付ければ、自分なら必ずや目に見える違いを実現してみせる、という幻想を抱いていただろう。でも自分の目標に着手している間に、君の敵もまた攻撃のネタを準備している。君が戦略を練っているからというだけでは、奴等は準備の手を止めはしない。酷い話だよ、まったく。批判しようとする心が、君の真剣さを試そうなどとういう考えを増長して、君が真剣であれば、尚更それを止めない。止むのは、二つの時だけ。一つは君がトップアイドルに登りつめた時。もう一つは、年を取って役に立たなくなって干される時。リーマスおじさん(ディズニー「南部の唄」の原作)じゃないけれど、女の子達を見つめるけれど、手は付けない、みたいな感じだ。 

 

 

That dixieland fact may seem greatly ironic to you, Anthony, when you take America's democratic proposition into the equation. Where does all this anti-jazz pressure stem from, when so many people, especially white people, have practically adopted jazz as America's classical music? Yet, there's an undercurrent, an adversarial undercurrent that has existed at least since Jelly Roll claimed he was ripped off by his publishers all the way to today's phenomenon of writing the Negro out of the equation or freezing him in classic amber. But that's the reality of American life, the music of our history. It plays in cycles ― 

Civil War, then Reconstruction; the civil rights movement, then the Republican Reclamation. 

(74ページ)  

アンソニー、さっきのディキシーランドの話は、アメリカの民主主義の言わんとすることと、照らして、並べて、見比べてみると、とても皮肉なものに見えたんじゃないかな。これだけ多くの人々、とりわけ白人が、ジャズをアメリカが誇る音楽として実際に受け入れているのに、このジャズに対する逆風の圧力は、どこから来るの?と言う話だよね。結局、敵対的発想が根底にあるんだよ。少なくとも、あのジェリー・ロール・モートンの時代からね。彼は、自分は出版社に搾取されてた、と言っていたけれど、ずっとその流れは今日まで、黒人の平等問題について書かれることや、モートンを過去の遺産として封じ込めてしまう、といった具合に続いているんだよね。でもそれがアメリカ社会における日々の生活の現実であり、国の歴史を表している。それは繰り返されていることだ。南北戦争の結果行われた、国の再統合、公民権運動の結果論じられるようになった「アメリカの再生」。  

 

 

In our history, black and white come toward one another, and then we move apart. But each time, we come closer the next time that same point on the circle rolls around. But even in our current jazz time, things don't fall into a near racial equation. I tend to talk about “The Negro” because particular archetype of both jazz's and America's race narrative, something identifiable, and some white folks like black folks and some don't and vice versa. But, look man, truth be told, very few black people have an interest in jazz, or in any art. 

アメリカの歴史では、黒人と白人は歩み寄っては離れてゆき、そのたびに、両者が最接近化した地点が巡り廻って同じ地点が、次は近くなってきている。でも現代もなお、人種の平等は上手くまとまった、とはいっていない。僕もついつい「クロンボ」と言ってしまうけれど、何せこの言葉は、ジャズでもアメリカの人種問題を扱った文学作品にも見受けられる独特なものだからね。そして白人と黒人はお互い好きだと思う人達もいれば、その逆もいる。でもね、本当のことを言うと、ジャズにしろ、芸術活動そのものに興味を持っている黒人なんて、ほんの一握りなんだ。 

 

 

And it isn't just jazz. Look what happened to the church music. You listen to any contemporary gospel of late? They rockin' and boory-shakin' like it's Saturday night. Who else's church service is a national joke in everything from rock videos to basketball-shoe commercials. Next thing, you'll see them in church getting naked. The sanctity of that experience has been slowly watered down. You know, we take the oil out of the ground, and we think there's a lot of it to go around. But it will run out. It's not infinite. What have we got left? A hundred years? When the last of those years rolls around, that will be it. Let's solve problems now. Especially with our culture. I don't think decline is inevitable. I never have. We can and will change things. You young musicians have to have something to do. And we'll talk about that more. 

(75ページ)  

 そしてこれはジャズに限ったことではない。教会音楽に何が起きたか、見てみよう。今時のゴスペルの最新曲を何か聴いたかい?ロックのリズムだの、腰を振ったりだの、まるで土曜の夜のパーティーだね。他に、教会の礼拝活動についても、ロックのPVやら、バスケのシューズのコマーシャルやら、あらゆる所でおふざけのネタになってしまっている。そのうち裸踊りでもやりかねない勢いだ。神聖さが希薄になってきつつある。歯止めがかからなければ、いつか無くなってしまうのは、油田と同じ。皆に行き渡るくらいある、と思っていても、いつか必ず枯渇する。無限にモノは存在しない。残り100年としても、最後の瞬間は予告もなくやってくる。それで終わりだ。問題解決は今この瞬間にやろう。特に文化のことについては、待ったなしだよ。文化の低下は避けられない、なんて僕は思わないし、思ったこともない。世の中は変えることが出来るし、変えようじゃないか。君達若手ミュージシャン達は、何か行動を起こさないとね。このことについて、もっと話そう。  

 

But not tonight. I'm heading to bed. You should go practice, then think about saving the world. 

I' m out. 

でも今夜はここまで。僕はもう寝る。君は練習に取り掛かり、世界を救うことを考えること。  

おやすみ。  

<5.自分の立ち位置>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

5. Arrogance of Position 

August 2, 2003 

自分の立ち位置に対する思い上がり 2003年82日  

 

 

Dear Anthony, 

Today we set off down the road to Vermont. Warm Daddy Wes, saxophonist superb, left off making his world-famous coffee to put on something swinging. The way the music floats over and through the growling hum of the engine can be so strangely relaxing and familiar, like the rumble of purpose mixed with intent.   

(55ページ) 

親愛なるアンソニー 

今日、バーモントへ向けて出発した。優しいヴェスのとっつぁんは、サックスの名人だが、コーヒーの淹れ方も世界レベル。今コーヒーを淹れ終えて、スウィングの効いた曲を車内に流してくれた。その曲の流れ具合が、乗っているバスのエンジン音にうまくハマって、不思議とほっとするような、そして打ち解けった気分になる。言い争いでも、建前と本音が一致していると、スムーズに進んでいくけれど、あんな感じだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

1.Warm Daddy Wes, saxophonist superb, left off making his world-famous coffee to put on something swinging 

ヴェッセル・アンダーソン(優しいとっつぁん)という優れたサクソフォン奏者は彼の世界的に有名なコーヒーを淹れ終えてスウィングの効いた何かをかけた: 

動名詞(making) 不定詞(to put) 現在分詞(swinging) 3.The way the music  

 

 

This morning's listening took me to a question I want you to ponder: What produces the consistent beauty in the sounds of people like Charlie Parker, Stan Getz, Miles Davis, and Sidney Bechet? We listened to Sonny Sititt and to Joe Henderson. They have totally different styles. Yet, you hear something similar. Even if you go outside of America, you can find that similarity. Jazz stalwarts from all over the world lay claim to that same consistency. Today I want you to walk down that very road. And if you can hold yourself to a higher standard than you hold others, if you can withstand the harsh light of your own scrutiny, if you can triumph over a particular arrogance we all share, perhaps you will meet the consistent beauty at the end of that road. 

今朝これを聴いて、君にじっくり考えてもらいたい問いかけを思いついたところだ。チャーリー・パーカースタン・ゲッツマイルス・デイビスシドニー・ベシェといった人達のサウンドに、一貫して存在する美しさ、これを生み出すものは何か?今朝僕達が聴いたのは、ソニー・スティットジョー・ヘンダーソンだ。二人には通じるものがある。アメリカ人以外の奏者にも、それを見い出せるだろう。世界中のジャズを愛する輩どもが、自分にもそれがあるぞ、と言ってくるはず。今日君には、この答えを探す旅路を歩いてもらう。他人の事より自分に厳しい基準を課すこと、自分を厳しい目で見つめることに耐えること、人間なら誰もが持つある程度の傲慢さを克服すること、これができれば、もしかしたら、その「一貫して存在する美しさ」の答えと出会えるだろう。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

7.This morning's listening took me to a question I want you to ponder 

今朝音楽を聴いたことは私を君にじっくり考えてもらいたい質問へといざなった: 

動名詞(listening) 関係詞・省略(a question [that] I want) 不定詞(to ponder)  

 

 

If you hear Gidon Kremer or Zakir Hussein play, if you hear Maria Callas sing, you realize, of course, that great musicians exist in other traditions. You also hear a consistent richness in their sound. Yet, when you hear Billie Holiday, you hear something else. Not better or worse, simply another type of consistency specific to jazz. Look at trumpet players in the jazz tradition ― Louis Armstrong, Roy Eldridge, Dizzy, Miles, Freddie Hubbard, Woody Shaw. We could go into different cultures and produce great jazz trumpeters, like Fats Fernandez, the great Argentinean trumpet player. Even if separated by region, time, or culture, that consistency of beauty still breathes in all their work. What is the thing that ties together all these people who really can play? Well, I'll tell you where it is, at any rate. Listen again; it's right in front of you, man, sitting in the emotion of the sound, defining the sheer essence of the music. That's what you need to get in your sound. A glow. So how does one do that? 

(56ページ) 

ギドン・クレーメル、ザギール・フセイン、あるいはマリア・カラスといった人達の演奏や歌声を聞けば、どんな音楽の世界にも名人・達人がいるんだ、ということが君にもわかるはずだ。そしてまた、彼らのサウンドに、一貫して存在する豊かさを見出すだろう。それでもってビリー・ホリデーの歌声にも素晴らしさがある。優劣じゃない。単に種類が違うだけ。ジャズ特有の一貫したものだ。ジャズのトランペット奏者達に目を向けてみよう。ルイ・アームストロング、ロイ・エルドリッジ、ディジー・ガレスピーマイルス・デイヴィスフレディ・ハバード、ウッディ・ショー。違う音楽の世界を見てみれば、そこにも素晴らしいジャズのトランペット奏者達がいることがわかる。例えばファッツ・フェルナンデス。彼は偉大なアルゼンチンのトランペット奏者だ。地理的に、時代的に、あるいは文化的に分け隔てられていても、彼らの音楽には依然として一貫して存在する美しさが息づいている。彼ら名手達を結び付けるものは何か?程度の差はあるが、そのありかを教えてあげよう。もう一度聴いてごらん、ほら、君の目の前にあるだろう。サウンドに込められた感情の中に在って、奏でる音楽の核心をくっきりと描いている。それこそが、君が自分のサウンドに取り込むべきものだ。それは情熱。ではどうやって取り込むか? 

 

 

It starts with recognition. We all spend far too much of our time running away from our central issues. Trying to figure out how to construct a world in which we ignore our insecurities. In jazz, that means that you talk to someone who can really hear harmony well, and, sure enough, they'll prefer to play songs with a lot of change and nothing else; or if you're someone who can play really high, you always want to play high notes. People who rush often play real fast tunes. People who like swing music put down bebop musicians, and some who love the bebop language will insist theirs is the only language a musician should know. 

(57ページ) 

まずは、君が物事をどの様に捕えているかを見直してみよう。人間誰しも、自分の根底にある本当の姿を、、どうやって見ずに済ませようか、ということに、あまりにも時間をかけすぎている。どうやったら、自分の欠点を無視して、ひとつの世界を作り出せるか、その方法を何とか解き明かそうとしながらね。ジャズのことに当てはめると、こうだ。ハーモニーの聞き分けが上手な人は、決まって、曲調の変化が激しく、でも他には何もないような曲を好んで演奏する。あるいは、ハイトーンが出せると、そういう曲ばかり好むようになる。テンポが突っ込みがちな人は、指回しの速い曲ばかり演奏する。スウィング音楽が好きな人達はビーバップを拒否するし、ビーバップの愛好家達は「ジャズミュージシャンたるもの、ビーバップだけが学ぶに値する」と言い張る始末だ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

4.Trying to figure out how to construct a world in which we ignore our insecurities 

私達が自分達の不安定さを無視する世界をどうやって創るか見出そうとしている: 

不定詞(to figure out) 疑問詞+不定詞(how to construct) 関係詞(in which we ignore) 

 

 

For instance, talk to the musicians who come out of the Art Blakey school; they will say Max Roach couldn't really swing and that he rushed. You talk to the musicians who like Max Roach; they'll say, “Well, these Blakey guys can play, but they're not playing intelligent enough.” Ultimately, everyone wants to construct his or her own truth. Maybe the greater truth is that all these things are true. For your purpose, however, the relative differences of great musicians' styles are less important that what makes them the same. You can learn from Max Roach. You can learn from Art Blakey. The question is: Can you develop your style to address the truth of what you really want to say, and not skirt on the outside with some bogus philosophy or conception? How do you get closer to the thing that you loved enough to leave home? 

例えば、アート・ブレーキー門下のミュージシャン達と話してみると、彼らはこう言うだろう。「マックス・ローチは大してスウィングはできなかったし、テンポも走り気味だった」とね。逆にマックス・ローチ派のミュージシャン達と話してみると、彼らはこう言うだろう。「あのね、こいつらブレーキー門下の連中は、弾けるけれど、知的センスが足りないんだよ」とね。結局、誰もが自分にとっての真実を懲り固めてゆきたい、ということだ。もしかしたら、世の中に在るものは全て正しい、と言う事の方が、より立派な真実じゃないかと思うね。でも君の目指すところの為には、名人達人のやり方が、互いにどこがどう違うかなんてことは、大して重要ではない。互いに相通じるところの方が重要だ。マックス・ローチからも、アート・ブレイキーからも、君が学ぶことはある。問題はこうだ。「君自身のスタイルというものをしっかり作り上げて、君にとっての心からの真実を表現してゆく気はあるか?ハッタリの哲学だの概念だのを口にして逃げようなんて思ってないだろうな?自分の元いた安住の地を捨ててでも惚れ込んだものへと近づく、その方法はちゃんとわかっているだろうな?」とね。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

24.Can you develop your style to address the truth of what you really want to say, and not skirt on the outside with some bogus philosophy or conception? 

君は自分のやり方を磨き上げ、君が本当に言いたいことの真実を表現しそして何らかの見せかけの哲学や概念を使って回避するようなことはしない、それができるか?: 

不定詞(to address) 関係詞(what)  

[p.58,2]How do you get closer to the thing that you loved enough to leave home? 

自分の元いた場所を離れてもいいと思うくらい好きになったことへと近づくにはどうしたらいいか?: 

関係詞(that) enough+不定詞(enough to leave) 

 

 

You're an Oklahoma boy, Anthony, completely removed from the big city. Yet, here you are in New York, trying to play. That's a hell of a sacrifice you've made. But how much more will you sacrifice to get inside yourself, to do what you must in order to get closer? This notion of issue-avoidance goes beyond music. You'll confront it with your friends. You'll confront it with your kids. You see it in America whenever the subject of race comes up. You're going to confront it at one time or another for the measure of your life. How much do I actually love this thing? Am I going to let go of my insecurities and enter the fray with the full power of my convictions? 

(58ページ) 

アンソニー、君は大都市からは完璧に離れているオクラホマの子だ。でも、今やここニューヨークで演奏活動をしようとしている。君は実に大きな犠牲を払ったわけだが、これから君は、これより更に大きな犠牲を払って、君自身の内面の奥深くへ入ってゆく。君が成すべきことをして求めるものへと近づいてゆくためだ。こういった犠牲を払うとか、払わず逃げるとか言う考え方は、何も音楽に限ったことじゃない。友人達のこと、自分が産んだ子供達の事でも起こりうる。アメリカで人種問題に関する話題が上がれば必ず付きまとう。君の人生での決断の場にも、いずれやってくる運命にある。これに実際のところ、どのくらい惚れ込んでいるか?そのために何をどの位諦めるか?今まで未練がましくしがみついてきた不安定な拠り所をバッサリ切って、信じる力をフルに発揮して戦いに飛び込んでゆく気はあるか? 

 

(語句と文法:数字は行数) 

6.That's a hell of a sacrifice you've made 

それは君が払った大変な犠牲だ: 

関係詞・省略(a sacrifice [that] you) 現在完了(you've made)  

 

 

As jazz musicians we've stepped into the modern world. And in that modern world our music is defined not by race but by achievement. It's not about the many social conventions that once affected it. Jazz exists on CDs. And millions of people can play them and discuss it. But very few people can play it. Not many musicians want to truly look at the music, get inside of it, and keep dealing with it. Eventually we find ourselves influenced by writers, jazz magazines, critics of any old stripe, the apathy of friends, the lack of job opportunities. Musicians are influenced by all kinds of things that have absolutely nothing to do with the music ― that's life. Then we've further influenced by a personal desire not to be challenged to the ultimate. To say, “I'm okay because I can play my gig right here. This is good enough for me.” Well, don't just accept that. Playing jazz is not a matter of prescriptions, unwavering “Thou shalts” or “Thou shalt nots.” It's a matter of understanding what a thing means to you, and being dedicated to playing that even if its meaning casts a cold eye on you yourself. 

僕達はジャズミュージシャンとして今の時代を生きている。そして今の時代、僕達が取り組むジャズ音楽に対する評価は、「黒人プレーヤーか?白人プレーヤーか?」ではなく、実績によって決まる。かつて影響力のあった社会的慣習は、もはや関係なくなった。ジャズはCDに録音され、多くの人々がそれを聴いて、意見を交わしている。でもジャズをしっかりと演奏する人というのは、実は殆どいない。ジャズとしっかり向き合い、内面を掘り下げて、取り組み続けるジャズミュージシャンの数は、多くはない。結局僕達は、ライターや雑誌記事、昔からなにもかわっていない批評家を気にして、そして友達が応援してくれなくなったらどうしようとか、仕事をもらえなくなったらどうしようとか、を心配する羽目になってしまっている。音楽とは全然関係のないことに振り回される。これが人生の現実だ。そして何より、もっと僕達を振り回すのは、実は、僕達自身の心の中にある「とことん危険を冒すことは避けたい」という気持ちだったりする。思わず言ってしまう言葉「チョコチョコっと仕事が出来れば御の字。」こんなことに甘んじないでほしい。人にいいように使われるのがジャズの演奏じゃない。たとえ自分に辛い結論が出ようと、物事をしっかり理解し演奏に全てをかける、これが大事だ。 

 

 

Let's come back to the question: What is that thing of consistent beauty? And do you want to find it in your own style and sound? To do so, you have to move past the arrogance of your position. I don't mean arrogance with me. or with a teacher, or with your daddy or your mama or whatever you got an issue with. I'm talking about your arrogance with yourself. You know how you might walk past a mirror at the wrong time and see your reflection at an angle that you don't like? An angle that shows you that the certainties you hold about yourself may not be all that rock solid? It's something that basic, man. That one inopportune glimpse into the mirror takes you right past the arrogance of your position. 

(59ページ) 

「一貫して存在する美しさ」の話に戻そう。君の演奏スタイルやサウンドにもそれが欲しいなら、自分の立ち位置に対しての思い上がりの心から抜け出すことだ。「思い上がり」といっても、僕や先生、ご両親や君の関係者に対して、偉そうにするな、とか、そういう話じゃない。自分を過大評価するな、ということ。何気なく鏡の前に来て、自分の顔を見てしまったら、汚い顔をしていた、なんてことあるだろう。予想外の酷さを思い知る。良くある話だ。でもそれは、君が自分の立ち位置に対しての思い上がりの心から抜け出すきっかけなんだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

15.You know how you might walk past a mirror at the wrong time and see your reflection at an angle that you don't like? 

タイミング悪く鏡の前に通りかかって君が好まないアングルが鏡に映っているのを見たらどう思うかわかるだろう?: 

疑問詞節(how) 仮定法(you might) 関係詞(that)  

17.An angle that shows you that the certainties you hold about yourself may not be all that rock solid? 

君自身についての確信はそれほど確固たるものではないかもしれないということを示すアングル: 

関係詞(that shows) 関係詞・省略(the certainties [that] you hold)  

 

 

Jazz music's power comes from its ability to take you deeper into yourself, to a relationship within. A lot of what you see going on today, the quick-fix philosophies and one-step systems, are designed to keep you away from self-discovery. But I want you to go past the arrogance of your position into a love of the sound of the music. And pursue your version of that intangible, consistent beauty you hear in the greats, and pursue a love of yourself. 

ジャズ音楽の持つ力は、君を君自身の根っこの奥深くへと誘い、そことの結びつきを保ってくれる。浅はかな人生論だの、お手軽な物事の進め方だの、君が今の世の中で目の当たりにすることの多くは、自分を見つめないで済むようにできている。でも僕は君に、自分の立ち位置に対しての思い上がりの心から抜け出してほしい。そうすれば、音楽のサウンド(本質)を愛する心へと辿りつけるからだ。そして、君が名人達人の音楽から聞き取った、形のない、一貫した美しさについて、君だけが手にする美しさというものを追い求めること。それはひいては、自分を大切にする心になってゆくんだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

21.A lot of what you see going on today, the quick-fix philosophies and one-step systems, are designed to keep you away from self-discovery 

一時しのぎの哲学と一つの段階しかない仕組みといった君が今日発生しているのを目にする多くのことは君が自己発見する事から遠ざけるように作られている: 

関係詞(what) 知覚動詞+O+現在分詞(see going) 不定詞(to keep)  

 

 

I was at Carnegie Hall a few years back, listening to some younger cats play with the veteran musician Sonny Rollins. My father and I sat next to legendary bassist Percy Heath, and I remember Heath saying, “I don't know about y'all generation, youngsters.” My father had to agree: “Yeah, they don't play like the old ones.” 

(60ページ) 

数年前、カーネギーホールで、大御所ソニー・ロリンズが若手の奏者達と一緒に演奏しているのを聴いた。父と僕は、伝説のベース奏者パーシー・ヒースと一緒に客席にいた。ヒースが言ったことを今でも覚えている「若い連中のやることは分からん。」これには父も、「そうねぇ、年寄とは違うんだよな」と言うしかなかった。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

4.I was at Carnegie Hall a few years back, listening to some younger cats play with the veteran musician Sonny Rollins 

私は数年前カーネギーホールにいて、何人かの若手ジャズミュージシャン達が大御所のミュージシャンであるソニー・ロリンズと演奏するのを聴いていた: 

分詞構文/知覚動詞+O+原型不定詞(listening to some younger cats play) 

 

 

That expectation and production of a certain sound is simply a part of their generation. More of them had it. Many of us don't. It's just one of them things, man. Certainly, youngsters do things that those guys can't and couldn't do. But sound is not one of 'em. Obviously, those guys worked. But what did they work on? What do you work on to get that kind of individuality to come out of your sound? I'm not talking about playing scales. You won't find technical solutions to what we're talking about. I guarantee you that. Look at the way Dizzy Gillespie positioned his horn at his mouth; he may have had the worst embouchure ever. It affected his playing toward the end of his life, but he also had an original sound in abundance. And it's true on the drums, as well. I remember doing a master class with Max Roach, in the eighties. He taught me a piece of his magic, just a touch and a song with the drums (supersoft, man, those cymbals were singing). You had to hear the beauty, just the sound of the instrument itself, the concern. How do you get that? How do you get that smoke in your sound? 

あるサウンドについて、それがどんな音がするだろうと期待され、実際に鳴ってきた音があったとしても、それはそのサウンドを実際に鳴らして見せたプレーヤーの、世代全員がそうだ、ということではない。他に同じサウンドを鳴らすプレーヤーがいたとしても、多くは、各々自分のサウンドを持っている。物事は個々に捉えてゆくべきものなんだ。若手のプレーヤー達ができて、年配のプレーヤー達が今できない、あるいは若かった頃できなかった、そういうことは確かにある。しかしサウンドというものは、その中には含まれない。それは明らかだ。でも年配のプレーヤー達は、どんな努力を積んで自分達のサウンドをモノにしたのか?もし君が自分のサウンドに、そんな風に個性を持たせるとしたら、何をすべきだと思う?音階練習をやれと言っているわけじゃない。今ここで話していることに対しての、技術的な解決策なんて、あるわけがない。それは保証するよ。ディジー・ガレスピーのアンブッシュア(吹く時の口の形)を見てごらん。こんなに酷いのは見たことが無いんじゃないかな。一生涯、演奏に影響が出てしまったんだって。でも彼にしか出せないサウンドが溢れんばかりにあったことも事実だ。ドラムスについても同じような話がある。1980年代にマックス・ローチと一緒にマスタークラスを開催した時のことだ。今でも覚えている。彼は秘伝の技を一つ教えてくれた。ほんの少し、柔らかなタッチで、ドラムセットのシンバルが歌っているようなサウンドを鳴らして見せたんだ。その美しさは、楽器自体が持っているサウンド。これが聞こえてくることが極意だ。君ならどうする?そういったものをサウンドに取り込む方法は何だと思う? 

 

 

It starts with an embrace. As if to say, “I embrace this sound ,this style.” As soon as you start to embrace that sound, you've made an investment that comes with returns and demands. That's the sign that you're serious. You have to know your old lady's birthday, right? You have to know her favorite food. You have to know the people in her family. But what if you didn't know when your old lady was born? And you don't know how many people are in her family? You have no idea of her favorite food? You don't know about the best teacher she ever had? What if you don't know what floor she works on, the time she goes to work? Well, damn, what do you know? But if you didn't have the basic love or the impulse and desire, if you hadn't made the investment, those facts alone would amount to nothing, except an FBI file. 

(61ページ) 

まずは「抱きしめてあげたいくらい、好きになって受け入れる」という気持ちが出発点だ。「このサウンド、この奏法、大好きだぁ~」と言わんばかりにね。すると、資金投資をした時のように利益が生まれて、そして新たな需要も発生する。「受け入れる」という気持ちを持つことも、大事なお金を投資することも、君の気持ちが真剣であることの表れだからね。例えば君が奥さんと長年連れ添ったとする。彼女について知っていなければならないことが、あるだろう?誕生日、好きな食べ物、実家の家族構成、一番尊敬する恩師、勤務先のビルのフロアと出勤時刻。知らないと大変なことになるだろう。でもその前提として、彼女に対する愛情や、そういう情報を把握しておきたいという動機や気持ちがないとね。そして行動に移さないといけない。でなければ、いくらそういう情報を集めても何にもならない。FBIに個人情報として提供する価値しかない、って感じ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

6.As soon as you start to embrace that sound, you've made an investment that comes with returns and demands 

そのサウンドを受け入れるや否や、利益と需要を伴う投資を行ったことになる: 

現在完了(you've made) 関係詞(that comes) 

 

 

Much like in jazz. The technical points are simply the facts you know. The love, impulse, and desire lie in the heart ― the love heart as well as the courage heart. Say you tell a student to do a long tone, to think about getting the biggest sound with the softest volume and hold each note for one minute. That's not a popular exercise. Students want to play exciting exercises. Producing that long tone just means sitting there with a horn going “hooooo” forever. Who wants to do that? Who wants to listen into a still tone and seek what ye shall find? 

ジャズに取り組むことは、これととてもよく似ている。技術的なコツなんて、上っ面ということさ。好きだという気持ち、やってやるぞという動機づけ、そしてできるようになりたいという希望が心の中に在ること - 心とは、困難を恐れない勇気と、全てを歓迎する愛情のことだ。君に教わっている子がいるとしよう。その子に向かって、ロングトーンやって!一番小さな音量で一番響くサウンドが出せるようにするためだよ!一つの音を一分間のばして!こんな練習誰もやりたくないだろう。そんなロングトーン練習をしても、ひたすら「ブー」となっている楽器を抱えて、そこに座っているくらいの意味しかない。誰がこんなことしたいと思う?死んだ音を聴いて、そこから何かを見出したいなんて、誰も思わないだろう。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

21.Say you tell a student to do a long tone, to think about getting the biggest sound with the softest volume and hold each note for one minute 

君がある生徒にロングトーンをして最小音量で最大の響きを出すことを目標にして一分間のばさせるとしよう: 

仮定法(Say) 不定詞(to do) 動名詞(getting)  

[p.62,1]Producing that long tone just means sitting there with a horn going “hooooo” forever 

その長い音を出すことは楽器が永遠に「ブー」となっている状態でそこに座っているしか意味をなさない: 

動名詞(Producing sitting) 分詞構文(with a horn goin) 

 

 

Sure, there's technique to a long tone, but that long tone is about you. Today it's more important than ever to stress the spiritual aspects of our art. Without that, jazz lacks meaning. The spiritual component carries meaning, and that's what inspires you to go out and do things. The fact that you really love your old lady makes you want to know all of those things about her. The love is what comes first. Not, “I know these things, therefore I love my lady.” I want to play piano. You didn't say, “I want to play the C-major scale. I would love to play chord substitutions. I want to study the style of Thelonious Monk.” You might say, “ I love Monk's sound.” But your first impulse is spiritual. “I want to create that feeling with my sound.” 

(62ページ) 

勿論、ロングトーンは大事だ。でもそのロングトーンは、君自身を表現するものでないとね。今の時代、芸術活動は、精神的な側面をしっかりと表現してゆくことが、昔と比べて重要視されてきている。それがないと、ジャズなんて無意味だ。それがあるから意味があるし、君が内にこもらず色々なことに挑戦しようとする動機付けになってゆく。君が、長年連れ添った奥さんを心から愛しているからこそ、彼女の全てを知りたいという気持ちになるだろう。愛する気持ちが、まず最初。「これを知った。それじゃ次に愛そう。」ではない。「ピアノを弾きたい」とは言うだろう。でも、こうは言わないはず「ハ長調の音階を弾きたい。代理和音を弾きたい。テロニアス・モンクの奏法を研究したい」。言うとしたらこうだろう「モンクのサウンドっていいよな」。それにしたって、最初に来るべき動機付けは、精神的なものだろう。こんな具合に「あの雰囲気を自分のサウンドで出したいな」。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

5.Today it's more important than ever to stress the spiritual aspects of our art 

今日私達の芸術の精神的な側面を強調することは今まで以上に重要だ: 

仮主語(it's) 不定詞(to stress)  

 

 

A pristine technique is a sign of morality. If you don't want technique, you can't really be serious. You'd be like the guy who comes to a game out of shape. The other team will just run you to death and exploit you as the weak link. You thought you were rebelling against the team regimen, but now you see that your laziness was really self-crippling stupidity. Don't start professing a love for the game. The love is what would have made you get your ass in shape. 

まっとうな技術を身に付けている、ということは、君の姿勢がそこに現れる。技術なんてどうでもいい、などと思っているようなら、やる気があるとはいえない。体調が万全でないのに試合に来る連中みたいだ。相手チームは君をコテンパンにやっつけて、その後は、君のことを「穴」として、とことんそこを突きまくってくるだろう。体調管理というチームのルールなど守ってられるか!と言いたかったのだろうが、君の怠惰から来た自業自得というやつだ。試合が大好きだ、などと言い出す資格はない。試合が大好きなら、体調を整えてきたはずだろう、という話だ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

18.You'd be like the guy who comes to a game out of shape 

君は体調不良の状態で試合にやってきた男のように見えるかもしれない:仮定法過去(You'd be like) 関係詞(who)  

23.The love would have made you get your ass in shape 

その愛は君の体調を整えた状態にしてくれたはずだった: 

関係詞(what) 仮定法過去完了/使役動詞+O+原型不定詞(would have made you get) 

 

 

And love is the spiritual essence of what we do. Technique is the manifestation of the preparation and investment as a result of the love. Take Bach: Walk 250 miles to hear a great organist perform. No problem. I love it so much my feet don't hurt. Or Beethoven: goes deaf, can't hear anything. He gives up writing music for long periods of time, questions whether it's worth dealing with at all, experiences epic frustration. Then, deep into one painful silent night, he gets up, pulls out a piece of paper, and says, “Let's see.” But now it's even deeper, more resolute. A love that's been supremely tested. 

(63ページ) 

そして愛する気持ちは、僕達が何をするにも欠かせないものだ。そしてその愛する気持ちがあればこそ、物事を準備し、自分の全てをかけ、他人にやって見せることが出来る。それが「技術を身に付けている」という状態だ。例えばバッハの話。オルガンの名人の演奏を聞きに400キロも歩いて出かけた。どうしても聞きに行きたいから、足なんて全然痛くないよ、というわけだ。あるいはベートーベン。難聴になって完全に何も聞こえなくなってしまった。長い間作曲を休んで自問した「作曲なんてやる価値があるのだろうか?それも大仕事をするフラストレーションを味わう羽目になりながら?」そして苦しい無音の心の暗闇から、彼は立ち上がった。紙を一枚取り出して「よし、やるか」と言い放った。しかし今やその分決意もより深くより強固。音楽を愛する気持ちへの試練と向き合っていた。 

 

 

Think about what great musicians go through to play their music. Think about what Duke Ellington went through: segregation, prejudice, ignorance, the amount of his own money that he had to spend to keep the band together. Man, there's always a large helping of pain underneath anything great. Look at the casualties of this music. Lester Young, the great tenor saxophonist, drank himself to death. He was so stricken by the injustices he experienced in the military during the forties that it affected him for the rest of his life. Coleman Hawkins, practically the father of the tenor sax. He too drank heavily and died of liver disease. The way Bird died. Monk, who just became a recluse, lost his mind. Columbia Records asking him to record Beatles tunes. Look at all the  guys. We could go on and on, produce a roll call of people. In the long run, the way these men died was no way to go out, man. And it sho's not what they wanted. Gerry Mulligan once said to me, “Damn, this music, it pulls a lot out of you.” Those words were so true, so painfully true.  

偉大なミュージシャン達が、自分達の音楽を創り届けてゆくために、どんな戦いがそこにあったと思う?デューク・エリントンは、人種差別や偏見、そして採り上げてもらえない辛さと戦った。資金面でもバンドを維持してゆくのに、私財を投じなければならなかった。どんなものでも偉大と呼ばれるものには、目に見えない所に苦労がある、ということさ。ジャズが払った犠牲をしっかりと見ておこう。レスター・ヤングというテナーサックスの大御所は、酒が基で寿命を縮めたけれど、同時に1940年代の兵役中に受けた様々な理不尽な仕打ちに、生涯苦しめられたんだ。コールマン・ホーキンスはテナーサックスの父と呼ばれているけれど、酒が原因で肝臓を患い亡くなった。バードは麻薬。モンクは世の中が嫌になり、精神崩壊を起こしてしまった。所属していたコロンビアレコード社から、ビートルズの楽曲をレコーディングする依頼を受けていた時だった。彼ら全員、まだまだ名前を挙げればキリがない。皆、逃げ場のない、そして不本意な人生の終わり方だった。ジェリー・マリガンがかつて僕に言った「ジャズは俺達から色んなものを引っこ抜いていきやがる」。何て痛々しい、でもそれが現実なんだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

17.He was so stricken by the injustices he experienced in the military during the forties that it affected him for the rest of his life 

彼は1940年代に軍隊で経験した不正にあまりにも打ちひしがれたのでそれは彼の残りの人生に影響を与えた: 

so+C+that節/関係詞・省略(so stricken by the injustices [that] he experienced that it affected)  

22.Columbia Records asking him to record Beatles tunes 

コロンビアレコード社が彼にビートルズの曲をいくつか録音するよう依頼した状態で: 

分詞構文(asking) 不定詞(to record) 

 

 

These men did not die because they couldn't face life and had to turn to one vice or another, but because they had to deal with something so intense that it burned them up. They couldn't handle the intensity of their work and the intensity of the irrational opposition to the fact of greatness coming from them. John Lewis once asked me, “How do you handle the pressure?” I laughed it off, and he admonished me, saying, “Don't make light of it, because it will wear you down and destroy you. Charlie Parker and those guys were all young men with high-minded aspirations.” 

(64ページ) 

彼らが亡くなったのは、人生に向き合えず悪事に走ったからじゃない。戦ったものの凄まじさに、心身ともに焼き尽くされてしまったからだ。仕事の重圧、そして、彼らの業績の素晴らしさは誰の目にも明らかなのに、世間の心無い拒否反応が凄まじかったこと、これらに彼らは太刀打ちできなかった。ジョン・ルイスが、かつて僕に質問してきた「君はどうやってプレッシャーに対処しているのかね?」僕は笑ってごまかしたけれど、彼はこう言って僕に忠告してくれた「甘く見るな。君を壊しかねないから言っているんだ。チャーリー・パーカーにしたって誰にしたって、若い頃は皆、立派な向上心に燃えていたんだから」。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

5.These men did not die because they couldn't face life and had to turn to one vice or another, but because they had to deal with something so intense that it burned them up 

この人々は人生に向き合うことが出来ずあれこれと犯罪に走ったから死んだのではなく彼らはあまりにも根を詰めて物事に対処しなくてはならなかったのでそれらが彼らを焼き尽くしてしまったからだ: 

not A but B (not die but because) so+C+that節(so intense that) 

 

 

There's something in what all those musicians said and felt about the opposition to them and their music. And it's real, this thing that stands against what this music offers. From Scott Joplin's time, through Bird, Duke Ellington, and up to the current day, we've been fighting forces, whether individual or institutional, that are hostile to the truth of jazz, an inherent truth about the Negro in America and the reality of that experiences ― the blood-soaked pain at the root of our country, the remarkable resilience, the democratic compact that encompasses all of America, the production of genius under duress. The great walking encyclopedia of American Phil Schaap said that the first national pastime to integrate was jazz, not baseball. 

こういったミュージシャン達が、自分達とその音楽に向けられた拒否反応について、語り感じたことの中には、大切なことがある。それは実際にあった話であり、ジャズが届けるものに立ちはだかるものだ。スコット・ジョプリンの時代から、バードやデューク・エリントンの時代を経て、今日に至るまで、僕達は様々な力と戦い続けている。その力とは個人のだったり組織のだったりするけれど、その敵意の矛先は、ジャズの真相、つまり、アメリカの黒人に付きまとう真相、その経験が実際どんなものだったかに向けられている。この国の根底にある血にまみれた苦難と、注目すべきそこからの立ち直り、アメリカ全体を包み込んでしまう民主的な合意、これらは、長年抑圧されていたにもかかわらず、その天才的才能を守り続けた者のなせる業だ。アメリカの事なら何でも知っているフィル・シャープによると、アメリカを一つにまとめた最初の国民的娯楽は、ジャズであり、野球ではなかったんだって。 

 

 

If jazz speaks the truth of those things, what about America and the Negro? What should America do? What can it do? It's easier to say that the civil rights movement answered those questions. Or observe that since the Negro doesn't support any art, what difference does he make? For many, it's easy to run from the music's truth, or attack its core by redefining jazz out of existence. One American newspaper ever went so far as to proclaim: “The great innovations in jazz now all come from Europe.” Boy, you talk about trying to escape. When you change the paradigm of jazz, when you kill it, the nation alleviates another portion of its guilt about how it has treated the Negro. 

(65ページ) 

もしジャズがこういったことの真相を語る、というなら、アメリ社会と黒人はどうなんだろう?アメリカ社会がすべきこと、できることは何か?公民権運動をしたじゃないか、と言うのは簡単。では黒人は?芸術分野への貢献など何もしていない彼らには、変化など起こせるのか?多くの人々にとっては、ジャズの真相から目を背けたり、「ジャズなんて滅びる運命だ」と決めつけて根本を攻撃する、こちらの方が楽だ。あるアメリカの新聞は、こんなことさえ公然と記事に載せた「ジャズの大きな革新は、今やヨーロッパに全て委ねられている」。やれやれ、現実逃避しよう、というわけだ。ジャズに対する見方を変えてしまったり、滅びるようなことをしようというなら、それは、国家が黒人に対してしでかした犯罪的行為の罪を軽減してしまうことにつながる。 

 

 

But that only takes another step away from solving the great American problem. How do we embrace ourselves? How do we come together with the best part of our past? That's what the Jewish Daily Forward asked in 1919 when they heralded James Reese Europe's parade up Fifth Avenue in acknowledgment of the sizable Afro-American contribution in World War I. That's really what Benny Goodman asked in his 1938 Carnegie Hall concert when he performed with members of the Basie and Ellington bands. That's what Duke thought about when he wrote “New World A-Comin'.” That's what Pops had in mind when he hired Jack Teagarden to play trombone with the All Stars when most of America was segregated. That's what Coltrane was getting at with A Love Supreme. Charles Mingus with Fables of Faubus. Max Roach with the Freedom Now Suite. Sonny Rollins with Freedom Suite and Dave Brubeck with The Real Ambassadors. 

そんなことをしたら、アメリカが抱える大きな問題の解決から、また一歩後退してしまうだけだ。どうすれば国民が一つにまとまるか?過去のことも大方背負って共に歩んでゆくには、どうすればいいのか?先人達を見てみよう。「Jewish Daily Forward」という新聞の、1919年の記事:ジェームス・リース・ヨーロッパのニューヨーク凱旋パレードが5番街で行われたことを報じたものだ。第1次世界大戦でのアフリカ系アメリカ人の大活躍への感謝から実施されたものだ。ベニー・グッドマンの1938年のカーネギーホールでのコンサート:白人の彼は、カウント・ベイシー楽団とデューク・エリントン楽団の黒人メンバー達と共演した。デューク・エリントン作曲の「New World A-Comin」(新世界の到来)。ルイ・アームストロングは黒人中心の彼のバンド「オールスターズ」に、白人トロンボーン奏者のジャック・ティーガーデンを起用した。アメリカの大半が分断社会だった頃にね。こういう思いを込めた作品は、デュークの曲の他にもある。コルトレーンの「至上の愛」、チャールス・ミンガスの「Fables of Faubus」(フォーバスの物語)、マックス・ローチの「Freedom Now Suite」(組曲)、ソニー・ロリンズの「Freedom Suite」(組曲)、デーブ・ブルーベックの「リアル・アンバサダーズ」などだ。 

 

 

Antonious, you have to understand this truth about jazz, and realize why it has that kind of opposition. And why musicians have fought so hard to counter that opposition. When you can understand and see, then you will be much closer to this music. But as long as you can't see, if you don't understand that the opposition's there, if you aren't interested in what all of these people were talking about, if it's not real to you, you will never find that thing. You have to be moved to the point of feeling you have absolutely no choice but to question all the bullshit and pursue the truest truth you find. To step past the arrogance and into the embrace of your sound. Then, inevitably, that thing will come up in your sound. Then you will find your place in the center of the music's soul and touch a piece of that consistent beauty. And no one else can do anything about it, except be angry. Or happy. 

(66ページ) 

さて、アントニオ君、君が理解すべきなのは、こういったジャズの真相、君が認識すべきなのは、こういったジャズに対する逆風の理由と、その逆風に懸命に対抗してきているミュージシャン達の戦う理由ですよ。これを理解し自分の糧にすることが出来れば、ジャズとの距離はうんと狭まるだろう。でも出来なければ、そもそも逆風の存在を感じ取れないなら、先人達のメッセージに興味がわかないなら、現実味が無いと思うなら、君は一生答えは分からないだろう。世間のあらゆる不条理に疑問を投げかけ、君が見つけようとする真相中の真相を追求すること。これ以外に道はない!という所まで君の気持ちを持ってゆかねばならない。思い上がりの心を通り過ぎて、自分のサウンドを愛する心を持つこと。そうすれば必ず、サウンドにそれは出てくる。そして音楽のソウルの、そのまた中心に君のいるべき場所を見出し、「一貫して存在する美しさ」の一つに手が届くだろう。君以外の人間は何もしてやれない。外野で怒ったり喜んだりするだけさ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

7.And why musicians have fought so hard to counter that opposition 

そしてなぜミュージシャン達がその反意に一生懸命対抗したか: 

関係詞(why) 現在完了(have fought)  

 

 

In the words of that great Irishman, W. B. Yeats: “Daybreak and a candle end.” 

It's 6:00 in the morning, man... 

アイルランドの大詩人、イェーツの一節「夜明け、そしてろうそくは尽きぬ」 

あ、もう朝の6時だ・・・。