英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第8話Make Your Own Dreams: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Make Your Own Dreams 

自分だけの夢をいくつも持とう 

 

I couldn't escape school but I could focus on other things. We had a huge cheerleading competition coming up, so I threw myself into training and tried to forget about bullies and auditions. My life only sucked from eight a.m. to three p.m. Then I went to the gym and pushed it all out of my head. 

学校のことは気するな、と言ってもそれはムリな話ですでも自分の気持ちを他のことに集中させることはできますその頃チアリーディング大きな大会が迫っていていました。私はトレーニングに打ち込んで、学校でのイジメや、ディズニーでのオーディションのことは、忘れようとしていたのです。毎日の生活の中で、午前8時から午後3時の間は、ひたすら最悪な思いで過ごします。その最悪な思いが頭の中に溜まったところで、練習場に行って、全部吐き出すってこと。 

 

And then, when I had just about really and truly given up hope, we got another call from Margot the talent agent. Disney wanted to see me again. What were they doing, cutting one girl at a time American Idol ― style? This time there was no shrieking and disrupting of the animal's peaceful farm life. Instead of feeling excited, I just felt tired of it all. I told my mom I didn't want to go back. I figured it was going to be the same thing all over again. I was completely focused on cheerleading. My team wanted me. My team needed me. My team didn't make me fly cross-country over and over again only to send me home with nothing. My mom was over it too. She said it stressed her out. But then Margot told us that Judy Taylor, the head of casting, had said, “”You can't pass on this. They're really serious about Miley. They've seen so many girls, and they keep coming back to her.” 

さて、私的には、オーディションのことは、ホントに、マジで、望みはなくなったと思っていた、そんな時、また電話が来ました。エージェントのマーゴットからです。またもやディズニーが、私に顔を出してくれと言うのです。何をするつもりかしら?今度は「アメリカン・アイドル」(訳注:アイドルオーディション番組)も同時に開催して、女の子一人、切り捨ててやろうってか?今度は私もワメかないし、だからうちの牧場の馬達も平和なもんです。盛り上がるどころか、「またかよ」って気にしかなりません。お母さんには、またあそこに行くのはイヤだ、と言いました。どうせまた同じことになる、と分かっているからです。すでに気持ちは、完全にチアリーディングの方に向いていました。うちのチームは、私に顔を出してくれと言ってくれます。なおかつ必要としてくれます。飛行機で別の州まで何度も行かせた挙げ句、手ぶらで家に追い返すようなことは、うちのチームはしません。お母さんもウンザリしてました。ストレスで疲れた、と言ってます。でもマーゴットが言うには、キャスティングの最高責任者であるジュディ・テイラーがこう言っているとのこと「これを逃す手は無い。番組側も、マイリーのこと真剣に見ている。あれだけ沢山女の子達を吟味してきて、その上でマイリーにまた戻ってくるんだから」。 

 

Missing this competition would mean dropping off the team. 

今度のチアリーディング大会に出ないとなればこれでチームクビになっちゃう、ということです 

 

I had to choose between cheerleading and auditioning. 

チアリーディングか、オーディションか、それが問題だ。 

 

To this day it's the hardest decision I've ever had to make. My mom said it was up to me, but she wanted me to have perspective, to make an informed decision. She said, “Honey, are you sure? I think you're amazing, but the chances of getting this role are still slim to none. You have no experiance. We already know they think you're too small and too young. You have the rest of your life to do this. If you go, you may end up sacrificing cheerleading for nothing.”  

16歳の今日までこの時の2択一番辛かったですお母さんは私次第だと言いますでも同時に自分を外からきちんと見つめて決めるにしても、色んな情報をしっかり集めてからにしなさい、ですって。お母さんはこう言いました「いい?自分の気持ちに間違いない、と思える決め方をしなさいね。あなたはたしかにスゴイ、でもこの役をもらえる可能性は、まだまだ0(ゼロ)に限りなく近いのよ。何しろ経験が全く無いんだからね。むこうがあなたのことを、身長も年齢も低すぎると思ってることは、分かってるわよね。あなたが大人になっても、こんな風に何かを決めなきゃいけないってことは、ずっとあるからね。もしオーディションに行くとなったら、場合によっては、チアリーディングを犠牲にして、その結果が、ただの無駄に終わるってこともあるのよ」。 

 

My dad's advice was simpler: “You have to go. This part is meant for you.” (He really has a lot of faith in that intuition of his.) They told me to take my time and think about it really seriously.  

お父さんはもっとシンプルに行くしかないだろ。この役はお前のためにあるようなもんだ。」(ホントに自分の直感を信じる人なので。)二人とも、じっくり時間をとってよく考えなさいって。 

 

★★★7 things that help me fall asleep★★★ 

★★★寝付きを良くする7つのワザ★★★ 

 

1. a fine frenzy CD 

2. reading the life story of Einstein 

3. counting 

4. thinking about my family 

5. responding to e-mails 

6. business meetings 

7. snuggling up a my doggie, Sofie  

1.演奏のクオリティ高い盛り上がりすぎCDを聴く 

2.アインシュタインの伝記を読む 

3.ひたすら数を数える 

4.家族のことを考える 

5.メールに返信する 

6.お仕事の打ち合わせ 

7.ソフィー(ペットの犬)にスリスリする 

 

So I thought long and hard. Cheerleading wasn't just my passion. It was my salvation that year. It was the only way I was surviving sixth grade. If I quit and then didn't get the part, which we all knew was the most likely sequence of events, I'd be left with nothing. But I didn't plan to be a cheerleader for the rest of my life. This was my chance. And I was scared out of my mind.   

随分時間をかけて、じっくりと考えました。チアリーディングは、私にとって、単なる「情熱をかける対象」ではありません。小学校6年生のあの頃、それは私の「心の救い」でした。「地獄の6年生」を生き抜く、ただひとつの方法だったのです。それを辞めて、しかもハンナ・モンタナの役に合格しなかったなんて、まぁその可能性が一番高いわけですけど、本当にそうなったら、私には何も残らないことになります。と言って、一生チアリーダーやるつもり?というと、そうではない。このチャンスは私のものです。おかげで私は、不安と恐怖で気が狂いそうです。 

 

I have always believed that the greatest opportunities in life come with fear and risk. I realized that taking the risk was like soaring in a cheerleading stunt and having faith that someone would catch me. Maybe cheerleading had been training me for this moment.  

人生最大級の好機が訪れる時は不安とリスクも一緒についてくる、これは私の今日までの信念です。チアリーディングをやっていて思ったことは、人生のリスクとは、チアリーディングの大技で空中に飛ぶのと似ていて、自分は安全にキャッチされる、と信じ切ってやらないといけません。今この2択を迫られている、この時のために、私は今までチアリーディングで鍛えられていたのかもしれない。 

 

I knew it was too much to hope for, but Hannah Montana was my dream role, and it was closer than ever. I wasn't about to give up now.  

期待するなんて甘すぎるってことは分かっているでもハンナ・モンタナ私が夢にまで見た役だ、そして今、それに最接近している。気持ち的には、今は諦めようとはしていない。 

 

It was back to L.A. 

私の夢は、ロサンゼルスに戻れば、そこにあります。 

 

The dreams that you hold for your future are what you dream about at night. They're always at the back of your mind. They're what your heart desires. They keep you going. Accept reality and have a backup plan, but always follow your dreams no matter what.  

将来についての夢は、夜寝ている時に見るものだ。それは自分の冷静な意識の裏側に、常にあるものだ。それは自分の感情的な意識が、そう願うものだ。それは自分を、常に突き動かすものだ。普段は、現実を受け止めよう、そしてそれに対して取る行動のバックアッププランを持っていよう。でも自分の夢は、たとえどんな夢でも、常に追い続けよう。 

★★★ 

 

This time there were only two other girls in the waiting room. One of them was Taylor Momsen, who had been in Spy Kids 2 and now stars in Gossip Girl. She was gorgeous, with long, blond hair. The other one was sixteen years old. When I got called into the audition room, I read scenes for the executives over and over again. I sang songs for them. I talked to them so they could “get to know me.” I read more scenes. I sang more song. I read songs. I sang scenes. I would have hung wallpaper while wearing a tutu if I thought it would prove I was meant to play Hannah. 

今回控室にいたのは、たった二人でした。一人はテイラー・モムセン。かつては映画「スパイキッズ2」に、今は(2009年)テレビドラマ「ゴシップガール」に出てますよね。本当に華やかな子ですよね。長めのブロンドの髪もキレイ。もう一人の子は16歳。二人に比べると、私は30センチ位背がちっちゃい、そんな感じです。オーディション室に呼ばれました。お偉いさん達の前で、いくつかのシーンのセリフを、何回も読まされます。歌も数曲歌います。私の方から、お偉いさん達に声をかけるように、心がけました。そうすれば、「私と知り合えた」という意識を、持ってもらえると思ったからです。更にセリフ読み、歌唱テスト、歌詞を朗読したり、セリフにメロディを付けて歌ったりもしました。もしハンナの役をやってやろう、なんて気になったら、壁紙掲げてガードしてチュチュに着替えてやろうか、と、そこまで考えもしました。 

 

It was a long day, and finally it was over. My mom, my maternal grandmother (Mammie), and I were staying at the Universal Studios theme park so we'd have something fun to do if the trip turned out to be a bust. Auditions done, we went to dinner at a restaurant there called Daily Grill. We sat down got our drinks, and I promptly spilled Mammie's entire Dr Pepper all over my white skirt.  

長い一日でした。そしてようやく終わりました(終わってしまいました?)。お母さんと、お母さんの方のおばあちゃん(マミー)と、私の3人は、ユニバーサルスタジオにいました。今回のことがもし失敗に終わったら、せめて少しでも楽しい思い出作ろう、ということで。オーディションも終わったことだし、ということで、パーク内のレストラン「デイリー・グリル」へ食事をしに向かいました。席について、ドリンクがテーブルにきた途端、マミーのドクター・ペッパーを全部、私の白のスカートにこぼしてしまいます。 

 

As I was yanking paper napkins out of the dispenser as fast as I could, Margot called. She and my mother talked a little bit, then my mom hung up and turned to me. “They want us to go back to the studio right now,” she told me. “They want to test you with another girl they have for Lilly. Margot said we should drop everything.” I looked at my Dr Pepper ― soaked skirt and said, “I thought I already did.” I couldn't go like that! But they were sending a car for us! We sprinted back to the hotel so I could change before the car came.  

ダッシュで紙ナプキンを次々引っ張り出しているところへ、マーゴットから電話です。お母さんが出て、少し話すと、お母さんは電話を保留にすると、私の方を向き、「今すぐ、スタジオに戻ってくれって、審査の人達が。」と言いました。「あなたに、今度はリリー役の子と絡むところをテストするって言ってるようだわ。マーゴットが、とにかく今、全部放って来てって」。私はふと、スカートにドップリ染みたドクター・ペッパーを見て「もうやりきった、と思ってたのに」とつぶやきました。こんな姿で行けませんっての!でも先方さんは、迎えの車をよこしてるって!私達3人、ホテルにダッシュで戻ると、車が着く前に着替えを済ませることができました。 

 

My heart racing and palms sweating.★ I tested with the Lilly actress, a sweet girl with very dark hair. She and I whispered excitedly. We were the ones! Weren't we? It seemed so promising. At the end I thought they were going to tell me I had the part. Instead, they just said thank you and sent me back to Nashville. 

(★I know. Real professional) 

こうなると心臓バクバク、掌ビチョビチョ★。私がテストを受けたリリー役の女優さんは、黒髪の本当にいい子でした。もう二人で盛り上がっちゃって、私達、ドンピシャでしょ、そう思わない?なんてね。これで決まりかな、と思いました。これでついに、役に決まったと、言ってもらえると思っていました。ところが、先方さんは私達にお礼を言うと、ナッシュヴィルへお帰りください、ですって 

(★それがプロフェッショナルだってんでしょ?) 

 

At first I made my mon call the agent every day to see if there was any news, but there was never any news. Weeks went by. Finally, we just stopped calling. 

その後、はじめのうちは、お母さんに頼んで、毎日エージェントのマーゴットに電話して、何でもいいから新しい知らせはないのかどうか、訊いてもらいました。でも新しい知らせなんて、ありません。結局、私達は電話をかけるのを、止めてしまいました。 

第7話When Disney Calls: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

When Disney Calls 

ディスニーが私を呼ぶ時は 

 

It was as if someone wanted to make it up to me for what was going on at school. Not long after the bathroom incident, I got another surprise call ― this time it was Disney saying they wanted me to come to L. A. to audition in person for Hannah Montana. It was the middle of the school year! Score! I could miss school ― i. e., Torture 101. But then I remembered. I also had major cheerleading commitments.  

学校での地獄の苦しみを、誰かが埋め合わせをしてくれている、そんな気がする出来事がおきます。トイレ事件の少しあと、突然の電話が、またかかってきました。今回ディズニーから私にかかってきた電話は、ロサンゼルスに来てオーディションを受けてくれというのです。対象の役は、なんと「ハンナ・モンタナ」です。6年生も折り返しの時期でした。やったね!いやぁ、さみしいなぁ、授業受けらんないなぁ。例えば「地獄入門」とかね。でもこちらは冗談抜きの話、チアリーディングの方で、大きな大会があったんだった。 

 

Missing just a single practice was a big deal. The choreography relies on everyone showing up. After all, you can't have a pyramid without the top. girl. Actually, it's even worse to try making a pyramid without one of the bottom girls!★ 

(★Don't try this at home!) 

練習は1回でも休むと大きいんです集団での振り付けは全員が練習に出席することにかかっています。人間ピラミッドにしても、てっぺんの子がいなければ出来ないし、ましてや、一番下で支える子達にいたっては、一人でも欠けたら、てっぺんの子がいないより良くないですよね★。 

(★危険ですので、自宅ではやらないように!) 

 

Somehow my mom got me excused from practice. I flew to L. A., anxiously ran lines with Mom, hurried to get to the audition on time, could barely contain my excitement, opened the door to the waiting room, and ― there were fifty other would-be Hannahs waiting to be seen. My mom and I looked at each other. We had thought I was a finalist. I guess we thought wrong. We joked that they had enough Hannahs there to name one after every state, not just Montana. (Hannah Indiana, Hannah Connecticut, Hannah Idaho ... ) I know, I know ― but we had a lot of to kill in that waiting room.  

結局母勧めもあって、私は練習を休ませてもらうことにしました。ロサンゼルスに飛んで、お母さんとセリフの読みあわせをして、オーディションに間に合うよう急いで、心臓バクバクを辛うじて抑えて、ドアを開けて控室に入ったら・・・あれ、50人もいる。これ全部ハンナ・モンタナの役を狙ってる子達だ。お母さんと私は、思わず顔を見合わせてしまいました。私が最終候補者じゃなかったんだ。勘違いってことですね。こうなったら、お母さんと冗談飛ばして、50人もハンナがいるなら、「モンタナ」だけじゃなくて全部の州の名前がつけられるじゃんって(ハンナ・インディアナでしょ、ハンナ・コネチカットでしょ、ハンナ・アイダホでしょ…)はいはい、スイマセン。でも、こんなに沢山いれば、審査までには、十分時間があります。 

 

★★★ 7 places I want to go ★★★  

行きたい場所7つ 

 

1. Fiji 

2. Australia 

3. Italy 

4. Hawaii 

5. Germany 

6. Spain 

7. North Carolina 

1.フィジー 

2.オーストラリア 

3.イタリア 

4.ハワイ 

5.ドイツ 

6.スペイン 

7.ノース・カロライナ 

 

The waiting room for the Hannah Montana auditions was like the waiting room in a busy doctor's office. There were old magazines, odd smells, tons of tension ― and we were all about to be examined. Some of the moms who were waiting with their daughters had way too much perfume on, giving me an insta-headache. The only saving grace was that at least we wouldn't have to get any vaccinations. Although I was pretty certain that not getting the part would hurt at least as much and the pain would last longer.  

ハンナ・モンタナ」のオーディション控室は、さながら、混んでいる病院の待合室、といった感じでした。雑誌のバックナンバーがいくつか置いてあって、異様な匂いと、めちゃ重苦しい緊張感にあふれていて、ここにいる全員が、これから間もなく審査を受けるのです。娘の付き添いできているお母さん達の中には、香水がキツすぎる人達がいて、私なんか、あっという間に頭痛になってしまうほどです。唯一の救いは、ワクチン注射を受けなくて済むってこと。そうは言っても、落ちたら凹んでで後引きずるだろうな、ということは確信してました。 

 

As we waited, and waited, and waited some more, I could see that some of the girls and their moms were sizing up. My mom, thank goodness, has never been “that” mom. She ignored the looks, but I couldn't. It was tense in that room. You couldn't help thinking about who was prettiest or best prepared or most talented. As I sat there, I snuck peeks at the other girls. I didn't recognize any of them ― not that I expected to. I had done some auditioning, but I hadn't exactly been going all over town.  

待って待ってまた待っているうちに女の子達とそのお母さんの中に周りの子達にあれこれチェックを入れている人達がいるのがわかりました。うちのお母さんは「その人達」には、絶対ならないので、ヨカッタ。お母さんは見た目を無視しますが、私はそうはいかない。控室はピリピリしてました。どうしても、一番可愛く見えるのは?一番しっかり準備してきたのは?一番才能があるのは?って気になるもんです。座って待っている間も、他の子達をチラ見してました。知っている子は誰もいません。いてほしいとも思わなかったけど。これまでも色々な都市でオーディションを受けてきましたが、全部しらみつぶしに受けたわけじゃありませんでしたからね。 

 

Most of the girls were older than I was and much taller. Many of them were beautiful. Some had shiny black hair. Others had long blond hair. Some had glowing white teeth. I looked at how they were dressed, how they did their makeup, and how they wore their hair. On looks alone, I was pretty sure most of those girls could land the role hands down. An I could only imagine what kind of experience they had had. I felt way out of my league. Auditions were by far the most scary, nerve-racking moments I ever had. Each one was like taking a test. I liked to perform, so I was always excited, but I also always really wanted the job, so the anxiety was huge. But on that particular day, the cheerleader in me woke up. 

大半の子達が私より年上で背もうんと高い。しかも美人ばっかり。ツヤッツヤの黒髪の子、ピッカピカのブロンドの子、キラッキラの白い歯の子。私は服装やメイク、それから髪型もチェックしました。その結果だけで言えば、ここにいる子達の大半が、受かってしまうだけのものを持っている、と強く思いました。あと、これまでの実績や経験は、想像するしかありません。私なんかお呼びじゃないな、と感じました。私にとって、オーディションほど、怖くて神経をすり減らすものは、ありません。1回1回が、学校で試験を受けているようなもんです。人前で演技をするのは好きなんです。だからオーディションはいつだってワクワクします。ただし同時に、役を勝ち取りたい、と思うと、不安な気持ちのほうが大きくなるのです。でもこの日に限って、私の体の中にいた「チアリーダー」が、覚醒します。 

 

My cheerleading coach, Chastity, was really tough. In Nashville, some people treated me differently because I was the singer Billy Ray Cyrus's daughter. They'd cut me slack because my dad was somebody. Not Chastity. If I messed up, she made me run laps just like everyone else. If anything, she was tougher on me. I was afraid to fly ― to be the person at the top of the stunt who soars through the air ― but she had me work one-on-one with the stunt trainer. I wasn't the best tumbler, but she made me practice until my back handspring was just right. I bounced off my head until I felt like I'd been spinning in circles for hours.  

チアリーディングのコーチは、チャスティティさん、といいます。大変厳しい方です。地元ナッシュヴィルでは、私を特別扱いする人達もいます。あの、ビリー・レイ・サイラスという歌手の娘だから、がその理由。そういう人達は、私が何かしても、大目に見ようとします。お父さんが「有名人」だから、というわけです。でもチャスティティさんには通用しません。私がヘマをやらかしたら、他の子達と同じように、バツとして走り込みをさせます。むしろ、他の子達より厳しかったかもしれません。私は、飛ぶ、つまり、大技をする時に一番上から空中に飛び上がるのを怖がったのですが、チャスティティさんは、私に対して、専門のトレーナーをつけてマン・ツー・マンでこれに取り組ませました。私はチームで一番大技が出来る、というわけではなかったのですが、チャスティティさんは、私が完璧にバック転が出来るまで、何度でも練習させるのです。何時間も練習して、頭をぶつけまくっているうちに、きれいに円を描くような気分で回れるようになったのです。 

 

Chastity didn't care how long it took me. She was proud, so long as I didn't quit. She always said, “Can't is not a word.” Chastity taught me that when I wanted something, I had to work hard for it. I wanted this part badly. Who was to say that these polished L. A. girls were any better than I was? When they finally called my name, I was ready.   

チャスティティさんは、私が出来るようになるまで、気にせずいつまでも待ってくれました。私が諦めない限り、私を誇りに思ってくれていたのです。いつもおっしゃっていたのが「世の辞書に、『不可能だ』という文字は無いのよ」。努力を惜しむな、何かを望み願うなら。私の願い、それも悲願は「ハンナ・モンタナ」の役です。こんな飾ったロスのガキンチョ共に、負けてたまるか!私の番が来ました。準備はOKです。 

 

In the audition room, I faced a panel of ten people. I stood there, dressed in my short little skirt and T-shirt ― Abercrombie'd out. You want them to remember you, so I made sure to be outgoing. For once in my life, it was good that I talked too much. I just had to make sure to be myself instead of letting my nerves take over. The casting people asked me to read from a script, then to sing. I sang a little bit from Mamma Mia! As at most auditions, they gave me comments, like “Can you try it a little bit brighter?” or “Read it again as if you're really annoyed at your brother.” (It's funny, I was so nervous and had no idea then who those people on the panel were. They were just intimidating strangers. Now they're the people I work closely with every day.) 

オーディションの部屋には、10人の人達が、ずらりと並んでこちらを見ています。前に立ちます。私の服装は、丈の短い小ぶりなスカートに、Tシャツ(アバクロンビー風)。相手の印象に残らなきゃ、と思うわけなので、活発さをしっかりアピールしました。この時ばかりは、しゃべり過ぎが功を奏します。緊張に押しつぶされることなく、自分らしさをしっかり保たないといけません。セリフの朗読に続いて、次は歌です。ミュージカル「マンマ・ミーア」の劇中歌の一つを、少し歌いました。大抵のオーディショでは、ここで一言二言審査員から言われます。例えば「もうチョット明るさを出してやってみてくれる?」とか「もう一度読んでみて。今度はあなたの弟さんに、心底イラっとしている感じで。」といった風にです。(この時は緊張していたのか、審査に当たっていた人達が誰なのか、全然わからなくて、単なる「怖い人達」。彼らとは、今では毎日顔を突き合わせて仕事をしているのが、不思議な感じがします。) 

 

When I came out of the room I had no idea how I'd done. And I couldn't relax yet even though it was over. Sort of. The most stressful part of the whole auditioning ordeal is that you can't go home until they tell you you're done. You have to hang out in the waiting room, watching other girls get called back in, wondering if you're going to be called in to read something different or to sing again. And you never know why you're being called back in. Or not being called back in but still made to stay. Do they like you? Do they love you? Does one person hate you? Are they worried about your hair? Your height? They never give you the tiniest hint of hope.  

終わって部屋を出た時は、自分の出来栄えとか、全然覚えてませんでした。それから、もう終わったのに、全然気が抜けない、という感じの気分です。ここからが、オーディションという試練の、最もストレスが溜まる部分です。「もういいよ」と言われるまで、家に帰れません。控室で手持ち無沙汰にしつつ、他の子達が呼び戻されるのを見ながら、自分も呼び戻してもらえるだろうか、また違う台本を読んだり、もう一回歌ったりできるだろうか、とヤキモキするのです。そして呼び戻されても、理由は全く告げられません。そういう意味では、呼ばれず待機する理由も告げられません。目をつけてくれたのか?気に入ってくれたのか?一人だけ嫌っている人がいるのか?髪型が気に入らないのか?ほんの少しでも希望が持てるヒントを、全く教えてくれないのです。 

 

I did my best, but we ended up going home to Nashville with no good news. And then, a couple weeks later, I got another call. “You're a finalist!” Okay, this was the real thing. Maybe I had my ticket out of sixth grade after all. Again I begged out of cheerleading. Two strikes. One more and Chastity would kick me off the team. I flew to L. A., anxiously ran lines with Mom, hurried to get to the audition on time, could barely contain my excitement, opened the door to the waiting room, and ― there were thirty other would-be Hannahs waiting to be seen. Sounds familiar? 

ベストは尽くしましたけど、結局ナッシュヴィルへは、何かしらの良い知らせを持ち帰ることは出来ませんでした。そして2,3週間経った頃、また電話がかかってきます。「あなたは最終候補者に選ばれました!」ヨッシャ、今度はマチガイなし。どっちにしろ、これでまた地獄の6年生からの脱出チケットをゲットです。今度もチアリーディングの方で、お休みをもらわなきゃいけません。さすがにこれで崖っぷち。今後あと1回休んだら、チャスティティさんが引導を渡すとのこと。ロサンゼルスに飛んで、お母さんとセリフの読みあわせをして、オーディションに間に合うよう急いで、心臓バクバクを辛うじて抑えて、ドアを開けて控室に入ったら・・・あれ、30人もいる。これ全部ハンナ・モンタナの役を狙ってる子達だ。ね?どこかで聞いたような話でしょ? 

 

I was starting to feel like one of those balls that's attached to a paddle by a rubber band. Each time I got smacked away, they pulled me back just so they could smack me again. Well, it was a little gentler than that. But I was eleven. It was a roller coaster. ★ In the faces of those thirty girls I saw the grim reality. I had barely made any progress. I was definitely going back to sixth grade.  

これじゃ、パドルボールのボールと一緒だ、そんな気分になりました(訳注:ラケットとボールを紐でつないで独りで打つ遊び)。ボールの私は、ディズニーにスパンっと打ち放たれたら、引っ張り戻されて、またスパンっとやられる。ま、これよりはマシか。でも私、まだ11歳なんで、これじゃ、ジェットコースターですよ★。30人の女の子達の表情を見て、私は自分に突きつけられた残酷な現実を、思い知りました。前回のオーディションから、私は全く進歩していなかったのです。地獄の6年生への逆戻りは、これで確定した、といったところ。 

第6話A Long Pit Stop: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

A Long Pit Stop 

ある日、長めのトイレ休「刑」にて 

 

Cheerleading was my safe haven, the one place where I knew I had friends I could trust to the ends of the earth. Or at least to catch me when I was flying through the air, which was a little more likely than reaching the ends of the earth, anyway. But at school I had no such safety net. And things were getting worse. 

チアリーディングは、私が安心・安全を求めて駆け込む場所でした。そこには、地獄の底まで信じ合える友達がいるからです。そこまでとは言わないけど、少なくとも、空中で舞えば、ちゃんと受け止めてくれる、そんな場所です。どっちにしても、地獄の底まで落ちる心配はないわね。でも学校には、そんな安全ネットなんて、ありません。地獄は、底なしになってゆきました。 

 

I still have no idea how the Anti-Miley Club got a janitor's key to the school bathroom, but one day I was on my way to science class, and they shoved me in an locked it. I was trapped. I banged on the door until my fists hurt. Nobody came. I tried to open the window, but it was stuck.★ It dawned on me that everyone was already in class. Nobody would come to use the bathroom for at least forty minutes. I sat down on the floor and waited. ★  

(★Note to self: in case of fire do not attempt to exit via bathroom window.) 

(★★gross) 

ある日のこと。理科室へ移動中のことでした。いきなり、例の「アンチ・マイリー」の子達が、私をトイレに無理やり押し込むと、外から鍵をかけてしまったんです。その鍵、どうやって用務員さんのところから持ってきたのか、未だにワカリマセン。こういうの、監禁状態っていいますよね。私は両方のこぶしが痛くなるまで、ドアをバンバン叩き続けました。誰も助けに来てくれません。窓から外に出ようとしますが、立て付けが悪くてビクともしません★。みんな、もう教室に入ってしまったのかしら。となると、最低40分は誰もトイレには来ないってことになります。私は床にへたり込むと、待つしかありませんでした★★。 

(★覚書火事になったらトイレの窓から逃げようとするな 

(★★トイレの床にへたり込むなんて…) 

 

I spent what felt like an hour in there, waiting for someone to rescue me, wondering how my life had gotten so messed up.  

1時間くらい、誰か助けてくれないか、と待っている間、なんで私の人生こんなにメチャクチャにされなきゃいけないの?って思っていた。 

 

I looked at the line of stalls, the row of mirrors, the unyielding windows, and thought about my two fish, swimming around and around in their bowl. How had I gotten here? Had I asked for it? Did I deserve it? Would it ever end? I knew the capitals of all fifty states. I knew the capitals of all fifty states. I could do a back handspring on the sidewalk. But I had no clue as to why this was happening. I was friendless, lonely, and miserable. The only bright spot was that if I had to use the bathroom, at least I was in the right place! 

便座の間仕切りのならび、洗面コーナーの壁にとりつけてある数枚の鏡、立て付けの悪い窓、そんなものをじっと見ていたら、自分の部屋の金魚鉢の中でクルクル回って泳いでいる2匹の金魚達のことを思っていました。あのイジメっ子達、どうやって私をここへ押し込んだの?私、こんなこと頼んだ?私、なにか悪いことした?これって、永久にこうじゃないよね?50ある州都の名前全部言える(訳注:日本なら「都道府県庁所在地全部言える」)。歩ける細長いスペースが有れば、後方宙返りだってできる。とまぁ、勉強もスポーツもそんなに苦手ではない私でも、この仕打は理解不能。今ここでは、誰もそばにいてくれない、孤独で、ミジメな気分になりました。一つだけ、不幸中の幸いは、トイレに行きたくなったら、ここなら大丈夫ってことかしらwww 

第5話The First Dream: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

The First Dream 

はじめて「自分の夢」としたこと 

 

Luckily, I had a whole other world outside of school. The acting thing was only a small part of my life then. I had started doing competitive cheerleading when I was six, and for a long time it really was my everything. 

私には学校以外に全く別の自分の居場所がありました。私にとっては幸運なことだったと思います。その頃はまだ、お芝居のことは、自分の中ではまだ大した活動ではなかったのです。6歳から、大会に参加するようなレベルのチアリーディングチームに入っていて、長い間、これが私の全てでした。 

 

My mom got me into it. We lived on a big farm, which was incredible, but there were no neighbors nearby, no kids around for us to play with besides each other. Which wasn't bad, in my mind. I loved the animals, and I loved hanging out with my cool big brother, Trace (I call him Trazz), my amazing big sister, Brandi, my little brother, Braison (I call him Brazz), and my baby sister, Noah ― when she came along. But my mom wanted me to have some friends besides horses, chickens, and my brothers and sisters. Not in that order.★ (Okay, maybe in that order.) Since Mom had loved cheerleading as a kid, she wanted me to give it a try.  

(★Just kidding, guys!)  

チアリーディングやろうと言ってくれたのはお母さんです私の実家は大きな牧場でそれはとっても良いところでしたけれど、「近所の人というのが全くいないような場所でとなると当然兄弟姉妹以外で一緒に遊ぶ「子供」もいないのです。個人的には、それは別に嫌だとは思いませんでした。飼っていた動物達は皆かわいいし、お兄ちゃんのトレース(通称「トラズ」)はカッコいいし、お姉ちゃんのブランディはスゴイし、それから弟のブライソン(通称「ブラズ」)、そして後から生まれた妹のノア、皆とつるむのも、大好きでした。でもお母さんは、私に友達を作れと言うんです。馬だの鶏だの、兄弟姉妹だのとばっかり一緒にいたらダメ、なんだって。ちょっと順番がよくなかったかな★(ま、いっか、これでも)。お母さんも子供の頃チアリーディングが大好きだったので、私もやってみたら、というわけです。 

(★冗談よみんな!) 

 

The first day I was supposed to go to practice, I was not happy. I begged: Please don't make me go! What's wrong with having horses and chickens and little brothers as my only friends? They won't let me down, they won't laugh at me ― sure, they smell a little (sorry, Brazz) ― but that's okay ― I'm not shallow.★ 

(★Maybe my mom was right about the whole farm-makes-you- shy thing. ) 

初めて練習に参加した日のことです。私は気乗りがしませんでした。私は駄々をこねて「お母さんお願い、私イヤ、行きたくない。お馬さんや鶏さんや、ブラズ達だけがお友達でも、別にいいじゃん!私のこと仲間ハズレにしないし、私のこと笑わないし、そりゃチョッとは臭いニオイがするよ(ごめんブラズ、馬や鶏と一緒にしちゃった)、でも平気だもん、私ちゃんと考えてるもん。★」 

(★今思えば、お母さんの「牧場は人をシャイにする」論は、正しかったかも) 

 

It may not be obvious from my life today, but being around new people makes me anxious. Just the idea of walking into a room of strangers keeps me up at night. Anyway, I knew that my dad was on my side about the whole not going to cheerleading thing. He traveled so much that he just wanted us kids around whenever he was home. But my mom stuck to her guns, and I went. And because moms are right way too much of the time, I loved it instantly.  

今の私の様子からは、そう見えないでしょうけど、私って、初対面の人達と一緒にいると、不安になるんです。明日は知らない人達が集まっている部屋に行かないといけない、なんて日は、前の晩は寝れなくなります。チアリーディングのことについては、お父さんは私の味方だってことは分かってました。しょっちゅうツアーで家を空けているから、家にいる時はいつでも、子供の私達が一緒に居てほしい、というわけです。でもお母さんは一歩も譲らず、結局、私は行くことになります。だいたい母親というものは、正しいことを言うことのほうが、圧倒的に多いんでしょうね、私はコロッと、チアリーディングが大好きになりました。 

 

Cheerleading took a lot of time. A lot. I was at the gym every day. We worked out. We tumbled. We practiced two-and-a-half minute routines over and over and over again. I became best friends with Lesley and the other girls on the team, and my mom became friends with their moms. We traveled together to competitions, stayed in motels, swam, goofed around, did our hair and makeup with our moms, and had intense, incredibly hard-core competitions. I was really into it. ★ 

(★cheerleading 4 ever) 

チアリーディングというのは時間を沢山割く取り組みです。ホントに。練習場には毎日通います。基礎体力をつけるトレーニング。跳躍やバック転。1ラウンド2分30秒のルーチントレーニングが色々あって、それぞれを、何度も何度も何度も繰り返すのです。特に仲良くなったのがレスリーっていう子ですが、チーム全員の子達とスゴく仲良しになりました。お母さんも、他のお母さん達同士でママ友に。あちこちの大会に遠征に行きました。宿泊先のプールで泳いだり、皆でバカやって楽しんだり、演技前にはそれぞれお母さんに手伝ってもらって、髪を整えたりメイクをしたり、大会は緊張感がみなぎる熾烈な争いでした。本当に入れ込んでやってたと思います。★ 

(★チアリーディング、バンザイ!) 

 

Sometimes I was too into it. One time I got really sick right before a competition in Gatlinburg, Tennessee. I could not stop throwing up. You know, one of those stomach things where even if you take a sip of water, you retch? Yeah, it was bad. But how long could it last? I was sure I'd be better in time for the competition. So I made my mom take me, and I spent the whole four-and-a-half drive lying down in the backseat with a garbage can next to me, sleeping, throwing, and sleeping some more. We got to the hotel in Gatlinburg and I was no better, but I still wanted to compete. My coach said there was no way I could do it. She tried to stop me, but I insisted. I knew I could do it if I pushed myself.  

「入れ込みすぎ」たこともありますテネシー州ガトリンバーグ大会があった時のこと。直前に体調を崩してしまったのです。嘔吐が止まりませんでした。「嘔吐」ってわかる?胃の調子が悪い時に、水を一口飲んでも、ゲーって吐いちゃうことあるでしょ?あれです。そりゃヒドいもんですよ。でもいつまで続くの?って考えた時に、演技開始までには回復するだろうと確信してました。そういうわけで、私はお母さんに介添えしてもらうことにしました。ガトリンバーグまで車で4時間半。私はずっと後部座席に横になって、ゴミバケツを側に置いて、眠っては吐いて、そしてまた少し眠って、を繰り返します。ガトリンバーグに入り、ホテルに到着。体調は回復しません。でも私は演技に出たかった。監督はムリだと言って制止しようとしますが、私は諦めません。気合で乗り切れる、と確信していたからです。 

 

Thirty minutes before we were supposed to go on. I pulled myself out of bed, showered, and we drove to the meet. I went out, did the routine, walked off the stage, and threw up into a trash can. But I did it. And that was what mattered to me.  

出演30分前です。私はベッドから体を起こし、シャワーを浴びて、車に乗り込んで会場に向かいます。登壇し、予定されていた演技をこなし、自分の足で歩いて降壇、そして直後にゴミバケツにゲーっ。でもやり切りました。私的には、そこは何としても諦めたくなかったのです。 

 

When we would get in the car after every competition, even if we lost, my mom would say, “Here's your trophy!” and hand me a gleaming trophy with my name on it. Growing up, my room was full of trophies. All from my mom, the biggest and best fan a girl could have. ★ I may not have deserved every single one of those trophies, but the Gatlinburg trophy ― that one I know I earned. 

(★I love you Mom!) 

大会のたびに、仮に負けた日でも、終わった後お母さんは車の中で、「マイリー、あなたにトロフィーよ!」と言って、ピッカピカのトロフィーを、それも私の名前がプレートに彫ってあるものをくれるのです。大会出場を重ね、腕を上げてゆくにつれて、私の部屋はトロフィーでいっぱいになってゆきました。全部、お母さんからのものです。女の子にとって、これ以上大きな、そしてこれ以上素敵な喜びって、あるでしょうか。★一つ一つ思い返していけば、中にはトロフィーもらっちゃって良かったのか?っていう大会もあります。でもこのガトリンバーグでの大会の分は、胸を張ってもらっちゃって良いものだ、と確信しています。 

(★お母さんダイスキ!) 

第4話OperationMMM: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Operation MMM 

MMM作戦(趣意:「マ」イリー「ム」カつく「ミ」ジメにしてやる) 

 

Is there a guide for how to torture eleven-year-old girls? If not, those girls I'd started hanging with ― you remember, my “friends” - could write one.★ In the winter of that year, every day brought a creative new tactic in Operation Make Miley Miserable. They sent me mean notes. They stole my books and made me late class. They made fun of my clothes and my hair. They told Rachel - the friend who had become tight with them at the same time as I did - that if she sat with me at lunch they'd have it in for her too. So I sat at a table by myself day after day, looking at the goth kids, wondering what I'd look like with black hair and chains. I've since decided: not so good. 

「11歳の女の子達を苦しめる方法」、なんて本が、世の中にあるのかしら?もし無いんだったら、書けそうな子達がいますよ。私が関わり始める羽目になった、そう、「オトモダチ」の皆様です。6年生も中盤、冬頃になると、来る日も来る日も、「マ」イリー「ム」カつく「ミ」ジメにしてやる作戦が発動して、「まだこんなこと思いつくの?」みたいに、攻撃してくるんです。嫌なことを書いたメモを押し付ける。私の教科書を隠して授業に遅刻させる、私の服や髪型をバカにする。レイチェルと言って、私と同じ時期に「オトモダチ」と関わるようになった子がいます。私がレイチェルとお昼一緒をに食べていると、「オトモダチ」はレイチェルにも攻撃してくるんです。だから私は、毎日独りでお昼を食べるようにしました。別のテーブルに居る凶暴な「オトモダチ」を見ながら、一方私は、冴えない髪型をして身動きも限られて、アイツらから見たらどんな風に見えているんだろう、と思いながら・・・。それから決めたんです、別にパッとしなくてもいいやって。 

 

The list goes on: Rachel stopped speaking to me. When I wanted to try out for the school cheerleading team, my so-called friends told the principal that I'd cheated and learned the tryout dances in advance. Total lie, but the principal believed them, and I wasn't allowed to try out for the squad.★ Oh, and I'll never forget how one of them was nice to me for a few days. She said she wanted the “fight” to be over. She got me to tell her exactly what I thought about “our friends” - that I didn't understand why they didn't like me, that I felt like they were being mean - then she went back to them and told them I was a snob. She'd been faking it. Looking back I think maybe she was the one who should have been an actress.  

(★At least I still had my competitive cheerleading squad outside of school) 

(★★Me = total sucker) 

作戦リストはまだまだありますレイチェルも、私に話しかけなくなりましたある日私が学校のチアリーディングチームのオーディションを受けようとしたときのこと。例の「オトモダチ」が、校長先生のところへ行って、私が先生方の目を盗んで、事前にオーディションのダンスの内容を知った、というのです。とんでもない嘘なのに、校長先生は信じてしまったのです。私はオーディションを受けることができなくなりました。この日の後、数日のことは、絶対に忘れない。「オトモダチ」の一人が、私に愛想よくしてきたんです。その子は私に、もうこんな「いさかい」は止めにしたい、と言うのです。私の側に立って「オトモダチ」をどう思うか、しっかり言わせたのです。どうして私を嫌うのか理解できない、ずっと意地悪されているように感じる、「だよねぇ、そう思うよねぇ」などと、ひとしきり私に言わせた後、その子は「オトモダチ」の元へ戻ると、私をゲス呼ばわりするんです。そうやってその子は私を引っ掛けた、というわけ。★★今思えば、その子は女優バリだったな。 

(★一応当時学校以外で、強いチアリーディングチームに入っていたんだけどね) 

(★★私って、騙されやすいオンナなの) 

 

If this sounds like run-of-the-mill Judy Blume Tales of a Sixth-Grade Nothing, well, it was. I wasn't oblivious to issues like world hunger or pandemics. I knew my problems were relatively puny. But they were mine. And they felt heavier than the world on my shoulders. So, if you want to know if I liked school back then, the answer was definitely no.  

そんなの良くある話だよ、ジュディ・ブルームの『どうってことない「6」年生の物語』(原題は「4年生」)を読んでみなよ」って言う人、そうかも知れません。当時の私だって、食糧危機や伝染病の大流行の問題が、世界にあることぐらい知ってました。それから比べれば、私に対してのイジメなんて、大したことないって。でも攻撃されているのは私です。6年生のワタシの肩には、世界の問題より私の問題のほうが、重く感じていました。ですのでね、「小学校の頃楽しかった?」と聞かれれば、答えは絶対NOです。 

第3話On the other Hand: Miles to Go byマイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

 

 

On the Other Hand ... 

一方で… (学校の外では) 

 

You know how it feels on a hot summer day to dive into the crisp relief of a cold swimming pool? Well, that's how it felt when I came home from school after a particularly hard day to be told that Disney had called. Margot, a talent agent who'd taken an interest in me, let us know that Disney had asked her to send tapes of all the girls she represented between the ages of eleven and sixteen. They wanted a tape of me reading for the part of Lilly, the best friend of a girl named Chloe Stewart in a new TV show called Hannah Montana. 

夏の暑い日にスッキリしたくて冷たいプールに飛び込むそんな気分って分かりますよねそんなある日の話です。その日は、学校で特にツラすぎるって一日でした。帰宅してみると、ディズニーから電話があったとのこと。私には、目をかけてくれているタレントエージェントがいました。マーゴットといいます。彼女からの電話でした。彼女が推薦する女の子たちの内、11歳から16歳の間の子全員に、オーディションテープを提出するよう、ディズニーからマーゴットに依頼があったとのこと。テープに吹き込むのは、あるテレビ新番組に登場する役柄のセリフ読み。クロエ・スチュワートの一番の仲良しで、リリーという子です。番組のタイトルは、「ハンナ・モンタナ」。 

 

From the very first time my parents and I read the script, we knew that Chloe Stewart was my dream part. Chloe's alter ego, Hannah Montana, was a rock star. The actress who played both parts would be singing Hannah Montana's songs. Singing and acting. Both were dreams of mine, and if I landed this role, I wouldn't have to put either aside. After my dad read the part, he just kept saying, “That's made for Miley. Miley's made for that.” 

パパとママそれから私でセリフに目を通したその瞬間から全員このクロエ・スチュワートこそ私がやってみたかった役だ、と確信したんですクロエとは世を忍ぶ仮の姿で、本当はハンナ・モンタナというロックスターという設定。この、一人二役を務めることになる女優さんは、番組中ではハンナ・モンタナの歌を歌うことになります。歌と、同時に演技もするのです。どちらも私がやってみたかったこと。この役がもらえれば、どちらかを諦める必要がなくなる、というわけです。お父さんは台本を読んで以来ずっと「こりゃ、マイリーのためにできた役みたいなもんだろう。マイリーはこの役を演じるためにいるようなもんだ。」と言い続けていました。 

 

But, heck, I'd be happy to play Lilly. Or lucky to be Chloe Stewart's talking houseplant, for that matter. So we made a tape, sent it in, and almost immediately got a call from Disney asking me to make another audition tape ― and this time they wanted me to read the part of Hannah. I was so psyched. Seriously, my shrieks probably scared the poor horses out in the fields. In my head, I was already dropping everything to move to L. A. Sure, Hannah was supposed to be fifteen, and I was twelve. Twelve-ish. Okay. I was eleven. That was a problem. But still ― they knew how old I was and they'd asked for the tape anyway, so it must not matter.  

でもまぁ、しゃーないけとリリーでも有り難いと思うしかないかある意味クロエ・スチュワートと一番近い相手役だもんね。とうわけで、テープを録って送りました。そしたら、ほとんど間を置かずにディズニーから電話が来たんです。別のオーディションテープを作って欲しい。今度はハンナのパートを吹き込んでくれ、と言うんです。思いっきりスイッチ入りましたね。部屋の外の牧場にいた、うちの気の毒な馬達は、私の気合の入った叫び声にビビっちゃったんじゃないかな、マジで。もう気持ちだけは、ロサンゼルスに引っ越す荷物の準備がはじまってました。気が早いって?確かに、ハンナは15歳って設定です。私は当時12歳・・・ほぼ12歳・・・すいませんね、実際は11歳でした。それが心配でした。でもまぁ、ディズニーは私の年齢を知った上で、テープを送れって言うのだから、きっと問題ないハズ。 

 

Except it did. We sent the second tape in, and the very next day we got an e-mail saying that I was too young and too small for Hannah★. I was bummed. No ― what's ten times bummed? That was me. My dad said, “Disney just made a big mistake. My intuition tells me that you are Hannah Montana.”  

(★Hello? Didn't they know that from the Lilly tape?) 

ところが問題アリ、だったんです。ハンナのパートを吹き込んだテープを送った次の日、メールが来て、私の年齢と体格が、ハンナの役にはとどかないって言うんです★。もうガッカリ。いいえ、超ガッカリ。私がね。お父さんは「ディスニーのしたことは大間違えだ。俺の野生の勘が、お前こそがハンナ・モンタナだって言ってるんだからな。」ですって。 

(★モシモシ?リリーのテープで分かってたんじゃないの?) 

 

All I could think was, So much for Dad's iintuition. Now let's return to our regularly scheduled torture: sixth grade. 

「お父さんの野生の勘とやらは、もういいよ」と思うしかなかったです。というわけで、ここから再び、「定期的に予定が組まれている」地獄の責め苦、つまり「6年生」へと、話を戻しますね・・・・ 

第2話Not All Butterflies and Flowers: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Not All Butterflies and Flowers 

人生、楽しい事ばかりじゃない(辛辣なイジメの始まり) 

 

To say sixth grade was not a good year would be the understatement of the decade. When I found out that pilot season ― when all the auditions for TV show happen in Los Angeles ― overlapped with the beginning of school that September, I spent a good hour on the floor of my room bawling. That meant if I wanted even a shot at being on TV, I'd have to start school in Nashville a couple of weeks late. At the time, the idea of missing any school seemed awful. 

「6年生の頃はあまりいい思いをしなかった」、と書いてしまうと、これでもまだ、控え目な言い方なんですよ。その年、「パイロット・シーズン」といって、ロサンゼルスではデレビ番組のオーディションが全部まとめて行われる時期があって、それが9月の新学期と重なってしまうことがわかった時は、自分の部屋にへたり込んで、ブータレてました。だって、チョイ役でもテレビに出たいと思うなら、地元のナッシュビルの学校に合流するのは、半月近く遅れてしまうってことです。当時は学校を一日でも休むなんて、私的には冗談じゃないって話でしたから。 

 

We'd just come back from a year in Canada, near Toronto, where my dad was starring in the TV series Doc. He and my mom had been commuting back and forth for a few years, but the summer before I went into fifth grade we all missed him so much that my mom moved us up there.  

その時は丁度、カナダで1年過ごして戻ってきたばかりだったんです。トロントの近くで、お父さんが主演していた連ドラ「ドック」の撮影場所でした。それ以前2,3年は、お父さんとお母さんはお互い行き来していたんですが、私が5年生になる直前の夏に、家族みんな、お父さんがいつもそばにいないのが寂しくなって、「全員で引っ越そう」ってお母さんが決めたんです。 

 

She homeschooled me that year, so now I was coming back to my old school after a year's absence.★ Not only that, I knew perfectly well that the first few weeks of school are when everything gets sorted out ― you meet your teachers, you find your friends, you figure out if the new school clothes you bought are acceptable ― or completely unacceptable. 

(★scary!) 

カナダに居た1年間は、お母さんが私の在宅履修に携わってくれたので、ナッシュビルの学校には1年ぶりです★。それに、新学期最初の半月くらいの間は、ここでチャンとしておかないといけないことばかりです。各教科担当の先生方と顔合わせして、友達作って、学校に着ていくために用意した新しい服が、OKかNGかを見極めて、といった具合。 

(★ヤバいですよね~) 

 

The cool people find each other. The smart people find each other. Me and all the other in-between artsy people realize we'd better join forces and make the best of it. 

クールに何でもビシッとやれる人達は、自然とお互い集まる。要領よく楽しくやれる人達も、自然とお互い集まる。その中間で、どっちにも落ち着かない、私を含めたその他大勢は、お互い寄り合って上手くやっていくのが身のためだ、と自覚している。 

 

If you miss all that fun, you risk being an outcast. A loser. If you've been through middle school, then you know what I'm talking about. If you haven't yet, well then .... hang in there. It gets better, I promise. Either way, you can imagine, missing school was far from ideal. But if I wanted to be a performer ― and I did ― then there really wasn't a choice. I had to go to Los Angeles.  

この「チャンとしておかないと」を逃すと、仲間ハズレになってしまいます。負け組ってやつですね。皆さんの中で中学校を卒業した方は、私の言っていること、ピンときますよね。まだ通っているみんな、… 頑張ってね。頑張れば、今は辛くても良くなっていくから、私を信じてね。何にしても、その時期に学校に顔を出せないのは、後々ロクなことにならないのです。でも芸能界を目指すなら、私はそうするつもりだったので、選択肢はただ一つ。ロサンゼルスに行かなければなりません。 

 

I wasn't exactly expecting to just show up back at school and be one of the cool girls. The farm in Tennessee where we lived when we weren't in Toronto was kind of isolated, so there weren't any neighborhood kids for me to practice being friends with. I grew up playing with my brothers and sisters, but I was just as comfortable hanging out with my parents and their friends.  

なので、何事もなく学校でみんなと合流して、「クールに…」の勝ち組に入れるなんて、期待なんかしてませんでした。トロントに引っ越す前に住んでいたテネシー州の牧場は、ある意味「陸の孤島」で、友達関係ってものを体験して練習するような子供達が、近所に全くいませんでした。生まれたときから兄弟姉妹しか、絡む相手が居なくて、でも両親やその友人の人達と何となく一緒に付き合っているうちは、気分良く過ごせてました。 

 

It didn't help that I always had too much energy. There was no way I could sit still and focus for hours on end. People didn't know exactly how to handle me. It's not that I was trying to be disrespectful, but I. Could. Not. Be quiet. On my first day of school one year, my teacher told me I'd get detention if I said one more word. I turned to my friend and whispered, “One more word.” Boom! Detention. For whispering. On the first day of school. I'm lucky the teacher didn't hear exactly what I said, or who knows what would have happened to me. 

私はいつも、全身パワーがみなぎってしょうがないって子でした。何時間もぶっ通しで、じっと座って集中するなんて、ムリ。きっと私の周りの人達は、私の扱いには手を焼いたと思います。別にケンカなんか売ってません。ただ「ジット・シテ・イラレ・ナカッタ」だけです。ある年の新学期初日のこと、先生が、私があと一言でもおしゃべりしたら、校則違反ですよって言ったんです。私それを聞いて、友達の方を向いて、「あと一言でも、だって」と囁いてしまったんです。ハイ消えた!おしゃべりしたから校則違反!しかも新学期初日に。でも運がいいことに、先生の耳には入らなかったんです。もし入っていたら、どうなっていたことやら…。 

 

At school I always wanted to be my own person and wasn't shy about it. I had a lot to say. I stood out in drama and music. I made good grades. I had huge dreams. Not exactly the formula for “cool.” Most kids worry about not fitting in; I worried about not standing out. I wanted to feel unique, quirky. But standing out by missing the crucial beginning of school wasn't exactly what I had in mind.  

学校にいるときは、私は自分らしく在りたかったし、そのためなら何の躊躇もありませんでした。言葉に出したいことが沢山ありました。演劇や音楽の授業では、いつも目立つようにしてました。先生も良い点をくれました。ものすごく大きな夢が、いくつもありました。それは必ずしも「クールに…」を約束するものではなかったですね。大抵の子達は、目立っちゃったらどうしようって気にしますよね。私は、目立てなかったらどうしようって気にしてました。私だけの、ちょっとヘンでも、他とは違う、そういう自分を実感したかったんです。そんな私でも、絶対ハズせない新学期をハズすことで目立とうなんて、思うわけありません。 

 

Anyway, when I got back to Nashville for sixth grade ― two weeks after school had started ― my old friends seemed happy to see me, and life felt back to normal. I started to think I'd dodged a bullet and that I had worried for nothing. But slowly I realized that wasn't the case. One of my closer friends, let's call her Rachel,★ and I started drifting toward a group of girls in our class. They weren't the “cool” girls or the “mean” girls. I didn't really know what their deal was then, and I can't stereotype them now. But for some reason, they were the group I wanted to fit in with.  

(★obviously, not her real name) 

とにかく、私はナッシュビルの元いた学校に、6年生として復帰します。新学期初日から2週間がたっていました。前からの友達は、私と再会して喜んでくれているように見えたし、これでやっと元通りの生活に戻った、と思いました。やれやれ、何とか危機を脱した、もう心配ない、そう思い始めていたんです。でも少しずつ、そうじゃないって気づき始めます。まあまあ仲の良いほうの友達だった子、ここではレイチェル★としましょう、その子と私は、何となく流れで、クラスのある女の子グループの一つへと入ってゆきます。その子達は、「クールに…」の方でもなければ、「どっちにも…」の方でもない。どんな空気感で集まっているのかハッキリわからず、因みに今でも説明できる言葉が見つかりません。でも何だか、そこは「ハマりたいグループだ」って思ったんです。 

(★モチロン、本名じゃありません) 

 

The first sign of trouble was the teeniest, tiniest thing you could possibly imagine. We were standing near our lockers after math. I made a joke, and the leader ― she'll be MG, for Mean Girl ― rolled her eyes. That was it: a tiny gesture ― it went by in a second. But this was sixth grade. Everything means something in sixth grade. What did I do in response? Nothing, of course. I mean, if you've been through sixth grade, you know how it goes. If I had said something straightforward like “What's up with the nasty eye-roll?” MG would have just said something patronizing like “I have no idea what you're talking about,” and I'd be humiliated. A feeling I loathe more than anything. So I acted like I hadn't seen it. I put it out of my head.  

最初にトラブルの兆しが見えたのが、おそらく考えつく一番しょうもないことでした。算数の授業が終わった後、みんなでロッカーの近くでたむろしていました。私が冗談を一言いうと、グループのリーダーが(いじめっ子の「いじ子」としましょう)、あきれたように両目を上に向けたのです。ことはそれだけ。小さなやり取りです。時間にして1秒。でもここは小学6年生。何もかもが、何かしら、6年生という世界では意味を持つのです。私がどう反応したかって?勿論何もしません。つまり、「6年生」を経験した方なら、分かりますよね。もしまともに「何その目の動き?!」なんて言ってしまったら、いじ子は、たしなめるように「どうしたの?よくわかんな~い」とだけ言って、私が凹まされる、こうなります。私が一番避けたいと思う、気持ちの状態です。だから見て見ぬ振りをして、頭の中から振り払ったのです。 

 

But the signs kept coming. A few days later, I put my tray down at lunch and thought I heard a snarl. A snarl? The next week, I came in wearing a new jean jacket. I said, “I love my outfit today.” One of them sneered, “You do?” and gave me a look that shriveled me up into a puny dried pea on the floor. From yesterday's dinner.  

でもその後も兆候は続きます。数日後のこと、お昼のトレーをテーブルに置いた途端、怒鳴り声が耳に入ったのです。は?怒鳴り声?翌週のこと、私は買ったばかりのジーンジャケットを着て登校します。「今日の上着、いい感じだわ」というと、グループの一人が「マジで言ってるの?」。そう言ってじっと見られた私は、怖くてビビってしまったのです。私はもう、用済みだと…。 

 

Now I knew I wasn't just being paranoid. I was an outcast. Why were my “friends” turning on me? I had no idea. But there you have it. 

ここでやっと、私は単に「ビビっている」だけではない、と悟ります。私は仲間ハズレになったのです。「友達」だと思っていた子達が、なんで私を攻撃するの?全く心当たりがありませんでした。でも皆さんはおわかりですよね。 

 

Welcome to sixth-grade social hell.  

6年生という地獄の社会へようこそ!