英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第32話My Turn: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

My Turn 

マイリー・サイラス」としての出番がきた 

 

You would think Prince Charming would distract me from my work, but it was actually kind of the opposite. I was in love, I had a lot to say about it ― and good thing, because I needed to write a whole album of songs, pronto. The first Hannah Montana album came out right after The Cheetah Girls tour, and we immediately started planning the second. But this album was different. It wasn't just a second track for the TV show. This album would have two discs ― one with me performing songs from the show as Hannah Montana, and one called Meet Miley Cyrus, which would introduce me as a singer/songwriter in my own right. It was something totally new. 

白馬の王子様」が現れた、てことになると、私が仕事に打ち込むジャマをしてるんだろう、なんて思ってませんところが、ある意味正反対のことが起きてました恋愛なんかしちゃって書きたいことが沢山できました良かったことをねというのもその頃私はアルバム1枚分の曲を作らなくてはならなかったのですそれも、大急ぎで。「ハンナ・モンタナ」のファースト・アルバムは、チータ・ガールズコンサートツアー直後にリリースされました。そしてすぐさま、セカンド・アルバムの計画に取り掛かったのです。でも今度のは前回と違って、単に番組のサウンドトラックではありません。このアルバムは2枚組CDで、1枚はハンナ・モンタナとして番組のサントラ、そしてもう一つは「Meet Miley Cyrus」と銘打って、シンガー・ソングライターとしての私の力をお披露目しよう、というものです。ファースト・アルバムとは全く違う、新しい取り組みです。 

 

Wanting to sing wasn't new. I can't pinpoint a specific moment when I discovered or decided that music was one of my callings, but the desire was always there. Sometimes it burned brighter. Winds and storms of emotion came and made it hot, scary. At times it felt dangerous to want something so much, and at times it was the easiest, most natural feeling in the world. 

歌を歌いたいという気持ちは別に今に始まったことではありません私は音楽でやっていくんだということを、いつ分かったか、ていうか、いつ決心したか、ハッキリ「ここだ!」というのは言えません。でも、そうしたい、とはずっと思ってました。その気持が強い光を放って燃えたこともありました。更にその光を、心に駆け抜ける風や湧き上がる嵐が、熱く、時に自分でも怖いくらいに煽るのです。時には、そんなにも音楽を求めるのか、と自分の気持ちに危うさを感じたこともあります。そして時には、その強い気持ちは、自分にとって全く無理のない、一番素直な感情だったりもしたのです。 

 

Dad always says that I could sing before I could talk.   

お父さんはいつも、私は赤ちゃんの頃、言葉が話せるようになる前に、歌を歌っていたというのだ 

 

I'm a middle child, with kids older than me and kids younger than me. The older ones are responsible. The younger ones are adorable. Me, I'm in the middle, singing and dancing and generally making a big show of one kind or another in an endless effort to get attention. I'd put on my cowboy boots, Braison would put on his Reeboks, and we'd dance. Pretty much any time an adult came into our house, I'd drag them into a room to sing and dance and put on my show. If Mom and Dad had a guest disappear on them, they always knew to follow the sound of my voice. Wonder why I make YouTube videos with my friend Mandy? Boredom, salvation, laughs, and a middle child's endless craving for center stage. No matter how famous or successful I am, I'll always be an attention-craving middle child at heart.  

うちの兄弟姉妹は私より年上も年下もいて、私はその真ん中あたりの子なのです。兄や姉達はしっかり者、弟や妹達は愛され者、真ん中の私といえば、みんなの注目を集めるべく、飽きもせず準備を積んでは、歌って踊ってショーみたいなのをやるわけです。私はカウボーイブーツ、そして弟のブライソンはリーボックのシューズを履いて、一緒に踊ります。だれかしら大人が我が家を訪ねてくると、私は彼らを部屋へ引っ張り込んで、歌って踊って、カッコいいところを見てもらおう、というわけです。お客さんがうちに来て、するとお母さんとお父さんが、私の目の触れないところへ通してしまうと、私がギャーギャー言う、ということは常に心得ていたようです。私が、友達のマンディー(Mandy Jiroux)とYouTubeに動画をいくつか上げてる理由が、これでおわかりですね?兄弟姉妹の中で、年上でも年下でもない、どっちつかずの真ん中あたりにいると、自分の役目が見当たらず手持ち無沙汰になって、それを何とかしたい、笑顔でいたい、私もみんなが注目する位置に立ちたい、と思うんですよ。この先、どんなに有名人になっても、成功しても、私の心の真ん中に居座るのは、真ん中あたりの子供が持つ「注目して欲しい」とう気持ちかな…。 

 

My singing and acting isn't all about performance and getting attention, though. I've always had a strong response to art. When I hear a sad song, I don't feel sorry for the singer. I don't feel sympathy. Instead it's more like I take on the singer's sorrow. It becomes mine, part of who I am. If a sad song touches me right, I can be sad for weeks. I hear Bette Midler's “The Rose,” and it's a song full of sadness and hope that it fills me★. Or some weird funk song says “I know lately you've been melancholy,” and the word “melancholy” strikes a chord, hits my heart, speaks to me, and I can't help but respond. My little sister is the same way ― she'll be affected forever if she listens to a sad song or sees a sad movie. We were born with that. Certain songs just change your life. 

★Sometimes being sad for weeks isn't ideal. 

でもそれだけが、歌やお芝居をしたい理由じゃないですよ。自分としては、芸術や芸能というものに対しては、強く反応してきていると思います。例えば悲しい内容の歌を耳にするとします。その歌手に対して、気の毒に思ったり同情したりしないで、その歌手が心に抱いているであろう悲しい気持ちを、自分も持つようにするのです。するとそれは私のもの、つまり私の一部になるのです。ベット・ミドラーの「ローズ」は、悲しみに満ちた歌です。私はその悲しみを、自分の中にも満ち溢れさせたいと思うのです★。あるいは、ヘンテコなファンクの曲で「お前最近ずっと悶々としてんなぁ」なんて歌詞があると、「悶々」ていう言葉が引っかかって、私の心を打って、語りかけてくる、こうなると反応するしかないでしょ。私の妹も私と同じで、悲しい曲や悲しい映画を見聞きすると、いつまででもそれに感化されっぱなしになっちゃうんです。持って生まれた物の感じ方です、これは。人の人生を変えてしまう曲っていうのは、確かにあるものです。 

★それで何週間も悲しい気分じゃ、良いとは言えないわね。 

 

What that's grown into is the urge to do work that affects people. I'm not just talking about making sad music. It's not like I say to myself, Hmm, I'm gonna write a song that makes everyone sad. That's just what the whole world needs right now ― a little more darkness. I mean something deeper. Creating art is all about connecting. You look at a photo from the fifties, and suddenly you're connected to that time and place and spirit. You see a photo of a beach and summer memories flood back. Or you see a painting of Paris, and you're transported to the fantasy of a life you've never experienced. The reason I never want a book to end is that I start to feel like the characters are my friends. I'll miss them when they're gone.  

そうやって自分の中に入り込んでくるものこそ、人の心に影響を与える仕事をしたいという気持ちをかりたてるのです。単に悲しい曲を作る、という話ではありません。別に「みんなが悲しいと思う曲でも書いてみようか。今こそ、ちょっとした心の陰りというやつが、世界に必要なんだ」なんて、自分に言い聞かせるわけじゃありません。もっと深いところを言ってます。芸術作品を新たに生み出すってことは、結局「繋がり」を生み出すってことです。1950年代の写真を見れば、たちまち、その時間、場所、精神と繋がります。浜辺の写真を見れば、夏の想い出が溢れ返ってきます。あるいは、パリを描いた絵を見れば、見たことも聞いたこともないはずの暮らしの風景が、次々と現れる場所へと、瞬間移動できます。私は読書をすると、最後のページまで読み終えてしまうのがイヤなんです。本を読んでいるうちに、登場人物達が自分の友人に思えてきてしまって、みんなが居なくなっちゃうのが寂しい、みたいな。 

 

Music (and other forms of art) does the same thing. It can inspire, lift you up to the future, rein in your pride, knock you off your feet, embrace your soul, change your life. I want to make that kind of music. Art is a gift to others. The purpose of art is to drown people in emotion.  

同じことが音楽にも言えますそれ以外の芸術活動全般にも)。創造力を掻き立て、未来に向けて顔を上げさせて、「うぬぼれ」という馬の手綱を引き締めて、驚きを感じさせてくれて、魂を包み込んで、今の生活やこれからの人生を一変させます。そういう音楽を、私は創りたい。芸術とは、他の人へのギフトです。その目的は、人を人の思いの中にどっぷり浸らせてあげることです。 

 

If you can tune in to an emotion or experience that is universal, and draw it or sing it or write it so that other people recognize it and identify with it, then all those people you touched are brought together in their understanding, and the world is a smaller, friendlier place.  

誰もが感じるであろう気持ち誰もが経験するであろうことそれを自分のアンテナが捕まえたなら、それを絵に描いたり、歌にしたり、文字にしたりして、他の人達にも感じ取ってもらおう。そうすれば、その絵・歌・文字に触れた人達は、一人残らず同じ思いの元に集まるよ。そうやって世界は互いの距離を狭め、友情の絆が深まる場所になるんだ。 

 

Needless to say, I wanted Meet Miley Cyrus to be real ― to achieve that connection with the people who were listening. We were starting to shoot the second season of Hannah Montana. It's always hard to find the right kind of time to write songs, but add filming a TV show to that ... An hour is a decent amount of time to work on a song I've already started, but for the most part I can only begin a new song when nothing's going on. So after dinner, on plane trips, whenever I could grab some time that felt unlimited, I took advantage of it to work on new songs. Then I went into the studio with some songs written and some that I was still trying to finish.  

勿論、「Meet Miley Cyrus」は完成させたかったそうすれば、これを聞いてくれる人達が、繋がり合える。間もなく「ハンナ・モンタナ」のシーズン2の放送が始まろうとしていました。曲作りの時間を、良いタイミングで確保するって、いつも大変です。でも放送に間に合わせなきゃいけない…。もう書き始めた曲を、更に作り込んでいくというためなら、1時間あれば十分です。でも多くの場合、何もない所からだと、新しく手を付けるのが精一杯。だから、夕食後とか、移動中の飛行機の中とか、特に何かしなくてもいい時間は極力利用して、新曲作りに割くようにしたんです。そうやって、完成させた曲と、作りかけの曲とをそれぞれ幾つか抱えてスタジオ入りする、そんなことをしていました。 

 

Prince Charming and I had been together for almost a year at this point, and things were mostly good. So lots of the songs on Meet Miley Cyrus were songs for and about him. I'd call him every night and say, “I wrote you another song!” People might wonder how I could write so many songs about one boy, but I knew I could write him a bajillion songs. Actually, now that I think about it, most of the songs on that album were about Prince Charming.  

この頃、「白馬の王子様とは交際1年目といったところ順調な関係でしたなので、「Meet Miley Cyrus収録曲大半は、彼のために、あるいは彼のことを書いたものです。毎晩彼に電話して「あなたのための曲、またできちゃった!」。男の子1人のために、よくそんなに沢山曲が書けるねって、みんな思うよね。でもその時の私は、彼のためならいくらでも曲が書けた。実際今思い返してみると、アルバム収録曲の大半は、「白馬の王子様」のことについての曲ですね。 

 

Don't get me wrong. The relationship wasn't perfect. But I think about it a lot like the farm, and how everything is so tranquil there. Yes, there are storms, but even the storms feel natural, like part of what is meant to be. I would always want to let the storms carry me away. On the other hand, sometimes you would rather have endless days of blue skies.  

誤解しないでね私達の関係は完璧ってわけじゃなかったよ。でも恋愛なんて、大概は農場みたいなもので、全てが平和なものだって考えるべきもんですよ。そう、嵐はおきても、それはアタリマエのこと。あるべき姿の一部ってことです。嵐よ、私を連れてって、なんていつも思ったりもします。そうかと思えば、いつまで続くんだ、この晴れの日々、なんて時もあります。 

 

At some point we decided that we needed to take a break. I thought we were going to break up for good. I was so brokenhearted that I wrote “Girls' Night Out” to make myself smile. But immediately afterward I wrote “Right Here” to play for him as a way of telling him how much I loved him. To tell him: 

ある時、私達は、お互い距離をおく必要がある、ということになりました。私としては、これで永遠終わりだな、と思いました。心が折れまくった私は、自力で笑顔を取り戻さなきゃ、ということで「Girls’ Night Out」を作曲します。でも直後に、私は「Right Here」を書きました。彼に伝えようと思ったんです。どれだけ私が彼を大好きだったか、と。 

 

No matter what, I'll be there for you. 

No matter where we are in life 

何があっても、私、あなたのために生きてゆく 

人生の、どんなところにいようとも 

 

And then some of the songs on the album, like “Clear,” are what I think of as “pre-breakup” songs, where I'm imagining what it would be like to break up and how much that would suck, and kind of taking on that emotion. 

それと収録曲の中には、「Clear」のように、「破局」のものもありますもし別れたらどうなるか、どんなに辛いか、そういう気持ちを想像して作った曲です。 

 

I went into the recording studio on weekends, squeezing time in whenever I could. I'd work on a song at home, then sit with it a little while to see how it felt, making changes here and there. Before I'd worn it out, I'd take it in and record. Sometimes for art to be really the best it can be, no matter how personal it is, you have to bring in other people to help. If I can trust one person in the world with my music, it's my producer, Antonina. She is my dream girl, my role model. When I come in with a story and pieces of a song, the two of us can work it into a real song, and I know she'll never tell anyone where it started, what it meant, and how it evolved. After I recorded my part, the rest of my producers worked on the songs, layering sound effects and instruments. I got versions along the way, hearing each song again and again until they were all how we wanted them.  

できるだけ時間を作っては毎週末レコーディンツスタジオ入りします。家では曲作りをし、最後まで書けたら一呼吸おいて、出来栄えをチェックし、あちこちに手直しをいれます。やりすぎてボロボロになる前に手を止めて、録音します。時には作品をこれ以上ないという状態まで完成度を高めるために、他の人の助けを借りなければならないこともあります。世界で誰か1人、私自身の曲に関して信用のおける人を挙げろ、と言われたら、プロデューサーのアントニーナさんを挙げます。私にとっては夢のような存在であり、こういう人になりたい、と思う人です。二人してあるストーリーと、楽曲の素材を幾つか用意すると、一つの曲に仕上げてゆきます。この曲の所以、意味、完成までのプロセスについては、彼女は決して誰にも言いません。私のパートを録音すると、残りのプロデューサーの方達が曲の手入れにかかります。音響効果をかぶせたり、伴奏楽器を増やしたりするのです。この工程で、何パターンが出来上がると、繰り返し聴き比べて、全員が望む形までもってゆきます。 

 

After three or four months of visits to the studio, there it was ― my first album as myself. Well, half of a double CD anyway. Hannah was still carrying me. It was Hannah who made so many copies of the album sell. But whenever I worried that all my success was due to Hannah I was like, wait a minute! I am Hannah! I worked hard to be that character and to make her my own. So Hannah wasn't carrying me. I was carrying both of us.★ 

★If that makes any sense at all! 

このように3,4ヶ月のスタジオ通いの末、ようやく出来上がりました私自身を銘打った最初のアルバムです。といっても、2枚組CDの半分ですけどね。私はまだ、ハンナにおんぶしてもらっている状態でした。アルバム売上がこんなにもスゴいのは、ハンナですもんね。でも、私がアーティストとして成功しているのは、全部ハンナのおかげか?いや、チョット待って!ハンナは私が演じているんだぞ!私が頑張って、私だけの役柄になったのよ。だったら、おんぶしているのはハンナじゃない。私が、私とハンナの両方をおんぶしているってことじゃない。★ 

★この言い方が正しいならね! 

 

★★★ 7 artists I admire ★★★ 

1. Beethoven 

2. Picasso 

3. Stevie Wonder 

4. Celine Dion 

5. John Eldredge 

6. Antonina Armato 

7. Metro Station 

★★★尊敬するアーティスト ベスト7★★★ 

1.ベートーヴェン 

2.ピカソ 

3.スティーヴィー・ワンダー 

4.セリーヌ・ディオン 

5.ジョン・エルドリッジ 

6.アントニーナ・アーマト 

7.メトロ・ステーション 

ウィントン・マルサリス「若きジャズミュージシャンへ」19歳の君に送る10通の手紙

ウィントン・マルサリス41歳の時の名著です。19歳の弟子「アンソニー」に宛てた、という設定の10通の手紙、ミュージシャンとして、人として生きる指針にあふれています。もうすぐ高校卒業をひかえる全ての皆さんへ(含む愚息)、お読みください。

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

onmusic.hatenablog.com

 

第31話Prince Charming: Miles to go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Prince Charming 

白馬の王子様 

 

Hannah Montana had only been on the air a few months when I went to a benefit for the Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation. I remember the exact date: June 11, 2006. It was the day I met my first love. Let's call him Prince Charming. I don't want to use his name because this isn't about who he is or what I meant to him. It's about how I felt and what our relationship meant to me. Know what I mean? 

「ハンナ・モンタナ」がオンエアとなって2・3ヶ月ほどしか経っていなかった頃のことです。私はある慈善団体を訪ねました。エリザベス・グレーザー小児エイズ財団、といいます。いつ行ったか、正確に言えます。2006年6月11日。この日、私は出会っちゃったのです、初恋の人に。名前は、とりあえず白馬の王子様、としておきましょうね。本名はナイショ。彼が誰なのか、とか、彼にとって私は何なのか、そういうことを話すわけじゃないので。私の思い、それと、彼との関係が私にとって何なのか、そういうことをお話します。わかります? 

 

So we were at this benefit, and I didn't know anything about the prince except I knew from a friend that he thought I was pretty. He came up to me with a bunch of guy friends and introduced himself. He started to shake my hand and I said, “I don't do handshakes. I do hugs.” When he hugged me, I noticed his scratchy shirt and blurted out, “I hate your shirt.” So that was just about the first thing I said to him: “I hate your shirt.” 

で、私達2人、その日はその財団に一緒に居合わせた、というわけです。王子についての情報は、友達からの話だけ。それは、彼が私のことを良いな、と思ってくれているってこと。彼は男友達と連れ立って、私の方へ近づいてきて、そして自分だけ私に名乗ってきた。握手しようと手を差し伸べてきたから、私は「私、握手はしないの。ハグしましょ。」彼は言うとおりにしてくれたんだけど、彼のシャツがチクチクするので、思わず「ヤダ、あなたのシャツ」て言っちゃった。私が初めて彼にかけた言葉が、「ヤダ、あなたのシャツ」になってしまったのです。 

 

I had an insta-crush, so what did I do? Did I act smooth? Nope! I asked him to karaoke with me and put our names down for “I Want to Be Like You” from The Jungle Book. It would have been a funny, silly song to do together. But when the song came on I couldn't find him, so I had to karaoke all by myself. Let's just say people were laughing at me, not with me. 

秒で彼を好きになった私ですが、その後どうしたか?問題なくやれた?ダメだった!私からカラオケで一緒に歌おうって誘って、ディズニーの「ジャングル・ブック」に出てくる「君のようになりたい(I Want to Be Like You)」を入れたの。2人で歌ったら、ちょっと変な曲だったかったかも知れませんね。ところが、曲がかかったら、彼がどこ行ったかわからなくなっちゃって、結局1人で歌う羽目に。こうなると、みんな私「と」笑う、じゃなくて、私「を」笑う、しかなくなりますよ、そりゃ。 

 

Later that night he and his friends were going out, and he invited me along. My mom said she didn't want me to go out late ― I guess I had a busy day the next day ― so I asked her if I could just go for a little while. She said fine. So Brandi and I ended up going out to dinner with Prince Charming and his friends. I remember it took me forever to get dressed, but when I finally ran downstairs, I was wearing sweats. I didn't want look like I was trying too hard. Believe me, they were just the right sweats.★ 

★I liked him! I wanted to look cute! 

その夜は、カラオケの後で、彼と友達連中が出る時に、彼の方から、この後一緒にどうって誘ってくれました。お母さんは、あまり遅くなって欲しくないというので(翌日は予定が立て込んでいる日だったと記憶してます)、チョットだけにするから、とお願いしたの。お母さんが良いと言ってくれたので、結局こちらはブランディと、王子の方は友達連中と、一緒に食事することになりました。服選びに、とてつもなく時間がかかったのは覚えていて、結局2階の自分の部屋から降りた時には、スウェットの上下だったの。気合い入りすぎだろって見られたくなくてさ。でも結構バッチリなスウェットだったんですよ。★ 

★だって彼のこと好きだったんだもん!可愛く見せたかったの! 

 

After dinner we talked on the phone. He asked me what my beliefs were. I said, “I'm a hard-core Christian.” He said, “That's what we call ourselves in my family.” I thought it was a sign. 

食事を終えて家へ帰ると、彼と電話で話しました。信仰する宗教の話を訊いてきたので、私は「筋金入りのクリスチャンよ」と伝えました。すると彼は「うちも家族全員、自分らのことをそう呼んでる」。これはイイかも、って思った。 

 

 

We were on the phone that night until four in the morning. And, just like that, I was smitten.  

私達は朝の4時まで話し込んでしまいました。で、まぁそんなこんなで、私はますます彼のことが好きになっちゃったのです 

 

It felt like the whole world stopped. Nothing else mattered. 

世界中の時間がストップした様に思えた。自分達の事以外、何も気にならない。 

 

I know it sounds silly, but my family doesn't set rules around love. My mammie met her husband on a Monday and they got married on Friday. They were together for twenty-seven years. My mom doesn't believe there's such a thing as being too young or too naive to be in love. In my family, when you fall in love, that's it. No one called it puppy love or made fun of me. He really was my Prince Charming, and I knew it right way. You should have seen the sappy smile on my face when I hung up the phone that first night. I was mush. I slept holding the phone next to my cheek as if that would keep him close.  

「はぁ?」って思うかも知れないけれど、我が家は恋愛に関しては、何もルールを決めていないの。ばあやは、ある日の月曜日に今のご主人と出会って、その週の金曜日に結婚ゴールインだって。今年で結婚27年目よ。恋愛するのに、ある程度の年令になってからじゃないととか、ある程度世間を知ってからじゃないと、なんて、お母さんは全然思ってないんです。家族が誰か恋愛中なら、そうなのねって、以上。今回も、子供のままごと遊ぶ呼ばわりもしなければ、冷やかしもしない。彼は私の王子様そのもの、私はすぐに、そう気づいた。初めて彼と話をしたこの夜、電話を切ったときの私のデレデレ顔、みんなに見せたかったな。私メロメロだった。その後は携帯握りしめて、頬に近づけて寝ましたよ。彼がずっと側にいてくれるような気がしたから。 

 

From the very beginning, we were best friends. We talked all the time. He lived on the East Coast but would fly to Los Angeles, and I'd see him when I was in New York. Then he moved to L. A., to a house ― get this ― a few blocks from mine, and everything got more intense and more fun. Suddenly we were neighbors. It felt natural and just so easy. He'd ask me to come over at five in the morning to say hi before I went to work, and I'd just walk down the street. In the beginning, when we were thirteen, we'd play basketball in my backyard or play Nintendo at his place. His family always made yummy Italian food for dinner. I love to ride my bike, and he'd walk along next to me as I rode, singing “My Girl.” ★ But instead of “my girl,” he'd say “Miley, talkin' 'bout Miley.” 

★by The Temptations 

私達、しょっぱなからものすごくいい関係でした。四六時中しゃべってましたね。彼の実家はアメリカ東部だったのですが、ロスには飛行機で来てくれて、私がニューヨークに居る時は、彼に会いに行くのです。で、彼がロスに引っ越してきて、その家が、何と、ロスの私の家から交差点2,3つ行った所。何もかもが今までより濃密で、楽しくなりました。突然うちらご近所同士ですよ。自然で気楽な気分ね。私がお仕事ででかける日は、朝の5時に、行く前におはようって言ってほしくて、私は彼の家へと向かいます。付き合い始めたときの私達は13歳。私の家では裏庭でバスケ、彼の家ではゲームをして過ごします。いつも美味しいイタリア料理を、向こうの家は食事に作ってくれるの。私は自転車に乗るのが大好きで、すると彼は私と並んで歩いてついてきてくれます。一緒に「マイ・ガール」を歌いながらね★。ただ、「my girl」のところを「Miley」に置き換えて歌ってくれるの、彼ったら。 

ザ・テンプテーションズのやつね 

 

Wow! I was so in love. Do you know what I'm talking about? The kind of love where the sun could shine or not shine all day long and you wouldn't care. The kind of love that makes you want to jump in the pool in December. The kind of love that makes you want to dance in the rain. (Who am I kidding? ― this is L. A. It never rains.) This was the most magical journey of my life ― it was a total rush.  

てなわけで私、恋しちゃったのですわかります天気が晴れだろうが1日曇っていようが関係ない気分。真冬の12月に、プールに飛び込みたくなる気分。雨降ってる外で、踊りたくなる気分(テキトーなこと言っちゃった、ここロスは雨なんて降らないの)。今までの人生で、一番魔法のような旅が始まった…完全猪突猛進ってやつですよ。

第30話Catching a Big Fish: Miles to Go byマイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Catching a Big Fish 

ビッグ・フィッシュ」は捕らえたけれど 

 

Soon after the Banquet Foods commercial, we went back from Tennessee to Toronto, where we spent all our time trying desperately to stay warm. We lived on a lake. The lake was frozen solid almost all of that year. It was so windy that every time we took a walk I thought Baby Noah was about to blow away. We were freezing. But the idea of Big Fish definitely warmed me up. 

バンケットフーズCM撮りから間もなく私達は暖かいテネシー州から極寒のトロントへと戻ります。とにかくここでは、ひたらすら暖かくしてないとね。私達の家は湖畔にありました。その湖は、私達が住んでいた年は、ほぼ1年中氷が張っていたのです。風が強くて、散歩の度に、ノアなんかちっちゃいから吹っ飛ばされるんじゃないか、なんて心配するほどです。寒さで冷え切ってましたが、心を温めてくれたのが、「ビッグ・フィッシュ」への出演でした。 

 

Big Fish was big budget. It was a movie directed by Tim Burton starring Ewan McGregor, Jessica Lange, Albert Finney, Danny DeVito, and a ton of other well-known actors. The movie was being shot in Alabama. When we got the call that I'd gotten the part, they informed us I had to be there in two days (YIKES!!).  

巨額を投じた映画「ビッグ・フィッシュ」。監督はティム・バートン。出演は、ユアン・マクレガージェシカ・ラングアルバート・フィニーダニー・デヴィート、他にも有名俳優だらけ。アラバマ州がロケ地となります。出演が決まった、との電話を頂いた際には、2日以内に現地入りするように、とのことでした(ヒエ~マジかよ)。 

 

Mom didn't bat an eyelash. She said, “Alabama, here we come! (Mom must have been pretty desperate to get someplace warm, because the minute she hung up she started throwing all of our clothes into the car.) Dad said, “You can't drive to Alabama! You're in Toronto!” But Mom was too busy fantasizing about sunny Alabama. Without pausing, she said, “Oh, yes we can. We're crossing the border tonight.” 

お母さんは表情にこそ出しませんでしたが、「Alabama, here we come!」(訳注元歌はCalifornia, here I come)なんて言っちゃってます出演決定の電話を切った瞬間から持ってる服全部車に積み始めたくらいだから暖かいところに行けるって夢中だったんだろうな)。お父さんがおい、アラバマまでトロントから、車で行けるわけないだろう。」でもお母さんは大忙しで聞いてません太陽いっぱいのアラバマ州のことで妄想中ですので。全く手を止めずに「何いってんの、大丈夫よ。今夜にはカナダ国境を超えるわよ。」 

 

Mom, Braison, Noah, me, and our nanny, A.J., left that night and drove fourteen hours straight to Nashville. How do you keep three kids under the age of twelve entertained on a more-than-twenty-hour trip? One answer: a DVD player. Mom was against DVD players until we started making those long trips up north and back. Even so, she should be given a Mother-of-the-Year Award for not ditching us on the side of the road.  

その夜、お母さんブライソンノア、私、それとばあやのA.J.は、 

ナッシュビルまで14時間、ぶっ通しで車を走らせたのです。20時間以上の移動中、小学生以下のお子ちゃま3人を、どう気を紛らすか?その答えの一つが、DVDプレーヤーです。お母さんはずっとそれまで、DVDプレーヤーは反対してたんですけど、北に南にと、長時間移動をするようになって、考えを変えました。今年の「年間母親大賞」の、「私達を安全に送迎できたで賞」部門は、ウチのお母さんで決まりね。 

 

As soon as we got into Nashville, Mom and dropped A.J. and the other kids at home, dumped our Canada cold-weather clothes, grabbed some shorts and T-shirts, and kept on ― straight down to Alabama.  

ナッシュビルに着くとすぐに、A.J.と私以外の子どもたちを家に送り届け、カナダで着ていた寒冷地仕様の服を下ろし、ショーツとTシャツをそれぞれ数着みつくろって、今度はアラバマ州へまっすぐ向かいます。 

 

The movie was being filmed in a teeny tiny town in the middle of nowhere. And coming from me, that's saying a lot. We got to our hotel late at night and  ― wow. It was the worst fleabag of a hotel in history. There were cops roaming around outside ― something had just gone down ― and inside, it was filthy. Mom called Dad in a panic. He said, “Just get through tonight. We'll work on it tomorrow.” 

撮影現場は本当に小さな小さな町です。周りには何もありません。で、私には言いたいことが沢山あります。宿泊先のホテルに辿り着いたのは、もう遅い時間でした。そして… 何と!史上、最悪のボロ宿でした。何かあったのかしら、警察官がウロウロとホテルの外側に。内側は、薄汚れた部屋。お母さんがパニクって、お父さんに電話してます。お父さんは「今夜は、なんとかそのまま頑張れ。明日の朝、なんとかしようじゃないか。」 

 

The next morning we discovered the only upside to the hotel from hell: it was connected to a Waffle House. But not enough to stay. We moved to a better hotel. Right after breakfast. 

翌朝このホテル唯一の救いを発見。隣接していたのが、なんと、ワッフル・ハウスです。でも、これで泊まろう、とはなりません。私達は、朝食を済ませた直後に、状態の良いホテルへ移動しました。 

 

In the movie, I was playing a girl named Ruthie. She was with a group of boys sneaking up to a witch's house to look at the witch's eyeball. Ruthie was a Goody Two-shoes Southern girl dressed in little Mary Janes, telling the boys not to curse. Sounds pretty straightforward, right? What Mom and I hadn't taken into account was that the witch's house was in a swamp. A cold swamp. A cold, wet swamp. A cold, wet, buggy swamp. And it had been raining for weeks. In our mad rush from Canada, we hadn't ever stopped to check the weather. Let's just say we had not packed for cold, or wet, or buggy. And definitely not for swamp. 

映画の中での、私の役は、ルーシーという名の女の子です。男の子達数名と一緒に、魔女の屋敷へ忍び込み、眼帯で隠された片方の目玉を見に行こう、というのです。ルーシーは、南部出身の、いわゆる「可愛い子ぶってる」少女で、メアリージェーンの靴で可愛い服でキメて、男の子達には「笑うんじゃないわよ」なんて、結構一本気な子でしょ?お母さんと私が想定してなかったのは、その魔女の屋敷のセットが、湿地にあったこと。それも、寒い湿地。寒くてジメジメする湿地。寒くてジメジメして虫だらけの湿地。しかも、撮影が始まる前まで、雨がずっと、数週間降り続いていたんだって。カナダから慌てて出てきて、天気をチェックしなかったなぁ。寒さ、ジメジメ、虫、当然湿地も、想定外の荷造りでした。 

 

My call time was late because my scene was supposed to be taking place on a dark and spooky night. The first thing we saw when we got to our trailer were poster-sized pictures of snakes, spiders, and other critters that lived in the swamp. There was a sign that said  

私の出番は夜遅い時間でした場面が暗くて不気味な夜という設定だったからです。控室代わりのトレーラーに、ポスターくらいの大きさの張り紙があって、湿地にいるという、ヘビ、クモ、あと色んなちっちゃい生き物が描いてありました。そこには説明書きがあって、 

 

WATCH OUT FOR THESE CREATURES! THEY'RE ALL VERY DANGEROUS AND THEY'RE ALL RIGHT HERE IN THE SWAMP, WAITING TO ATTACK ANYONE WHO CAME HERE FROM TORONTO AND ONLY BROUGHT SHORTS AND T-SHIRTS ― WHAT WERE YOU FOOLS THINKING?  

注意!これらは全て危険生物です。この湿地に潜み、人に危害を加えます。それも、トロントから来て、ショーツとTシャツしか持ってこないような、ワケのわからんアホ共は、誰でも容赦なく。 

 

That's how I remember it, anyway. I was freaking out. Are you kidding me? Bugs? So sketchy! So scary! Bugs are not my thing. 

以上、私個人の記憶です。これを見てイラッとしました。マジ?ムシ?訳解んない!キモい!ムシは勘弁してよ。 

 

Like I said, the swamp was wet and cold. There were weeds up to our waists. I was convinced the brown recluse spider on the poster was going to hunt us down and attack. Mom said, “Miley, are you sure you want to do this?” After driving all the way from Toronto? Heck, yeah. I was going to do it. Poor Mom. Our farm is one thing, but Mom isn't very outdoorsy. She was not having fun.  

先程も書きましたが、この湿地は、ジメジメして寒い場所です。草ボウボウで、腰のあたりまできてます。ポスターに描いてある、「ドクイトグモ」が、私達を狙ってくる、そう確信しました。お母さんが「マイリー、あなた本当に、この撮影やりたい?」わざわざトロントから車で飛ばしてきて、それ言う?冗談じゃない、やるわよ。そう決めたんだから。ま、お母さんは気の毒ね。うちの農場は、それはそれ。基本お母さんは、アウトドア派ではないのです。今回の撮影は、楽しくないだろうな。 

 

I wasn't exactly having the time of my life, either, but I already knew that show business wasn't always a cakewalk. I remember watching my dad on the set of Doc on a day when it was really cold out. People were getting frostbite. My dad's a big old guy, but it was so cold that he was tearing up. They had to get the shot. Not only that, my dad had to sit by a fountain looking like he was actually enjoying himself. I remember thinking, Dang, I don't know if I could do it.  

私だって自分史上最高に楽しんでるというわけではありませんでも覚悟はできてましたショービジネスは、楽勝なことばかりじゃない記憶にあったのが、めちゃ寒い日に、お父さんが「ドク」の野外セットで撮影に臨んでいたこと。現場の全員、凍傷寸前。お父さんは、若くはないけど体格は良くて、それでも寒さで目が潤んでました。とにかく収録しなくちゃいけない。更には、お父さんのシーンは、池のほとりで楽しそうにしている、というものです。「うわぁ、こんなの私にできるかしら」、そう思ったことを覚えています。 

 

Now here I was, on the set of a big movie. A little cold. A little wet. A lot nervous, with plenty of time to sit around and wait. 

ついに私にもそれがきた。大作映画のセット。寒さも、ジメジメも、多少の事。多少じゃないのは不安な気持ち。何もせず待つ時間が長い。 

 

They told us when we could eat, and they told us when we could go to the bathroom. It wasn't remotely glamorous. And that's the truth about show business. You see lots of glamorous moments in magazines, but most of it is plain hard work and little glamour. But you know what? I wouldn't trade it for anything! I had definitely gotten a bite ― from the acting bug.★ 

★Sorry! I couldn't resist that one!  

食事が可能な時刻や、トイレに行ける時刻知らされますきらびやかな魅惑の世界とは、ぜんぜん違うでも、それが本当のショービジネス。雑誌を見ればキラキラな世界ばかりです。実際大半はきつい仕事で、キラキラはほんの少し。でもね、みんな、私は誰にも譲らないわ!ガブッと噛みついたからには、もう離さないんだから!・・・と、そこの虫さんが言ってるわ★。 

狙って言った?ゴメンそうなの 

 

Bugs or no bugs, I wanted to be really good in my scene. It was Tim Burton. If he liked me, he could put me in another movie. I was praying to do well, and concentrating really hard. In the beginning. But the later it got, the more unfocused I got. I just could not be quiet. When I start talking, there's no stopping me. I was even annoying myself. But luckily a movie set isn't the same as school. Me and my big mouth made it through without getting detention. As for that call from Tim Burton? I'm still waiting. 

ムシが居ようが居まいが私の出番は最高のものにしたかった。だってあのティム・バートンですよ。気に入ってもらえたら、次回作で呼び出しがかかるかも知れない。上手くやれますように、そう祈って全集中です。最初の頃はね。でも後になるほど、集中力が切れ気味になる。静かにしていられないんですよね。喋り始めたら、誰も止められない。自分でも腹立つ位にね。でも幸か不幸か、映画の撮影現場は、学校と違って、私も、このおしゃべりな口も、邪魔されないの。先生に呼び出されないから。ティム・バートンの呼び出し?そっちは今でも待ってまーす。 

 

Back in Nashville, we went to see the movie when it came out. My whole family stood up and cheered when I came on the screen. I loved it. My mom got me the Big Fish poster, and I hung it in my room. 

ナッシュビルに戻ると映画の公開日に、家族全員で見に行きました。私がスクリーンに映ったとき、家族全員が立ち上がって歓声を上げてくれたの。嬉しかったな。お母さんが手に入れてくれた、「ビッグ・フィッシュ」のポスター、さっそく部屋に飾りました。 

 

After that I got called back but rejected for the movie The Adventures of Sharkboy and Lavagirl (but at least I met Taylor Lautner at that audition ― we've been friends ever since). Then I got called back but again rejected for the TV show The Closer. There was one audition ― it was so painful I must have blocked what movie it was for. All I remember is that while I was auditioning for some movie starring Shirley MacLaine, one of my favorite actresses, the casting directors were making phone calls and completely ignoring me. I came out bawling.  

その後再び、別の映画出演のお話がありました。「シャークボーイ&マグマガール」です。結果は不採用(でもオーディションで、テイラー・ロートナーとお近づきになれて、以来、今でも友達なの)。更には、テレビの刑事ドラマ「クローザー」のお話もありましたが、こちらも不採用。もう一つ、オーディションがありましたが、かなり辛い思いをして、何の映画だったか、記憶がブロックされてます。他にも色々ありましたが、一つ覚えているのは、私が大ファンの一人、シャーリー・マクレーンが出演する映画(何だったかな)のオーディションを受けた時のこと。目の前の採用担当ディレクター達が、電話かけてるの。私が居るのに、無視して。部屋を出る時、大泣きしちゃった。 

 

When something like that happened my sister Brandi always told me, “Positive minds do positive things.”  

こんなことがあると、姉のブランディが、いつも言ってくれた「前向きに行こうよ、前向きにやれるよ。」 

 

So I embraced that attitude and moved on. 

だから私はそう心に思って前に進みました 

 

My mom would see what I went through and say, “Honey, this is so hard. How can you take that rejection?” But they had raised me to be strong. I just came home and went back to cheerleading. I didn't think of it as failure. I thought of it as part of the route to success. 

そんなこんなを、お母さんは見ていてくれて私に言葉をかけてくれますマイリー辛かったわね残念な結果だけど受け止められる?」。でもこうした数々の経験が私を強くなるよう、育ててくれていたのです。家に帰れば、チアリーディングへと出かけてゆきます。失敗と思わず、成功への道の一部だ、そう考えるようにしました。 

 

So you see I'm really not exaggerating when I say that when I started Hannah Montana, I'd done Doc, a commercial, and Big Fish. Period. Oh, and don't forget those old-woman parts with the wigs. No wonder Disney had their doubts about me. But I didn't. All those moments, from the farm to the swamp, had led me to now. I had dipped my toe in the water and knew I wanted to swim.★ 

★”Big Fish”... swim. Get it?   

ね、話を盛ってなんかいなかったでしょ?言った通り、「ハンナ・モンタナ」のオーディションを受けるまでに、「ドク」と、コマーシャル一本と、「ビッグ・フィッシュ」と…以上、か。あ、それと講習会で演ったオバアサン役ね、カツラ付きの。ディズニーが私を信用しなかったのも、無理ないか。でも私は、話は盛ってない。生まれ育った農場から始まって、湿地まで、一つ一つの瞬間が、私が今いる場所まで、導いてくれたのです。目の前には底知れぬ水がたたえられ、つま先を浸けてみて、わかんないけど行ってみたい、と思って泳いでみた。そんな風に、未知の世界をかき分けていったのです。★ 

★「ビッグ・フィッシュ」だけに、かき分けて泳ぐ…わかった? 

第29話My Little Breaks: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

My Little Breaks 

大ブレイク…じゃなくて「小ブレイク」を重ねて 

 

There I was in Tennessee, watching chickens, celebrating mules, and risking serious injury at the hands of my four wheelin' dad. I didn't have my heart set on being a huge star. Who does? But even then I knew I definitely wanted to perform in some capacity at least. A couple of years before we moved to Toronto, I went to “Kids on Stage,” a summer acting camp at a little theater called the Boiler Room in Franklin. When our camp put on plays in the Boiler Room, I was never the lead. The only part I remember playing is an old woman. I think there was a wig involved, so I guess I did get some experience that would prove critical in later years. 

さて地元テネシー州では、ペットのニワトリ達をのんびり眺めたり、ラバのお祭りに行ったり、四輪バイクをかっ飛ばすお父さんのせいで大怪我したりと、そんな日々を送っていた私。ビッグ・スターになりたい、なんて思うわけがありません。そんな子の気が知れんわ。ま、でも当時の私でさえ、ある程度のお客さんの数がいる前で、演じてみたいな、くらいの気持ちは、そりゃ間違いなくありました。トロントへ引っ越す2,3年前のことです。私は「キッズ・オン・ステージ」といって、夏の演劇講習会に参加したことがあります。場所は、フランクリンにあった「ボイラールーム」という小さな劇場です。この講習会では、私は一度も、主役級の役はやりませんでした。覚えているのは、オバアサンの役だったかな。カツラを使ったかも知れない。ってことは、後々重大な意味を持つ経験を、この時しっかりしてたってことね。 

 

At school I was way into doing plays, “way into” being sort of the nice way of saying I was Miss Bossy. When my mom came in with me and my homemade costume, my second grade teacher, Miss Severe (also Brandi's teacher. And Braison's. And Noah's) said, “Miley has it all planned out.” I was that kid. The teachers loved me.★ Except when I wouldn't stop talking. Which was most of the time.  

★The kids: not so much. 

一方学校では、演劇にどっぷりハマってました。「どっぷりハマってました」なんてキレイな言い方しましたが、要は親分風フカセまくり、というやつ。2年生の演劇の授業では、教室に、お母さんも手伝って、家で準備してきたコスチュームを持ち込むわけです。担当のビシバシ(厳しい)先生は(ブランディとブライソン、あとノアも教わってます)、こう言います「マイリーはしっかり家で準備してきたわね」私は、いわゆる「先生のお気に入り」★というやつでした。気に入られない時もあります。ずっとしゃべっている時ね。もっともそれがホトンドだったかも。 

★クラスの友達には、ウケはあまり良くなかったの。 

 

In fifth grade - one year before the infamous Year of Being Bullied - we finally moved to Toronto to be with my dad. My mom had been holding out, not wanting to uproot us from Tennessee, but like I said, we all just needed to be together. Leaving my cheerleading squad was the toughest change for me - I had been so into it. So my mom tried really hard to find a way for me to cheer in Toronto. Yeah ― turns out cheerleading's not so popular in Toronto.  

5年生の時(例の「イジメ地獄」の前の年です)、私達はトロントへ引っ越してしまいます。お父さんと一緒に暮らすためにね。お母さんは相当粘りました。テネシー州から全面的に撤収するのは、なんとしても避けたかったのです。でも前にも書いた通り、とにかく家族は一緒に暮らそう、ということになったのです。一番辛かった変化が、チアリーディングのチームを辞めなきゃならなかったこと。私、ホントにこれは「どっぷりハマって」たので。だから、お母さんは気合い入れて、私がトロントでチアリーディングをやれる場所を探してくれたのですが、そうなんです蓋を開けてみるとトロントって、そんなにチアリーディングが盛んじゃなかったんです。 

 

Mom finally found a squad in Burlington, an hour outside of Toronto. You were supposed to be in seventh grade to join, so I was too young; but she told them I'd been cheering since I was six and begged them to at least meet me. When I went out to the gym, they loved how teeny tiny I was. It was really easy to throw me all over the place. I got in! 

なんとか見つけてくれたチームは、バーリントンと言って、トロントから車で1時間くらい走ったところでした。ここは中1からじゃないと入れないチームで、私は学年がとどいていなかったのです。でもお母さんは、私が6歳からチアをやっていることを言って、とにかく本人と会うだけでも、と頼み込んでくれました。練習場へ行ってみると、チームは、私が超チビっ子なことが、とても気に入ってくれたらしい。これなら、どこへでもリフトアップやスローイング出来るって。お陰様で合格です! 

 

Toronto was pretty darn cold compared to Nashville during a normal winter. The winter we decided to spend in Toronto turned out to be the coldest they'd had in fifteen years. So every Sunday we'd drive through a blizzard to Burlington for practice. My poor Southern mom, who'd never driven on an icy road in her life! She was a total hero. 

トロントは、元いたナッシュビルから比べると、とんでもなく冬が寒い場所です。普段でもそうなのに、私達が引っ越した年は、過去15年間で一番寒い冬でした。ですから、毎週日曜日は、ブリザード(猛吹雪)の中を、練習場所のバーリントンまで運転です。暖かい南部育ちのお母さんは、気の毒に、凍った路面での運転経験ゼロ。本当に、お母さんは大した人です。 

 

In Canada, when I wasn't cheering or being homeschooled, I was always tagging along with my mom. That meant dropping by the set of Doc to see my dad. Being around the set so much, I absorbed a little bit about filming; how the camera blocking worked, what it meant when they said “Cut”; how important it was to be quiet. But mostly I liked trying on wigs in the wardrobe room. I know, I know. Some people look back on their lives and discover the theme to their life has been overcoming adversity, or battling injustice, or comforting the afflicted. So far, when I look back on my life, the only theme that I see starting to emerge is wigs.  

カナダ在住の間、チアとホームスクーリング以外は、お母さんとベッタリ。ということで、お父さんの出演していたテレビ番組「ドク」の撮影現場に、寄る機会があったのです。セットの周りをうろついているうちに、ドラマの撮影というものに、チョコっとハマってゆきます。カメラ割りのやり方、撮影中の「カーット」という掛け声の意味、息をひそめる重要性。なかでも一番私が好きだったのが、衣装部屋でのカツラの試着。えっと、言いたいことはわかります。人によっては、自分の人生を振り返れば、そのテーマが、不幸を克服したり、不正と戦う力となったり、病を癒したりしているのがわかるだろうってね。私の場合、今の所心当たりは、カツラ、ですかね。 

 

My dad had been on Doc for a couple of years, and the producers all knew our family. Shortly after we arrived on the scene, the producer (or was it the director?) of Doc offered me the part of a girl named Kiley on an episode of the show. Kiley was an outgoing little girl with an alcoholic, abusive mother who came to live with her father in New York. Kiley's dad lived in the same apartment building as Doc (my dad). I had some good scenes as Kiley ― some deep scenes dealing with the abusive mother, and a scene where Kiley tried out for the school play and got made fun of for her Tennessee accent. Little did I know how much I would need the experience. In two arenas: acting on TV and dealing with the mean girls. 

お父さんは数年に亘って「ドク」に出演していましたので、プロデューサーの皆さん全員、うちの家族は顔見知りでした。撮影現場に行くようになってから間もなくの頃のことです。その日居合わせた「ドク」のプロデューサーさん(監督だったかも)が、私に、出てみないか、と言ってくださったのです。役どころはカイリーという女の子。ある一話に出てくる登場人物です。性格が明るく、母親がアル中で虐待癖。父親とニューヨークで一緒に暮らすことになる、という設定です。父親とドク(お父さんの役)が同じアパートの住人。いくつか結構いい場面を、演じさせてもらいました。虐待癖の母親との絡み、そして、学校の演劇で役のオーディションに挑戦した時、故郷のテネシー訛りでバカにされる場面。この時の経験が、後にどれほど役に立つか、当時は知る由もありません。テレビ出演と、いじめっ子達への対処、この2つでね。 

 

If I had to pinpoint a moment, I'd say playing Kiley definitely gave me the acting bug. But mostly I have to mention it because it was nearly half of my professional acting resume when I tried out for Hannah Montana. 

お芝居をしたいと強く思ったのはいつか、となると、迷うこと無く「カイリー」を演じた時、ですね。でも、もっと大事なことは、「ハンナ・モンタナ」に応募した時、「プロの現場での経験は?」の履歴書欄には、半分はこの経験を書くことになった、ということです。 

 

After Doc, I started doing an actor's workshop and went to a few camps where I got to do monologues and plays. And I guess it paid off. The next time we were in Nashville on a visit to friends, my mom's friend Wendi★ was taking her kids to audition for a Banquet Foods commercial starring country singer Lee Ann Womack. I was curious, so she brought me along. Wendi's kids are younger than I am, so when the casting director said they were looking for an older girl for the spot, Wendi said I should go in. I don't remember what happened at the audition, but I got the commercial ― and an agent in the process.  

★the one who later helped me write “I Miss You” about Pappy 

「ドク」出演の後、私は俳優を目指すワークショップに参加するようになります。講習会にもいくつか出かけて、モノローグやお芝居に取り組みました。そして、これが報われたと思われる機会がありました。ナッシュビルに友達に会いに行った時のことです。お母さんの友達のウェンディ★が、お子さんたちをオーディションに連れて行くというのです。「バンケットフーズ」社のコマーシャルで、カントリー歌手のリー・アン・ウーマックとの共演です。私が興味津々そうにしていたので、ウェンディは私を同行させてくれました。ウェンディのお子さん達は、私より年下でした。選考担当ディレクターが、もうちょっと年上の女の子を、と言った時に、ウェンディが、私にやってみるよう勧めてくれたのです。オーディションで何をしたかは、覚えていませんが、結局私が役を勝ち取りました。ついでにこの時、将来の私のエージェントもね。 

後にじいじのことを歌にした「I Miss You」の作曲を手伝ってくれた人ね 

 

What I do remember is that the night before I went in to tape the ad, my mom cooked up some of the Banquet Foods products I'd be eating the next day. But when I came into the kitchen to have a taste, my brothers had eaten all of them. So they couldn't have been too bad ― but I'm a picky eater. The next day, between takes, I ducked behind the table and spat out the beans (I think that's what they were) into my hand.  

今でもハッキリ覚えていますが、CMを収録する前の夜、私が撮影で食べる予定の、バンケットフーズ社の製品を、お母さんが実際に調理してくれました。ところが私が台所へ入ってみると兄と弟が全部食べちゃったんですアイツラが全部食べちゃうくらいだからそんなにまずくはないんだろうなとは思ってましたただ私は、味には結構ウルサイほうなんですよね次の日カメラ撮りがストップする度に私はテーブル下にかがむと、豆をそっと口から掌に出してました(前の晩試食しようとした物だと思うんですが)。 

 

I guess nobody from Banquet Foods complained, because soon after that my new agent asked my parents to put me on tape for an upcoming movie directed by Tim Burton, called Big Fish. 

バンケットフーズからクレームはなかったと思いますというのも、それから間もなく私の新しいエージェントがお父さんとお母さんに私の映画出演話を持ちかけてきたからです公開まで間もなくとなっていた作品で監督はティム・バートン、作品名は「ビッグ・フィッシュ」。 

第28話Mule Day: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Mule Day 

ミュール・デー 

 

I was talking about where the dream started, but before I go further, I have to digress and tell you about Mule Day. That's right, Mule Day. Pappy took me to it every year. Now, I'm not claiming that Mule Day played a huge role in making me want to be an actor and a singer, but I'm a girl from a farm and ... come on, there's an annual celebration called Mule Day! It's part of my heritage. Don't you want to know about it? Hold on ...  

自分の夢の原点お話ししましたが、このまま先へ行く前に、ちょっと横道にそれたいと思います。ここでは「ミュール・デー」についてお話します。「ミュール・デー」です。じいじが毎年連れて行ってくれたイベントです。別に、ミュール・デーが大きなキッカケで、女優や歌手を目指したってわけじゃないんですよ。でも私は実家が牧場なんで、それで… まぁ、読んでください。ミュール・デーっていう、毎年でかけている行事なんですよ。私が昔から続けていることの1つで、面白そうでしょ?まぁ、読んでくださいね~…。 

 

I just called my dad and asked, “Am I dreaming, or did Pappy used to take me to Mule Day? What was it?” Dad said, “I would describe it as when every jacka_ _ comes to Columbia, Tennessee.” So there you have it. I'm not making it up.(Don't they always say truth is stranger than fiction?) If you haven't been so lucky as to attend Mule Day yourself, it's an annual celebration of mules (and donkeys) held in Columbia. It features live music, arts and crafts, clogging, and, of course, mule galore. There's a mule sale, mule pulling, mule shows, and lots and lots of mule souvenirs. Pappy and I would come home with little miniature mules and mule T-shirts. 

今丁度お父さんに電話して訊いてみたところです「あたしの思い込みかな?じいじって、昔私をミュール・デーに、よく連れてってくれたよね?それって、どんなだっけ?」お父さんは「そりゃ、テネシー州のコロンビアに毎年ロ◯が集まってくる、てやつだと思うけどな」やっぱり合ってた。ロ◯の「◯」の部分は、自分で考えてね(いわゆる「事実は小説より奇なり」かな?)。今まで運悪く、ミュール・デーに参加したことのない方のために、これは毎年行われるラバ(あとロバ)のお祭りです。会場はテネシー州のコロンビア。ライブ演奏があったり、絵画や工芸品を持ってくる人もいたり、木靴を履いたダンスだったり、それから勿論、ラバも沢山います。ラバの販売取引や、ラバが重くて大きいものを引く競争だったり、色々な芸や技を披露したりして、ラバ関係のお土産も沢山売ってます。じいじと私で出かけて帰ってくるときには、ラバのミニチュアやTシャツを買い込んでくるのです。 

 

One day, to commemorate our mutual dedication to Mule Day, Pappy brought me a real, live donkey. He drove it all the way down from Kentucky in a horse trailer. He told me the donkey - I named him Eeyore - was half zebra, and that was why it had stripes on its ankles. It was only recently that I had my “Hey! Wait a minute ... “ moment and realized that all donkeys have white ankles. 

ある日じいじが私と毎年ミュール・デーを楽しんできたことを記念して、何と本物の、生きたロバをプレゼントしてくれたのです。ケンタッキー州からはるばる、馬を搬送するトレーラーを運転して、連れてきたのです。じいじは私に、このロバは(私は「イーヨー」と名前をつけました)シマウマとのハーフで、だから足首に縞模様が入っているんだよ、と言ってました。でもつい最近、「あれ?変だな」と気づきまして… 確か、ロバって、どれも足首は真っ白なんですけど。 

 

So... Mule Day. Thought you should know about that.  

というわけで、ミュール・デーについてでした。「読んでよかった」って思っていただければ、幸いでーす。 

 

【訳注】本文中、虫食いの語は、jackass(雄ロバ)となります。

第27話Southern Girl: Miles to Go by マイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Southern Girl 

サザン・ガール:大自然に抱かれて 

 

Who I am has a lot to do with my family and where and how I grew up. Sure I was living my dream, but that hadn't happened overnight. So, where did that dream start? Partly on the stages where I watched my daddy perform. But mostly on our farm in Franklin, Tennessee, with a bunch of horses, cows, chickens, and my family. 

私は、家族、そして育った場所と環境から、大きな影響を受けています。勿論、私は今のお仕事をしたいという夢を持って、ここまできました。でもそれは、ある日突然心に浮かんだわけではありません。原点となった場所は色々あります。お父さんのステージもその1つ。でも大半は、我が家の農場です。テネシー州フランクリンにある農場には、馬や牛や鶏たち、そして私の家族が、そこには居ます。 

 

People think that a farm is a lot of work, but if you're not, like, harvesting crops, it's not too hard to take care of animals. Horses can live in the wild, so you don't always have to do a lot for them. We put them out to pasture in one meadow, the cows in another. They eat grass. The grass grows back. They eat more grass. Sometimes we ride them (the horse - not the cows); they're cool with it, and besides that, we just let them do their thing.  

農場というと大変そうですが、例えば、農作物を栽培するのでなければ、動物の世話は、それに比べるとそんなに大変ではありません。馬は、野生で生きて行けるので、こちらは、いつもやることが沢山ある、というわけではないのです。放牧地で、牧草が生えている場所へ馬を連れて行ったら、それとは別に牧草が生えている場所へ、今度は牛を連れてゆきます。牧草を喰む、生えたらまた喰む。時には乗馬を楽しんだり(牛には乗らないよ)、それ以外は、好きにさせておきます。 

 

As for chickens, you can kind of make them into pets. My chicken, Lucy, will sit in your lap and let you pet her for hours on end. But you gotta start when they're little, or they turn mean. Lucy's our only sweet chicken. You're going to begin thinking I'm really back-country when I tell you this, but chickens are pretty darn fun to watch. They walk around bobbing their wonky heads. Seriously, there' re nothing more relaxing than to kick back and watch chickens be chickens.  

で、ニワトリは、というと、こちらはペットみたいにしちゃうこともあります。今そうしているのが、ルーシーといって、この子は膝に乗ってきます。何時間でもずっと羽根をなでてます。ただ、こうなるには、ひよこの頃からそうしてないとダメで、でないと、可愛く接してはくれません。今我が家がペットにしているのは、このルーシーだけ。と、こんなことばっか言っていると、ド田舎の娘みたい?でもホント、ニワトリって、見てて超面白いですよ。か弱そうなあの頭を、ヒョッコヒョッコ動かしながら歩き回る。あの子達の特徴的な仕草を、のんびり眺める、マジで最高です。 

 

My mom always says that before I started school, our lives and schedules were based on an entertainer's schedule. My dad was on the road a lot, playing shows, coming home late. He often didn't get home until ten or eleven, so they'd let me stay up till all hours of the night, and then we'd all sleep late. Our time together was almost sacred. 

お母さんがいつも言っているのですが、私が小学校に入る前は、家族のスケジュールは、芸能人のスケジュールが基本になっていたそうです。お父さんはツアーに出ることが多く、公演を行って、家に帰ってくるのは遅い時間でした。夜10時とか11時とかになっても、帰ってこないことが多くて、そうするとお父さんもお母さんも、夜遅くまで起きてていいよ、ということになります。お父さんが帰ってきたら、ようやくみんなオヤスミナサイ。まさに、家族一緒の時間は、神聖な時間なのです。 

 

Like I already said, when my dad was home I was his little shadow. I was four, maybe five years old when he'd saddle me up on a slow walking horse and take me, Braison, and Brandi out on the trails around our house. (Trace was absolutely scared of horses and didn't like to go.) Or he'd sit me in front of him, and we'd go four-wheeling or dirt biking all day, ending up at the top of a hill where there's a tipi to camp in. (There's even a real totem pole that Pappy gave Dad!) Then Dad would build a fire and we'd roast marshmallows. 

前にも書きましたが、私が小さい頃、お父さんが家にいる時は、私はいつもお父さんにピッタリくっついていました。4歳、もしかしたら5歳の頃かな、お父さんは、私とブライソン、そしてブランディを馬に乗せて、のんびり家の周りの道を、ゆっくりお散歩したものです。(トレイスは馬が怖いので、行きたくなかったみたい)。お父さんは、自分も馬に乗って、私をすぐ前に座らせることもありました。他にも、4駆だったり、時にはオフロードの自転車で、一日中走り回って、最後には、丘の頂上まで行くのです。そこにはティピという、ネイティブアメリカンが作る形のテントがあって、キャンプも出来ます(じいじがお父さんにくれた、本物のトーテムポールまであるのよ!)。ここでお父さんは火をおこして、みんなでマシュマロローストを食べるのです。 

 

We'd sit there next to that fire, with the trees and the big Tennessee sky. It was easy to start dreaming big under all those stars. I felt like the sky was never-ending, like I could see Pluto. I spent most of my childhood outside with my dad.  

焚き火の周りにみんなで座って、そばには木々が、そして上を見れば、どこまでも広いテネシーの大空。満天の星空の下にいれば、夢を見るなど容易いこと。空は果てしなく見えて、それこそ、太陽系の果の冥王星まで見えてきそう。そんな屋外で、私は少女時代の大半を、父と過ごした。 

 

SOUTHERN GIRL 

サザン・ガール 

 

I remember ridin' horses 

Playin' on a tire swing 

Havin' little picnics watchin' 

Leaves fall off the tree. 

今でもちゃんと覚えている、馬の背に乗り遠出して 

タイヤのブランコで風を切り 

ちょっとそこまでピクニックして 

落ち葉が舞うのを眺めてた 

 

I love pickin' flowers 

Puttin' my feet in the creek 

Listenin' to the birds sing 

While playin' hide-and-go-seek 

花を沢山摘むのが好きで 

小川に素足で入るのが好きで 

鳥たちの歌を聴くのが好きで 

かくれんぼしながら楽しんだ 

 

These all might sound like li'l things 

But they mean a lot to me 

どれもこれもが、ささやかだけど 

私にとっては、大事なシーン 

 

In the country there ain't much 

But much ain't what I need 

I'm a Southern girl 

Big things don't really matter to me 

都会を離れたここには、「多く」がない 

でも「多く」はいらない 

私はサザン・ガール 

ビッグなことは、気にならないかも 

 

I don't care what y'all see 

Out in the big city 

I don't know your so-called music 

Just give me country 

都会を離れたここでは、何が見えてる? 

でも私は気にしない 

君の言う音楽は何? 

私の音楽は、カントリーっていうの 

 

As we got older, we still spent tons of time hanging out on the farm. Even when I was suffering through sixth grade, I'd come home and play a game of basketball with Braison or spend hours on the trampoline with Brandi. Out on the trampoline, we'd talk and laugh about .... who knows? Nothing that made sense. That's the best part about hanging with a sister. You're not having conversations with beginnings, middles, and ends. You're just letting unformed thoughts bounce up and down and around and around. 

あの頃と比べて、大きくなった今も、私達は牧場で沢山時間を過ごします。地獄の6年生の頃だって、家に帰れば、ブライソンとバスケをしたり、ブランディとトランポリンをしたりと、何時間も過ごしちゃいます。トランポリンが終わったら、しゃべって笑って、話題は…どうでもいいのよ。他愛のないことだけなんで。これが妹とマッタリする醍醐味なの。会話の「起」も、「承」も、「転」も、「結」も、ありませんので。まとまりのない思いを、自由に、飛んだり跳ねたり、走り回ったり、そうさせっぱなしにするんです。 

 

At some point Trazz started building a treehouse between two beautiful trees. It was a work-in-progress for quite a while. Dad got into finishing it, but then he bashed his finger with a hammer and quit. Once I decided to help out. But since I have no clue how to build things, I just draped some blankets around what they'd built to make walls and a ceiling. You know, like a little kid's fort. But I kinda forgot to consider the rain factor. Yeah. Rain. Not so good when your little house has walls made from quilts. Still, the treehouse is very sweet as is. Whenever we go back to Nashville, Brazz and I like to sit up in the trees and play checkers. Our own little hideaway, where dreams can grow as big as we want. 

ある時、トラズはツリーハウスを作り始めました。真っすぐキレイに伸びた木が二本あって、その間に作り始めたのです。でも「今作っている処です」が、随分長く続きました。お父さんが仕上げをしようと、手を貸します。でも、金槌で指を強打して、あえなく離脱。私も参戦しようとしましたが、大工のことが全く分からず、結局は、壁と天井にするはずだったところに、毛布を数枚かけただけでしたけどね。まぁ、子供の秘密基地ってとこかな。ただ、ちょっと雨のことを忘れてた、みたいな…そう、雨のことを。小屋の壁がキルトっていうのは、良くなかったわね。それでも、このツリーハウスは最高。ナッシュビルに帰省すると、ブラズと私は林の中に居て、チェッカーボードで遊びます。私達だけの小さな隠れ家、そこは、どこまでも大きく、夢をふくらませる場所です。 

 

Our family has never been really competitive. We always let each other win when we have games of chicken in the pool. We're careful of one another's feelings. 

うちの家族は、競争したりするのが好きじゃないんです。プールに行って騎馬戦やるときなんて、お互い勝たせてやろう、とかいって、相手の気持を考えて気を遣うんです。 

 

Too bad that caution with feelings didn't exactly translate into caution with vehicles. Let the record show that not one picture of me on a horse or a four-wheeler has me wearing a helmet. Dad always says he could've given some of those celebrity moms a run for their money in the unsafe parenting department. It never occurred to him to put us kids in helmets. Or to wear one himself, for that matter.★ 

★He has gotten better! 

自分の気持ちを注意してコントロールできても、馬や車両を注意してコントロールしようとしないってところが、我が家の残念なところです。四足の馬も、四輪の車も、私が乗っているところを写した写真をみると、ヘルメットをかぶっていないんです。お父さんはいつも言います。セレブのお母ちゃん連中に比べたら、自分は安全な子育てでは、一歩も引けを取らないゾって。その調子で、あたし達我が子の安全のために、ヘルメットをかぶるよう言ってよネ。ついでに自分もかぶれよな…。★ 

★最近は随分マシになったのよ! 

 

One time, when I was pretty young, Dad went four-wheeling with me in a pappose that he wore like a backpack.★ Again, no helmets. He was flying through the woods, going pretty fast, zig-zagging along when he came to a tree that had fallen across the path. He ducked under it, but only as he ducked did he remember that I was on his back. Whack! He brought me home with a huge knot on my forehead. I can only imagine what I might have achieved if Dad hadn't given me minor brain damage. I'm still trying to come up with creative ways for him to make it up to me. Most of them start with the letters C-A-R.  

ある時、まだ私がうんと小さかった頃、お父さんは4駆のバイクにのって、私をパプースネイティブアメリカンの、赤ん坊を入れて背負うもの)に背負ってという、リュックサックを背負っているような感じでした。★ またもや、ノーヘルですよ。木々の間を飛ぶように、猛スピードで、ハンドルを左右に切りまくって、とそこへ、道を塞ぐように倒木があったのです。身をかがめましたが、私を背負っているのをすっかり忘れていたようで…ガツン!お父さんが私を家に担ぎ込んたときには、私の額にはでっかいコブができてました。もしあの時、お父さんが私に軽い脳障害を与えずに済んだら、私だってやれたことがあったのにな、なんて想像してしまいます。今でも、お父さんにはこの埋め合わせをしてもらおうと、クリエイティブな方法を、あれこれと考えようとしてます。その大半のキーワードは、C、A、Rから始まる言葉よ。