英日対訳・マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

2003年出版の「To a Young Jazz Musician」を対訳(文法説明付)で読んでゆきます。

<4.ジャズを演奏する>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

4. Playing Jazz 

July 18,   

4.ジャズを演奏する 2003年7月18日  

 

Dear Anthony, 

How are you, man? Glad to hear you got something from my last letter. Don't just read that stuff and lock it away in your head, figure out how to apply it. 

(41ページ)  

 親愛なるアンソニー  

元気にしているかい?この間の手紙から、君が何かを掴んでくれたと聞いて、嬉しく思う。こういうものは、ただ読んで頭の中にしまい込んではいけない。活かし方を考えること。 

 

Tours go on and on. We just out here, from one city to the next. I just head where they tell me. So excuse the distance between these notes. I try to write when I can. 

今はコンサートツアーが続いている。とにかく、一つの町から、そして次の町へ。行けと言われた所へ、ひたすら移動の日々だ。だから、手紙と手紙の間が空くことは許してほしい。心がけて書くからね。  

 

Man, last night we played a small, intimate club inside a Boston hotel. Can't complain at all, gig just felt good. Small places, man. The people all around you, making all kind of noise and grooving. It just inspires the band. Folks in the audience let the sound wash all over them, especially when our drummer, Herlin, gets sanctified on the tambourine in 5/4. 

さて昨夜は、ボストンのあるホテルの中にある、小さくて客席との距離が近い、クラブでの演奏だった。文句なしの、とにかく気分のいい、小ぢんまりとした本番だったよ。狭い場所でね。お客さんがすぐ周りにいて、雑踏の中、グルーブ感で一つになっていた。こういう時はバンドはひたすらノッてくる。聴いてくれている人達も、バンドのサウンドに、全てを洗い流させようとする。特にドラムのハーリンがタンバリンで5/4のリズムを、神がかった演奏で聴かせた時は、最高だった。  

 

After the gig, someone brought us a full-course meal ― black-eyed peas, corn bread, barbecued ribs, mashed potatoes, even had the nerve to have some corn pudding. People cook for you when you sound good and have good manners. In all seriousness, though, no matter how often something like that happens, and it happens a lot, the love and generosity of spirit that we feel out here is always humbling. And it makes missing your family a bit more tolerable. But boy, if you don't like people, you'll have a lonely time out here. 

(42ページ)  

本番終了後、僕達にフルコースの食事が運ばれた。ささげ(豆)料理、トウモロコシパン、リブ肉のバーベキュー、マッシュポテト、そして図々しくも、コーンプディングまで少し頂いてしまった。やはり演奏が上手でマナーを心得ている人は、ご馳走にありつけるんだねぇ。冗談はさておき、こういったことは仮にどんなに頻繁に起きようとも、そして実際沢山起きていて、その時僕達がそこで感じる、人の愛や懐の深さといったものには、いつも頭が下がる思いだ。家族と離れてさみしい気分も、これで我慢できるようになる。でもね、人間嫌いだと、ここでは孤独感を感じるだろうな。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

7.no matter how often something like that happens, and it happens a lot, the love and generosity of spirit that we feel out here is always humbling 

如何に沢山こういったことが起きたとしても、そして実際沢山起きているが、私達がここ外出先で感じる人の心の愛と寛容さはいつも有り難い: 

no matter +疑問詞(no matter how) 関係詞(that we)  

9.And it makes missing your family a bit more tolerable 

そしてそれは君の家族がいなくて寂しい状態をほんの少し耐えられる状態にする: 

make+O+C/動名詞(make missing your family tolerable)   

 

 

I wanted to rap with you about playing. Yes, that simply, that essentially ― what it takes to play jazz music. Playing covers four essential bases: the expansion of your musical vocabulary, employing charisma in your sound, locating your personal objective, and embracing swing. Let's spend some time chopping all four up. 

音楽の演奏について、君と語り合いたいと思っていた処だ。シンプルで本質的なこと。ジャズを演奏する上で必要なことだよ。4つの土台が必須だ。音楽面での「語彙力」をつけること。サウンドにカリスマ性(人を強く惹きつける魅力)を持たせること。君だけの目標を定めること。そしてスウィングをモノにすること。それじゃあ少しの間、4つとも切れ味鋭く見てゆこう。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

13.what it takes to play jazz music 

ジャズを演奏する為に何を要するか: 

関係詞(what) 仮主語(it takes) 不定詞(to play)  

 

 

First, the more vocabulary you know, the more you can play. It's like talking. A person can know twenty words very well and communicate successfully. But there's gonna be a whole pile of things that he or she never talks about. You need to have vocabulary on all aspects of jazz ― melodies, harmonies, rhythms, and personal effects. It's always best to start with what you should know ― things from your region, then national things. In other words, if you're from Kansas City, you need to know what the Kansas City blues sounds like. Then you need to know American themes and tunes. And today you need to know more music, especially in the global sense. All over the world, styles of music have specific objectives. Learning those objectives will serve you well, allowing you to incorporate a greater breadth of material into your own vocabulary. Musicians in the Latin tradition always complain that the jazz musicians don't know any of their music. Study and learn whatever music catches your fancy from around the world with people who know it and can play it. The enhancement to your own music will be invaluable. Studying the vocabulary of music is like etymology. If they're interested in romance languages, people will study Latin, from which all those languages descend. In the same manner, most groove music comes from the African 6/8 rhythms ― the claves in Cuban music to the shuffle of the Mississippi blues. But if you don't know your own language, your own vocabulary, forget about learning someone else's.  

第一に、音楽面での語彙力が増えれば、演奏できることも増える。人との会話と同じ。人間は20の単語をキッチリ頭に入れれば、人とのコミュニケーションは何とかなる。でもこれだけでは、全く話題にできないことも山のように出てくる。ジャズのあらゆる場面に出てくる語彙を片っ端から身に付けよう。メロディ、ハーモニー、リズム、そして君だけの「ネタ」もね。まず必須の知識から取り掛かるのが常套。君の故郷のこと、それからアメリカ全体のこと、の順にだ。つまりこういうこと。君がカンザスシティー出身なら、まずはカンザスシティーブルースの演奏がどんなものかを身に付けること。その次にアメリカ全体の音楽を全て押さえる。そして今の時代は更に、世界中の音楽についても知っておく必要がある。世界中の各地に存在する音楽の形式には、それぞれ特有の取り組むべき課題がある。それらを習うことは、君にとって非常に役に立つことになる。結果、それまで君の持っていた音楽の語彙力に幅広いレパートリーが加わってくる。ラテン音楽の専門家は、ジャズミュージシャン達のラテン音楽に関する知識の無さについて、よく不満を言う。君は、世界中何の音楽でもいいから、これは良い、と思ったものについて、研究し身に付けること。それは、その音楽のことを知っていて、演奏もできる人達と一緒に行うこと。自分自身の音楽の幅を広げることは、君にとって限りなく貴重なことだ。音楽の語彙力を研究することは、言葉の語源を研究するようなものだ。ロマンス系言語(フランス語、イタリア語、スペイン語等)に興味があるなら、研究するのはラテン語。そこから全て派生しているからね。同じ考え方で、グルーブ感を要する音楽、つまり、キューバ音楽のリズムである「クレイブ」とか、ミシシッピブルースのシャッフルリズムなんかは、アフリカ音楽の6/8拍子のリズムから派生しているから、それを研究するといい。でも「君の故郷のこと」が疎かなうちは、その先へは進まないこと。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

23.It's always best to start with what you should know 

君が知るべきことから始めるのが常に最高だ: 

仮主語(It's ) 不定詞(to start) 関係詞(what you)  

[p.43]1.you need to know what the Kansas City blues sounds like 

君はカンザスシティーブルースがどんな音がするのかを知る必要がある: 

不定詞(to know) 関係詞(what the)  

5.Learning those objectives will serve you well, allowing you to incorporate a greater breadth of material into your own vocabulary 

これらの目標物を学ぶことは君によく役に立つだろうしそして君に君自身の語彙力により多くの素材を組み込むことをさせてくれる: 

動名詞(Learning) 分詞構文(allowing)  

8.Study and learn whatever music catches your fancy from around the world with people who know it and can play it 

君の好奇心を掻き立てる音楽を何でもいいから、それを知っていてそして演奏できる人と一緒に勉強し身に付けろ: 

関係詞+ever(whatever music) 関係詞(with people who know)  

 

 

Second, always bring charisma to your sound. People want to hear some music. They don't come out to see robots toot horns. They want to be uplifted, amazed, and enlightened. Infuse your sound with charisma. What you do when playing for the public isn't much different from any stage-based performnace. Imagine the actor who trots out onstage only to deliver lines in bland fashion with no regard to distinguishing his or her cratf. Would that make you enthusiastic? You have to understand and locate your distinct apporach to the music, and then infuse your playing with that sentiment. Whatever your approach turns out to be, deliver it with force, power, and conviction. With fun, man. This is playing. 

(43ページ)  

第二に、サウンドに人を惹きつける魅力を、常に持たせること。人は魅力のある音楽を聞きたいのであって、ロボットが鳴らす警笛を聴きに来ているのではない。ワクワクしたい、驚きを感じたい、「勉強になった!」と思いたい、そういうものだ。人を惹きつけるサウンド。音楽の演奏をお客さんに聴いてもらうことは、他のどんな舞台芸術、ステージパフォーマンスとも、大して変わらない。ちょっと想像してごらん。俳優さんがトコトコっとステージに走り出て、セリフは言うけれど無表情なやり方。その俳優の持ち味なんか、一つも出そうとしない。見ていて面白いと思うかい?自分の持ち味を明確にした音楽のアプローチの仕方をモノにしたら、何を言いたいのかを音に込めること。どんなものであっても、それをお客さんに伝えるには、技術力、耐久力、そして説得力が必要だ。あと楽しさもね。何せ音「楽」演奏だからね。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

20.They don't come out to see robots toot horns 

彼らはロボットたちがラッパをプープーと鳴らすのを聞きに来ているのではない: 

不定詞/知覚動詞+O+原型不定詞(to see robots toot)  

22.What you do when playing for the public isn't much different from any stage-based performance 

君が聴衆に演奏する時にすることはいかなる舞台表現とも大した違いはない: 

関係詞(What you) 部分否定(isn't much)  

24.Imagine the actor who trots out onstage only to deliver lines in bland fashion with no regard to distinguishing his or her craft 

俳優がその人の腕前を特色付けることを無視してステージにトコトコと歩き出てきて無表情なやり方で口にするところを想像してみろ: 

関係詞(who) 不定詞(to deliver) 動名詞(to distinguishing) [p.44]4.Whatever your approach turns out to be, deliver with force, power, and conviction 

君のやり方がどんなものになるとしても、技術力と耐久力と説得力で伝えろ: 

関係詞+ever(Whatever) force(状態や状況を変化させる力)power(内在する力)  

 

 

But while you're up on that bandstand blowing with force and power, keep in mind that playing jazz is like anything else in life: While you start a thing off, you're much more enthusiastic than when you get to the middle. If you 're running a race, you shoot out like Jesse Owens reborn. Playing ball? That enthusiasm might make you think you're Joe Montana. Then after a couple of interceptions the thrill is gone. This happens in almost every activity in the world. So when you play, don't get carried away or burned out by the importance of your own effort. Start good. Finish good. Sound good. No more complicated than that. And when I say sound good, I mean sounding good enough to get a job. Because when you sound good, people will hire you; when you sound good, people will be calling. 

(44ページ)  

でも本番舞台上で目一杯吹きまくっているときは、ジャズの演奏は人生の他のあらゆることに似ている、ということを頭に入れておくこと。取り掛かる時のテンションは、折り返しまで来た時より高いのが普通だ。かけっこでは、ジェシーオーウェンスの生まれ変わりになったつもりでスタートダッシュに気合が入るだろう。アメリカンフットボールなら、ジョー・モンタナかな。それで2・3回とパスをカットされるうちに、テンションもさがる。これって、世の中のあらゆる行為にも当てはまるだろう。だから、演奏する時は、それまでの頑張りで、頭に血が上ったり、逆に燃え尽きたりしないこと。ソツなく始めて、ソツなく演奏し、ソツなく終えること。それ以上難しいことは考えないように。僕が言う「ソツなく演奏し」とは、それで仕事がとってこれる位のレベルで、ということだからね。なぜなら、ソツなく演奏すれば、雇ってもらえるだろうし、声もかけてもらえるだろうからさ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

6.But while you're up on that bandstand blowing with force and power, keep in mind that playing jazz is like anything else in life 

しかし君が技術力を耐久力をもって舞台本番中楽器を吹いている時はジャズを演奏するということは人生における他の事と似ているということを頭に置いておくこと: 

分詞構文(blowing) 動名詞(playing)  

10.That enthusiasm might make you think you're Joe Montana 

その情熱は君に自分はジョー・モンタナだと思わせるかもしれない: 

仮定法(might) 使役動詞+O+原型不定詞(make you think)  

 

 

Of course, sounding good also goes beyond the marketplace; it goes right to the heart of your personal objectives ― our third base of playing. Although objectives vary, depending on the individual, there exists a central, common point: What do you want to give to people? Let me lay this on you. Once I asked Sweets Edison, “Why is it that you always sound good, from the first note that you play?” 

“There' only one way to play, baby boy.” Sweets answered. “There ain't but one way to do it.” 

Sweets meant that you project your way with the ultimate feeling all the time, whether you're playing in a sad band, a great band, for elementary school students, at someone's birthday party at their house, or 'cause someone fixed a meal for you. When you pull your horn out, you should play as if that's the most important moment in your life. It it's not, make it be. 

勿論、ソツなく演奏するということは、仕事の事ばかりではない。それが核心に迫ってくるものと言えば、「君だけの目標」これは4つの土台の3番目だったね。目標は人それぞれによって異なるけれど、誰にとっても中心となるポイントがある。「聴き手に何を伝えたいか」だ。まぁ聞いてほしい。昔僕はスウィーツ・エジソンにこんな質問をした。「いつも一発目の音から上手なんて、どうしてなんですか?」  

「坊や、演奏の仕方なんて、たった一つさ。」スウィーツは答えた。「一つしかないんだよ」  

スウィーツが言おうとしたことは、常に100%の気持ちで自分の演奏スタイルを音にしてゆくこと、バンド自体が下手だろうと上手だろうと、小学生が相手だろうと、誕生日のホームパーティーだろうと、食事に招待された時だろうと、楽器をケースから出したなら、「今こそ人生の正念場」とばかりに吹くべきだ。「正念場」でないなら、「正念場」にしてでも、ということだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

25.Why is it that you always sound good, from the first note that you play? 

あなたが演奏する最初の音符からいつもあなたが上手に聞かせるのはなぜか?: 

仮主語(is it that) 関係詞(that you)  

 

 

Remember when you were a kid and you really, really wanted something? It could have been the most trivial thing. Remember the way you begged and pleaded for it? Imagine playing with that passion, that desire, as if this was the most needed thing in your life. When we get older, we learn how to temper our wanting, our desire. Well, tap back into that childhood fervor and freedom of expression. That's what you have to have when you play. That thing you wanted the most and the way you were willing to sacrifice any speck of pride or dignity to obtain it. Remember how you wanted it; remember how you cried when you didn't get it? Or who liked you until Amos came around? Play with that passion. 

(45ページ)  

憶えているだろうか、君が小さかった頃、本当の本当に何かが欲しいと思った気持ち。それは今から思えば、本当の本当にしょうもなものを欲しがったかもしれないけれど。そしてそれを欲しいと周りに訴えたその言い方を。その時の熱い心と切なる望みをもって、演奏しようと思ってごらん。まるでそれが人生最大の希望と言わんばかりにね。年を重ねてゆくと、希望や欲求を冷静に抑える方法を身に付けてしまう。子供の頃の熱い心と、伸び伸びとした表現を取り戻すんだ。演奏する上で、それは必ず持っていないといけない。自分が一番欲しかったものと、それを手に入れるためなら、プライドも気品も一つ残らずかなぐり捨てでも、というやり方。覚えているだろうか、それをどれほど強く欲しがったか。それが手に入らなかった時、どれだけ泣き叫んだか。君のことを耐えかねた女の子は?アモスが現れるまでずっと君を好きだった女の子は?そういう情熱をもって演奏することだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

12.Imagine playing with that passion, that desire, as if this was the most needed thing in your life 

まるでこれが君の人生で最も必要なことであるかのようにその情熱とその希望をもって演奏することを想像しろ: 

動名詞(playing) 仮定法・反実仮想(as if)   

 

 

Realize that the fundamentals of jazz help you develop your individuality, help you find that passion. Don't say, “I'm not going to really play blues,” or “I'm not going to address swing .” Don't run from you. Running carries a cost. Have you ever noticed that when you hear a contemporary Latin band play and juxtapose it with a jazz band, the Latin music almost always sounds better? You wonder why that's the case? Just look at the band stand. You'll see that the Latin musicians appear invested and involved; they believe in the integrity of their groove. Now look at the jazz band: not accepting the swing, trying to find some quasi-funk groove or, even worse, that sad jazz quasi-Latin groove. You can practically hear them muttering to themselves ― “Swing is dead; let's try something else.” They take detours to avoid sounding bad and run right into what they flee. The fourth and perhaps most important facet of playing jazz, swing and swinging. 

気付いてほしい。ジャズの基本を様々身に付ければ、君の個性を伸ばし、あの頃の情熱を見出す上で、役に立つ、ということを。「本気でブルースなんか演奏する気はない」とか 「スウィング奏法なんか、きちんと表現できるようになる気はない」などと言わないこと。自分に背を向けるな。ツケが廻ってくるぞ。最近のラテンバンドとジャズバンドを聴き比べて、大抵ラテンバンドのほうが良い演奏をしていると、気付いたことはないか?それが定石になっていることを、不思議に思うだろう?実際のステージを見れば分かる。ラテンミュージシャン達は、自分の力を注ぎ込み、熱意を持っていることが伝わってくる。自分達のグルーブ感が完璧だと、自信がみなぎっている。それに比べてジャズバンドはどうだ。スウィングを身に付けようと、きちんと向き合うこともせず、何やらファンクまがいのグルーブやら、ひどい時には下手なラテンジャズまがいのグルーブやらに甘んじようとする。実際彼らの愚痴を耳にすることもある「スウィングなんて、もうやらないって。他のことに取り組んでいこうよ。」自分達の未熟さに背を向けて、安易な方向へ走ってゆこうと、逃げているんだ。ジャズを演奏する上で、4番目、そして多分最も重要なこと。スウィング、スウィングすることだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

[p.46]1.Have you ever notice that when you hear a contemporary Latin band play and juxtapose it with a jazz band, the Latin music almost always sounds better? 

最近のラテンバンドが演奏しそれをジャズバンドと比較するとラテン音楽の方が常に上手に聞こえることに気づいたことはあるか?: 

現在完了(Have you ever notice) 知覚動詞+O+原型不定詞(hear play)  

 

 

You may hear about “quintessentially American” things. Well, what makes a thing quintessential is that it reflects the values of the thing it is supposed to be quintessentially about. In the case of an art form, it not only reflects the values, it embodies them, it ennobles them and it emboldens them. That's why people study art forms with such intensity, because the artist channels the spirit of the nation. In the case of the swing, no one person created it; democracy is a collective experience. And swing is a democratic and quintessentially American concept. 

(46ページ)  

「典型的なアメリカの」物事、という言い方を耳にしたことがあるだろう。物事が「典型的だ」ということは、その物事が、「典型的」だと思われる価値を反映している、ということだ。芸術の形式で言うなら、良さがわかるだけでなく、それが具体的で、品位があって、堂々たるものであることが必要だ。だからこそ、人は思い入れをもって、芸術の形式を学ぶんだ。芸術に携わる者は、自分の国の精神といったものを発揮してゆくからね。スウィングのことで言うならこうだ。スウィングは一人の人間が発明したものではない。民主主義(アメリカの根幹)は、一人の人間ではなく、複数の人間がすることだ。だからスウィングは、複数の人間が互いを尊重し合う民主的で、民主的だけに典型的なアメリカの概念、ということになる。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

15.what makes a thing quintessential is that it reflects the value of the thing it is supposed to be quintessentially about 

物事を典型的にするものは、それがあるものについて典型的だと思われることの価値をそこに反映している、ということだ: 

関係詞(what) make+O+C(makes a thing quintessential)  

 

 

Swing is supreme coordination under the duress of time. Swing is democracy made manifest; it makes you constantly adjust. At any given time, what's going to go on musically may not be to your liking. You have to know how to maintain your equilibrium and your balance, even if things are changing rapidly. Swing is designed for you to do that. Why? Each musician has a different concept of time. Sometimes I tell my students, “I want you all to stand up when a minute is over.” And some people gets up after twenty seconds. Some get up after a minute and a half. That shows the variance between individual concepts of time. As a player you have to, of your own volition, come to a conclusion about how you approach time. 

スウィングは時間の制約を受ける究極の調和、というやつだ。スウィングは、誰の目にもその様子がわかる民主主義である。君は絶えず臨機応変に対応してゆくことになる。どんな時もその間中は、音楽面の出来事については、自分の好きなようにするとはいかない。物事が目まぐるしく変化しても、冷静さ、落ち着きを保つ方法を身に付ける必要がある。これが、君がスウィングをする上でするべきことだ。なぜかって?時間に対する概念が、ミュージシャン一人一人で違っているからさ。僕は時々生徒たちにこんなことをやらせている。「分間経った、と思ったところで立ち上がってごらん。」とね、すると20秒で立ち上がる子もいれば、1分半位過ぎて立ち上がる子もいる。時間に対する概念の違いが現れているよね。君も演奏家として、この問題にどう取り組んて行くか、自分なりに考えていかないとね。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

25.Swing is democracy made manifest; it makes you constantly adjust 

スウィングはマニフェストで出来た民主主義で、それは君を常に適応させる: 

過去分詞(made) 使役動詞(makes you adjust) 

 

 

But swing has a hierarchy, like a government. The president of the swing is the drummer. The drummer has the loudest instrument and the cymbal is in the highest register. In African music it's called the bell rhythm. It's always the high rhythm, because you can hear that rhythm. In jazz, the bell rhythm is on the cymbal. You follow the bell rhythm. 

(47ページ)  

しかしスウィングにも上下関係がある。それは国の政治の仕組みに似ている。大統領はドラム奏者。一番大きな音がする楽器を担当する。そしてシンバルはアンサンブルの中で一番音域が高い。アフリカ音楽ではベルリズムと呼ばれるものだ。上下関係では上の方のリズム。皆が聞こえるからね。ジャズではシンバルがベルリズムを担当する。他の奏者はこれに従うことになる。  

 

But, like a government, swing also has checks and ballances, because if the drummer rushes, the bass player might bring the time back. Sometimes the president of the swing is whoever has the best time. When Charlie Parker played, his time was so good that the bell rhythm would follow him. So you have the possibility. This is also a democratic proposition. If you have a weak president, man, you might need a strong legislative branch, or a stronger judiciary ― checks and balances. 

しかし、政治の仕組みと同じく、スウィングにも抑制・均衡のチェック機能がある。ドラム奏者のテンポが走ったら、ベース奏者がブレーキをかける。時には「大統領」の役を、楽器に関係なくテンポが一番安定しているプレーヤーが担うことがある。チャーリー・パーカーが演奏するとテンポの安定が素晴らしいので、ベルリズムの方が彼に合わせたものだった。だからアンソニー、君もそうなる可能性がある、ということだ。これまた民主主義ならではのこと。大統領の力量がなければ、力のある議会や裁判所が必要だ。抑制・均衡のチェック機能というやつだね。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

20.When Charlie Parker played, his time was so good that the bell rhythm would follow him 

チャーリー・パーカーが演奏する時彼のテンポはとても良かったのでベルリズムが彼に従うのだった: 

so~that S+V(so good that the bell) 過去の習慣(would)  

 

 

Swing ties in with the heart of the American experience: You make your way; you invent your way. In jazz, that means you challenge the time, and you determine the degree of difficulty of the rhythms you choose to play. You could play quarter notes, which are difficult to play in time. Or any type of impossible, fun syncopations. Or you could just play strings of eighth notes. You try to maintain your equilibrium with style, and work within the flow. That's what the swing offers. 

(48ページ) 

スウィングは、アメリカがこれまで歩んだ歴史の根っこの部分と結び付きがある。「困難を排除し、策を編み出せ。」ジャズで言うと、テンポが正しいかを自分で確かめ、演奏すると決めたリズムの難しさを把握しておけ、ということになる。四分音符を演奏する場合、テンポキープは難しい。また、あらゆるタイプの演奏が困難で、しかも聞けば楽しい変形リズムもある。あるいは、ひたすら八分音符の連続するフレーズを演奏することもあるだろう。キチンとしたやり方をもって、冷静さを保ち、よどみなく演奏する。これこそスウィングがもたらしてくれるものだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

2.In jazz, that means you challenge the time, and you determine the degree of difficulty of the rhythms you choose to play 

ジャズではそれは君がテンポを検証し君が演奏することを選ぶリズムの難易度を推し量ることを意味する: 

関係詞・省略(the rhythms you choose) 不定詞(to play)  

4.You could play quarter notes, which are difficult to play in time 

君は四分音符を演奏することもありうる、それはテンポ通りに演奏するのが難しい: 

仮定法過去(You could) 関係詞・非制限用法(notes, which)  

 

 

Listen to a classic record of jazz musicians really playing and swinging, and you'll hear the difference from much of what we play now. Those musicians knew how to play that groove, and the knowledge of that groove has almost been lost. We don't sound as good, and not because there's anything wrong with swing. Rather, the fault lies in the manner in which we play swing grooves. I'll tell, if the Latin musicians played their music as poorly from a groove standpoint as we play our music, they'd be run out of clubs. But jazz musicians get celebrated for not swinging. I also want you to understand that the act of playing a Latin groove has never been under the type of siege that the act of swinging has been in this country. There have never been battalions of experts to assail the value of clave. We, on the other hand, have the classic American inferiority complex that results in the celebration of all things European or non-American in matters of culture. If we did it, it must be provincial or no good. Folks in Europe had to tell us that jazz was art. And, of course, in our country the dark one always looms on the horizon. He who was shackled in the heart of freedom. The American Negro. His presence brings the battalions proclaiming the death of swing, legions of critics and so-called experts bent on directing people away from the essence of this music, because it was invented by the dark ones and is thus ― in thier incorrect view ― less American. 

ジャズミュージシャン達が本気で演奏しスウィングしている昔の銘盤を聴いてみよう。今の僕達の演奏とは多くの部分で異なっていることが、聞いてわかる。彼らはグルーヴの奏法を知っていたが、その知識は、殆どが次の世代へ引き継がれず失われてしまっている。今の僕達が彼らに及びもしないのは、スウィングに問題が何かしら存在するからじゃない。むしろ、僕達のスウィンググルーヴの奏法に欠陥があるんだ。いいかい、グルーヴという視点から考えてみよう。もしラテン音楽のミュージシャン達が、下手なグルーヴ感の演奏をやってしまったとする。僕達ジャズのミュージシャン達もそうだが、その場合、本番させてもらっているクラブハウスから追い出されてしまうだろう。でもジャズミュージシャンの場合、スウィングを効かせず演奏して褒められることもあるんだ。もうひとつ、君に理解してほしいことがある。今アメリカでは、スウィングを効かせた演奏は、ある意味苦難の時代を迎えている。でもそんなのは、ラテングルーヴを効かせた演奏には、いまだかつて無縁だ。専門家が寄ってたかってクレイブリズム(ジャズにとってのスウィング)の価値についてボロクソ言うなんてことは、一度もないことだ。一方、アメリカ人には古くから劣等感があって、文化に関しては、ヨーロッパのものは何でもスゴイ、アメリカ的でないものは何でもスゴイ、などという考え方になってしまっている。そんなこと、僕に言わせれば、保守的、あるいは良くない発想だ。ヨーロッパの人達の方から、お宅らアメリカのジャズは立派な芸術だよ、と言ってくれるべきだったんだよ。そして勿論アメリカでは、あの色の黒い厄介者(訳注:ウィントン自身の事)が常に警戒されている。昔、自由解放のど真ん中で、囚われの身だったアメリカ黒人の子孫。その男が居るおかげで、大勢の人達がスウィングなんてもう死んだ、と言い切り、批評家や、所謂専門家と称する大群は、世の中の人々をジャズの本質から目を逸らさせようと、やっきになっている。なぜなら、ジャズは黒人たちの産物で、だからこそ、彼らの不正確な見方で言えば、アメリカ人に相応しくない、というわけだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

9.Listen to a classic record of jazz musicians really playing and swinging and you'll hear the difference from much of what we play now 

ジャズミュージシャン達が本気で演奏しスウィングしている銘盤を聴けば私達が今演奏していることと多くの相違が聞こえるだろう: 

知覚動詞+O+現在分詞(Listen musicians playing) 関係詞(what)  

11.Those musicians knew how to play the groove, and the knowledge of that groove has almost been lost 

ミュージシャン達はグルーヴの演奏の仕方を知っていてそのグルーヴの知識はほとんど失われてしまっている: 

疑問詞+不定詞(how to) 現在完了(has been lost)  

18.I also want you to understand that the act of playing a Latin groove has never been under the type of siege that the act of swinging has been in this country 

私はまた君にラテングルーヴを演奏する行為はこの国でスウィングを演奏する行為が置かれている苦しい期間の元に置かれたことは全くないということを理解してもらいたい: 

動名詞(the act of playing swinging) 現在完了(has never been) 関係詞(that the act)  

21.There have never been battalions of experts to assail the value of clave 

クレイブリズムの価値を非難する専門家達の大群なんて存在したことは一度もない: 

現在完了(have never been) 不定詞(to assail)  

 

 

Why can other forms still celebrate the integrity of their defining cultural music as classic in the face of modern commercialism? I go to Latin countries and funk exists, rock exists; yet, they still play tango. They've got funk in Brazil, they've got all the electronic music we have. Yet, they still play samba. They ain't saying, “Well, let's stop playing all our music to play this.” They play the other stuff, and they play the hell out of their own music. Okay, all of the commercialism and stuff comes from us, but still, we play our most sophisticated, defining national grooves like some dreadful, dutiful obligation, when we deal with it at all. And the national dance, swing, has all but disappeared. 

(49ページ) 

ジャズ以外の音楽形式は、というと、今の「売れればいい」の風潮を目の当たりにしても、胸を張って独自の文化に誇りを持っている。なぜだろうか。僕は南米に行く機会があるけれど、ファンクやロックがあっても、タンゴはちゃんと演奏する。ブラジルにはファンクもあるし、アメリカで耳にするような電子音楽もあらゆるモノがあるけれど、サンバはちゃんと演奏される。「サンバやタンゴなんてやめて、こっちをやろうぜ」なんて誰も言わない。アメリカの「売れれば」音楽もやる、自分達の音楽もしっかりやる。「売れればいいや」は、みんなアメリカから出てきたものだ。でもアメリカ人だって、独自の最高に洗練されたグルーヴ(音楽)がある。でもそれを実際やるとなると、ある種の、ヒドイ、いやいやながらの取り組みにしかなっていない。だから、アメリカ独自の音の躍動「スウィング」は、全て消えてしまったんだ。 

 

Be clear about the point: To play jazz, you have to embrace swing, and the art of swing. It is an objective of a jazz musician to swing. It's a basic, fundamental, and essential component of this music. A group of musicians struggling to elegantly dance improvised melodies in complete rhythmic coordination as each introduces another sense of where the beat should actually be. The ultimate give-and-take is right there, swing. I'm telling you this. Antonio; you're a jazz musician. Try to sidestep this notion of not swinging. The unswinging is forced onto the natural inclination of this music, something that disturbs your basic, inner sense of how things should be. Make you walk into a room, and, damn, you walk right out. Then you're going to be in 23/7 or 9/13. You have to start inventing convoluted stuff to create interest because you're not swinging. That stuff you create might be great, but swing in all of its diversity has a specific meaning. It brings the audience into your sound. And the rhythm section has got to, above all else, be swinging, because swing invented the rhythm section. If you're not swinging, then there's no grip. And jazz has to have grip. Not volume-grip. 

今から言う点をハッキリさせておこう。ジャズを演奏する為には、スウィングのセンスと技を身に付けなければならない。スウィングは、ジャズミュージシャンの必須事項だ。ジャズの基礎的な、土台となるような、そしてなくてはならない構成要素だ。ミュージシャン達が集まる。水面下で激しくもがく。結果、エレガントに躍動するインプロバイズされたメロディの数々は、リズムの調和は完璧。この時一人一人は、別の意味合いで狙ったポイントへとビートをちりばめてゆく。究極のギブアンドテイクがここにある。それがスウィングだ。よく聞いてほしい、アントニオ君。君はジャズミュージシャンの一人として、スウィングしないという発想は、自分から遠ざけなければならない。ジャズが元から持つ自然な流れ、ここにスウィングしない奏法を押し付けると、本来あるべき基本的な内面を傷つけてしまう。無理やり中へ歩いて入れ言っても、すぐに出てきてしまう。これではどっちつかずだ。スウィングしない、となると、演奏の魅力を出すために、訳の分からないものを自分で創り出そうとしなくてはならなくなる。仮にたまたますごいモノができるかもしれないけれど、スウィング自体が持つ多様性の全てに、特有の意味がある。それは聴衆を君のサウンドへと取り込んでしまう力を持っている。スウィング、とりわけリズムセクションはスウィングに不可欠。なぜなら音楽におけるリズムセクションなるものは、スウィングがその生みの親だからだ。スウィングが無ければ魅力もない。ジャズは人を惹きつける力が必要だ。音量ではない力で、人を惹きつけなければならない。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

24.A group of musicians struggling to elegantly dance improvised melodies in complete rhythmic coordination as each introduces another sense of where the beat should actually be 

ミュージシャンの集団は各々が別の意味でビートが実査の処あるべき場所に提示するにあたり完璧なリズムの調和をもってインプロバイズされたメロディをエレガントに踊らせるべく奮闘している: 

現在分詞(struggling) 不定詞(to elegantly dance) 過去分詞(improvised melodies) 関係詞(where)  

[p.50,4]The unswinging is forced onto the natural inclination of this music, something that disturbs your basic, inner sense of how things should be 

スウィングしないことがこの音楽の自然な志向性に押し付けられる、これは物事が本来あるべき基本的かつ内面的意味合いを侵害するようなものだ: 

関係詞(that disturbs) 関係詞(how things)  

8.Then you're going to be 23/7 or 9/13 

そしたら君は不足か又は行き過ぎになってしまう: 

23/7(本来は24/7、1足りない) 9/13(本来は9/11、2多い)  

 

 

Let's take things from the general ― playing jazz ― to the more specific: playing a jazz ballad. Much of the stuff I've laid on you obviously applies here, along with a few other wrinkles, the most important of which is time. Coleman Hawkins said he approached show tunes to deal with love, man. The reason Ben Webster, for instance, plays ballads so well has to do with time. It's harder to play in time when the tempo is slow. The beats are bigger and require more investment. You want to float on top of the rhythm section, but you have to direct them even more. With rhythm and sentiment. You have to know, to play slow. 

「ジャズを演奏すること」だと漠然とするから、もっと絞って、「ジャズバラードを演奏すること」にしよう。今まで君に言ってきたことの多くが、これから話すことに出てくる。2,3新しい話題も出そう。その中で一番大切なのは「タイム(時間/テンポ)」についてだ。コールマン・ホーキンスは、本番に演奏する曲は、女を抱くようにアプローチする、と言っている。それにはタイム(時間)をコントロールできないといけないね。ベン・ウェブスターなんかだと、バラード演奏の上手さはタイム(テンポ)に関係がある。テンポがゆっくりな曲は、正しいリズムで演奏するのが難しい。拍と拍の間は大きく空いているし、ということは、多くの労力が必要だ。リズムセクションに身を委ねたいところだが、実際はもっとしっかりリズムセクションを導く必要がある。リズムと表情、ゆっくりな曲の演奏には必須だ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

17.Much of the stuff I've laid on you obviously applies here, along with a few other wrinkles, the most important of which is time 

私がここまで君に示してきている多くのことが、2,3の他の助言、その中で最も重要なのはタイム、とともに当てはまる: 

関係詞・省略/現在完了(the stuff [that] I've laid) 関係詞・非制限用法(which)  

23.It's harder to play in time when the tempo is slow 

テンポがゆっくりだとテンポ通り演奏するのはより難しくなる:仮主語(It) 不定詞(to play)  

 

 

Does that make sense to you? Well, remember when you were a kid and your mama or daddy threw out those big words whose meanings escaped you? Nevertheless, you had enough of an idea of the context those words were used in to allow you to use them, too. Now, you were using the same words, but the meaning wasn't as clear to you. A similar thing occurs when we play jazz. Young cats have heard these things produced by great musicians ― tunes, ideas, timbres, and late-night evocations ― but don't know any of the underpinnings, the structures, or the philosophies that support those ideas. And because they don't know what lies underneath, when they play, there's an essential component missing. 

(51ページ) 

話、理解できているかな?君がうんと小さかった頃のことを思い出して欲しい。パパやママが、君が意味を全く理解できない、長くて難しい言葉を投げかけていただろう。君は、意味は理解できなくても、使われる文脈から、いつしか君もそれらを使えるようになっていった。今の君は、当時のパパやママと同じように、そういった語を使っているが、意味はハッキリとは覚え切れていないだろう。これはジャズの演奏にも当てはまる。若手が銘盤を聴く。そこで耳にするフレーズ、曲想、音色、暗い記憶を呼び起こす力、については、それを支える土台、組み立て方、思想哲学の知識が若手にはない。知らないまま自分達が演奏しても、本 

質的な要素が、そこには抜け落ちているのだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

5.Nevertheless, you had enough of an idea of the context those words were used in to allow you to use them, too 

にも拘らず君もそれらを使うためにそれらの単語が使われていた文脈の考えを十分身に付けた: 

関係詞・省略(the context [that] those words) 不定詞(to allow) 9.Young cats have heard these things produced by great musicians - tunes, ideas, timbres, and late-night evocations - but don't know any of the underpinnings, the structures, or the philosophies that support those ideas 

若い演奏家たちが偉大なミュージシャン達が醸し出す節や曲想や暗い記憶を呼び起こすものを耳にするが彼らはその考えを支える土台や仕組みや哲学を何一つ知らない: 

現在完了(Young cats have heard) 過去分詞(produced) 関係詞(that support)  

 

 

That underpinning is the fundamental, the root. And training for a thing should revolve around the root. You want to build a house? You go to someone and they say, “Man, this is what you got to do to lay a foundation.” After that, the choice to build a labyrinth, a castle, or a shack rests with you, but the fundamentals remain consistent. When you play a ballad, the first fundamental is a romance-love: “My heart is sad and lonely. For you I sigh. For you, dear, only.” Maybe that seems hopelessly outdated and corny to you today. I know you haven't seen those ideas running wildly about for a while, if ever. See, when decadence steps up, romance and intellectual pursuit are the first things it pushes down, like when fascists or some other soul-destroying, totalitarian entity comes around. They have to destroy all relationship, all connections to the grandeur of the past so they can come in and tell you who you actually are. 

演奏を成功へと導くものは、基本事項であり、根っこの部分だ。何事も練習は、この根っこを軸として外さず回ってゆかないとけない。家を建てたいと思ったとしよう。誰かの所へ行けば、その人たちはこういうだろう「さて、基礎部分の工事には、これこれが必要です。」その後で、迷宮にせよデカい城にせよ、小さな小屋にせよ、好きなものを土台の上に乗せればいいが、何にせよ土台は欠かせない。バラードを演奏する時の「基礎部分」は、人を恋する気持ちだ。「僕の心は悲しく寂しい/君を想いため息をつく/君を、愛しいきみだけに」今時の若い君には、しょうもなく時代遅れでダサかったかな?こんなの実際見たことあるかと言ったって、ないよね。世の中退廃してくると、恋愛感情とか知的好奇心とかいうものから、衰退してゆく。それはファシストとか、そんな楽しさのカケラもない全体主義思想が存在感を増してくる時代みたいなものだ。以前は素晴らしいとされていたものと、今の時代とのつながりを、奴等はぶち壊すことに使命感を募らせていて、人の心に募らせていて、人の心に上がり込んできて、「お前なんか本当はこうだ」と言い放ちに来ることもある。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

23.I know you haven't seen those ideas running wildly about for a while, if ever 

君はこれまでこういった発想がそこかしこにはびこっているのを見たことがないことを私は知っている: 

現在完了(you haven't) 知覚動詞+O+現在分詞(seen those ideas running) 2 

5.See, when decadence steps up, romance and intellectual pursuit are the first things it pushes down, like when fascists or some other soul-destroying, totalitarian entity comes aroundほら、退廃が進行する時恋愛感情と知性の追及は退廃が押し出す最初の物事でそれはファシストやある種他の死ぬほど退屈な全体主義の存在が巡ってくる時の様だ:関係詞・省略(the first things [that] it pushes) 

 

 

A ballad requires a rhythm section playing a slow dance tempo. Well, you've probably never played for dances, so how do you know how slow people need to dance when they're rubbing bellies, or if they'll even dance to it? For all you know, they might want to go slam dancing. So what do you do? You're a musician. You want to play a ballad. Well, you have to reinvigorate the classic songs. Or you have to write new songs. You have to reinvigorate the romantic sentiment in the culture. You have to do it. If not you, then who? If you don't feel like it's worth revitalizing, don't even consider ballads. If you think the romantic feeling is not worth articulating, then it doesn't make sense to play, because you won't sound good. 

(52ページ) 

バラードを演奏するには、リズムセクションはゆったりとしたダンスのテンポを刻んでゆくことが必要だ。君はダンサーを立てての演奏経験は無かったね。となると、チークタイムとか、あるいは本当に音楽に合わせてダンサーが踊る時の「ゆったり」の加減がわからないかもしれないな。一通り身に付けて、いざ行ってみたら、スラムダンスがいい、などと言い出すことだってあるだろる。パンクロックのダンスを、といわれ、ジャズのミュージシャンである君はどうするか?バラードを演奏したいなら、従来の曲に新たな風を吹き込むか、それとも自分で新しく曲を作ってしまうか、いずれにせよ、退廃した世の中に在って、文化の中に息づくロマンチックな感情を復活させることからやらないとね。君が自分でやるんだ。そうでなければ、誰がやる?バラードに新たな風を吹き込み活力を与える。君がそこに価値を見いだせないなら、バラードのことは頭から捨ててしまえ。ロマンチックな感情を曲の表情とする。君がそこに価値を見いだせないなら、バラードを演奏する意味がない。だって、そんなことでは出てくる音も良い筈がないからだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

7.Well, you've probably never played for dances, so how do you know how slow people need to dance when they're rubbing bellies, or if they'll even dance to it? 

さて君は多分人が踊るのに合わせて演奏したことはまだないから、人々が向かい合って踊る必要がある時に、あるいは、これから踊ろうとしている時にどの位ゆっくり踊らなくてはいけないかを君はどうやって知ることが出来るか?: 

現在完了(you've never played) 間接疑問文(how slow)  

15.If you think the romantic feeling is not worth articulating, then ti doesn't make sense to play it, because you won't sound good 

もし君がロマンチックな感情は表現をつけて演奏する価値がないと考えるならそれを演奏する意味がない、なぜなら君は上手に演奏できないだろうからだ: 

動名詞(worth articulating) 仮主語(it doesn't) 不定詞(to play) 

 

 

You've got to use all the nuance and shading of your tone to create sounds that make a ballad come alive. And that slow tempo will make you feel stiff. But you can't play stiff ― physically, emotionally, technically ― while playing a ballad, or anything else for that matter. You have to be open and loose enough to deliver the emotion of something intensely personal to a room of people you don't know. 

君が持つ全てのニュアンスや明暗付けを駆使して、バラードが生き生きするようなサウンドを創り出さないといけない。そもそも、あのゆったりとしたテンポのせいで、バラードの演奏は苦しいと思ってしまう。でも、そんな演奏は許されない。テンポやリズムも、表情も、技術的なものも、そういった意味では、バラードに限らず何でもそうだけれどね。君の見知らぬ人々の、心の空間へと、何かしら強い人間味のある感情を届ける為にも、心を開き、肩の力を抜いておかねばならない。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

19.You've got to use all the nuance and shading of your tone to create sounds that make a ballad come alive 

君はバラードが生き生きとするようなサウンドを創るために君の音の全てのニュアンスと明暗付けを使わなければいけない: 

不定詞(to create) 関係詞(that) 使役動詞(make a ballad come alive) 23.You have to be open and loose enough to deliver the emotion of something intensely personal to a room of people you don't know 

君は君の知らない人々の心の隙間に強烈に個性的な何かの感情を届けるに十分心を開きリラックスしなければいけない: 

enough+不定詞(enough to deliver) 関係詞・省略(people [whom] you don't know) 

 

 

Keep this in mind when you consider what and how to play: It's your job to listen, learn, and appreciate, not to merely mimic what you've heard by great musicians. All the talk about the tradition, well, that's just something you should know to be a jazz musician. If you and I were doctors, hanging with some other doctors, I wouldn't be sitting up having a discussion with you about whether you should understand the craft. If we were a basketball team ..... well, you just might have to keep going over basic fundamentals, the way cats play these days. 

(53ページ) 

何を、どうやって演奏しようか、と思案する時に、いつも心に留め置くべきことがある。優れたミュージシャン達の演奏を、これは自分できちんとやるべきことだ、と思いながら、よく耳を傾け、学び、自分のモノにしてゆくこと。単に耳から入ってくることを、そのまま真似するようなことをしてはいけない。ここまで偉大なアーティストから受け継いできたことの話をしてきたけれど、みんな、君が一人のジャズミュージシャンとなるために、知っておくべきことだ。例えば君と僕が医者だったとして、他の医師達も普段から一緒にいる中で、僕は君が医者としての技術を理解すべきかどうかについて、君と語り合い続けるなんてことは有り得ない話だ。また、例えばバスケのチームにいたなら…まぁ、その場合は、君は今の選手たちがやるように、基本練習に明け暮れなきゃならないだろうね。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

2.It's your job to listen, learn, and appreciate, not to merely mimic what you've heard by great musicians 

単に偉大なミュージシャン達から聞いたことを真似するのではなく、よく聴き、学び、享受することは、君の仕事だ: 

仮主語(It's ) 不定詞(to listen) 関係詞(what) 現在完了(you've heard) 5.If you and I were doctors, hanging with some other doctors, I wouldn't be sitting up having a discussion with you about whether you should understand the craft 

もし君と私が医者で他の医師達も周りにいるなら私は君がその技術を理解すべきかどうか協議しようなどとは思わないだろう: 

仮定法過去(If you and I were wouldn't) 分詞構文(hanging)  

 

 

But don't be confused by the talk of fundamentals into thinking that your prime mission is to regurgitate information that you've heard already. That's a typical confusion caused by the dumb stuff too many critics write in the magazines that inform musicians. The fundamentals exist because they exist in every art. When you actually stand up and play, the only thing interesting for me to listen to will be something I haven't heard, something particular to you. It's not interesting for me to hear you play like someone I've heard already, because you're not going to play it as well. It's only interesting to hear you play something that makes me say, “Have mercy! What was that?” because of your unique articulation. 

でも間違えてもらったら困ること、それは、基礎を身に付けることが一番大切なのであって、他人の演奏を何も考えず真似することが最優先事項ではない、ということだ。あのゴマンといる雑誌の批評家が、ミュージシャン達に伝えようとするクダラナイことを気にすると、どうしてもこういう間違えを起こしてしまう。基礎は必須、どんな芸術活動にも基礎がある。君が舞台に立って演奏する時、僕の興味は唯一つ。僕の聞いたことのないモノ、君だけのモノを聴くことだ。人の真似など聴く気もない。君は彼らほどの腕前はまだないのだから。君だけの表現の仕方で「なんじゃこりゃ?」と僕に言わせるような演奏を聴かせてほしい。それだけだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

11.But don't be confused by the talk of fundamentals into thinking that your prime mission is to regurgitate information that you've heard already 

しかし基本のことを聞いた挙句自分の最優先の課題は君が既に耳にした情報を理解しないで繰り返すことだと思い込んで混乱してはいけない: 

動名詞(thinking) 不定詞(to regurgitate) 関係詞(that) 現在完了(you've heard)  

13.That's a typical confusion caused by the dumb stuff too many critics write in the magazines that inform musicians 

それはミュージシャン達に伝える雑誌の中であまりに多くの批評家達が書くくだらないことによって引き起こされる典型的な混乱だ: 

過去分詞(caused) 関係詞・省略(stuff [that] too many) 関係詞(that inform)  

16.When you actually stand up and play, the only thing interesting for me is to listen to will be something I haven't heard, something particular to you 

君が実際舞台上で演奏する時、私が聴くことに興味を持つ唯一のものは私が耳にしたことのないもの、君特有のものだけだ: 

不定詞(to listen to) 関係詞・省略/現在完了(something [that] I haven't heard)  

20.It's only interesting to hear you play something that makes me say, “Have mercy! What was that?” because of your unique articulation 

君独特の表情つけのおかげで「何てこったい、何だったんだこれは」と私に言わせる何かを君が演奏するのを耳にすることだけが興味をそそる: 

仮主語(It's) 不定詞/知覚動詞+O+原型不定詞(to hear you play) 関係詞/使役動詞+O+原型不定詞(something that makes me say) 

 

 

And that's what makes jazz so hard to play. It's difficult to change the status quo. Say I'm used to dealing with you in a certain way all the time. Then one day you come to me and put your hand on my shoulder, something you've never done. And you say, “Man, I need to talk to you about something.” Immediately you're going to command my attention in a dramatically different way. I'll have a reaction to you. Why? Because you've never done it before, you've altered the dynamics of our relationship. That's what you try to do with this music. You have to challenge the listener to hear you on your own terms. And the best way to do that is to reveal something y'all both understand to be true but never heard uttered out loud, because nobody had the courage to say it. 

そしてこれこそが、ジャズの演奏を難しくしている原因なんだ。今在る物に変化をつけることは難しいことだ。例えば、普段の僕と君との接し方がある。それがある日君が僕の処へ来て、僕の肩に手をポンと置く、なんて、一度もしたことがないことを君が突如したとしよう。そして君がこんなことを言う「おい、チョット話があるんだけどよ」あっという間に僕の注意力は根底からひっくり返されてしまう。僕のリアクションは「何でそんなことするの?そんなこと今まで一度もしたことないのに、力関係をひっくり返したか?」とまぁ、これがジャズで君がすべきことだ。君のやり方に、お客をついてこさせないといけない。一番上手なやり方は、演奏する方も聴く方も、「やってみたらいいんじゃないか、と思うけれど、やる勇気が無くて誰もやってない」ことを、やって見せることだ。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

24.And that's what makes jazz so hard to play 

そしてそれがジャズを演奏するのが難しくしているものだ: 

関係詞/make+O+C(what makes jazz so hard) 不定詞(to play) 24.It's difficult to change the status quo 

現状を変えることは難しい: 

仮主語(It's) 不定詞(to change)  

[p.54,9]And the best way to do that is to reveal something y'all both understand to be true but never heard uttered out loud, because nobody had the courage to say it 

そしてそれをする最高の方法は正しいけれどだれもそれをする勇気がなかったという理由で実際に発せられたのが耳にされていないと君達全員が理解していることをお披露目することだ: 

不定詞(to do to reveal to say) 関係詞・省略(something [that] y'all both) 知覚動詞+O+過去分詞(heard uttered) 

 

 

Man, I gotta stop. This pen is killing my fingers, plus everybody's fixing sandwiches and arguing about Bush and them. Write back soon, and let me know how this stuff grabs you. I got to cuss somebody out and get me some tuna fish. And Anthony, one last thing: When it comes to playing jazz, don't give up. Ever. I mean that literary. Don't give up on what you're playing. Because when you're up there, you don't know what your playing sounds like. You could think that it doesn't sound good, but it could be some of your best stuff. So don't give up on what you're playing. And always remember what Lester Young said: “If you can't play the blues, you can't play shit.” 

Sing on. 

さて、ここいらで止めておくよ。ペンを握り続けて指が死にそうに痛い。それと皆がサンドイッチを食べていて、ブッシュ大統領とその側近達のことで喧々諤々やっているよ。早めに返事を待っている。今日の内容を君がどう理解したか、教えてくれ。誰かをつかまえて、ツナサンドを持ってこさせなきゃ。あとアンソニー、最後にもう一つ。ジャズの演奏を諦めるなよ。絶対に。文字通り、君の演奏を諦めるな。ステージに上がったら、自分の演奏は自分ではわからない。自分ではひどい演奏だと思っても、実際は最高のパフォーマンスができているかもしれない。だから、君の演奏を諦めるな、と言っている。そしていつも心に抱いていてほしい。レスター・ヤングの言葉「ブルースを演奏できないようでは、何も演奏できない。」 

歌い続けなさい。 

 

(語句と文法:数字は行数) 

14.Write back soon, and let me know how this stuff grabs you 

速めに返事しろ、そしてこのことがどのように君を掴んだか私に知らせろ: 

使役動詞+O+原型不定詞(let me know) 関係詞(how) 

<訳注> 

You have to think like the blues. Yes, things may be bad, but they're gonna get better. 

(from “Marsalis on Music”)