英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

<3.ルールを語る>マルサリス「若きジャズ演奏家へ」

3. Talking Rules, Singing Freedom 

July, 2003 

3.ルールを語る、自由を歌う 2003年7月2日  

 

Dear Anthony, 

I've been playing chess with my sons since they were seven and eight years old. But now they got teenage disease. You must know the ailment: You think you're way better at something than you really are and you're in a hurry to demonstrate that fact. So they get whipped a lot. They hear that word “checkmate” and their eyes widen with disbelief. Then they fuss, grumble, get irate, and come back for more. We play a lot of chess on these bus rides between towns. And if you ride this bus, as my sons do when I take them on tour, you gotta know the rules of the game: what they are, how to bend 'em, and how to use 'em to whup up on someone. 

(31ページ)  

僕は息子たちがそれぞれ7歳、そして8歳の頃から、一緒にチェスをやっている。しかし今になって、彼らは10代の子達がよくかかる病気になってしまった。君はきっとわかるだろう。物事に取り組んでいて、自信過剰になると、自己顕示に走り始める。そしてコテンパンにやっつけられる。あの病気だ。「チェックメイト(王手)」と言われると、信じられないと言わんばかりに目を丸くして、騒ぎ、文句を言い、怒った挙句、正気に戻ったかと思うと「もう一回」とせがむ。チェスは、コンサートの開催地を移動するバスの中で沢山やるんだ。仮に君が息子たちのように同行するなら、ゲームのルールを知らないとね。駒の名前、動かし方、相手を負かす戦略を、ね。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

3.You think you're way better at something than you really are and you're in a hurry to demonstrate that fact 

君は本来の自分の実力は追いついていないのに何かにおいて上達していると思い込むとそれを急いで他の人に示そうと考える: 

比較表現(better than you really are) 不定詞(to demonstrate)  

 

 

 

By the question in your last letter, I'd say you're thinking about rules, too. That doesn't surprise me. Man, rules, and thinking about rules, consume almost every student I know. Regulations just wrap y'all up - worried about what you can or can't do. What? You think that's going to give you the magic formula for playing better? Guess again. Still, I suppose we should go ahead and talk about them some, just to give you some peace of mind. 

(32ページ)  

直近の君からもらった手紙を読んでみたけれど、君もルールについて考えているのかな。別に驚いているわけではないけれどね。ルール、そしてルールについて考えることは、僕が教えている子達ほぼ全員にとって悩みの種だと、僕は認識している。ルールの定めることにがんじがらめにされて、やって良いことといけないことが気になる。おや?むしろそれは、上手になる魔法の方程式を与えれくれると思っているのか?考え直したまえ。ま、とにかく、このことについて語ろう。君の心を何らか穏やかにするためにもね。  

       

 

I already hear the first question rolling around in your head: In jazz, are rules good or bad? Sorry, I can't give that one a yes or no answer. Rules can be good or bad. They don't hold inherent value that can be judged. With a few exceptions, like “no inbreeding,” they are just codifications of value judgements. For example, you'll often find someone quoting Coltrane as saying,”Damn the rules. It's the feeling that counts.” That's a convenient quote - Trane says damn the rules. And it ends up used as a justification for anything. You ask me something about rhythm changes. I say, “Man, you know rhythm changes. why are we talking about that? Damn the rules, it's the feeling that counts.” Well, “Damn the rules” ends up being a rule. 

最初の疑問、ジャズではルールというものは良いモノか、悪いモノか。申し訳ないが、良い悪いで答えられるものではない。ルールというものは、良くも悪くもありえる。元々そういう価値基準で判断されるものではないんだ。いくつかの例外、例えば「近親者との婚姻は禁止」とか、そういうのを除いては、ルールというものは、価値判断を単に成文化したものにすぎない。例を挙げよう。「ルールなんかクソくらえだ。大事なのは感覚だ」コルトレーンの名言が引用されているのを、よく見かけるだろう。好都合な一言だよね。トレーン曰く「ルールなんかクソくらえだ」。結局それでもって何だって正当化されてしまう。君がリズムの変化について僕に質問する。すると僕は答える「おい、リズムなんて変化するものだろう。何でそんなこと、いちいち話し合わなければいかんのだ?ルールなんてクソくらえだ。大事なのは感覚だ。」ほら、わかっただろう。「ルールなんてクソくらえだ」が、結局ルールになっている。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

16.you'll often find someone quoting Coltrane as saying, “Damn the rules. It's the feeling that counts” 

君はしばしば誰かがコルトレーンの次の言葉を決め台詞として持ち出しているのを見つけるだろう「ルールなんてクソくらえだ。考慮すべきは感覚だ」: 

find+O+現在分詞(find someone quoting) 仮主語(It's the)  

 

 

 

I prefer to get you into a realm of thinking that is defined not by answer about rules and regulations, but rather by the process and experiance through which you construct your own music and style. Ultimately, the how and why of that process will lead you to the correct consideration, and value, of rules. 

君にはむしろ、こんな考え方を持ってもらおうと思う。物事の考え方を決めるに当たっては、ルールや規制は何の為?と考えるよりも、むしろ君自身の音楽やスタイルを作ってゆくことを通じての過程や経験、こちらに基づいて決める考え方、これを持ってもらおうと思う。すると結局は、その過程や経験から発生した方法や理由といったものが、ルールというものの正しい捉え方や、その価値へと君を導くからなんだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

24.I prefer to get you into a realm of thinking that is defined not by answers about rules and regulations, but rather by the process and experience through which you construct your own music and style 

私はむしろ君にルールと規制についての答えによって定義されるのではなく君が君自身の音楽とスタイルを構築する家庭と経験によって定義される考え方の領域へと君を導いてゆきたい: 

関係詞(that is) not ~ but …(not by answers but by process)   

 

 

 

Consider three thoughts: First, are the structures of jazz so enslaving that you have to be free from them? Or do they pose a challenge, like the boundaries of a football game, which if discarded make playing less liberating? Second, is it desirous to play for fewer and fewer people? Should you cultivate a superelite because you don't want to maintain any relationship to recognizable forms? Say I choose to discard the rules of English. My need to be original is such that I have to use new words to express myself. So if I want to express “Wonderful, wasn't it?” I say, “Voom a ratoog?” That's okay for me, but what about you? Third, is it possible for you to rebel against a convention of rebellion? Instead of abstracted form, instead of doing things that obliterate form, is it possible for you to be rebellious by creating form? I once had a student for whom this was a regular dialogue. He'd insist, “Well, you now, I'm trying to stretch things out and go to the boundary.” 

“What boundary are you going out to?” I'd ask. 

“Why, I want to be different. I'm developing things and taking them to the outer limits.” 

“Oh? What outer limit are you taking them to?” 

Then he'd go quiet for a spell. That meant he was considering that the outer limit was also a boundary, some place that had to be beyond the inner limit. 

 (33ページ)  

 三つ考えてほしいことがある。一つ目。ジャズの仕組みとは、そこから逃げなきゃと思うほど不自由なものだろうか?無理難題を押し付けられるようなものだろうか?フットボールの試合の禁止ルールのように、それらを無視したらプレーが制限されてゆくようなものだろうか?二つ目。演奏を聞いてもらう人は限った方がよいのだろうか?既に知られている音楽の形式にしばられたくないからと言って、「超」耳の肥えた人を作ってゆくべきだ、とでも言うのだろうか?例えば、英語の文法ルールを使わず英語を話すとしよう。独自なものの言い方をしようと思ったら、言いたいことを言うためには文法ルールにない言葉を新たに作らなくてはならなくなる。つまり「スバラシイネ(素晴らしいね)」と言いたければ「ブマラトゥーゲ」とか。言った本人はいいだろうが、言われた方はチンプンカンプン。三つ目。型を破る方法に反して型を破る、なんて、可能なのか?かつて、ある僕の生徒と、いつも同じやり取りをしていたことがあった。彼はいつも、こう言い張った「もっと可能性を広げて、行き着くところまで行きたい」。  

僕は質問した「行き着くところ、とは?」  

「型にはまりたくない。もっと磨いて、行き着くところを今より広げていくんだ。」  

「おや、今より広げた行き着くところ、とは何のこと?」  

すると彼は、言葉が続かなくなってしまった。つまり、行き着くところを広げる、と言っても、それもまた、はまってしまう型のことであり、今自分が置かれている「手近なところ」の、「そのまた向こう側」と、その場所が限られてしまう。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

6.the boundaries of a football game, which if discarded make playing less liberating 

もし捨てられてしまったら試合のプレーが開放的ではなくなってしまうフットボールの試合における数々の制限: 

関係詞・非制限用法(which) make+O+C(make playing less liberating)  

7.is it desirous to play for fewer and fewer people? 

演奏を聞かせる人の数はより少なくしてゆく方が望ましいのか?: 

仮主語(is it) 不定詞(to play)   

 

 

 

In modern American mythology, we're inundated with the notion of the rebel without a cause. You've read it, seen it, and heard it so many times that the philosophy of the disaffected cat just seems natural: trump the world, the hell with it all, let's tear thing up. That's the American way. But you want to know the truth? The important part of that slogan is “without a cause.” There's scarcely an ounce of rebellion in our minds these days. The Constitution and the Declaration of Independence where acts of rebellion. People risked their lives to express these ideals. What Louis Armstrong played was an act of rebellion. What Duke Ellington wrote was an act of rebellion, and an expression of freedom. But each of those examples created new systems of order and each works in a particular way governed by certain laws and rules. 

(34ページ)  

 現代のアメリカでは、理由もなく反抗するという、誤った考え方が人々の間に蔓延している。君も何度となく見聞きしたことがあるだろう。一見当たり前になっている不満分子達の哲学:世界を倒せ、全部クソくらえ、何でもかんでもぶち壊せ、それがアメリカのやり方だ。でも本当の処を知りたいだろう。このスローガン(哲学)は「理由もなく」というところがポイントだ。今の時代「反抗」なんて考えは、僕達の頭には無いだろう。合衆国憲法や独立宣言は「反抗」の賜物だ。人々は理想を表現するのに命を賭した。ルイ・アームストロングの演奏も、デューク・エリントンの作品も「反抗」の賜物、自由の謳歌だ。でも今例に挙げたものは、新しい規範を生み、それぞれが法やルールの下で各々機能しているものなんだ。  

 

(語句と文法:数字は行数) 

5.You've read it, seen it, and heard it so many times that the philosophy of the disaffected cat just seems natural 

君はそれをあまりにも多く読み、見て、聞いたものだから、不満のある連中の哲学が当たり前に見えてしまう: 

現在完了(You've read seen heard) so~that S+V(so many times that the philosophy)   

 

 

 

Freedom lives in structure. Do you think that sounds crazy? Maybe it seems hard to understand: How could there be freedom in a state that you perceive as lacking freedom? Think of these notion of freedom and structure in the context of long-existing forms and practices and ask yourself these questions: Do I have a better way? When I do rebel against the established order, am I truly seeking freedom, or publicity and the comfort of an inept cultish group of some sort? Ask yourself, have I yet to exhaust the possibilities in the forms as they exist? Is the size of what I want to express large enough to require new forms? And, ultimately, what do I want to do with my artistic freedom? 

自由とはルールの枠組みの中に息づくものだ。変だと思うかい?分かりにくいかもしれないな。自由さが欠けているように見える状態の中に、どうしたら自由が存在しうるというのか。こういった自由とルールの枠組みという概念を、長い間存在してきた形式や実践例を背景として、その流れの中で考えてみよう。そして自分自身に問いかけるんだ。もっと良い方法はないのか?既存の秩序に本気で反抗しようとするなら、自分が本当に求めているのは、自由か、それともバカなカルト集団か何かの宣伝文句や甘言に乗せられているだけか。既存の形式が持つ可能な選択肢は、全て使い尽くしたか?自分が表現しようと思うものの規模は、新しい形式を編み出さないといけないほどデカいのか?そして突き詰めれば、自分の芸術家としての自由さを持って何がしたいのか?  

 

(語句と文法:数字は行数)  

19.How could there be freedom in a state that you perceive as lacking freedom? 

自由が欠けていると君が思う状態の中に自由がどうやって存在しうるのか?: 

仮定法過去(could there) 関係詞(a state that you)  

[p.35,3]Is the size of what I want to express large enough to require new forms? 

自分が表現したいと思うものは新しい形式を必要とするほど十分に大きいのか?: 

関係詞(what I want) enough+不定詞(large enough to require)  

 

 

 

I talk to you about these issues because the road winds back to you and your choices. These are the things I need you to ponder, because the more deeply you think about the problems of your day and the more solutions you propose, the more successful you will be at expressing your identity as an artist. 

(35ページ)  

なぜこんなことを君に言うのか。それは、音楽家人生という道は、巡り巡って君自身、そして君が選んだことへと戻ってくるからなんだ。こういった事柄を、君にはよく考えてもらいたい。なぜなら、直面する問題をより深く考え、より多く解決策をひねり出すほど、益々上手くアーティストとしての自己表現ができるようになるからだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

7.These are the things I need you to ponder, because the more deeply you think about the problems of your day and the more solutions you propose, the more successful you will be at expressing your identity as an artist 

これらは私が君によく考えることを要求することだ、なぜなら君がいま過ごす時代の問題についてより深く考えるほど君が芸術家として君のアイデンティティを上手に表現するようになるからだ: 

関係詞・省略(things [that] I need) the+比較級, the+比較級(the more deeply the more solution)  

 

 

 

An old saying seems appropriate here: Never imitate the failures of your nation. Growing up in a particular era can lead you to accept things that society simply presumes to be true. Segregation in this country persisted for years, despite the fact that reasonable and intelligent people knew it to be bankrupt and inhumane. Segregation became reduced to and accepted as custom until enough Americans made the deterimination to fight perceived custom by saying, “We don't stand for this any longer, so we will go through whatever it takes to effect change.” They rebelled and forged a new way that we still work on today. 

ここで昔の格言に触れてみよう。「国家の失敗を個人が同じく仕出かすようなマネをするな」。時代によっては、世間が正しいと判断することを君自身も受け入れる可能性がある。アメリカでは人の差別が何年間も続いた。理性的で知識のある人達が、こんなものは社会を破綻させ、しかも非人道的だ、と分かっていったにも拘らず、だ。差別はやがて、形を変え、そして受け入れられていった。社会の習慣だ、と言わんばかりにね。「もう沢山だ」ということで、アメリカ人達は決心する。この社会の習慣と戦うことを。「これ以上やってられるか!何としてでも変えてやる!」声がついに上がった。人々は反抗し、新たに、そして今なお続く苦難の道を選んだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

13.Growing up in a particular era can lead you to accept things that society simply presumes to be true 

ある時代を生きるということは社会が単に真実であると推定する物事を受け入れるよう君を導いてしまう可能性がある: 

動名詞(Growing) 関係詞(that society)  

17.Segregation became reduced to and accepted as custom until enough Americans made the determination to fight perceived custom by saying, “We won't stand for this any longer, so we will go through whatever it takes to effect change.” 

差別は、十分な数のアメリカ人達が「我々はもうこれ以上これに我慢しない、だから変化を起こすに必要なことは何でも切り抜けてやる」と言うことによって認知されている習慣に対して戦う決心をするまで、習慣として形を変え受け入れられてしまった: 

不定詞(to fight) 動名詞(by saying) 関係詞(whatever)   

 

 

 

Profound change can be initiated in any time, even during a self-indulgent era like the one in which we now live, a time when some of the dumbest stuff that you could imagine has become custom. When we played in funk bands in the early seventies, no way in the world could we have imagined the day when someone would come out on a bandstand, grab their johnson, and call themselves derogatory names. You could not have imagined in 1972 that that would be considered entertainment. It would have been inconceivable. But here in 2003 we see it all the time, and it's an expression of certain people's freedom. Now, you're a musician, Anthony. You have the opportunity to exercise your mind, your spirit, your spirit, your conceptions, and you're going to come into this culture and make some type of statement with your music. You'll expend your freedom in a certain way, likely by creating some type of structure. And those structures may eventually challenge someone else's notion of freedom. 

大きな変革は、いつだって始めることは出来る。例え今の様な、皆が勝手気ままな時代であってもね。およそ想像しうる最もしょうもないようなことの、いくつかが、当たり前になってしまっているような時代においてもね。1970年代の初め頃にファンクバンドで演奏していた時は、舞台に上がって股間のモノを掴んで、自分達を軽蔑的な名前で呼ぶなんて日が来るとは、全く想像すら出来なかった。1972年当時は、そんなことがエンターテイメントと見なされるなんて、考えることすらしなかった。想定外もいいところだった。でも2003年の今、そんなものは四六時中見かけるし、人の自由の表れにもなっている。さて、今君はミュージシャンだね、アンソニー。君には自分の考えや精神、音楽のコンセプトを実践してゆくチャンスがある。君はこの文化へと入ってきて(音楽の世界へ入ってきて)、自分の音楽を駆使して色々な発信をしてゆくことになっている。君の自由にできることをフルに発揮してゆくわけだが、それによって、ある種の「ルールの枠組み」が新たに出来上がってゆくだろう。そしてそれは最終的に、他の誰かの自由に「立ちはだかる壁」になるんだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

23.Profound change can be initiated in any time, even during a self-indulgent era like the one in which we now live, a time when some of the dumbest stuff that you could imagine has become custom 

重大な変化はいつでも始められることが出来る。たとえ私達が今生きているわがままな時代、つまり君が想像しうるもっとも愚かなことのいくつかが習慣となってしまっているような時代においてもだ: 

前置詞+関係詞(in which) 現在完了(has become)  

 

 

 

Ask yourself these things as well: What is it in jazz that I find liberating? What do I want to express in jazz? Are the structures of jazz enslaving? And can these structures be liberated through increasing degrees of no structure? Keep in mind that by now the notion of free jazz is almost fifty years old. 

また、こんなことも自問自答してほしい。「ジャズの中で、自分が「これは開放的だ」と思えるものは何だろう。自分が表現したいものは何だろう。ジャズのルールの枠組みとは窮屈なものなのだろうか。それから、こういったルールの枠組みは、どんどんなくしてゆくことで窮屈ではなくなってゆくだろうか。」忘れないで、フリージャズという考え方が生まれて、今まででおよそ50年というところだ、ということを。  

 

 

 

Did you know that Coltrane took lessons with Ornette Coleman? Yeah, man, Coltrane paid Coleman for lessons in the early sixties. Coltrane took those lessons so that Coleman could teach him how to break free harmonic structures. But when you listen to something like “Crescent,” “A Love Supreme,” or even “Transition,” Coltrane still played harmonic progression. Regardless of teaching, Coltrane's method of achieving freedom was not Coleman's. 

コルトレーンは、オーネット・コールマンに師事していたことを知っているかい?本当さ。1969年代の初めの頃だ。コールマンの、コード進行によらない演奏方法を教わるためにね。なのに、コルトレーンは、彼の従来のスタイルを「クレセント」「至上の愛」そして、あの「トランジッション」などのアルバムを聴いてわかる通り、結局は維持したんだ。コルトレーンが自由を獲得したやり方は、コールマンの教えは受けても、それに乗り換えることではなかった、ということだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

23.Coltrane took those lessons so that Coleman could teach him how to break free of harmonic structure 

コルトレーンはこれらのレッスンを受けることでコールマンは彼に調性のルールの枠組みを破り自由になる方法を教えることが出来た: 

so that S+V(so that Coleman could) 疑問詞+不定詞(how to break)   

 

 

 

In our Western way of thinking, true artistic progression in music - not just in jazz - uses abstraction in a proud march toward a state of elitism. Its credo: “The public is not hip enough for this.” But should we be striving for an even more elite expression, one that very few people can listen to? Or should we go in the commercial direction, an expression that people can't help but listen to? What objectives do we have? How do we want to express our freedom? Where does our artistic responsibility in this regard lie? 

(37ページ)  

欧米の物の考え方では、ジャズに限らず、音楽における真の芸術面での進化の為には、エリートと呼ばれる所まで登りつめようという高飛車な態度で自らを進歩させるその時こんな抽象的な言い方が用いられる。そは「凡人にはわからないヨ」。でも僕達ミュージシャンは、ほとんどの人が聴いても分からないような、より高尚な表現方法を極めてゆくべきなのか?それとも逆に、誰もが耳を傾けてしまうような「売れれば何でもアリ」的な方向へ行くべきなのか?僕達の目的は?「自由」を表現する方法は?そう考えると、アーティストとしての僕達の責任は、どこに設定すべきなのか?  

 

(語句と文法:数字は行数)  

10.should we go in the commercial direction, an expression that people can't help but listen to? 

私達は商業主義的方向という、人々が思わず聴き入ってしまう表現を行くべきなのか?: 

関係詞(that) can't help but(can't help but listen to)  

 

 

 

Hey, Anthony, these questions don't come with a right or wrong answer. I just want you to think on them. Never forget, you're on a road, discovering yourself as you go along. Everything we talk about is geared toward making you a better musician. I want to bring you in that direction. I don't want to tell you what to think about music, or give you a conclusioin that keeps you from realizing whatever your real potential might be. 

さて、アンソニー、こういう問いかけは、正しいとか間違えているとかの答えは出ないものだ。僕は君にこういうことをよく考えて欲しいんだ。君は音楽の道を今進み、その中で自分自身のことを理解してゆくんだ、ということを、決して忘れないこと。僕達が語り合うことは、全て君がミュージシャンとして向上してゆくことに役立ててゆくものだ。僕は君をそのように導いてゆきたい。音楽について考えた方が良いことを教えたくはないし、結論めいたことを君に与えてしまって、結果、君が自分の潜在能力が何かを気付くことが出来なくなるようなことも、したくない。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

16.Everything we talk about is geared toward making you a better musician 

私達が語る全ては君をより良いミュージシャンにすることへ向けられる: 

関係詞・省略(Everything [that] we talk) make+O+C(making you a better musician)  

18.I don't want to tell you what to think about music, or give you a conclusion that keeps you from realizing whatever your real potential might be 

私は音楽について何を考えたらいいかとか君の本当の潜在能力とは何かに気付かせないような結論を君にあたえるようなことを君に話したくない: 

疑問詞+不定詞(what to) 関係詞(that keeps) 動名詞(realizing) 関係詞+ever(whatever your real)   

 

 

 

Kids come to my classes all the time. Invariably, their teachers have given them some unbending instruction, something they have to do, a way they need to think. And I feel bad for them. I'd rather you be flexible enough to think deeply about and respond freely to the world around you. I'd rather you focus on your objectives, so I can talk about these ideas - free improvisation, boundaries, abstracted elite expressions with imperceptible forms, or playing elementary forms for commerce - and you can have the facility and flexibility to form a response. 

小さな子達が、ひっきりなしに僕のレッスンにやってくる。皆例外なく、普段教わっている先生方から頑固な指導を受け、やるべきこと、守るべき考え方に縛られている。いつも僕は気の毒に思う。君には、むしろ僕は、身の回りのことについて、深く考え、自在に反応できる十分な柔軟性を持ってもらいたい。君自身のやりたいことに集中してもらいたい。そうすれば、僕は安心して君に話せることがある。フリーインプロバイゼーション、能力の限界、聴いても分からないような抽象的で排他的な表現方法、あるいは売れればいいと言わんばかりの幼稚な演奏の仕方。君はこういった話題にも反応できる能力と柔軟性が持てるからだ。  

 

(語句と文法:数字は行数)  

21.their teachers have given them some unbending instruction, something they have to do, a way they need to think 

彼らの先生方は彼らに何らかの頑固な指示を与えてしまっている。それは彼らがしなければならないことで、彼らが考えなければならない方法だ: 

現在完了(have given them) 関係詞・省略(something [that] they have a way [that] they need)  

24.I'd rather you be flexible enough to think deeply about and respond to the world around you 

私はむしろ君に君の身の回りの世界について深く考え反応できるくらい十分柔軟であってほしいと思っている: 

原型不定詞(be flexible) enough+不定詞(flexible enough to think)  

 

 

 

I regularly take my sons to hear jazz. They don't like it much when they were kids. They'd say, “Oh, man, not this again.” In fact, they'd go to sleep most of the time. Once I took them to see Cecil Taylor, a great pianist with an intense sprawling, superelite style. And one of my boys got up on the chair in the back of the Vanguard. 

(38ページ)  

僕は定期的に息子達をつれてジャズを聞かせに出かける。小さい頃は大して好きではなかった。よく「また?もうイヤダ!」と言っていたものだった。実際、大抵聞きながら寝てしまっていたからね。ある時、連れて行ったのが、セシル・テイラーという大物ピアニスト。激しく、無秩序で、普通には聴いても分かりにくい演奏スタイルの持ち主だ。そうしたら、息子達の一人が客席の後方の席から立ち上がってこう言った。  

 

 

“Wow,” he said. He just kept staring. He couldn't believe Taylor. He actually stayed alert for some twenty minutes, transfixed the entire time. 

「わぁ」ひたすらじっと見続けていた。テイラーの演奏が信じられないモノだったということだ。実際20分間くらい身構えた状態で、その夜の演奏の間、固まっていたからね。  

 

 

“Are they going to do this for the whole night?” he asked. 

“They might,” I replied. 

“I can't believe that this many people want to hear that.” 

“Well, that's the great thing about New York.” 

「この人達、今晩ずっとこれやるの?」彼は尋ねた。  

「かもしれないな。」僕は答えた。  

「ここにいる大勢の人達、こんなの聞きたいのかなぁ。」  

「まぁ、それがニューヨークのいいところさ。」  

 

 

If it had been New Orleans, a full night of that particular example of structural freedom might be a tough proposition. But you know what? My sons didn't go to sleep on Taylor. Well, eventually they nodded off a bit. But they hung in there much longer than they hung in for most anything else. And I relate this tale not to validate or vindicate their taste. Just to point out the interest, the unexpected interest, that arouse that night. 

これがもしニューオーリンズでの出来事だったなら、こんな自由奔放な演奏を本番中目一杯やられたら、聞くに堪えなかっただろう。でもこの日、その後どうなったと思う?息子達はテイラーの演奏を寝ずに聴いていたんだ。まぁ、少しうつらうつらしてしまったけどね。でも他の事では比べられない位、かなり長時間頑張った。この話は、息子の好みがこうだったと説明しようと持ち出したわけではないんだ。あの晩ふっとわいた興味、それも予想外に沸いた好奇心だった、と言おうとしただけ。  

 

 

“Hmm, Dad, what is this?” 

Freedom, for some. 

「うーん、パパ、これって何なの?」  

自由、何を求めてかは知らないけどね。