英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第22話Bad Luck in St. Louis: Miles to Go byマイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Bad Luck in St. Louis 

セントルイスでの不運 

 

Before we went on The Cheetah Girls tour, my mom made one demand. Usually when you're on tour for a concert, the whole crew stays on buses together. I was sharing a crew with The Cheetah Girls, so the total group was big ― about a hundred people divided among maybe four buses. The dancers, two boys and two girls, were all in their twenties. I was thirteen years old. Mom said she didn't care if I didn't make a dime on the tour. She just wanted to make things as normal as possible for me. So we paid for an extra bus for just me, Mom, Mammie, and Noah. (The rest of the kids stayed in school.) After the show I'd come back to the bus, do schoolwork, then watch a movie with Mom and Noah. It was all weirdly normal. If there's such thing as normal when you're a teenager doing a twenty-city concert tour.  

お母さんはチータ・ガールズのツアーに出る前に、ある要求をしていました。コンサートツアーというと、関係者全員、移動などにはバスに分乗し、そこが基本居場所になります。チータ・ガールズのスタッフさんが、私の世話もしてくれることになりました。全体として大きな集団です。大体100人くらいが、多分4台のバスに分かれて乗ることになっていたと思います。ダンサーさん達は、男子女子それぞれ2人ずつ、年はみんな20代です。私は13歳。お母さんは、ツアーで私がお給料なんて、全然もらえなくてもいいから、とにかく、できるだけ普段どおりの環境を確保してほしい、と考えていました。そんなわけで、別にバスを自腹でチャーターして、私と、おかあさん、ばあば、そして妹のノア(ノア以外は学校があるので家に待機)が乗り込むことになったのです。本番が終わると、私は専用のバスに戻り、学校の課題をこなし、そしてお母さんとノアと一緒にビデオを見る、ということになりました。普段すぎて、かえって変な気分。もっとも、20都市をコンサートツアーでまわるティーン・エイジャーに、「普段」なんてものがあれば、の話ですけどね。 

 

I was psyched that my mom went for the bonus bus. Being with the crew is fun for a little while, but it's impossible for me to live like that. I have to have space. I need the downtime. And it was more than just mental. Like I said before, weird or not, I'm okay being alone.  

思いがけずお母さんがバスを用意してくれて気分がアガりましたスタッフさん達一緒にいるのはちょっとの間なら楽しいんですがずっととなると私にはムリ他人が入ってこれない距離が保てないとダメなんです自分のスイッチを切る時間が欲しいんです。これは、メンタル面とかいう以上の話で、前にも書いた通り、変でもなんでも、一人ぼっちになることは、私は全然OKなので。 

 

Even though the tour bus situation was sorted out, not everything was perfectly smooth on that tour. To be specific ― two words represent how NOT smooth things were... St. Louis. I have nothing against St. Louis in principle, but I can't say I want to go back. 

バスのことは解決されましたがこのツアー何もかもがスムーズに行ったとはならなかったのです。具体的には、スムーズに行かなかったのは、2語で言い表せます:「セント」「ルイス」です。街自体に恨みはありません。ただ、正直、もう1回行きたい、とは、今は言えないかも。 

 

My bad luck in St. Louis started on that tour, and hasn't let up since. I was on stage in the middle of singing “Who Said” when I started feeling really sick, like I was going to throw up. I ran off the stage. It was really bad. My dancers just kept going. They didn't even notice I was gone!★ 

★Thanks, guys! 

セントルイスでの不運が始まりました。そしてそれは、未だに終わっていないのです。「Who Said」をステージで歌っている最中のこと、マジで気持ち悪くなって、吐きそうになったのです。大急ぎでステージからハネて、最悪の吐き気。ダンサーさん達は踊り続けてくれました。私がハネたのにすら気づかなかったって!★ 

スミマセンホント 

 

As soon as I started to feel better ― about five minutes later ― I hurried back onstage. I said, “Sorry, guys. I had to hurl.” (Later my mom was like, “Real classy, Miles. Guess you're never having dinner at Buckingham Palace.”) Then it happened again. I had to run offstage during “Best of Both Worlds.” So much for “the show must go on.” I thought it was a stomach bug, and by the next day (we were still in St. Louis) I was feeling better, so I went on that night.  

5分くらい経って、気分が戻り始めると、大急ぎでステージに戻ります。観客に向かって「みんな、ごめんね、戻しちゃってさ。」(後になって、お母さんからこんな事言われた「いい御身分じゃないのよ、マイリー、女王様とお城で食事してた、なんて言わないわよねぇ。)そしたら、また、今度は「Best of Both World」の最中に、袖に大急ぎで引っ込まなきゃならなくなったのです。「舞台に穴をあけるな」なんて言っている場合ではありません。自分としては、胃を患っている、と思っていました。翌日(引き続きセントルイス)、気分が戻りだしたので、その日の晩はステージに上がることにしました。 

 

It happened yet again. Somehow I made it through the show this time, but in the next city, Dallas, I went to a doctor. He said I was fine, but at the show that night I felt bad again. This wasn't normal. And it wasn't nerves. Nerves meant having to pee when it was too late to go. This was different. Something felt really wrong. I went to another doctor, and this time they did an echocardiogram. They found a hole in my heart (and this was before my first breakup!), but they said the real problem was tachycardia.   

そしたら、また気分が悪くなったのです今度は何とか最後まで歌い切りましたが次のダラスで、私は病院に行きました。「大丈夫」医者言ってくれました。なのに、その夜の本番で、また具合が悪くなったのです。こうなると、お母さんの言う「普段どおり」では無くなります。もっと言えば、この前の話で書いた「緊張しちゃって」とも違います。「もう行く時間がない」って時に限って、トイレに行きたくなっちゃう、とも違うってこと。今度は様子が違う。何かがマジでヤバい。病院を変えて、今度はエコーを撮るというのです。結果は、心臓に穴が空いている、とのこと(この話は私の最初のブレイク「以前」のことですヨ!)。でも本当にマズいのは、頻脈だというのです。 

 

Tachycardia means my heart rate speeds up and the rest of my body can't keep up. (Tachy means too fast and cardia means heart. When I told Brazz my diagnosis, he said, “You sure it's not tachymouthia?”) It just figures that if I had a problem, it would be that part of my body works harder than it should and goes too fast. I've always been an overachiever.  

頻脈というのは心拍上がっても体がついていけない状態のことを言います(「頻」は、間髪入れずに起こる、「脈」は、心臓の鼓動、という意味です。この病気のことを、弟のブラズに言ったら「それって『頻喋』の間違いじゃないの?」ですって)。つまり、具合が悪くなるってことは、心臓が必要以上に激しく速く動いている、ということが分かったのです。ここまでずっと、無理して頑張りすぎたもんな…。 

 

The type of tachycardia I have isn't dangerous. It won't hurt me, but it does bother me. My heart rate increases a lot just from going up a flight of stairs. It's worse when I wear a wig. I get hot, my body tries to cool down, and my heart goes extra fast. When I wear that wig in a concert, it sometimes gets so I can't breathe and can't think. I feel claustrophobic. There is never a time onstage when I'm not thinking about my heart.  

私の頻脈は命に関わるものではないとのこと。死にはしないけど、気が気じゃありません。階段を上がり切っただけで、心臓がバクバクになるんです。更にヤバいのが、ウィグを着けたとき。体温が上がって、それを下げようと、心臓が更にバクバクになる、というわけです。コンサートでウィグをつけると、時々そうなって、息も意識も飛んでしまいます。気分的には、狭い所に閉じ込められた時と、同じ恐怖に陥るって感じ。ステージに上がると、頭から心臓のことが離れなくなります。 

 

Psalm 43:5 

WHY AM I DISCOURAGED? 

WHY IS MY HEART SO SAD? 

I WILL PUT MY HOPE IN GOD! 

詩篇43編5節 

我がよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。 

なぜ、神の御前で思い乱れているのか。 

神を待ち望もう 

 

My diagnosis stopped me in my tracks. On that tour, I felt like it was really important to me to look great. I wasn't eating much. Some days I'd eat one Pop-Tart. That was it. Not good. I've always struggled with my weight, but when I found out I had a hole in my heart ― there was no way in heck being skinny was worth sacrificing my health. I was scared. Like lots of girls in my age, I can be self-conscious about my looks, but it was immediately clear to me that I'd much rather be healthy and normal-sized. The minute I got home from that tour, my dad took me to one of my favorite Chinese restaurant, Panda Express. He said, “You have a hole in your heart, child. We're eating food.”  

病気のせいで私は驚き立ち止まってしまいましたこのツアーでは自分を大きく見せることがものすごく大事なんだそんな気分でいました。食事も控えめに、ポップタルト1枚だけ、なんて日も時々ありました。♪これじゃ体に良いわきゃないよ♪ずっと体重計と格闘してきましたけど、心臓に穴が空いていると分かった今、健康を害してまでやせ細ることは、ありえないっしょ。そう思うと怖くなりました。私と同じ年頃の女の子達のように、自分の見た目が気になることは、私だってあります。でもこうなると、健康で平凡な体型のほうが全然マシだと、すぐにハッキリわかりました。ツアーを終えて帰宅するとすぐに、お父さんは、私のお気に入りの中華レストランの一つ「パンダ・エクスプレス」へ連れて行ってくれました。そして「お前、穴が空いてんのは心臓だろ、おい。食い物は、口で噛んで、胃袋に入っていくものだからさ(訳注:eat「食べる」という行為が、心臓とは関係ないということの示唆)。」 

 

I always thought that working as hard as I possibly could was the path toward achieving my dreams. But my body has limits that I have to respect.  

限界まで頑張ることが夢への道だと、いつも思っていた。でも私の体には限界があって、それは尊重しなければいけない。 

 

I have to take care of myself, or I 'll feel sick. Now I make sure to eat well, get enough sleep, and avoid caffeine before shows. (That one was the only really hard one ― I love Coke!)  

体に気を遣わないと、病気になってしまう、そうなると、しっかり食べて、しっかり寝て、本番前にはカフェインを控えないと(コーク大好きの私には、3つ目は相当キツかった)。 

 

On that tour, I learned that I can push too hard. It's easy to do. The fans would cheer me on, and the producers would cheer me on, and my family and friends would cheer me on.  

このツアーで自分がムリをしがちな人間だと気付きました。人は安易に無理をしてしまうものです。ファンが、プロデューサーが、家族や友達が、自分を応援してくれるとなると、そうなりがちです。 

 

But I'm the one in the driver's seat, and if anyone applies the brakes, it's got to be me.  

でも、人は、車の運転席に座っているようなもので誰か(何か)が車を止めてくれと言ったらそれが出来るのは、自分しかいないのだ 

 

It was an important lesson for me to learn. In a way, I think it's a kind of blessing that I have to be careful, because I should be taking care of myself anyway. It forces me to keep things in balance.  

私は大切なことを学びました体に気をつけなければいけないということは、考えようによっては、有り難いことです。なぜなら、健康は自分しか管理できないからです。そうなれば、自ずと、色々なことのバランスを、しっかり取らないと済まされない、そういうことです。 

 

Yeah, and about St. Louis. The next time I went there ― to sing the national anthem at a Cardinals games ― the game got rained out. And St. Louis was the venue for the first show of my tour with the Jonas Brothers, which you would think was good thing ... but more on that later.   

そうそう、セントルイスの話ですけどねこの後セントルイスは、メジャーリーグカージナルスの試合で、国歌独唱をしに行くはずだったんですけど、残念ながら雨で中止。「なので」、セントルイスは、私にとっては、自分のツアーで、初めてジョナス・ブラザーズと同行した、最初の公演地となったのです。ジョナス・ブラザーズとコラボなんて、良いと思うでしょ?… でもそれは、また後でタップリお話します。