英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

第18話Hannah and Lilly: Miles to Go byマイリー・サイラス

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

ディズニー・ハイペリオンブックス 

【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意:沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は、執筆当時16歳のマイリー・サイラスらしい魅力的な語感を残しつつ、共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

Hannah and Lilly 

ハンナとリリーの関係 

 

Maybe my childhood experiences did have a little something to do with getting the part on Hannah Montana, but none of my dad's friends gave me any nuggets of wisdom about life on the set with my costars. If a TV show is like its own little world, then, in the beginning, the kids on our show were like an entire junior high school class. There was jealousy. There were fights. There was friendship. There was love. The only thing that was different : there were only three of us.  

小さい頃経験がハンナ・モンタナ主役をもらうことができたことにチョット役に立ったかもしれません。でも、共演者のみんなと撮影現場で上手くやってゆく知恵を、お父さんの音楽仲間の人達がくれたか?と言えば、それは全く無いですね。あるテレビ番組が、それ自体一つの小さな世界みたいなものだとしましょう。まず、私達の番組に出演している子達は、どこかの中学校の一つのクラスみたいなもの、ってことになります。確かに、私達の間には、嫉妬や喧嘩もあれば、友情や愛情もありました。たった一つ違ったのは、生徒が3人しかいないってことかな。 

 

Emily, Mitchel, and I are all close in age. Three is never a good number. At any given point, someone's going to feel like a third wheel ― that's just the way threes work. Mtchel and I were sort of insta-best friend. We're both crazy, silly, fun, high-energy, joking around with no real filters on what we say or do. We even had a little case of puppy love for a while there. It was sweet. 

エミリー、ミッチェル、そして私は、みんな年齢が近い3人でした。3って、あまりいい数じゃないですよね。どんな時でも何をするにしても、誰か一人が「自分は邪魔?」って気分になっちゃう。3人組って、そんなもんです。ミッチェルとは、何ていうか、速攻いい友達になっちゃったんですよね。二人して、夢中になって、バカやって、テンション高くて、言うことやることやりたい放題に冗談飛ばしてました。ちょっとイイ雰囲気になった時期もあって、あれは良かったな…。 

 

Meanwhile, Emily's more reserved. Also, she's beautiful and athletic. There was competition between us ― girls struggle with that, and we were no exception. I didn't do much to fix it. I mean, I wanted to, but I had no idea how to go about fixing it. I never got along with girls as well as I did with guys. Hadn't I just endured Operation Make Miley Miserable, which was an all-girl campaign, for a year? 

一方、エミリーというのは控えめな子です。同時に、彼女は美人だし、そしてスタイルも引き締まった体型ですよ。こういうことは、女子はお互い張り合うもんで、私達も例外ではなく、お互いそういう意識はありました。それをやめようと手を尽くしたか、というと、そうでもない。つまり、そうしたかったけど、どうすればいいか分からなかったんです。基本私は、男子とは上手くやれるけど、同じ様に女子と仲良くできるか、というと、全然ダメなんです。でも、「マイリー・ムカつく」云々作戦に耐えて、あれなんか、1年続いた女子だけの特別期間じゃなかった?って話ですよ。 

 

Emily and I tried to be friends, we really did, but it always ended in a fight. 

エミリーと私は友達になれるよう頑張った本当に頑張ったでも結局いつも仲違いを起こしてしまう。 

 

We're just so different. She's from L. A. ― I'm from the South. She's opinionated. I'm not opinionated... but I'm so not opinionated that I'm opinionated about not being opinionated. She's supersmart. I felt dumb. Once in our classroom on set we got into a huge yelling argument after the teacher left. It was so bad, and we were so upset, that we each went home and told our parents. Both families all sat down together and tried to work it out. After those peace talks, we tiptoed around each other for a couple of weeks, but it didn't last. Soon enough we were back at each other 's throats.  

私達はお互い違いすぎるんです彼女はロス出身の都会っ子私は南部出身の田舎者。彼女は芯がブレない、私はブレまくる。でも私の場合、ブレまくる自分は、決してブレません。彼女の超がつくほどスマートな言動から比べると、私は自分がダサいって思うしかない。ある時、教室のシーンを撮った時、先生役の俳優さんが出ていったあと、もの凄い罵り合いを始めてしまったんです。あれは本当にヒドかったし、二人共頭に血が上りすぎていたので、どちらも家に帰って両親に有ったことを報告しました。私達の家族全員を巻き込んでしまい、揃って事態の収集を図りました。そうやって仲直りの話し合いを重ねた結果、私達はお互い相手に気を遣った言動を心がけることに。でも、それも数週間しか持たず、早々に、またお互いいがみ合うようになってしまいます。 

 

Usually on set everyone's mellow if some flubs a line. Not us. We'd be, like, “Gosh,” and roll our eyes in exasperation if the other one messed up. As soon as a take was over, I'd say, “Are we done with this scene now?” or she'd say, “Can we go?” There was no warmth, no chemistry. We were playing Bs, and neither of us wanted to be there. Finally the producers said, “You two have to pull it together.” I think sometimes people forget how old we are. They wonder why we're behaving the way we do. The pettiness. The drama. The acne depression ― I'll get to that later. We're teenagers! Our job is to fight. That's gotta be the downside of making a TV show about teenagers. You have to work with teenagers. On the upside .... hmm. Maybe there isn't an upside.  

普通収録中はセリフを飛ばしたりしても誰も目くじら立てずに穏やかに振る舞うものです。でも私達は違う。互いが間違えようものなら、「チッ」とか言って、ガン飛ばしまくりです。カットがかかった途端に、私が「今のシーン大丈夫でしたかねぇ?」、あるいは彼女が「これで終了できますぅ?」人としての温かみのカケラもなし。お互いの持っているものを出し合って、一つのものを作ろう、という姿勢も皆無。役の上では親友でも、一緒に居たくない、みたいなね。とうとうプロデューサーの方達から「お前ら、いい加減、お互い歩み寄れよ。」皆さん、うちらが何歳の子供か、忘れてません?うちらのやること成すこと、理解できないの?しょうもない事が気になるんですよ。どうでもいいことで喧嘩しちゃうんですよ。ニキビができれば落ち込むんですよ… あ、これは後ほどまた書きます。喧嘩はウチラ子供の仕事ですよ。ティーン・エイジャーを使ってテレビ番組作る上での問題点だってことぐらい、分かってよ。それを覚悟でティーン・エイジャーを使いなさいよ。ちなみに良いことだって… あ、良いことなんて無いか。 

 

I really wanted to be best friends with Email. My dad was playing my dad. Jason Earles, who plays Jackson, was like a big brother to me. The show felt real to me, and I wanted my relationship with Lilly to feel real, too. I knew it didn't have to ― show business is show business ― but I was disappointed. There were times when I didn't think we could ever be friends. We just couldn't figure out how to get along.  

私は本当は、(リリーとしてではなくエミリーと親友になりたい。お父さんは私のお父さん役。ジャクソン役のジェイソン・アールズは、私の本当のお兄さんのようです。この番組でのことは、私にとってまるで、実際の生活もそうであるかのように思わせてくれます。だから、「リリー」も、そうであって欲しい。分かってます、ショービジネスなんだから、そんな必要ないって。でも気持ちが沈むんです。ただの友達にすら、なれないんじゃないか、そう思ったこともありました。どうしたら仲良くなれるか、分かりません。 

 

SPOTLIGHT ON YOU written for Emily 

あなたにスポットライトを (エミリーに) 

 

I am tryin' to be brave 

Prayin' everything gonna go okay 

'Cuz I know I'm 'bout to be in ....  

The spotlight 

I see myself upon that stage 

With the spotlight 

With the cheerin' crowd before my eyes 

Rockin' on my guitar 

Bein' a superstar 

But all I really need is YOU 

派手な自分を装って 

全てが上手くいくよう祈る 

そうよ、私はもうすぐ 

スポットライトを浴びる 

きっとステージの上では 

スポットライトは、私に当たる 

目の前には、私を盛り上げる観客 

私はギターを構えて、ノリノリで 

スーパースターに、なれたとしても 

本当は私はあなたが居てくれたらいい 

 

Time went on, and the three of us ― me, Mitchel, and Emily ― were stuck together. So we stuck together. And over time we found ways to genuinely bond. There was a narrow wooden catwalk up above the set. We called it the “C.A.D” room.★ Getting up to the C.A.D. room was precarious. It was several stories high! You had to hang on to a bar or you'd fall down to certain death. The producers must have been glad to have us out of their hair. They didn't care where we went: “We don't see anything. We don't know anything. This isn't on us,” was their attitude. 

★C.A.D. = inside joke 

月日が流れてゆきます私達3人私、ミッチェル、そしてエミリー)は、否が応でも一緒に居続けています。だから、なのか、自分達から進んで一緒にいるようになってきたのです。時間が経つにつれて、私達は心から結びつく方法を見つけ出しました。スタジオ内の撮影現場の頭の上には、キャットウォークと呼ばれる、スタッフさんなどが通る木製の狭い通路がありました。私達は、そこを「キャドルーム」と呼んでました★。キャドルームまで登ってゆくのは、結構危険です。高さにして、ビル数階分ですから!手すりにつかまってないと、間違いなく落ちて死にます。プロデューサーさん達は、面倒くさい連中が、とりあえず目の前から消えてくれて、と、さぞ喜んだでしょうね。基本、あの方達は「見ざる、知らざる、関わらざる」でしたから。 

★キャド:私達が内輪でふざけて作った言葉ヨ 

 

We'd sneak up there for lunch, and for an hour it felt like we were hiding out in a treehouse, high above our jobs and homework and parents. We were all in the same situation ― we had a great opportunity. It meant working like grown-ups, but it wasn't always easy to behave like grown-ups. Witness my spats with Emily. But up in the C.A.D. room we got to be normal, mischievous kids for a change. The pressure was off, and there were even hints of fondness between Emily and me. Our characters got along so well. Why couldn't we act the same in real life? For all our trouble, deep down I think(☓)★ we loved each other, even then. But we had a long way to go before we'd really be friends. 

★knew 

私達は上に上がってそこでお昼ごはんを一緒に食べるのです。その小1時間は、ツリーハウスに隠れている気分です。この高さなら、撮影のお仕事も、家に持ち帰ってやらなきゃならないことも、親との面倒事も、しっかり逃げることができます。私達は、同じ目的に向かって進んでいました。それは素晴らしいチャンスでした。でもそれは、大人としての振る舞いがもとめられるもので、ずっとは出来ない困難なことです。エミリーとは喧嘩ばかりでした。でもキャドルームに上がれば、私達は、ただの「クソガキ」。これで気分を変えたのです。色々なプレッシャーから開放されて、更には、エミリーと私が仲良くなれそうな空気感が、そこには生まれていました。役の上では最高に仲良し。だったら役を離れても、仲良くなれないか?色々あるけど、その頃でさえ、心の奥底では、私達はお互いを慕っていた、私はそう思っています(☓)★。でも実生活でちゃんと友達として付き合えるようになったのは、それからずっと後のことでした。 

★訂正:「思っています」ではなく、「分かっています」