英日対訳・マイリー・サイラス「Miles to Go」

「ハンナ・モンタナ」で有名なマイリー・サイラスが16歳の時に書いた青春自叙伝を、英日対訳で読んでゆきます。

「サッチモMy Life in New Orleans」を読む 第13回の2

The Tuxedo Brass Band had the same kind of summer uniform as the Onward Brass Band: white band caps with black trimmings, blue shirts, white pants and tan shoes. Since the Onward Brass Band had broken up, we came into power. Fine as they were, the other brass bands took their hats off to us.  

[訳] 

タキシード・ブラスバンドには、かつてのオンワードブラスバンドと同じような感じの夏用ユニフォームがあった。白い帽子に黒いトリミングが入ったもの、青いシャツ、白いズボンに黒の靴。オンワードブラスバンドが解散した今、僕達のバンドがトップにたった。その実力は、他のバンドも皆一目置くほどだった。 

 

The fact that I belonged to the best brass band in town put me in touch with all the top musicians. One of them was Picou, the finest clarinetist in New Orleans. He adapted the piccolo part in High Society to the clarinet, and whenever that piece is played the clarinetist uses Picou's solo. There were a number of other masters on the clarinet such as Tio, Bechet, Sidney Desvigne, Sam Dutrey, Wade Whaley and young Jim Williams, Jr. Williams died young and the world really lost a great musician. The same thing is true about Rappolo, who also died young. Other clarinet greats were Bill Humphrey, Johnny Dodds, Jimmy Noone and Albert Nicholas. Barney Bigard came along later, but he was equal to the best of them in my estimation. Since I am talking about old-timers I must not fail to mention Lawrence Dewey, who was a good man in his day. He has retired to Lafayette, Louisiana, but he still plays occasional odd jobs. He did a lot of work with the one and only Bunk Johnson. Louis Warner and Charlie McCurtis were also very good clarinet men.  

[訳] 

町一番のバンドにいたことで、僕はあらゆるトップミュージシャン達と接触する機会を得た。その中の一人がアルフォンス・ピコという、ニューオーリンズ一番のクラリネット吹きだ。彼は「ハイソサエティ」(スーザ作曲)に出てくるピッコロのソロをクラリネットに置き換えた。今でのこの曲は彼のアレンジが使用されている。他にも沢山クラリネットの名人達と接触する機会を得た。例えばロレンソ・ティオ、シドニー・ベシェシドニー・デスヴァイン、サム・デュトレー、ウェイド・ホエールウェイ、それからジム・ウィリアムス・ジュニア(息子の方)だ。ウィリアムズは若くして亡くなってしまった。世界は本当に偉大なミュージシャンを失ってしまった。同じように、レオン・ロポロも早死だった。他にも、ビル・ハンフリーやジョニー・ドッズ、ジミー・ヌーン、アルバート・ニコラスらがいる。その後にでてきたのがバーニー・ビガードだが、こういった名人に肩を並べていると僕は思っている。かつての偉大な方達のことを書く以上、忘れてはならないのがローレンス・デューイだ。彼も時代の寵児だった。現在(1954年)彼は引退してルイジアナ州ラファイエットにいるが、時々小さな演奏活動をしている。彼はあの大名人バンク・ジョンソンと沢山共演した。ルイ・ワーナーやチャーリー・マッカーティスも素晴らしいクラリネット吹きだった。 

[文法] 

Rappolo, who also died young 

ロポロという若くして亡くなった人( , who) 

 

No matter how long I live and no matter how many other musicians I play with I won't meet any better men than those I mention here. I had a chance to really dig them. The older and the younger men all put their souls into their work. The youngsters of those days, like me, took their music far more seriously than the present day ones. They were so superior to the beginners now that no comparison is possible. Take for example George Backet who used to play a little E-flat cornet in the Excelsior Brass Band. Backet could be heard blocks away above the whole band. When he played his soulful lead with the other cornets, but an octave higher, he would actually bring tears to your eyes.  

[訳] 

今後長生きして多くのミュージシャン達と一緒になるかと思うが、彼らほどのミュージシャンに出会えるとは思えない。彼らとの仕事は、正に「共に演じた」といえる機会だった。当時は老いも若きも皆仕事に魂がこもっていた。当時僕のような若造は、今なんかよりもずっと真剣に先輩達の演奏を真剣に受け止めていた。彼らは駆け出しの者達にとってはあまりにも偉大で、比較にならない。例えばジョージ・バケット。彼はエクセルシオールブラスバンド Es管のコルネットを吹いていた。彼の音は、バンド全体の中にあっても、野外演奏などでは数街区手前から飛んできていた。彼はソウルフルな演奏で他のコルネット奏者達をリードし、自分はオクターブ上を吹き、それを聞いた人は目から涙がこぼれたほどだった。 

[文法] 

no matter how many other musicians I play with 

どれだけ多くのミュージシャン達と私が演奏を共にしたとしても(no matter) 

 

There are many other good clarinet men I could praise, but after all this time I cannot remember their names. I was real young when I played with them, and we did not bother much about correct names in those days. We used such nicknames as Gate, Face and Gizzard when we said hello or good-bye. As a rule we would meet on a gig, or one night stand, and we would play so well together that one would swear we had been working in the same outfit for months.  

[訳] 

他にも素晴らしいクラリネット吹きが沢山いたが、何せ当時のことだけに名前が思い出せない。彼らと一緒に演奏した頃は僕はまだうんと小さくて、当時はわざわざ正確な名前まで覚えるなどしなかっった。挨拶する時は、ゲイト、フェイス、あるいはギザードなどといったニックネームを使った。一般的に、演奏会や一晩の出演で出会い、良い演奏ができると、同じメンバーで数ヶ月良くやったなぁとお互いをたたえたものだった。 

[文法] 

we would play so well together that one would swear we had been working in the same outfit for months 

私達はお互いシッカリ演奏したので、同じ仲間で数カ月間頑張ったと声を大にして言ったものだった(so well that one would swear) 

 

In the same year of 1921 Daisy adopted a little girl called Wila Mae Wilson. At this time we had moved out to the white neighborhood at Saint Charles and Clio Streets in the rear of the white folk's home where Daisy worked. To get to our place we had to go through a rear alley, and I was rather afraid when I came home in the wee hours of the night that I might be taken for a burglar. And as a matter of fact, that is what did happen. I had finished working about four o'clock in the morning. When I got off the streetcar to go toward my alley I noticed an old white fellow coming toward me about half a block away. He came closer to me as I neared the alley. Something told me not to enter. The fellow seemed suspicious of me so I waited at the entrance to the alley. When he reached me and was about to pass by I spoke to him. He stopped.  

[訳] 

同じく1921年にデイジーはウィラ・メイ・ウィルソンという小さな女の子を養女に迎えた。この頃僕達が引っ越してきたのが、白人が多く住んでいる地区で、セントチャールズ通りとクリオ通りにあった。デイジーが働いていた白人住民の家の裏手だった。家にたどり着くには、裏通りを通らねばならず、僕が恐れていたのは、早朝帰宅の際に泥棒と間違われることだった。実際これが起きてしまったのだ。その日僕が仕事を終えたのが朝4時だった。路面電車を降りて自宅への裏通りへ向かう途中、角を曲がって半分くらい歩いたところで、僕は白人が一人こちらへ向かって歩いてくるのに気づいた。僕が裏通りに近づくにつれて彼もこちらへ近づいてくる。とっさに僕は。この人は僕を疑いの眼差しで見つめていたので、僕は裏通りに入るところで足を止めた。彼が僕に近づき、通り過ぎようとした時、僕は彼に声をかけた。彼も足を止めた。 

 

"Listen here," I said, "you may think I am up to something. But I want you to know that I live in this alley. My wife works for some white folks and we're staying on the premises. I thought I'd mention this so's you won't start no stuff."  

"I'm sure glad you told me," the old geezer said, "because I am the watchman around here and I don't recall ever seeing you. O.K., go ahead. I'll watch out for you from now on."  

[訳] 

僕は言った「すいません、僕あやしい人間に見えるでしょうが、この裏通りの住民なんです。家内は白人の方の家で働いていますし、僕と家内は一緒に住んでいます。もし疑ってらっしゃったら、これでおわかりいただけたと思いますが」。 

そのオッサンは言った「わかった、あんたがそう言ってくれてよかったよ。俺はこの当たりの巡回員でね、お前さんの顔に見覚えがなかったもんだからさ。いいだろう、行きな。今度はお前さんが危ない目に合わないよう見張ってやるよ」。 

 

He could have saved his breath. The minute I got in the house I wakened Daisy and Wila Mae out of a sound sleep, and told them we would have to move away at daybreak. Then I told them what had happened, and Daisy gave her notice in the morning. I found,three rooms at Saratoga and Erato.  

[訳] 

これで彼から余計なことを言われずに済んだ。僕は家に入るなり、ぐっすり寝ているデイジーとウィラ・メイを起こし、日の出とともに引っ越すことにしたと言った。僕は何があったかを伝え、デイジーはその日の午前中のうちに、勤め先の白人宅へ仕事を辞める旨を伝えた。僕はサラトガ通りとエラート通りに3部屋の物件を見つけた。 

 

Cute little thirteen-year-old Wila Mae did not care where we moved so long as we took her with us. Her mother had brought Wila Mae and her sister Violet from a small Louisiana town. Violet, who was fourteen, died very young. Wila Mae lived with Daisy even after I went North to join King Oliver at the Lincoln Gardens in Chicago in 1922. She became a very fine young lady, and before we knew what had happened she married a boy named Sibley and had a son she called Archie.  

[訳] 

13歳のウィラ・メイは可愛い盛りで、僕達が一緒ならどこへ移ろうと気に止めなかった。彼女の実の母親は、ルイジアナ州のある小さな町で、彼女と姉のバイオレットを育てていた。バイオレットは14歳で亡くなった。ウィラ・メイは、1922年に僕が北部のシカゴへ移りキング・オリバーの楽団に加入した後もデイジーと一緒に暮らした。後に彼女は素晴らしい女性に成長し、僕達が気づいたときには、シプレーという男の子と結婚したのだった。二人は息子をもうけ、アーチーと名付けた。 

[文法] 

Her mother had brought Wila Mae and her sister Violet 

彼女の実の母親はウィラ・メイと姉のバイオレットを育てていた(had brought) 

  

The people in New Orleans knew me as Wila Mae's godfather, and when her son grew old enough to know what it was all about he became as fond of me as he was of his mother. Then I became his godfather too. He even took up the trumpet because of me and changed his name to Archie Armstrong, a name that will be his the rest of his life.  

[文法] 

ニューオーリンズの人々は僕がウィラ・メイの養父であることを知っている。そして彼女の息子が物心ついた時には、僕にも母親に対して同様になついてくれた。その後僕は彼の後見人にもなった。彼は後に僕の影響でトランペットを吹くようになり、名前もアーチー・アームストロングと変えて終生その名を通した。 

[文法] 

when her son grew old enough to know what it was all about 

彼女の息子が十分年令を重ねて何が身の回りで起きているか理解できた時(old enough to) 

 

Daisy grew so fond of Wila Mae that I was surprised. Daisy never did take to anybody very much. Lots of times she did not care very much even for me. But she loved me and I loved her, and that was that. I can go so far as to say that she was true to me all the time we lived together. When I left for Chicago we were spatting, and I was not responsible for anybody she went with after that. Later I found out that she was running around New Orleans with a childhood friend of mine named Shots Madison. He also was a good cornet player, so everybody said that Daisy only fell for cornet players. After all, a cornet is not a bad instrument to fall for.  

[訳] 

デイジーは僕も驚くほどウィラ・メイを可愛がった。デイジーは人の面倒など見たことがなかったのだ。大抵、僕に対してさえ、他人に気を配るということのない人間だった。だがそれはそれとして、彼女は僕を愛してくれたし、僕も彼女を愛した。共に暮らした間、彼女はいつも僕には誠実でいてくれた。シカゴへ移ったときにはケンカ別れとなり、その後彼女が誰と付き合うようになったかは分からない。後に知ったのは、彼女はショッツ・マジソンという幼馴染とニューオーリンズでつるんでいたとのこと。彼も優秀なコルネット吹きだった。皆、デイジーコルネット吹きに惚れると言った。確かに、コルネットは惚れても悪くはない楽器だ。 

 

My sister Mama Lucy went back to the little saw mill town in Florida where she lived with her old man, her common law husband, for many years. They ran a little gambling joint down there and made all kinds of money. Many times I felt like asking them to lay a little loot on me, but I never did. I have always felt that no matter how much money your relatives may be making they have not got any more than they need. As the good book says, it is better to give than to receive. I would always delight in giving my family as much money as I could, but I dreaded asking them for anything. I was always the lucky one when it came to making money. In my early music days, of course, I did not make an awful lot, but at that I made a little more money than fellows who did not have any profession at all. 

[訳] 

妹は長年内縁の旦那さんと暮らすフロリダ州の小さな製材所がある街へ戻った。二人は小さな賭博場を経営し、荒稼ぎをした。僕は何度も彼らにお金を都合してもらいたい気分になったが、その度に思いとどまった。親族がいくら沢山稼いでいても、彼らは余分なお金など持っていないのだ。よく言われるように、施しは受けるよりも与えろ、だ。僕は家族にできる限りお金を渡すことに喜びを感じていたが、見返りを求める気にはなれなかった。僕は金稼ぎという点ではいつもツイていた。勿論音楽で食べて行き始めたころは、そんなには稼げなかったが、それでも仕事がなくて困っていた仲間達よりは少しは懐具合は良かった。 

[語句] 

when it came to ~の話となると 

 

In my neighborhood everybody was a little frightened when they heard Lucy was dealing cards and running a game among bad characters. I told them not to worry about her. Mama Lucy was not afraid of bad men. She always kept her chib handy, and with that wide long blade she would soon carve up anybody who tried to get out of line.  

[訳] 

僕の近所では、妹が悪い連中とカードゲームをしている物音が聞こえると、皆ちょっと怖い思いをしていた。僕は近所の人達には、気にしなくていいと言った。妹はこういう悪い連中を少しも怖いと思っていないのだ。手元にはドスをいつも持っていて、誰かが勝手な行動をしようものなら、その大きな刃で誰構わず切りつけたものだった。 

 

There are two women with whom I always felt perfectly safe when they had their chibs with them: sister Mama Lucy and my wife Daisy. It is a funny thing, but hot headed and quick tempered as Daisy was, she never tried to carve me with her knife. Of course several times we had a brick throwing contest, but that was just part of the New Orleans tradition which I had known since I was a kid. I knew well enough how to keep from being hit. Daisy could give Don Newcomb an awful race throwing a curve with a brick. But for all that it did not stop my love for her and for my cornet.  

[訳] 

ドスを持っていても完全に安心できる女性は2人。妹と家内のデイジーだ。妙な話ではあるが、デイジーは瞬間湯沸器のようではあったものの、僕には決して刃物を向けようとしなかった。勿論、何度もブロック石のぶつけ合いはしたが、そんなのは僕が子供の頃からあるニューオーリンズの伝統行事の一部だ。ブロックを当てられないようにする方法も完璧にマスターしている。もしデイジーが、大投手ドン・ニューカムとブロック石の投げ合いをするようなことがあれば、その投げっぷりにニュークも驚くことだろう。それでも僕は、彼女への愛を失ったことはなく、また音楽の仕事への愛着を失ったこともない。 

[文法] 

Daisy could give Don Newcomb an awful race throwing a curve with a brick 

デイジードン・ニューカムという素晴らしい黒人投手にブロック石で予想外に驚かすことができるかも知れない(could) 

 

All the big, well known Social Aid and Pleasure Clubs turned out for the last big parade I saw in New Orleans. They all tried to outdo each other and they certainly looked swell. Among the clubs represented were The Bulls, The Hobgoblins, The Zulus, The Tammanys, The Young Men Twenties (Zutty Singleton's club), The Merry-Go-Rounds, The Deweys, The Tulane Club, The Young Men Vidalias, The Money Wasters, The Jolly Boys, The Turtles, The Original Swells, The San Jacintos, The Autocrats, The Frans Sa Mee Club, The Cooperatives, The Economys, The Odd Fellows, The Masons, The Knights of Pythias (my lodge), and The Diamond Swells from out in the Irish Channel. The second liners were afraid to go into the Irish Channel which was that part of the city located uptown by the river front. It was a dangerous neigh borhood. The Irish who lived out there were bad men, and the colored boys were tough too. If you followed a parade out there you might come home with your head in your hand.  

[訳] 

僕が最後に見たニューオーリンズの大バレードには、有名どころの社交クラブは全部参加していた。皆互いにしのぎを削っているようで、どれも素晴らしかった。名前を挙げれば、ブル、ホグボブリング、ズールー、タンメニー、ヤングマン20(ザッティ・シングルトンの居たところ)、メリーゴーラウンド、デューイ、テュレーンクラブ、ヤングメンヴィダイラス、ジョリーボーイ、タートル、オリジナルスウェル、サン・ハシントス、フラン・サ・ミークラブ、コーポラティブ、エコノミー、オッドフェローズ、メーソン、ナイツオブピアティス(僕の地元)、そしてアイリッシュチャネルのダイヤモンドスウェル。セカンドライン(パレードの後をついて行く人達)はアイリッシュチャネルに足を踏み入れるのは躊躇した。そこは川沿いの山の手エリアの一部で、危険な場所だった。アイルランド系住民達は素行が悪く、黒人達はいかつい感じだった。パレードについて行ってそこへ足を踏み入れてしまったら、帰りには頭の傷を手で抱えていることだろう。 

 

To watch those clubs parade was an irresistible and absolutely unique experience. All the members wore full dress uniforms and with those beautiful silk ribbons streaming from their shoulders they were a magnificent sight. At the head of the parade rode the aides, in full dress suits and mounted on fine horses with ribbons around their heads. The brass band followed, shouting a hot swing march as everyone jumped for joy. The members of the club marched behind the band wearing white felt hats, white silk shirts (the very best silk) and mohair trousers. I had spent my life in New Orleans, but every time one of those clubs paraded I would second-line them all day long. By carrying the cornet for Joe Oliver or Bunk Johnson I would get enough to eat to hold me until the parade was over.  

[訳] 

こういったクラブのパレードを見物するのは、本当に楽しく、他ではできない経験だった。皆しっかりとお揃いの衣装を着込み、肩からたなびくシルクのリボンは本当に素晴らしい見栄えだった。パレードを先導する補助員達は、スーツでビシッと決めて、頭にリボンをあしらった駿馬にまたがっていた。その後にブラスバンドが続き、熱いノリノリのマーチを演奏すると皆飛び上がって喜んだ。パレードに参加しないクラブのメンバー達は、バンドの後に続き、白いフェルトの帽子、白いシルクのスーツ(最高級のシルク)、モヘア(アンゴラ山羊の毛織物)のズボンを身にまとっていた。僕はニューオーリンズに居た頃、これらのクラブの一つに一日中後をついて回ったものだった。僕はジョー・オリバー、あるいはバンク・ジョンソンのバンドでコルネットを吹いて、パレードを最後まで見届けることができるくらいしっかり腹を満たしたものだった。 

[文法] 

The brass band followed, shouting a hot swing march  

ブラスバンドが後に続き、熱く乗りの良い行進曲を大きな音で演奏した(shouting) 

 

When a club paraded it would make several stops called "punches" during the day at houses of the members, where there were sandwiches, cold beer and, of course, lots of whiskey. The whiskey did not interest me at that time. All I wanted was to be allowed to hang around with the fellows.  

[訳] 

クラブがパレードを行う時は、何度か足を止める。「パンチ」という。その日メンバーの家々で足を止め、サンドイッチや冷えたビール、そして勿論ウィスキーが振る舞われる。当時の僕はウィスキーには興味はなかった。僕は仲間とつるんでいられればよかったのだ。 

[文法] 

All I wanted was to be allowed to hang around with the fellows 

私が望んだのは、仲間とつるむのを許されることだけだった(All I wanted was to) 

 

When all the clubs paraded it took nearly all day to see them pass, but one never got tired watching. Black Benny was always the star attraction. He was the only man, musician or not, who dared to go anywhere, whether it was the Irish Channel, Back o' Town, the Creole section in the Seventh Ward or any other tough place. Nobody would have the nerve to bother him. He was just that tough and he was not afraid of a living soul. Wherever he went outside of our ward to beat the drums or to dance he was always treated with the greatest respect.  

[訳] 

全てのクラブのパレードを見届けるのには丸一日かかった。でも見飽きることは全く無かった。ブラック・ベニーはいつも注目の的だった。ミュージシャンとしても、そうでなくとも、アイリッシュチャネルで、バック・オー・タウンで、7街区のクレオール街で、その他どんなヤバい場所でも、彼は唯一無二の存在であった。彼を挑発しようという度胸のある者は誰一人いない。彼はそれほどまでの猛者で、この世に恐れるものは何一つ無い。僕達の住む町中へ出て、ドラムを叩かせてもダンスを踊らせても、いつも尊敬の眼差しを集めていてた。 

 

By the year 1922 I had become so popular from playing in Kid Ory's band and the Tuxedo Brass Band that I too could go into any part of New Orleans without being bothered. Everybody loved me and just wanted to hear me blow, even the tough characters were no exception. The tougher they were the more they would fall in love with my horn, just like those good old hustlers during the honky-tonk days.  

[訳] 

1922年頃には、僕はキッド・オリーの楽団やタキシード・ブラスバンドなどですっかり有名になっていて、ニューオーリンズ市内のどこへ行くにも、ちょっかいを出される心配はなくなっていた。皆が僕を可愛がってくれて、僕の演奏を聞きたいと思ってくれた。それはヤバい連中も同じだった。むしろ、そういう人達ほど僕の演奏に惚れ込んでくれた。それは丁度、僕が売春宿で吹いていた頃の連中がそうだったのと同じだった。 

[文法] 

The tougher they were the more they would fall in love with my horn 

彼らが悪い連中であればあるほど、更にますます私の楽器演奏を気に入った(The tougher the more) 

 

Joe Oliver had left New Orleans in 1918, and was now up in Chicago doing real swell. He kept sending me letters and telegrams telling me to come up to Chicago and play second cornet for him. That, I knew, would be real heaven for me.  

[訳] 

これに先立ち1918年には、ジョー・オリバーはすでにニューオーリンズを離れていて、シカゴで大成功を収めていた。この間彼はずっと僕に手紙や電報を送り続けており、シカゴへ来て彼のバンドで2番コルネットを吹いてくれと言ってきている。勿論、僕にとっては天にも昇る話だ。 

[文法] 

telling me to come up to Chicago and play second cornet for him 

シカゴへ来て彼のために2番コルネットを吹くよういって(telling) 

 

I had made up my mind that I would not leave New Orleans unless the King sent for me. I would not risk leaving for anyone else. I had seen too many of my little pals leave home and come back in bad shape. Often their parents had to send them the money to come back with. I had had such a wonderful three years on the excursion boats on the Mississippi that I did not dare cut out for some unknown character who might leave me stranded or get me into other trouble. Fate Marable and the Streckfus brothers had made it impossible for me to risk spoiling everything by running off on a wild goose chase.  

[訳] 

僕はキングからの誘いがあるまでは、ニューオーリンズを離れることは絶対にしないと決めいていた。それ以外の人物の誘いでここを離れるリスクを負うことはしなかった。ここを離れ、挙げ句ボロボロになって帰ってきた仲間をあまりにも多く見てきていたからだ。地元へ戻るお金を親から送ってもらわねばならなくなることが多発した。僕は3年間ミシシッピ川の遊覧船での素晴らしい経験に恵まれ、わけのわからない連中に着いていった挙げ句に路上に放り出されたりトラブルに巻き込まれたりするリスクを、わざわざする必要はなかった。フェイト・マラブルとストレックファス兄弟のおかげで、僕にはブレーキが掛かり、全てを台無しにして見込みのわからない賭けに打って出ることはしなかった。 

[文法] 

made it impossible for me to risk spoiling everything 

全てを台無しにするリスクを犯すことを僕にとって不可能にした(made it impossible) 

 

After I had made all my arrangements I definitely accepted Joe's offer. The day I was leaving for Chicago I played at a funeral over in Algiers, on August 8, 1922. The funeral was for the father of Eddie Vincent, a very good trombone player. When the body was brought out of the house to go to the cemetery the hymn we played was Free as a Bird, and we played it so beautifully that we brought tears to everybody's eyes.  

[訳] 

僕は身辺整理を全て済ませ、ジョーのオファーを正式に受け入れた。1922年8月8日、シカゴへ旅立つ日、僕はアルジャースで葬式での演奏に参加していた。名トロンボーン奏者エディー・ヴィンセントの父の葬儀だった。遺体が家から墓地へ向かう時、演奏した賛美歌の曲名は「鳥のように自由に」だった。僕達はこの曲を上々の仕上がりで演奏することができ、参列者の目には涙が浮かんでいた。 

[文法] 

we played it so beautifully that we brought tears to everybody's eyes 

私達はそれをあまりに素晴らしく演奏したので、皆の目に涙を浮かべさせた(so that) 

 

The boys in the Tuxedo Brass Band and Celestin's band did their best to talk me out of going up to Chicago. They said that Joe Oliver was scabbing and that he was on the musicians' union's unfair list. I told them how fond I was of Joe and what confidence I had in him. I did not care what he and his band were doing. He had sent for me, and that was all that mattered. At that time I did not know very much about union tactics because we did not have a union in New Orleans, so the stuff about the unfair list was all Greek to me.  

[訳] 

タキシード・ブラスバンドのメンバーも、セレスティーンのメンバーも、皆僕のシカゴ行を思いとどまらせようと手を尽くした。ジョー・オリバーは非組合員であり、彼の名前は、ミュージシャンの組合が持つ、不正な連中の一覧名簿に載っているというのだ。僕は彼らに対して、ジョーへの敬愛と信頼の気持ちを伝えた。彼と彼のバンドが何をしていようが、僕には関係なかった。彼はこれまで僕にオファーを送ってくれており、僕にはそれだけが意味のあることだった。当時ニューオーリンズには組合なるものがなく、僕は組合活動についてはよくわかっていなかったので、「不正な連中の一覧名簿」と言われてもピンとこなかった。 

[語句] 

was all Greek to me私には全く理解のできないものだった 

 

When the funeral was over I rushed home, threw my few glad rags together and hurried over to the Illinois Central Station to catch the seven p. m. train for the Windy City. The whole band came to the station to see me off and wish me luck. In a way they were all glad to see me get a chance to go out in the world and make good, but they did not care so much about having me play second cornet to Joe Oliver. They thought I was good enough to go on my own, but I felt it was a great break for me even to sit beside a man like Joe Oliver with all his prestige.  

[訳] 

葬儀が済むと急いで家に戻り、勝負服を着込むと、ウィンディーシティ(シカゴ)行き午後7時発の列車に乗るべく、イリノイセントラル駅へ急いだ。バンドのメンバー全員が駅に見送りに来てくれて、僕の幸運を祈ってくれた。ある意味、僕が外の世界にチャンスを見出してそれをモノにした事を、彼らは皆喜んでくれていた。僕がジョー・オリバーの2番コルネット奏者として迎えられることについては、あまり気にしていなかった。彼らは、僕は一人でも十分やって行けると思ってくれていたが、僕にしてみれば、あの高名なジョー・オリバーの側に居られるだけでも大きな好機と感じていた。 

[文法] 

having me play second cornet to Joe Oliver 

私にジョー・オリバーの2番コルネット奏者をさせてやること(having me play) 

 

It seemed like all of New Orleans had gathered at the train to give me a little luck. Even the old sisters of my neighborhood who had practically raised me when I was a youngster were there. When they kissed me good-bye they had handkerchiefs at their eyes to wipe away the tears.  

[訳] 

まるでニューオーリンズ中の人達が僕の門出を祝うべく集まってくれているようだった。僕が幼い頃から文字通り僕を育ててくれた往年のお姉様方までもが、来てくれていた。お別れのキスをすると、ハンカチで涙を拭っていた。 

 

When the train pulled in all the pullman porters and waiters recognized me because they had seen me playing on the tail gate wagons to advertise dances, or "balls" as we used to call them. They all hollered at me saying, "Where are you goin', Dipper?" "You're a lucky black sommitch," one guy said, "to be going up North to play with ol' Cocky."  

[訳] 

列車がホームに入ってきた。駅のポーターや守衛達は皆僕のことを見知っていた。僕が駅の近くで広告馬車に乗って、ダンスパーティー(彼らの言葉でいうと「ボール」)の宣伝演奏をしているのを何度も見てきていたのだ。彼らは僕に向かって大声でいった「ディッパー、今日はどこへ行くんだい?」また別の駅員は「運のいいクロンボ野郎め、北部のあのコッキーの所へいくなんてなぁ。」と言った。 

[文法] 

they had seen me playing on the tail gate wagons 

彼らは私が宣伝馬車で演奏しているのを見たことがあった(seen me playing) 

 

This was a reference to the cataract on one of Joe's eyes. The mean guys used to kid him about his bad eye, and he would get fighting mad. But what was the use? If he had messed around fighting with those guys he would have ended up by losing his good eye.  

[訳] 

コッキーとはジョーが固めに患っていた白内障のことだ。口の悪い連中は彼の目の病気を揶揄していた。彼はその事をとても不快に思っていた。でもそんな中傷は彼には意味がなかった。そのことで暴力沙汰でも起こせば、彼は残りの片目も失うことになるのだから。 

[文法] 

If he had messed around fighting with those guys he would have ended up 

もし彼がそういう連中とケンカになれば、彼は終わってしまったかも知れなかった(would have ended) 

 

When the conductor hollered all aboard I told those waiters: "Yeah man, I'm going up to Chicago to play with my idol, Papa Joe!  

[訳] 

車掌が乗車を促した。僕は駅員達に言った「そうとも、僕はシカゴへ行って、憧れのパパ・ジョーと演奏するんだ!」